2017/1/24

保険の新しい営業方法を使うと「インターホンも簡単に攻略」できる  営業方法

保険の新しい営業方法を知りたいと言う方に、
新しいノウハウがあります。

そもそも保険の営業で苦労するのは
・インターホンですぐ断わられてしまう・・・
・保険の・・と言ったとたんに終わってしまう・・・
・話しも聞いて貰えず冷たく断られてしまう・・・

と言ったように、
思うように話しを聞いてもらえないために
見込みも増えず契約も決まらないと言う点です。

最初のインターホンを攻略しないと、
先に進まないと言うのが現状だからです。

ほとんどインターホンで断られることが多いですし、
居留守を使われてしまうこともありますから
話しを進めることが出来ずに終わってしまうことも
珍しくはありません。

ではどのようにしたら話しを聞いて貰えるのか?
どのようにすれば見込み客を作ることができるのか?

苦労しているあなたのために、
ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

まずはネックとなるインターホンの攻略です。

今やインターホンを鳴らすのは
リフォームやオール電化と言った訪問販売や
あとは保険の外交員と言うのが現状ですから、
相手も面倒な話しにかまっていられないと言うことで
保険と言っただけで断る方が多いのです。

ここにヒントがあります。

訪問販売と言った「面倒な話し」でなければ、
出てくれると言うことです。

ですが今は以前と違って
訪問する側は誰が何の目的で訪問したのかと言う
「特定商取引法」を遵守しないといけませんから、
相手に訪問理由をキチンと説明しなくてはいけません。

でもそのまま訪問理由を相手に伝えても
門前払いになるのは目に見えていますから、
ここが皆さんも苦労している部分です。

そこでインターホンの攻略方法です。

こちらが何の目的で訪問したのかを
キチンと伝えることが出来れば問題無いのですから、
そこは法令に従ってキチンと説明しながらも
相手にドアを開けてもらう工夫をします。

その工夫が「面倒な話しでは無い」と言うことを
相手に伝わるようにすることです。

それにはあっさり感を出しながら、
何の話しなのかな?と軽く思わせるようにして
相手にドアを開けさせるように出来れば
今まで以上の結果を残すことも可能になります。

このようにチョットしたコツで次に進ませることが出来れば、
試して見る価値はあります。

そこでその「インターホン攻略の内容」を知りたい、
あるいは保険の新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ集」がありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



0

2017/1/24

保険の新しい営業方法を使うと「インターホンも簡単に攻略」できる  営業方法

保険の新しい営業方法を知りたいと言う方に、
新しいノウハウがあります。

そもそも保険の営業で苦労するのは
・インターホンですぐ断わられてしまう・・・
・保険の・・と言ったとたんに終わってしまう・・・
・話しも聞いて貰えず冷たく断られてしまう・・・

と言ったように、
思うように話しを聞いてもらえないために
見込みも増えず契約も決まらないと言う点です。

最初のインターホンを攻略しないと、
先に進まないと言うのが現状だからです。

ほとんどインターホンで断られることが多いですし、
居留守を使われてしまうこともありますから
話しを進めることが出来ずに終わってしまうことも
珍しくはありません。

ではどのようにしたら話しを聞いて貰えるのか?
どのようにすれば見込み客を作ることができるのか?

苦労しているあなたのために、
ちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

まずはネックとなるインターホンの攻略です。

今やインターホンを鳴らすのは
リフォームやオール電化と言った訪問販売や
あとは保険の外交員と言うのが現状ですから、
相手も面倒な話しにかまっていられないと言うことで
保険と言っただけで断る方が多いのです。

ここにヒントがあります。

訪問販売と言った「面倒な話し」でなければ、
出てくれると言うことです。

ですが今は以前と違って
訪問する側は誰が何の目的で訪問したのかと言う
「特定商取引法」を遵守しないといけませんから、
相手に訪問理由をキチンと説明しなくてはいけません。

でもそのまま訪問理由を相手に伝えても
門前払いになるのは目に見えていますから、
ここが皆さんも苦労している部分です。

そこでインターホンの攻略方法です。

こちらが何の目的で訪問したのかを
キチンと伝えることが出来れば問題無いのですから、
そこは法令に従ってキチンと説明しながらも
相手にドアを開けてもらう工夫をします。

その工夫が「面倒な話しでは無い」と言うことを
相手に伝わるようにすることです。

それにはあっさり感を出しながら、
何の話しなのかな?と軽く思わせるようにして
相手にドアを開けさせるように出来れば
今まで以上の結果を残すことも可能になります。

このようにチョットしたコツで次に進ませることが出来れば、
試して見る価値はあります。

そこでその「インターホン攻略の内容」を知りたい、
あるいは保険の新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ集」がありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





0

2017/1/23

保険の営業で「相手から歓迎される訪問」すれば、あなたも契約本数がアップする  営業方法

保険の営業で会社や個人宅を訪問する時に
相手から「歓迎される訪問の仕方」があるとしたら、
あなたも試して見たいと思いませんか?

今回は保険の飛び込み訪問で使えるコツを
ご紹介したいと思います。 

まずは飛び込み訪問する方に考えて欲しいのですが、
訪問された側は営業マンの話しを聞くのが面倒だと言うことや
長居されるのはイヤだと思う方が多くいらっしゃることです。

つまり、話しを聞いてしまったら
そのままズルズルと説明を聞かなくてはいけない、
あるいは断るのも気が引けてしまうと言ったように
面倒なことになってしまうのは嫌だと思っている方が
多いと言うことです。 

そこで、せっかく訪問する訳ですから
相手から歓迎されるような訪問をすることが出来れば、
あなたの印象も良くなりますよね。

ではどのようにすればいいのかと言いますと、
相手に帰る時間を伝えてあげるようにします。

帰る時間が分かれば
「この営業マンは(  )分すれば帰るんだな・・」
と安心させることが出来ますから、
話しを聞いてくれる方も増えるようになります。

たとえばこんな感じです、
……………………………………………………………
今日は(  )地区を廻っておりまして、
5分しかお話しできませんが、
宜しくお願いします。
……………………………………………………………
今日はこの後(  )へ移動しなくてはならないので
手短にご説明しますね。
……………………………………………………………
と言った感じで滞在時間を知らせてあげます。

実際に「5分しかお話しできませんが・・」
と伝えると相手も安心しますし、

「この時間までしかお話しできませんので」と
相手に信ぴょう性のある印象を与えることで
その時間ならばと話しを聞いてくれる方も
出て来るようになります。

それに今回成果が無かったとしても
「長居しない保険の外交員」と言ったように
相手に良いイメージを与えることが出来ますから、
次回訪問した時も話しを聞いてくれるようになります。

このように相手から歓迎される訪問ならば、
見込み客を増やすことも可能になりますよね。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

0

2017/1/22

保険の営業で「話しを聞いて貰える工夫」として、こんな話しをすると相手も聞く耳が変わる  営業方法

保険の営業で辛いのは、
どこに行っても話しを聞いてもらえない・・・
と言うことですが、

保険の必要性を知ってもらい
そして契約を貰いたいと思っていても
話しを聞いて貰えなければ先に進みません。

そこで保険の話しを聞いて貰うコツと
契約をいただくコツです。

まずはあなたは保険の説明をする時に
どのような形で話しをしているのか?
と言うことです。

たとえばガン保険の例で言えば、
パンフレットに書かれているような説明しても
そんなことは資料を見れば分かりますし、
長々と聞きたいとは思いません。

でも、それが身近に起こった
実際の「事例」を目の当たりにされたら・・・
誰でも気になりますよね?

つまり実際に起こった事例を話すことで
自分に起こった場合はどうなるのだろう?・・・
と自分に置き換えて考えるさせるようにすると
話しを聞いてくれる方が増えます。

「最近こんな事例があったんですよ、」
と言われると何となく聞いて見たい・・・
と言う衝動にさせるのがポイントです。

あとは話しの流れで
ガン保険などの説明も出来ますから、
今まで以上の結果も期待できると言う訳です。

どうぞあなたも身近な事例を出して
「こんなこともあったんですよ、」
と話して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




0

2017/1/20

保険のテレアポや飛び込み訪問が苦手だと言う方へ、この工夫なら簡単にアポイントが取れるようになる  テレアポ

保険の営業で
テレアポや飛び込み訪問が苦手だと言う方は
たくさんいらっしゃいます。

他の人はアポが取れるのに
自分は取れないのは自分に能力がないから?
と悩んでいる方もいますが、

アポが取れない理由は
あなたに能力やセンスが無いからではありません。

誰にでもアポが取れるコツと言うのはありますし、
その方法を実践していないだけなのですから
何も心配はいらないからです。

どのようにすればアポが取れるのか?
そのコツを知りたいですよね。

まずはテレアポが苦手だと言う理由について
しっかり理解しておくことが大事です。

あなたもこのような苦手意識ありませんか? 

・冷たく断られたら嫌だと思う不安
・相手が誰なのか分からないと言う不安
・緊張からすぐ頭がまっ白になる不安
・次に何を話したらいいのか分からなくなる不安
・電話だとうまく説明出来ないので困ると言う不安

このような感じで電話する時以外や訪問する時でも
不安に思う方はたくさんいらっしゃいます。

そこで電話や訪問する時に
不安を克服できる方法をご紹介したいと思います。

まずは一番大きく影響している
内面の問題=精神的な部分に対して行う工夫です。

日常的な会話が普通に出来るのであれば、
テレアポも問題なく出来ると言うことを知ってください。

要はコツさえ掴めば誰でも大丈夫と言うことです。

そもそも電話する時に緊張してしまい、
断られたらどうしよう、
思うように話しが出来ない・・・
と言うのは、

トークの内容に対して自信が無い表れです。

その自信の無さが相手に伝わってしまうために
自分が思い描いた会話をすることが出来ないのです。

そこで気は持ちようと言いますから、
そこまで深刻に考えることはありません。

今まで悩んでいたことがスっと消えるような感じで
あなたも思い描いた通りの会話をすることが出来ますので、
苦労していたアポイントも簡単に取れるようになります。

それが出来るのも、
効果的な保険の営業トークを使うことができるからです。

あなたも電話や訪問さらに紹介を頂けるように、
相手から信頼されるトークで試して見てはいかがでしょう。 

そんな保険の営業で悩んでいる方のために、
テレアポや飛び込み訪問でアポイントが取れる方法や
新規開拓で使える「新しい営業方法」もありますので
実践したい方はこちらをご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



0

2017/1/18

保険の営業で断わられることが多くて困っている方へ、ここを工夫すると相手の反応も変わる  営業方法

保険の新規開拓しても
断わられる件数が多くて困っている、

あなたもこのような状態ではありませんか?

保険の話を聞いてくれない、
あるいはすぐ断られてしまうと言うのは
相手に対して聞く姿勢にさせていないのが
大きな原因です。

まだ詳しい話をする前に終わってしまうのでは
見込み客もできませんし契約も貰えません。

その原因として大きいのは、
今使っているトークの印象が弱いからです。

どのようにすればいいのかと言うことで
このような工夫をして見てはいかがでしょう。

3件訪問して3件とも断わられた時に
トークの内容を検証すると言う方法です。

もちろん留守や相手が不在で
話しが出来なかった件数は省きます。

きちんと訪問し用件を出して
断わられた時に行なう検証です。

なぜ3件かと言いますと、
それ以上続けても苦痛に思えることや
同じ訪問するなら相手の反応が得られるように
入り方のアレンジを変えて行ったほうが
成功する確率が増えるからです。

続けて断わられているのに、
また同じような流れで話をしても
結果が変わることは期待できません。

ならばもっと結果が得られる
そんな入り方のアレンジを試しながら、
色々工夫した方が良いと言うことです。

そこでアレンジの仕方も色々ありますが、
一番重要なポイントがあることを
あなたはご存知でしょうか?

もちろんトークの内容もありますが、
大事なのは「前段階の第一印象」です。

話し方と声の高さや声の抑揚など
相手が最初に感じる第一印象です。

保険に限らず営業される側の気持ちは、
最初の第一印象で「面倒だ断わろう・・」
と決めてしまう方もいますから、
最初の第一印象が大事なのです。

そこで工夫の仕方です。

たとえば声の高さが低い印象でしたら、
少し高めの感じで話して見てください。

何となくあせってしまうような印象でしたら、
ゆっくり落ち着いて話してください。

たったこれだけでも
相手が受ける印象も変わって来ますから、
続けて断わられた時はちょっと変えて見るのも
ひとつの工夫です。

結果も変わり成功する件数も増えるとしたら、
試して見る価値はあると言うものです。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

 

0

2017/1/14

保険の営業で断わりが多く辛いと言う方へ、この「考え方」なら成績もアップする  営業方法

保険の営業で辛いのは
「うちは必要無いですから、」
「今のところ間に合ってますので、」
「保険はすでに入っているので、」

と言ったように
すぐ断わられてしまうことです。

仕事とは言え何度も断わりが続いてしまうと
さすがに落ち込んでしまいます。

そこで相手から冷たく断わられても
気軽に営業できる考え方です。

あなたも気持ちが楽になれば
相手に話す内容にも余裕が出ますし、
切り返しもスムーズになりますから
今までと違った結果を残すことも
可能になります。

どのようにするのかと言うと、
今までのように相手から断わられた時に
マイナスのままで終わらせるのでは無くて
プラスの状態で会話を終わらせるようにします。

たとえば今までの終わり方は、
……………………………………………

相手「今のところ必要無いですから、」

営業「そうですか・・・
   分かりました、
   失礼します・・・ 」

……………………………………………

と言ったように、
マイナスイメージのまま終わってしまうと
嫌な想いを引きずってしまいますから
辛いだけの営業になっていました。

そこでプラスのイメージで終わらせるようにします。

このような感じです。
……………………………………………

相手「今のところ必要無いですから、」

営業「そうですよね、
   今のところはまだ必要ないですよね、
   分かりました。

   それでは今度新しい(  )が出ましたら、
   (  )様にもお役に立てる情報として
   ご案内したいと思いますので、
   その時はよろしくお願いします。

   お話し聞いて下さいましてありがとうございました、
   失礼いたします。 」

……………………………………………

このように締めのことばに感謝の言葉を入れると
気持ちよくその場を後にすることが出来ますし、

断られたと言うショックをやわらげることで
潜在意識にも良いイメージを残すことが
できるようになります。

あなたも冷たく断られたとしても
そのまま終わらせるのでは無くて、
相手に感謝の言葉を添えて終わる・・・

この繰り返しをすると
「断られた、辛い・・」と言う感覚も無くなりますし、
精神的にもずいぶん楽になりますから
ストレスも溜まることはありません。

いかがですか、

あなたも相手の断わりが辛いと思ったら、
このような感じで良い終わり方をすれば
気持ちに余裕が出るようになりますから、
試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

 

0

2017/1/10

保険の営業で断わられる件数が多くて困っている方へ、こうすれば話しを聞いて貰える  営業方法

保険の営業で辛いのは、
思うように話しを聞いてもらえない
と言うことです。

保険のメリットを知ってもらい、
そして契約に結びつきたいと思っていても
肝心の話しを聞いてもらえなければ
説明も出来ません。

そこで話しを聞いてもらいながら
契約を頂くコツです。

それは・・・
相手に興味を待たせる仕掛けをすること。

たとえばあなたの話しを聞いて貰えるようになれば
そこから契約に結びつけることも出来るのですから、
それには相手に話しを聞いてもらわないと
先に進みませんよね。

そこで話しを聞いて貰える仕掛けです。

あなたは保険の説明をする時に
どのような形で話しをしているのか?
と言うことです。

たとえば保険を勧めるにあたって、
パンフレットに書かれているような説明をしても
そんなことは資料を見れば分かりますし、
長々と聞きたいとは思いません。

それが「保険に関わる事例」の話しをされたら、
気になると思いませんか?

実際、保険に関わる事例を話すことで
相手が受ける印象も変わってきますから、
自分に置き換えて考える方も増えます。

「最近こんなことがあったんですよ、」
と言われると何となく聞いて見たい?
と言う衝動になってしまうからです。

ですので相手の興味を引き出すには
「実際こんなことがあったんですよ、」
と教えてあげればいいのです。

あとは話しの流れで保険の説明も出来ますし、
そこから契約に結びつけることも可能になると
言う訳です。

どうぞ、相手に興味を持たせるように
話しを持っていって下さい。
結果も変わって来ますよ、

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

 
 
 
0

2017/1/8

保険の営業ですぐ断わられてしまう時は「話しの流れ」を変えると見込み客が増える  営業方法

保険の営業で困るのが、
社名や用件を言った途端に
「保険なら間に合っていますから、」
と断わられてしまうことです。

まだ何の説明もしていないのに
保険は間に合っていると返されるのでは
さすがに落ち込んでしまいますよね。

そんな保険の営業で苦労しているあなたに、
ひとつの解決策をご紹介したいと思います。

まずは相手からすぐ断わられるのは
最初の入り方にあるのですから、
そこを工夫すれば反応を変えることも
可能になると言うことです。

たとえば今までの入り方と言えば、
「保険の見直しについて」とか
「新しい保険のご案内で・・」と言った
保険について説明する入り方が
多かったはずです。

そうすると相手方にして見れば
話しを聞いたら面倒くさくなってしまう・・・

と言った流れになってしまうので
誰も話しを聞きたがらないのです。

と言うことは、
その流れのイメージを変えることが出来れば
話しを聞いてくれる人が増える・・・
と言うことになります。

ここに営業する上でのヒントがあります。

同じ保険の話しをする上でも、
話しのイメージを変えることによって
相手に聴く耳を持たせる事も出来るのですから、
そこを工夫すれば良いと言うことになるからです。

今までアポイントが取れなかった方でも
入り方を工夫するだけで結果を変えることが
出来るようになりますから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

その流れを変えるトークを知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
こちらをご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

 
 


 
0

2017/1/6

保険の営業で結果を出すコツは、目先の結果よりも今の考え方を切り替えること  営業方法

保険の営業する時に悩むのが、
結果を出したいのに思うようにいかない・・・
どうすれば契約を貰えるのか知りたい・・・

と言ったように、
結果を出すことが出来ない自分に対して
どうすればいいのか悩む方が多いことです。

あなたの場合はいかがでしょう?

一生懸命、保険の営業しているのに
それに見合う結果が付いてこなければ、
誰でも悩むのは当然です。

そんな悩みで自信を無くしているあなたに、
解決できる方法があります。

その方法と言うのは、
考え方を切り替えると言う工夫です。

ご存知のように、
結果を出すには努力や工夫と言った
営業する上で実践を重ねることは必要です。

ですが努力したからと言って
それが必ず報われるとは限りません。

なにしろ相手がいることですから、
自分の意思で決めることは出来ないからです。

そうすると考えてしまいます。

何が足りなくて結果が出ないのか?
自分に営業能力が無いからかダメなのか・・・

このように努力しても報われない時ほど
どうしたらいいのかと悩んでしまいます。

反対に結果が出る時と言う時は、
タイミングが重なって出ることもありますし、
意外な形で後から実を結ぶこともあります。

もちろん毎回起こることではありませんが、
それでも契約が決まるのはうれしいものです。

このように努力してもダメだったのが、
意外な形で結果が出ることもあります。

そこで考え方の切り替えです。

ご存知のように
保険の営業は断わられことが多いです。

ですが、中には話しを聞いてくれる人も居ますし、
感じの良い方もいらっしゃいます。

そう言った方が営業先に隠れているのですから、
そのような人に当たるまで営業を続ければ
よいと言うことになりますよね。

それが10件目で当たるのか?
それとも50件目で当たるのか、
あるいは100件目で当たるかは分かりません。

それが分かるのは
実際に当たった時に初めて分かることであって、
途中で諦めていたら分かりません。

つまり、諦めずに行動していれば
必ずあなたにも報われる時が来るのですから、
2、3件訪問して結果が出ないからと言ってむ前に、
行動を続けると言う強い意志を持つことです。

そうすれば今まで以上に結果も出ますし、
毎月安定した数字を出すことも可能になるからです。

さあ、考え方を切り替えて行きましょう、

必ず聞いてくれる人はいるのですから、
その人に当たるまで行動してください。
 
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ