2006/9/30

和の花を楽しむ  

クリックすると元のサイズで表示します

あなたが選ぶ<私のお気に入り絵画展>と同時開催で今日から
和の花を楽しむ<山野草展>が始まった
午後からは秋の風情たっぷりの山野草を使った寄せ植え教室が行われ
私も仕事の合間を見て参加した
駐車場の端にテントを張って気持ちのよい風を感じながら
皆さんワイワイと楽しそう

鉢はYさんからいただいた焼き物で素敵なものがあったのでそれを使うことに
先ず使いたい草花を選んで鉢の中に並べてみる
ツワブキに黄花ホトトギス、つる苔桃の赤をいれ斑入りの萱も・・
そして名前は忘れたがもう一種類
選んでいるときが一番楽しい
元肥と荒い土を入れ苔を貼り付けてゆく
たっぷり水をやって・・さあ出来上がり!
自画自賛で満足満足
もう一鉢作ってしまった

明日の午後は<苔玉教室>
先生のお持ちくださる苔は細かくて生き生き
きっとモダンな作品が出来上がることだろう
飛び入り大歓迎
秋の一日癒しの苔玉を作ってみませんか?





2006/9/29

香り  Life

クリックすると元のサイズで表示します

この季節になるとつい買ってしまうものがあります
それは<香り>
夏の暑いあいだは殆どつけないけれど秋のお出かけにはなぜか
ほんのり香りを纏いたくなるのです
高価なものでなく気軽に使えるもの・・
なかなか気に入ったものに出会えませんが
甘ったるくなくスッキリした香りが好きです

普段お仕事ではまったくつけることはありません
コーヒーの香りと混ざったら大変

「香りを纏う」というようにシュッと頭の上でひと吹き
その中に身ををくぐらせます
すれ違った後に香りが・・が理想です

さあ、お出かけ
気分だけでもチョッとお洒落に

だから秋は楽しみな季節です


2006/9/28

風光る  自然

長年使っていない畑がある
父や母がいてくれた頃は丁寧に手入れされて
かぼちゃや大根などそれはそれは見事な作物が収穫されていたものだ
夫も私も仕事を持ちあちこちに手が回らなくなってからは
作ってくださる方にお願いしてはいるが
この畑だけそのままに・・
今は<えのころ草>が一面に茂って秋の風にそよいでいる
いっせいに揺れると一瞬風が光ったかのように見えた

クリックすると元のサイズで表示します


秋のバラはこちごちとどこか縮まったような咲き方をする
初夏のように開放的で華やかではない
そこが又枯れた雰囲気で好きでもある

<クレムゾン・グローリー>
小じんまりとした樹形で暗めの赤い花をたくさんつけるという
去年の暮れに入荷して春に植えようやく5、6輪咲いてくれた

クリックすると元のサイズで表示します




2006/9/27

雨あがりの朝  

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜は寒かった
冷たい雨・・
ついに暖房を入れてしまった
一夜明けて朝
しっとりとした空気
雨露の中に周りの音をすべて閉じ込めてしまったかのような
静かな朝だった

クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/25

朝鮮五味子  

クリックすると元のサイズで表示します

実のなる花や木は花びらが散り実がなるまでをずっと
長く楽しむことができ嬉しい
赤く色づくと又一段と華やか

先日ある山野草のお店をのぞいていると
季節が過ぎて葉が黄色くなりだした植物に隠れるようにして
真っ赤な実をつけているつる性の鉢を見つけた
ハッとするような鮮やかな赤い実・・
連れ帰って松の木の下に鉢のまま置いた

「どこに這わせようか?」
ふさふさと真っ赤な実のツルが絡んだ雰囲気のある庭を夢見て
目下思案中である

<ちょうせんごみし>の思い出は軽井沢のギャラリーで
お茶請けにいただいたジャム
ヨーグルトにかけられた色鮮やかなジャムは甘酸っぱくて爽やか
緑陰でのお茶の懐かしい味として今もよみがえる


ちょうせん‐ごみし〔テウセン‐〕【朝鮮五味子 モクレン科の落葉性で木質の蔓性(つるせい)植物。山地に自生。葉は卵形。雌雄異株。夏、黄白色の小花が咲き、果実は紅色で多数穂状につく。漢方で果実を五味子といい薬用にする。

                     



2006/9/24

色の名前  

クリックすると元のサイズで表示します

彼岸花を初めて見ました
田んぼの畦に何の気取りもなく素直な姿で咲いていました
思ったより華奢なその姿・・
懐かしい感じのする赤でした

クリックすると元のサイズで表示します

秋になると気になる色・・「赤」
この赤にも昔の人は情緒のある素晴らしい<色の名前>を付けていてくれます

和の彩りにみる<色の名の物語>

クリックすると元のサイズで表示します

5年ほど前に発刊された私のお気に入りの本
色の由来が綺麗な写真とともに語られていて興味惹かれます

    あかねさす紫野行き標野行き
         野守は見ずや君が袖振る  (万葉集)

赤の中にも数え切れないくらいの色の名前があります
茜色、緋赤、洋紅色・・その中にも幾つもの色が
この本をめくっているといにしえの人の
生き生きとした暮らしが思われて楽しいのです

日本には四季があるからこんなにたくさんの色の名前が生まれるのでしょうか



2006/9/23

季節の草花を集めて  

風の強い日・・日向が恋しくさえ感じる
裏の林はどうなっているだろうか?
そういえば夏の間一度も足を踏み入れていない
足元の草を除けながら進むとガマズミの実が色付いて迎えてくれた
野菊が薄紫の小さな花を揺らしている
昼なお暗いその中にポッと灯りが点ったかのようだ

か細い茎を手折って野菊を2本と
ガマズミの赤い実を短く折って持ち帰った

クリックすると元のサイズで表示します

keikoさんのケーキ<思い出の秋>
栗の優しい甘みが「ふわ〜っ」と
季節の味は豊か・・

クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/22

06.09.22の残照  

クリックすると元のサイズで表示します


すみれ屋の窓から望む田園風景・・その色は日日変化して
季節の移ろいをいち早く教えてくれます
この鮮やかな黄色も稲刈りが始まった今少しずつ土が見え
黄土色からやがて薄いグレーへと変って行きます
夕日を受けて輝く稲田を見ていると豊かな実りの喜びと
枯れ色の季節に向かう寂しさで気持は複雑
若い頃と違って季節が巡るたびに感じる想いです
秋という季節はセンチメンタル・・?


クリックすると元のサイズで表示します

2006/9/21

手放せないもの  Life

この頃特に細かな字が見えにくくなったのを感じる
新聞はまだいいが電話帳や時刻表となると
目から相当離さないと読めない
?10年前は視力2.0を誇っていたものだ
細かい字の本などもってのほか、見ただけで読む気がなくなる
いきおい絵や写真がいっぱい載っている本へと傾いていく

そんなこの頃のお助けマンがこのめがね
どこかに置き忘れることもしばしばなのでひも付きで・・
いまでは無くてはならない片腕ならぬ両目なのである

クリックすると元のサイズで表示します


すみれ倶楽部GardenのKさんのお庭に今朝咲いた薔薇<ブラックティー>
私の庭のブラックティーは2番花が咲き終わってしまったが
Kさんのところで再び会えて嬉しい
大好きな花だから・・

クリックすると元のサイズで表示します




2006/9/20

彼岸の入り  

早起きしてお彼岸のお団子を作った
窓を開けるとす〜っと冷たい空気がはいってきて一気に目が覚める
ああ、もう9月も半ば過ぎ・・早い

庭の孔雀草は重たげに花穂を垂れている

クリックすると元のサイズで表示します

出来たてのお団子とお線香を持って車で2分ほどのお墓へ参る
お花をあげ線香を手向ければ
気持が穏やかになり澄んでゆくのが分かる

クリックすると元のサイズで表示します

見回せば黄金色に輝く田んぼが・・
今年は豊作だろうか

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ