2006/11/29

大テーブルを囲んで  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

<霜月それぞれ四人展>の最終日
水彩画、油絵、陶芸・・それぞれの作風それぞれの対象
でも会場に入ると何の違和感もなく「フワッ」とした優しい雰囲気に包まれる
不思議な展覧会が今日終わった
すみれ屋に集う4人の作家たち
魅力的な人生の先輩・・
いつも全員揃うことは殆どないが
サロンの大テーブルに一人二人と集まってくる作家たちの仲良しメンバーなのだ

すみれ倶楽部Gardenの面々はコーヒーを飲みながら薔薇の話題に花が咲き
作家の先生方の情報交換の場となる
テーブルのセンターには庭で摘んできた花、個展のお祝いにいただいた花の
おすそ分け、お客様が差し入れてくださったかわいいお花など
何時も何かしら飾って楽しんでいる

人のうわさも悪口もこのテーブルで飛び交うことはない
笑い声が何時も響いて、笑顔の面々が集う
私はそんなテーブルの風景が好き
誇りに思っている


2006/11/28

斎藤由美著<二度目のパリ>  

クリックすると元のサイズで表示します

11月16日にダイヤモンド社から発売になった斎藤由美さんの本<二度目のパリ>
ノエルのパリから帰ってすぐにAmazonネットで発注一気に読み終えた
ユーモアを交え軽妙で歯切れのよい語り口が小気味よい

由美さんがパリに住んで6年
仕事に没頭しバカンスを思いっきり楽しんで歩いて感じて
お友達との交流を重ねる中から生まれた素敵な本
今回由美さんに案内していただいた「ノエルのパリ・花旅行」で巡った
懐かしいスポットもいくつか紹介されている
読み進むうちに見えてくる美しい町並みやカフェ・・花
初めてのパリ旅行であっても充分参考になるが
2度目3度目たったらこの一冊でもう気分はパリジェンヌ間違いなし

又行きたくなってしまった

パリに行かなくても花あり美味しいものありパリの輝く四季を味わえる本
一度読んでみたらどうだろうか

2006/11/26

駐車場へ  自然

クリックすると元のサイズで表示します


裏山の橡や欅の葉が全部落ちてしまわないと
駐車の吹き溜まりはきれいにならない
掃いても掃いても落ちてくる木の葉
風がふくたびにハラハラ、キラキラと・・

美しい紅葉の季節は過ぎるのが早い
強い霜が下りた朝は残っていた緑の草も花もしなだれて
心なしか茶色がかって見える
そんな朝が数日続くと木々は葉を落とし始める
一年のあいだ力強く又しなやかに繁らせた葉を全部そぎ落として
来る春のために力を蓄えるのだ
凍える冬を乗り切るために

木の巡る歳月は人の一生と重なる
自然はいろいろな素晴らしいことに気づかせてくれる



2006/11/25

霜柱  自然

クリックすると元のサイズで表示します

もう朝も10時だというのにお店の裏にこんなに長い霜柱を発見
お日様を受けてキラキラと輝いている
こぼれ種で咲いたカスミの姫やどんぐりの葉っぱも霜で真っ白
晩秋というより初冬の様相
ついに今年も冬に突入?
まだ秋に居たい私


クリックすると元のサイズで表示します

ガーデンではミニ薔薇<タキイノアール>がますます深紅の色を濃くして咲いた
小さいながら精一杯の最後の美を見せつけている





2006/11/24

ワインと薔薇の日々?  Life

クリックすると元のサイズで表示します

久々に美味しいワインでお食事をした
いただいたばかりの搗きたてお餅を焼いてのりで巻き
ほうれんそうのソテーにクルミをまぶして・・
ハーブ入りのあらびきソーセージはサッとボイルしマスタードをたっぷり
カロリーオーバーも今夜は許してしまおう(自分に甘い)

今年のボージョレーヌーボーは特に美味しいと評判
毎年知り合いの酒屋さんに予約して僅かだが分けてもらっている
今年も楽しみにしていたところ
その前にフランス産のボージョレをいただくという嬉しいサプライズがあった
お嫁ちゃんのお父様から・・
私はたくさんはいただけないけれどワインは大好き
ワインのある食卓風景がすきなのだ
今夜はゆっくり香りと味、その時間を楽しんだ


クリックすると元のサイズで表示します

すみれ倶楽部Gardenの今年最後の合同作業も終わり
剪定してすっきりとしたそれぞれのお庭・・
綺麗に咲いているバラを見るとつい剪定に手加減をしてしまう
そんな薔薇のひとつ<緑光>
春に比べ花びらの縁がうっすらとピンクがかって優しい雰囲気を醸し出している
今朝は一枝手折ってサロンのテーブルに飾った

2006/11/23

蕎麦屋でジャズを聴く  Life

天気予報は雨
ところが朝からお日様が明るい気持ちのよい青空の一日
こんな日は得した気分
気になっていた庭の松葉ボタンや葦類の刈り取りを済ませ
松の手入れに来てくれている植木屋さんお2人と世間話に花を咲かせて
ゆっくり10時のお茶を飲む

その後<美容室まりこ>さんでシャンプー・カット
お隣の椅子にちょこんと座ったお嬢ちゃんの七五三のヘアメイクを
横目で眺めながら・・
十数年通っていると黙って座ればまり子さんがいつものヘアスタイルに
仕上げてくれる
2ヶ月に一度の割合でお世話になっている
この上なくリラックスできる場所なのである

かわいいお顔の女の子、どうやら髪も結えてお化粧もしてもらい
チョッとおしゃまな小さなレディが出来上がったようだ
「いいお顔撮らせてね」と言ったらこんなチャーミングな笑顔を見せてくれた

クリックすると元のサイズで表示します

午後は母の病室に妹と見舞い穏やかな寝顔を見て少し安心
先日来ご案内をいただいていた<そば倶楽部井泉庵>のジャズライブへ
明治時代の民家をそのまま使ったお蕎麦屋さんでは
四季折々にいろいろなイベントが催されている
今回はベースの金子健さん率いる<ケンズトリオ>のアルバム発売記念ライブ
喉越しのよい美味しい新そばをいただいて満足満足
そしてチョッと変ったシュチュエーションで間近に聴くジャズはたまらない

サンラインを車でとばし20分・・
もうすぐそこに夕暮れが迫っていた
これが私の定休日の一日

クリックすると元のサイズで表示します

2006/11/22

<沖縄スズメウリ>信州にお嫁入り  サロン

クリックすると元のサイズで表示します


きのう私の元に小さな小包が届きました

時々ブログ「遠い世界に♪」にお邪魔させていただいているtuttyさんからです
逸る気持ちを抑えつつそっと開けてみると
そこには宝石のように美しい赤と緑の<沖縄スズメウリ>の形のよいリースが・・
「うれし〜〜い」「大切にしますね」
栽培のしかたと一緒に「種を採って来年はたくさんの実をつけてください」
との添え書きも・・

先日パリのフラワーブティックで見た
あのかわいらしいスズメウリを手にすることができたのです
oldroseさんのお声掛けで、もう残り少なくなったという貴重なものを
私にまで分けてくださり大感激です
早速サロンの柱にかけ皆様に見ていただくことにしました


クリックすると元のサイズで表示します


包みを開けたとき「コロコロッ」とこぼれた2つの実を
大テーブルにも飾って見ました
興味津々のたくさんのまなこに囲まれて
小さな<沖縄スズメウリ>はチョッと恥ずかしそうでした

2006/11/19

ノエルのパリ花めぐり<フォーシーズンズ・パリ>  Life

私が見てきたパリのつたない写真を見ていただき有難うございました
まだまだ見ていただきたいものやお話ししたいこともありますが
美味しいものでパリめぐりのブログを終えたいと思います


フラワーブティックめぐりの後三ツ星ホテル<フォーシーズンズ・パリ>にて
美しい中庭を見ながらのランチを楽しみました
少しおめかしをしてテーブルにつきました
一週間の花装飾に費やす花の本数を聞いてビックリ!
いたるところに豪華な花の装飾が施されています
真っ赤な実と真紅の薔薇それに長い茎が美しい深紅のアマリリスが
ふんだんに活けられていました
パリのアーティストたちの力が存分に発揮できる場所です

クリックすると元のサイズで表示します

お料理はどれも美しく盛り付けられ繊細な味をゆっくりと味わいました


歩きつかれて乾いた喉に冷めたいワインが染みわたります

クリックすると元のサイズで表示します

ケーキの後デザートが2種
美味しいけれど一口でもうおなかいっぱい・・いただけませんでした

最後はさっぱりとグリーンティーをオーダーしました
こんなに素敵なポットでサービスされました
日本で飲むお茶に比べ香りも色も薄い感じ・・

クリックすると元のサイズで表示します


キャトリーヌさんのレッスンを真剣に受けた最後の一日
夕方からお別れパーティーが開かれました
斎藤由美さんがお気に入りのクスクス料理のお店です
はじめていただく珍しいお料理・・
細かい細かいパスタにバターがのせてあり
そこにポトフのような熱々の野菜のスープをかけていただきます
なかなかの美味しさです

5日間行動をともにした10人の旅仲間たちはよく笑いよく食べよく歩き共に学びました
短い期間でも同じ目的を持ったもの同士、年齢は違っても通い合う何かが生まれていました
待ち合わせたカフェでは住所やメールアドレスの交換が盛んに行われ
再会を誓い合いました
「絶対信州に遊びに行きます」と

そして気持ちよく丁寧に案内してくださった斎藤由美さんと
この旅行を企画しお世話してくださったお二人に感謝の言葉を・・
みんながウルウルの瞬間でした

クリックすると元のサイズで表示します

2006/11/18

ノエルのパリ花ツアー<街の風景>  Life

パリの建物は色も高さも統一されていて町並みが美しいです
「古きよき物を大切に使う」という国民性があちこちに見られその努力に感服しました

街はいつも賑わいを見せ活気に溢れています
カフェに集う人々もそれぞれがお話好きでワイン片手に楽しそう
道行く人はシンプルなお洒落が光っています

クリックすると元のサイズで表示します

日本よりも少し進んだ気候
道の端には落ち葉が積もり風に舞っていました

クリックすると元のサイズで表示します

メトロは今回の旅でよく利用し
10枚つづりのチケットを買い2人で乗り切りました
メトロの乗り方は先ず終点の駅を見つけて・・難しかった

クリックすると元のサイズで表示します

「こんな風景が一番パリらしいな」

クリックすると元のサイズで表示します

とがった屋根の寺院
陽を受けて・・

クリックすると元のサイズで表示します

夕日に浮かぶシルエットはエッフェル塔

クリックすると元のサイズで表示します

コンコルド広場の夕日

クリックすると元のサイズで表示します

街はもうクリスマスの装い
キラキラ輝く電飾が夜の街を明るく照らしていました
どのデパートも趣向を凝らして華やかでした
大がかりです

クリックすると元のサイズで表示します

ショウウインドウには動くディスプレイ・・
窓ごとに見ごたえある仕掛けがいっぱい

クリックすると元のサイズで表示します

「KENZO」のビル
窓には真っ赤なゼラニュームの花
お洒落でした
このあたりは有名ファッションブランドが立ち並ぶセレブの街です

クリックすると元のサイズで表示します


2006/11/17

ノエルのパリ花ツアー<花市場>  Life

この旅は神戸の花の教室「ボ・クール」を主宰する2人の女性が企画してくれました
芦屋に住む優しくて心遣い細やかな素敵なお嬢様です
私は長野のお友達<猫のローズさん>をお誘いして参加・・
フランス語の堪能な彼女たちにいろいろな場面で随分助けられました


さて、朝一番に花市場の見学です
斎藤由美さんの案内で広〜い市場の隅々まで見せていただきました
息が白くなるような寒さの中、ぴんと張った雰囲気の中に花の香りが漂う
圧倒されるような花、花、花の空間でした

クリックすると元のサイズで表示します

ラナンキュラスはパリの花アレンジに無くてはならない花・・人気です

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

チョッと一息・・

パリのCafeは「コーヒー」とオーダーするとちっちゃなカップでエスプレッソが出てきます
小さなテーブルを囲んでワインを傾けながらランチを楽しむ人々がいっぱいです
街を歩く人や車を眺めながら一度ゆっくりランチするのが夢でした
ワインが美味しかった
そしてこの料理も・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ