2008/3/31

雪の花舞う  サロン

4月まであと1日を残すまでになった今日
荒れたお天気
夕べからの5センチほど積もった雪は朝のうちに融けたものの
日中は日の光の中ひらひらと雪が舞いました
サクラの春はまだまだ先のようです 

クリックすると元のサイズで表示します

さて、今日まで開催されていた「滝澤緑鳳日本画展」にお越し下さり
ご覧頂き又、ご投票下さりありがとうございました
後日ご感想など頂ければ幸いです
厳正な抽選により結果が出ましたのでこの場で発表させていただきます
抽選による当選番号は次の通りです
総投総数  183票

1等賞  絵画(パンジー)       2

2等賞  すみれ屋コーヒー券(5枚入り)   161   21

3等賞  すみれ屋ケーキセット     70  22   79

賞品は半券ご持参の上4月9日までに当店にてお受け取り下さい

2008/3/28

嬉しいお花の頂き物  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

夕方久しぶりにoldroseさんが元気なお顔を見せてくださいました
こんなに素敵なプレゼントを持って・・嬉しい♪ありがとうございます!
「二色トリアシスミレ」というのだそうです
いつも見ているスミレとは葉の形が違います
花はパンジーとビオラをミックスしたような感じ

トリアシスミレ(鳥足菫) スミレ科 Last modified: May 16, 2002. 学名:Viola pedata. 原産地:北アメリカ. 花期:春. 葉が細かく裂けていて鳥の足のように見えることからつけられた名前でしょう

明日は今年5年目に入るすみれ倶楽部ガーデンの初めての共同作業日
朝10時に集合してみんなで草取りや剪定をします
私の庭も菫が咲きだしチューリップが芽を伸ばしています
早速「鳥足菫」目立つところに植えさせていただきます


                     

ホワイトデーにYさんよりいただいたマツボックリのリース
Yさんが「もう要らないでしょう?」と先日引取りに来てくださいました
そして次の日
こんなお洒落な鉢カバーに変身して帰ってきました
このマツボックリゆうに200ケは越えているはず
拾うところからリースに取り付けるまで手間隙かけて作ってくださったものと
感激しましたが
ここで又新たにビオラを入れるという斬新なアイデアに感心させられ
嬉しくいただきました

クリックすると元のサイズで表示します

今大テーブルにデンと置かれ皆様の視線を一身に集めています

クリックすると元のサイズで表示します

2008/3/26

お酒いろいろ  Life

クリックすると元のサイズで表示します

このところ立て続けに珍しいお酒をいただくことがありまして
美味しいとは思うけれど強くはないしお酒のみでもないのに・・
呑めそうに見えるのでしょうか
でもどんなお味なのか楽しみにしています
下さったのはそれはそれはお酒に詳しいKさん
相当お強いし楽しく飲んでそんな雰囲気が大好きでいらっしゃる

この青い瓶は<土佐宇宙酒>「司牡丹」
2005年10月1日は「日本酒の日」その日打ち上げられたロシアのソユーズに
高知県産の日本酒酵母が搭載されました
8日間宇宙ステーションに滞在した酵母は無事帰還して厳しい基準を潜り抜け
高知の蔵元にて純米吟醸酒が仕込まれて世界初の<土佐宇宙酒>が誕生したというわけです
「このお酒を飲めば無重力の宇宙酔いが味わえるかも・・」とはジョークでしょうが


クリックすると元のサイズで表示します

こちらも高知の四万十町産の厳選した良質栗を75%と米麹だけを使用したという
栗焼酎古酒 四万十<大正>
栗からお酒が出来るなんて初めて知りました
こちらもこれからいただきますが栗の風味がするのでしょうか

普段焼酎は殆ど飲みませんが珍しいので食前にほんの少しずつ味わって見るつもりです


クリックすると元のサイズで表示します

最後はサントリーから出ている<エルメス・バイオレット>
ずっと前に花の月刊誌「フルール」の創刊号にすみれが紹介されたとき
昔フランスの高貴な方たちが好んで口にしたと書かれた記事が目に止まり
私も試してみたいものと注文してしまったリキュールです
(本当に懲りない私です)
1ダースが最低注文単位だったためまだ何本も手元にあります
これはカクテル用のお酒で有名なのに「バイオレットフィーズ」がありますね
とっても綺麗なすみれ色とすみれの香りがします
シェーカーなどカクテル用の器具もそろえてあるのですがなかなか出番がありません
今度パーティー等で披露してみましょうか

<すみれのお酒> もしお使いになってみたい方は差し上げますので
どうぞ仰ってください
まだ7、8本はあるはずです

お酒は楽しく飲むのが一番
ほんの少ししかいただけなくても、いろいろ味わってみる楽しみがあります
今日は信州ではちょっとお目にかかれないお酒のお話でした

2008/3/24

看板のこと  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

建設省の[上空占有許可証]というものがあります
店の看板が建設省の土地の上を1メートル程使用していることから
5年契約で取り交わされる契約書です
今年がその年、今日届けを郵送したところです

そこに添付するため看板の写真撮りをしました
13年架けたままの板は雨風と日焼けに耐え、回りがだいぶ風化しています
欅の一枚板
そろそろ架け替えの時期でしょうか?
看板が分かりにくいなど言われたこともありましたが
「それがいいのよ」等とその度にうそぶいて・・
でもやっぱり新しくしたら店のイメージまでもが変ってしまうような気がして
眺めれば眺めるほど愛着がわいてくるのはどうしょうもありません
この先5年の届けも出したことですし
やっぱりこのままで行くことにしましょう

目をあげればそこには北アルプスの清冽な姿が・・
景色はちっとも変っていません
今日は一段とすっきりと明るく見えました

クリックすると元のサイズで表示します

2008/3/21

四季の移ろい   

クリックすると元のサイズで表示します

風の冷たさも少し前のそれとはまったく違い「そよぐ」といった感じになって
少し霞みの掛かった穏やかな日になりました
玄関にいけたレンギョウと小さめの優しいネコヤナギがだいぶ咲いて
色濃くなってきました
黄色は元気の出る色
ここを通られるお客様にいち早く春を感じていただきたいのです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サロンの窓辺にはOさんからいただいて花芽が出るのをじっと待っていた
<ストレプトカーパス>
産毛が光っています♪
今朝見つけた細い2本のかわいい花芽・・「うれしい〜」
あのすみれに似た薄ムラサキの花、凍みに耐えられずいつもダメにしてしまって・・
今年はたくさん咲いてくれることを願ってそっと水をあげました

クリックすると元のサイズで表示します

2008/3/19

ザクロティー  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

7月に当ギャラリーで「線刻彩色陶」という焼き物の個展をなさるYさんから
アメリカのお土産にザクロのお茶をいただきました
中国茶とのブレンドでローズヒップも入っているようです
紫がかった赤い色はザクロの実の色でしょうか
少しフローラルないい香りです
濃い赤色からは想像できないクセの無いまろやかなお味・・

早速今朝のミーテイングの時淹れていただいてみました

朝のこの時間にはコーヒー、紅茶、緑茶、ほうじ茶、蕎麦茶・・たまにはミルクティーなどなど・・
どのお茶にするかはその時の気分や体調で決めています
今朝はチョッと風邪気味(私は花粉症が無いので助かっています)
ビタミンCたっぷりで女性には特に良いというザクロですから
なおさら体が喜んでいる気がします
薫り高い熱いお茶は喉に心地よく飲んだ後体がポッカポカ、あったまりました
そういえば緑茶もビタミンCがたっぷりなんですよね
殺菌作用もあるようですし・・

でも私は珈琲屋
コーヒーもしっかり味わってチェックしますよ(笑)




2008/3/17

日本画の魅力  サロン

クリックすると元のサイズで表示します


ギャラリーでは今月いっぱい「滝澤緑鳳日本画展」 〜四季のうつろい〜が
開かれています
緑鳳さんはもともと蒔絵からはじめてずっと美人画を描かれていらっしゃる方です
今回は四季の花達を中心に繊細なタッチで絹に直接描いたものばかり
透けるような薄い花びらやその周りに漂う空気感が良く表現されていると思います


クリックすると元のサイズで表示します


現代の居住空間は純和風が少なくこのような絵は洋の壁には
似合わないのではないかとも思われがちですが
額縁を変えたりするとかえってモダンになることもあるのではないでしょうか?


クリックすると元のサイズで表示します

凛とした花菖蒲の絵です
ギャラリーに佇み美しい日本画に囲まれていると自然と背筋が伸び
気持がシャンとする気がします
そしてホッとする気持も・・


                 

続きを読む

2008/3/14

ひとりのティータイム  Life

クリックすると元のサイズで表示します

おやすみの日はいつもスケジュールが満載
でも,昨日は午前中の時間が「ポッ」と空いた
ほんの30分ほど・・

車で5分
たまに訪れるカフェでひとりのお茶時間
自分のお店とは違った場所で飲むコーヒーもいいものだ
穏やかな笑顔の奥様と一言二言の会話
ジャズが流れる清潔な店内
まだ他にお客様はいない

雑誌をめくったりしながらゆっくり味わう

こんなひとときが好き


2008/3/12

桜が届いた日 〜黄砂の一日〜  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

小さな優しい花びらがいっぱい付いた桜の枝を何本もいただきました
「敬翁桜」ケイオウサクラ・・いけばな用に温室で育てられた品種のようですが
サロンは一気に春モード
今年はサクラの開花が遅いとの予報の中、季節先取りです


「八丈島から・・」とHご夫妻が毎年届けて下さるさまざまな色の「フリージア」
いい香り、南国の香り・・辺りがパッと明るくなります
黄色の花が一番良く香るようです

クリックすると元のサイズで表示します

いただいたとき真っ赤な花びらが華やかだった「アネモネ」
二番花がこんなに膨らんで・・開く瞬間を見たい!

どの花も私の待ち遠しい春への思いを分かっているかのように
明るく咲いて喜ばせてくれます
お見えになるお客様の反応も一様に「まあ、優しいサクラ!綺麗ね」と・・
私の一番嬉しいときです

クリックすると元のサイズで表示します

サロンは春真っ只中、外は霞が掛かったようにぼんやりと太陽が浮かんで見えます
黄砂のいたずらでしょうか
夕方ようやくすっきりと景色が見えるようになってきました

クリックすると元のサイズで表示します

2008/3/9

鹿児島から宮崎へ  Life

指宿から宮崎県の青島まで高速道を使って3時間半の道のり
良く整備された道のサイドには背の高い椰子の木がどこまでも並んでいる
<青島パ-ムビーチホテル>は目の前が直ぐ海岸という真っ白い建物

クリックすると元のサイズで表示します

<青島自然植物園>にも立ち寄って見ると
手入の行き届いたお庭にポピー、パンジー、等が綺麗に植え付けされて
温室には熱帯のさまざまな植物が生き生きと成長して汗ばむような温度に・・
この暖かさにふとまだ寒い信州を思った

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

青島へは橋を渡って行く
<鬼の洗濯岩>が見えてくる
海流の影響で波に洗われた岩の造形の年月を経た美しさ
ぴょんぴょんと飛び跳ねて渡ってみる
向こうにソテツの林が・・

クリックすると元のサイズで表示します

ホテル8Fのお部屋から望む海岸線

クリックすると元のサイズで表示します

お夕食は中華のコース料理
オプションで名産の伊勢海老活き作りを堪能する
海の幸が次から次へと運ばれて目もおなかも大満足

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

宮崎日南海岸からも見えた<シーガイア>の真っ白いビル
広大な敷地にはゴルフ場、サッカー場、テニスコートなどが点在し
ビル内では幾組もの結婚披露宴が華やかにとり行われていた
大きな会議場も幾つもあり、迎賓館としても利用されているようだ
何しろ花が植えられたエントランスが長く、美しい
土曜日とあって広い駐車場もいっぱいの賑やかさ
さすが宮崎県、素晴らしい施設を擁している
こちらは43階から見た海岸線とゴルフコース
素晴らしい眺めにため息

クリックすると元のサイズで表示します

いいよ帰り<宮崎空港>へ
地酒の大々的な展示即売会がハッピ姿の人たちによって賑やかに開催され
東国原知事のお顔がついた商品が所狭しと並ぶお店、お店・・
元気いっぱいの宮崎をアピールしていた

夕方4時半頃の飛行機は1時間20分ほどで羽田に
楽しく思い出深い旅は終わった

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ