2008/11/29

この頃の空  

11月もあと一日
いよいよ日が短くなってきました
午後4時半頃になると日が落ちて空は綺麗なオレンジ色に染まります
真夏は7時過ぎまで明るかったのに・・
なんとなく気が急きます
でも、あまりにも綺麗な空の色、雲の形、蓼科山の姿
刻々と変る大空のドラマについ引き込まれていく私です

以下、すみれ屋サロンよりの眺めです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2008/11/25

くだもの穫り入れ  Life

クリックすると元のサイズで表示します

夕べから静かに降っていた雨が明け方には雪にかわったようで
お店の周辺はうっすらと雪化粧
初雪です
あわててスタッドレスタイヤの履き替えを自動車屋さんに依頼
でも10時過ぎにはすっかり融けて気持ちの良い青空が広がりホッとしました

今年は豊作だったゴールデンキュイフルーツと柿
凍みる前に収穫しようと思っていた畑の果樹
渋柿は別として何とか間に合いましたが
両方ともまだ3分の1は木に残ったままです
少しは小鳥さんのご馳走も残しておいてやりましょう

甘柿なのに渋いので焼酎をヘタにつけて発泡スチロールの箱に・・
キュイは林檎と一緒に保管すると熟成が早まると聞いていたので
その通りにしました

直ぐには食べられませんが両方とも凍みる季節にあったかい部屋で
いただくのが最高!
我が家で収穫したものというのが何よりのご馳走です
手前味噌ですね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む

2008/11/23

海野宿 ふれあい祭り  私の街のお気に入り

午前中の比較的お店が静かな時間をスタッフに任せて
毎年行われている<海野宿ふれあい祭り>に出かけてみました
個展中のTさんをお誘いして・・
気持ちの良い青空が広がり風も無い最高のお祭り日和です

日曜日に行われるため今まで同じ市に住みながら行くのは初めて
海野宿はわが市を通りぬける北国街道沿いの宿場町で
昔ながらの家並みや海野格子を大切に残しているところです

クリックすると元のサイズで表示します

既に駐車場はいっぱい
少し離れた千曲川沿いに車を止め入り口にある白鳥神社に向かいました
樹齢300年の大欅がどんと聳えて迎えてくれました
長蛇の列が何本も並んでその先には甘酒が振舞われクルミおはぎやすいとん
ほうとうの売り場が並んでいます
「小豆ほうとう」は昔祖母が作ってくれたもので懐かしく
早速食券を求めていただいてきました
あったかくて甘い小豆汁の中に手打ちのほうとうが入っています

境内では少女達が舞う浦安の舞、獅子舞、太鼓の演奏などさまざまな催しが
行われています
北国街道の通りに出てみると武士や町娘に扮した時代行列や花嫁姿
尺八の演奏を見ることが出来ました
大勢の見物客で賑わっています

クリックすると元のサイズで表示します

白いうだつ・・卯建(昔火事が隣まで燃え移ることを防ぐために作られた漆喰の壁)
も青空に映えます
野菜や果物、花の出店、ギャラリー、たくさんのお食事どころのほかに
縁側の開放など新しい試みも見られ
ほんの短い時間ながらお祭り気分を満喫しました

いつもお店に来てくださるIさんのご主人が実行委員長とあって
興味も増しましたが
住民の協力のみで
これだけの規模のお祭りを開催するのは大変なご苦労と拝察しました

クリックすると元のサイズで表示します

これが「小豆ほうとう」です
甘い小豆とほうとう?・・不思議な組み合わせながら
食べてみるとお汁粉より軽い感じでなかなか美味でした

クリックすると元のサイズで表示します

2008/11/19

羊さんのおくりもの  サロン

今ギャラリーでは「竹内文子作品展」 〜羊さんの贈り物〜が
開かれています
羊の原毛を使ったベスト・・
草木染したものを手紡ぎして棒針で編んだ作品です
風合いはもちろんあったかさも抜群
それにベストは肩が凝らずサッと羽織れるので私個人的に大好きです

竹内さんが原毛を手で縒って紡いでいく様子を拝見していると
面白いように糸になっていくのですが
実際にやってみるとこれが難しい
細くなったり太くなったりデコボコしてしまいます
お話をしている間も編む手を休めません
編み目を見なくてもできてしまうんですね

今日は風花が舞う寒い日になりました
美ヶ原や蓼科山の頂も白く雪化粧して里に初雪が降る日も近いのでしょうか
手編みのセーターが似合う季節になりましたね

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2008/11/17

秋の名残りの・・・  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

落ち葉積もる林の葉っぱや松かさ、庭の残り花を集めて作った
こんなかわいらしいオブジェを頂きました
木の枝や麻紐、身の回りにある特別ではないものを使って
季節にピッタリのプレゼントです
センスはもちろんですが季節を愛でる気持や感じる心がなければ
思い付きはしないでしょう
貰い手の喜ぶ顔を思いながら作ってくれたのでしょう
気持がポッと暖かくなりました

                      

周りの木々から毎日のようにハラハラ、ヒラヒラと落ち葉が舞い落ちてきます
もうほぼ裸木になったものもありますが落葉の本番はこれからのようです
ベランダや駐車場は格好の吹き溜まり
毎朝掃いても掃いても積もります
裏山の木の葉が全部落ちてしまうまで根比べ
でも雨に濡れた落ち葉は鮮やかでひととき落ち葉掃きの難儀さを忘れます
お客様から「葉っぱを燃やして焼き芋でもいかが?」
それもいいですね〜
消防署のお世話にならないように小さな焚き火をして見ましょうか(^!^)♪

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2008/11/12

もうシクラメンの季節?  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

軽トラックにいっぱいいろいろなシクラメンを積んで
お店の駐車場に寄ってくれるシクラメン屋さんが
今年もお顔を出してくれました
フリルの付いたもの、深紅、純白、ピンク、新種もあるようです

家には3年もの4年ものが幾鉢も元気ですが
又今年も赤が2鉢と白を買ってしまいました
シンプルな一重の花です

もうシクラメンの季節なんですね
11月も半ば
ますますシクラメンの似合う季節になっていきます


クリックすると元のサイズで表示します

そしてこんな布のバッグも持ちたくなる頃です
これはパッチワーク教室の先生、小島光子さんが作られたもの
丁寧に丁寧に針を運んでいます
気に入ってもう10年も使い続けてるんですよ

寒くなってくると茶系の服や身の回りの品にも惹かれます

クリックすると元のサイズで表示します

2008/11/9

晩秋の八ヶ岳山麓  Life

錦織り成す八ヶ岳山麓を巡り愉しんできました

先ず行きがけに<八ヶ岳倶楽部>

いつの季節も県外車が並び賑わい
いろいろな愉しみ方が出来るいいところです
オーナーの柳生さんご夫妻がにこやかに迎えてくださいました

ギャラリーでは素敵な器の展示会を開催中
林の木道を渡って行きます

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは今日のお宿、夏にピーマン通リでお買い物をした<リゾナーレ>
夕方薄暮れの頃到着です
かわいい雑貨のお店、シックなお洋服のお店、丸山コーヒーetc
いろいろなジャンルのショップが並んだピーマン通りは
そぞろ歩きながらウインドウショッピングも楽しめる魅力的なエリア
収穫祭の名残りでかぼちゃや果物のディスプレーが目立ちました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ディナーはレストラン<OTTO・SETTO>で・・
静かな大人のムード、お料理も洗練されいて目と舌で堪能しました

クリックすると元のサイズで表示します

帰りがけに立ち寄ったのはお隣のジュンデラさんお勧めの<夢宇谷>
林の中に点在する個性的なギャラリーの集まりです
紅葉が真っ盛り
車を降りゆっくり歩いて回りました

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは迷路のような不思議な雰囲気のギャラリー
大きな壷から小さい器、布まで膨大な作家作品が
センス良く並べられたギャラリー<夢宇>

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チョッと遅いランチは富士見町まで足を延ばし
焼きカレーの美味しいカフェ<Robin>にて・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

たった一日半されど一日半・・充実した楽しい八ヶ岳山麓紅葉めぐりでした


2008/11/4

鮮やかに・・秋バラ  サロン

クリックすると元のサイズで表示します

すみれ倶楽部ガーデンの薔薇が小さいけれどあちこちで色濃く咲き続けています
ご自身の庭のそんな薔薇たちを摘んでお持ち下さったHさん
早速、大テーブルに飾らせていただきました
いい香りが漂います

早咲きのものは4月頃から咲き始め霜が降りる11月下旬まで咲き続ける
四季咲きの薔薇・・
ずっと愉しませてくれた薔薇ともう少しでお別れです
今月の末には最後の合同作業が行われ、施肥や剪定をした後
来年の春までお休みしてもらいます

クリックすると元のサイズで表示します

私の庭のパパメイアンも最後の力を振り絞ってか見事な深紅の花姿を
見せてくれました
手折ってしまうのは心苦しかったのですが
サロンで大勢の皆さんに見ていただきたくて一枝切ってきました

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ