2006/9/30

旨い蕎麦を喰らう 神田まつや  蕎麦

チャリで秋葉原に買い物に行くついでに、蕎麦でも食べに行こうか、ということになり、神田まつやへ。かの池波正太郎がこよなく愛したという、明治17年創業の老舗の蕎麦屋です。著書「散歩のとき何か食べたくなって」でもここのことを紹介しているという話。(この本、読んでみたいと思いつつ、私はいまだに読んでいませんが。もう20年以上も前の本なので、出てくるお店はなくなってしまったところが多いようです。)

到着すると、3〜4人が外に並んでいる様子。でも蕎麦なので回転は速い。ちょっと待っていたらすぐに案内されました。お店は外から見る間口の感じよりも広めです。みんな相席で、食べてはどんどん入れ替わっています。

ちょっと暑い日だったので悩んだけれど、やはりカレー南蛮蕎麦をオーダー。
<カレー南蛮蕎麦>
クリックすると元のサイズで表示します
出汁がきいていて、おいしい。カレーのスパイスがあまり辛くないので、私には食べやすくてちょうどいいのですが、辛いものが食べられる人には物足りないようです。私は満足。とろとろ感がいいですね。

でもお蕎麦そのものは、松翁の方が断然好みだな〜。
松翁も久しく食べていないので、また食べに行かなくっちゃ。神田の藪もずいぶんいってないな。神田の蕎麦めぐりが必要だなあ。
0

2006/9/28

Aちゃんと三晃家へ  料理・食事

久しぶりにAちゃんとお食事に行きました!
水天宮で待ち合わせをし、私は人形町から迎えに歩いていたら、ぎりぎり柳屋の鯛焼の閉店前に間に合うことに気付く。小雨のせいなのか、うれしいことに、いつもの行列もない!早速Aちゃんの分をゲットしつつ、自分もその場で食べながら駅に向かって歩くことにしました。相変わらず美味しいなあ。私が鯛焼を食べ終わったまさにそのときやってきたAちゃんも、同じく食べながらお店へと向かいます。柳屋の鯛焼は甘さがやや控えめなので、ちょうど好みの甘さだと喜んでくれました。よかった!こういうことができる人形町の雰囲気が、私は大好きです。

三晃家につくと、一階の奥の部屋へ通されました。
お通し、平目の酒盗あえ(そんな名前だった?)、茄子の田楽、そして女将からのサービスであるアナゴの卵焼き。
クリックすると元のサイズで表示します
Aちゃんはこの酒盗が一番お気に入りだったようです。確かにこれは美味しかった〜!茄子の田楽は味噌が2種類楽しめます。アナゴの卵焼きはふわふわで、だしがきいています。

野菜と海老の春巻き(これも名前が不確かだ〜!)、女将おすすめのすっぽんのから揚げ、そして最後は岩海苔のおにぎり。
クリックすると元のサイズで表示します
初すっぽんのAちゃん、食べやすいと喜んでくれました。そう、から揚げは食べやすいし、臭みもないです。
おにぎりは何種類かできるといわれたのに、偶然にも二人とも岩海苔を選びました。Aちゃんも海苔が大好きだそうです。海苔っておいしいよね〜。

個室だったのでのんびりおしゃべりができて、本当に楽しかったです。Aちゃんはちょっと風邪気味でせきがでていたけど、その後は具合大丈夫だったかな?また美味しいもの食べに行こうね♪

0

2006/9/27

Mとアンフォールのランチ  料理・食事

友人Mと久々にランチに行きました。二人の男の子の子育て中ママなので、毎日大忙しで、なかなか外出できませんが、この日は日曜日ゆえ、おこちゃまたちはパパに預けてのんびりとお食事。表参道のアンフォールへ。あまりに久々だったので、お食事を味わうよりもおしゃべりに夢中でしたが…。

<アミューズと前菜>
クリックすると元のサイズで表示します
アミューズはひとくちブーダンノワール。
前菜は、Mがアヴォカドのムースとオマール海老、そのコンソメジュレ。オマールの風味がたっぷりです。私は緑レンズ豆と鶏の内臓、フォワグラのサラダ、有機卵“らんらん”のポーチエッグと共に。フォワグラが美味しい。そして半熟のポーチドエッグがとろとろ!

<主菜>
クリックすると元のサイズで表示します
Mは仔羊のテリーヌの香草パン粉焼き、私はイベリコ豚カルビのグリエ。どちらもジューシー。かなりボリュームもたっぷりです。

<デザート>
クリックすると元のサイズで表示します
焼きたてチョコレートクレープとバニラアイスクリーム、塩キャラメルソース
塩キャラメルは思っていた以上に塩が強いです。甘さはさほどなく、苦味と香ばしさがあとを引くうまさ。これがバニラアイスの味を引き立てます。プチフールは小さなフィナンシェと生チョコ。もうお腹いっぱいです。

全般的に安定した味わいです。どれも美味しくいただきました!外出中もパパS君がばっちり子守してくれたそうなので、たまには出掛けたいですね。楽しみにしています。
0

2006/9/25

驚き! ビストロ・カンパーニュ  料理・食事

前々からお店の前を通るとき気になっていたのですが、土曜の昼間に浅草方面にチャリで散歩中、蔵前のビストロ・カンパーニュに行ってみました。

ネットでメニューを見ると、ワインは自然派のものばかり。お値段もお手頃価格。さらにうれしいことにロワールがたくさん、しかもシュナンブランもいっぱい載っています。ヴーヴレは何とずっと探していたニコラ・ルナールの、ルメール・フルニエのものもリストアップされています。
とにかく行ってみねば。

お店に入ると、いかにもビストロっていう堅苦しくない雰囲気。
ランチは何と1000円〜!で前菜と主菜を選べます。前菜はいかにもビストロらしい、キッシュ、リエット、パテといったメニューずらり8種類の中から。主菜はお肉、お魚、煮込みの中から。煮込み、その日は私の大好きなクスクス!

メニューを見た時点で“これは相当いける”と確信し、お昼なので飲まないけれどリストだけは見たいから、といってワインリストも見せていただきました。ロワールのワインをあれこれチェックしていたら、シェフがフロアに見えて私たちに話しかけてくれました。私がルメール・フルニエ、まだあるんですか?と聞いたら、やっぱりすでに品切れの様子でしたが、お話しているうちにシェフが赤も白もロワールワインが大変好きと伺いました。どうりでこのワインの品揃えなのが納得。そして主菜に煮込みの設定があることもうれしいと話したら、「やっぱりビストロは煮込みがうまくないといけない」とおっしゃっていました。シェフのこだわりがメニューにしっかり感じられます。

だんなはアボカドとエビのタルタル+若鶏のコンフィ
私は定番田舎風パテ+仔羊と野菜のクスクスをオーダー。
クリックすると元のサイズで表示します
どれも旨い!これで1000円?本当に驚きです。パテは豚で、旨みたっぷり、しつこくありません。塩のジャリ感がいいです。アボカドはクリーミー。メインのコンフィは皮がぱりっぱりに仕上げられています!クスクスは、仔羊がうまい、そして野菜のまろやかな味わいが楽しめます。

デザートは380円、お茶は紅茶など300円で別料金。デザートも8種ほど選択肢があり。どれもおいしそう。
私はキャラメルプリンをオーダー。
クリックすると元のサイズで表示します
私の好きなしっかりプリンです。なめらかプリンより断然こちらの方が好きです。カラメルが香ばしい。

すごいコストパフォーマンス。大満足。いかにもフランスのビストロ、というこんなお店がどんどん増えてくれればいいのにな〜!脱帽です。レストランとはまた違った楽しみがあり、おすすめです。

ビストロ カンパーニュ
0

2006/9/23

うまいラーメン屋をめぐる ハッスルラーメン  ラーメン

8月下旬、ひさびさにラーメンを食べたくなり、出動。私の好きなこうかいぼうは長蛇の列の上に近辺に駐車場も見つからず。もう1ヶ所訪れたお店はお休み、そしてあちこち考えた結果、ハッスルラーメン亀戸店へ。
<ハッスルラーメン+味付玉子>
クリックすると元のサイズで表示します
とんこく正油はハッスルの定番。味玉は50円と安い。麺は中太のストレート。豚のこくと野菜風味の甘めのにごったスープ。“豚骨、豚足、背脂、鶏ガラなど12種類の素材をじっくり10時間以上煮込んだスープを使用している”とのこと。もやしやメンマなどもたっぷりのっています。
看板の独特な(?)センスがちょっと好きではなかったのですが、味はなかなかおいしいです。
ハッスル特製つけ麺は、ピリッとした味噌仕立て。
クリックすると元のサイズで表示します

サービスランチ100円で、ギョーザ3個と小ライスがプラスされます。ここのギョーザ、亀戸で二番目においしい餃子と書いてある!ってことは、やはり一番美味しいのが亀戸餃子ってことでしょうか?お店の人に聞いてみればよかった。

日本橋浜町のトルナーレにあった全然流行っていなかったスープ屋さんのあとに、このハッスルラーメンがまた支店を出したので、そちらの方が自宅から近いのですが、新しいお店だと味が安定しているか分からないということで、亀戸に行きました。今度は浜町の方にも行ってみよう!
0

2006/9/22

うれしいプレゼント  日記

ひっさしぶりに友人Mとお出掛け。二人の子育て中なのでなかなか思うように出掛けられないと思うのですが、この日はパパにおまかせしてランチに出かけることに。

ずっと会っていなかったので、次に会ったときに私の誕生日プレゼントを買ってもらうことになっており、大好きな白山陶器のある青山へ。
なんでも好きなもの選んでいいよ、と言われ大興奮!どれにしよう〜。当初はケーキ用のお皿をお願いしようと思っていたけれど、九州で買ってしまったので、前からほしいほしいと思っていたけど、なかなか買えずにいたお皿に決めました。うれしい〜!
<LEAVES>
クリックすると元のサイズで表示します
写真手前はサイズ違いを重ねて写していますが、同じサイズのお皿でもちゃんとスタックできるよう考えられています。そしてここのほとんどのお皿がオーブン・電子レンジOK(ふちに金などの色が後付けされているものなど一部対象外ですが)なのです。実用面を充実させつつ、心に残るデザインを発表し続けるので、ここの食器が大好きです。アシンメトリーになっていて、美しい形です。

以来、わが家ではポテトグラタンの登場回数が増えました!お皿が素敵なので、料理が映えます。素敵な食器があるって、それだけでお料理の楽しさが倍増しますね。グラタンだけでなくパスタでもサラダでも、何でも合うので本当に重宝します。

どうもありがとうね〜!大切に使います。そして美味しいお料理たくさん作ります!

その日、ランチはアンフォールにて食べました。こちらはまた後日アップします。
0

2006/9/19

カルフールでお買い物  料理・食事

最近、よくカルフールに買い物に行きます。というのも、ワインとチーズが安いので!そして種類も多い。チーズはかなり小さめのカットからあるので、毎回何種類も買えるのがうれしい!

今回はトムドサヴォワ、フルムダンベール、ブルードーヴェルニュの3種類。今回は全て牛乳のチーズ。うきうき。羊ちゃんはオッソーイラティがあったら買いたかったけれど、残念ながらなかったわ。
クリックすると元のサイズで表示します
トムドサヴォワ美味しい〜!あ、もちろん3種とも全部美味しいんですが。最近トムの素朴な味わいにはまっています。

そして、ワインはゲヴェルツトラミネルが安いので、いつも買い足しております。ソーテルヌなどの高価な甘口ワインもフルだと悩むところですが、ハーフが置いてあり、しかも安いので即買い。なかなかにくいセレクションです。しかし私好みの辛口シュナンブランはないんですね〜。残念。やっぱりよっぽど人気がないのか?あとはフランスのガレットなどのお菓子も豊富なのもうれしい。

この夏は白ワインばかり買ってしまったので、そろそろ秋に向け赤ワインを投入したいところです。
0

2006/9/18

さぬきうどん すなだどんどん  料理・食事

映画・うどんの公開日、テレビのプロモーションでしょっちゅうさぬきうどんを見せられたら、どうしても食べたくなり、思い立って即・うどんを食べに行くことに決めました。

私は行ったことがなかったのですが、だんなが一度行ってそこそこ旨かった、というさぬきうどん屋にチャリで直行!

<釜玉+野菜かきあげ+さつまいも天>
クリックすると元のサイズで表示します
あつあつの釜あげめんに、生たまごをまぜたうどん。中サイズで378円也。これに天ぷらをつけても500円台で食べられます。黄身が麺にからんで旨い!そしてなにより安いです。かけの小だと105円からあるんです。さすが。この値段なら、かき揚が作り置きでも仕方ないな〜と思います。
麺は十分コシもあって、満足。テレビ見るなりチャリ飛ばしてきた甲斐があったな。

すなだどんどん 箱崎T-CAT店
0

2006/9/16

いつものお店へ オーグードゥジュール  Au goût du jourでお食事

8月の下旬ですが、ワインエキスパートのお友達、Kちゃん、Jちゃんと久々にランチすることになり、オーグードゥジュールへ行きました。会うのは本当にひさしぶり〜。聞きたいことがいっぱいありすぎてこの日が楽しみでした。
というのも二人は春にフランスを豪遊してきたんです。うらやましいなあ!そしてKちゃんは結婚式をイタリアと日本で挙げたばかり。写真を見せてもらったらそれはそれは素敵な様子で、美しい花嫁です。

本日のお食事は
アミューズ:トウモロコシのポタージュ
前菜:ホタテのマリネと冷たい冬瓜 アサリのジュレを添えて
メイン:アッシュ・パルマンティエ
デザート:巨峰のテリーヌ
クリックすると元のサイズで表示します
トウモロコシのポタージュ、とっても甘いです。夏らしい一品。ホタテと冬瓜は野菜もたくさん入っていて、さっぱり。冬瓜がとろとろです。
そして、メインは大好きなアッシュ・パルマンティエ。ジャガイモ好きにはたまらない!デザートは、季節柄もうすぐ終了すると大林さんにお勧めされた巨峰のテリーヌを食べておきたいと思いオーダーしたら、岡部さんに「え?ロールケーキだと思ってちゃんとキープしてたのに!」と驚かれました。たしかにいつもいろんなデザートを選択できても、たいていロールケーキを食べてしまうので、違う選択肢は意外すぎたのかも。ここのロールケーキは最高です。でも今日は敢えて巨峰で行きます!巨峰、甘いですね。

食事しながらお互いの近況報告をしていたら、3人とも環境が変わったり、大切なイベントがあったり、もうそれだけで話すネタがありすぎて、肝心の二人の旅行話までたどり着けませんでした。それはまた改めて聞かなくっちゃな。
で、フランス豪遊してきてうらやましいなー、なんて言っていたらなんと岡部さんもお盆休み中にフランスに行ってらしたそうで…。いいなあ。美味しいものたっぷり食べてきたみたいです。こちらも本当にうらやましい。

いつものことですが、長々居座ってしまったけれど、あっという間に感じました!楽しいお食事会だったなあ。今年は私、フランスに行っていないので、周りのお友達からいろいろ話を聞いて情報収集しておかなきゃ。またおいしいものを食べながら旅のお話聞かせてね。


Au goût du jour
0

2006/9/15

京都へ イノダコーヒー  おでかけ、旅、旅の食事

京都ネタでブログにアップし忘れていたイノダコーヒー。わが家は毎年決まって三条のホテルに泊まるので、イノダコーヒー本店は歩いてすぐ。ときどき訪れます。しかし今まで朝食には行ったことがなかったので、東京に帰る日の朝、行って見ることにしました。
<イノダコーヒー入り口>
クリックすると元のサイズで表示します
驚いたことに、朝から20人ほど並んでいます。外まで列がはみ出ている!やっぱりみんな考えることは同じなのか〜。でも朝食なので回転は速い。広いお店なので席も多いし、ちょっと待ってみました。そしたら20分ほど経った頃でしょうか、思っていたよりも早く席に通されました。

クリックすると元のサイズで表示します
卵・ハムとお野菜がたっぷりです。左側のサラダは上に別添えの半熟卵をのせていただきます。これは夏用のメニューみたいです。旨い!このドレッシングが美味しい。右側は定番の「京の朝食」セットです。クロワッサンも素朴な味わいです。どちらも軽そうに見えますが、全部食べると結構なボリュームです。

ここは、コーヒーにミルクと砂糖を入れて持ってきてくれるのがデフォルト設定です(もちろん先に聞いてくれるので入れたくない場合も大丈夫)。クロワッサンの奥に見えるのがアイスコーヒーです。これはコーヒーが冷めても美味しく飲めるようにとイノダが考え、開業当時から続けているスタイルとのこと。私はコーヒーが飲めないのでミルクティーなんですが。

朝から京都の味を堪能しました。お腹いっぱいで大満足。また来年もこよっと!

イノダコーヒー
0

2006/9/13

ブール・ド・ネージュ  Homemade

お友達のKちゃんからお借りしていたバーミックスを使って、クッキーを作りました。
<ブール・ド・ネージュ>
クリックすると元のサイズで表示します
見ての通り、雪だまという名前のクッキーです。噛むとほろほろっと崩れる歯ごたえ。中にアーモンドダイスが入っています。

<アーモンドココアクッキー>
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはココア生地でアーモンドスライスが入っています。

バーミックス、本当に便利です。お鍋にそのまま入れて撹拌し、ポタージュスープが簡単に作れます。お菓子作りの生地を混ぜるのも、力を入れる必要がないので早いし楽チン。でもお店に見に行ったら、安いセットでも26000円位、高いのだと30000円以上するんですね。無理だわ〜。この値段ではなかなか買う勇気が出ない。というわけで、借りている間、すっかり堪能させていただきました。Kちゃん、本当に長らくどうもありがとう。

そして今は類似品の安いものを日々購入検討している私でした…。今のところブラウンが有力候補。私はハンドミキサーを使わず、お菓子作りは全て手で泡立てているのですが、これを買ってしまったらもう手でメレンゲ立てるなんて絶対にしなくなるんだろうな〜。でもその方がもっとお菓子作りする機会が増えるのかも。
0

2006/9/12

minobiでお食事  Au goût du jourでお食事

8月下旬に、大学時代の友人Tとminobiでランチしました。彼女と会うのは、彼女の出産直後以来なので、かれこれ2年ぶり!でもいつ会ってもお互い何も変わらず、学生時代のままの空気が流れます。

最初、彼女の会社の近くということで、昼休みに抜けてminobiに来てもらうつもりでしたが、あまりに久々ゆえ1時間じゃ足りないだろうと、なんと午後休をとって駆けつけてくれました!子育てと仕事の両立で忙しいさなかに私のために貴重なお休みを使わせてしまってすみません。でも本当にうれしい。

minobiでは前もって高橋さんに「友達は仕事を抜けてくるから慌ただしいです」と話していたのですが、「ゆっくりできることになりました」と話したら早速、食前酒にシャンパンを頂戴しました〜!

そしてお食事スタート。当初、鴨ねぎ丼だけを速攻で食べて失礼する予定でしたが、のんびりできるということでランチコースを。
食事をしていると、月曜でオーグードゥジュールがお休みなので、なんと突然カジュアル私服の岡部さんが登場!こんにちは〜と元気に手を振られました。そして反対側カウンターでお食事されました。おお、岡部さんの私服、見る機会ない貴重な体験です。

<つきだしの切干大根と、前菜の豚足と穴子のテリーヌ>
クリックすると元のサイズで表示します
豚足、コラーゲンたっぷりです。豚の脂ってどうしてこう美味しいのでしょう。病みつきになりますね。
<鴨ねぎ梅しそ丼>
クリックすると元のサイズで表示します
鴨とねぎって本当に相性がいいですね。鴨は香ばしくてジューシー。梅しそのさっぱり感と、天かすに入っている青海苔の風味がまた旨い。どの組み合わせで口に入ってきても合います。やっぱりこれが最高です。岡部シェフ、最高です。
デザートは豆乳のブランマンジェ 黒蜜ソース そしてイチゴのデザートワイン
クリックすると元のサイズで表示します
黒蜜が濃厚でおいしい!イチゴのワインもデザートに合います。

高橋さんが大層気を使ってくださり、ゆったり居心地のいいランチです。二人して大満足。のーんびりして、美味しく楽しくお食事。すっかり贅沢な気分を味わえました。どうもありがとうございました。

Tともゆっくりおしゃべりできてうれしかった〜!忙しい中、どうもありがとう。またぜひ一緒にランチいこうね。


minobi
0

2006/9/10

カリスマ豆富って…?  料理・食事

カリスマ豆富って知ってますか?
クリックすると元のサイズで表示します
スーパーの豆腐屋ジョニーのすぐ下の段で発見しました。なんか、豆腐屋の社長のフルネームが入って「株式会社篠崎屋 代表取締役・樽見茂プロデュース」とか書いてあるんですが…思いっきり男前豆腐の二番煎じのように見えます。カリスマといわれてもこの人のこと全然知らないし。
でもなんだか気になって買ってしまった。

豆乳入りのやわらかとろとろのお豆腐、いえ“お豆富”と書くのにこだわっている様子。わが家一番お気に入りのお豆腐屋さん・豆源郷の、豆乳入りおぼろに近いものがあります。これがスーパーでいつでも買えるなら楽かなって感じです。

でもちょっとこの篠崎屋という会社、なんだか不思議に思い、ネットで検索したら、男前豆腐の親会社・三和豆友食品と業務提携をしたそうで、篠崎屋の傘下に入ることを心配した男前豆腐は親会社から独立。そうしたら篠崎屋がすぐに同じような販売戦略の豆腐を7月半ばから売り出した、という話らしいです。…なんか、お家騒動って感じでしょうか?

ファンキーさ・インパクトからいったら、断然男前豆腐が勝っていて、やっぱり先駆者かな?と思います。豆腐業界、新しい風が吹いているんですね。きっと男前豆腐登場以来、かつてない活気があるんだろうな〜。他の業界もきっとこんなヒットを狙ってがんばっているんでしょうね。おもしろい商品、ますます期待しちゃいます。
0

2006/9/9

ベルーガでお食事  料理・食事

だんなのお母さんのおすすめロシア料理店・ベルーガに連れて行ってもらいました。シェフは浅草のマノスの出身だそうです。

到着して、ランチコースから選ぶものと思っていたら、すでにフルコースを注文してくれていて、前菜のサラダをシーフードか生ハムから選びます。

お魚料理は海老のポテト巻き揚。カリカリの細切りジャガイモを衣にして、揚げてあります。ジャガイモ好きの私にはたまらない!
クリックすると元のサイズで表示します
そしてメインディッシュはロールキャベツ。
クリックすると元のサイズで表示します
キャベツがものすごく柔らかくとろとろで、フォークで力を入れなくても簡単に切れます。なのに全く煮崩れていません。家庭で煮込んだロールキャベツのとろとろ感とは全く違う、今まで食べたことのないロールキャベツ。ちゃんとお肉が包まれしっかり形がキープされているのに、どうして舌に乗せるとすぐとろけるような、あんなに繊維を感じないほど柔らかに仕上げられるのでしょう。
中の挽肉はなんと牛肉でした。こくがあり、甘くてジューシー。牛肉でロールキャベツを作ったことがないけれど(私はいつも合挽きで作るので)、こんなに美味しいのかと、目からうろこでした。煮込んだスープもうま〜!パンにつけて食べるとまたおいしいです。自分で作るロールキャベツも手前味噌ながら好きなのですが、ここのロールキャベツは格別、今まで食べたロールキャベツの中で一番美味しいと思いました。

食後はデザートの盛り合わせ。アイス・プリン・フルーツ・タピオカなどがたっぷりのっています。お茶はロシアンティーで、バラのジャムとイチゴジャムを入れていただきます。ここまでくるとすっかりお腹いっぱいです。

お昼からゴージャスなお食事をいただき、幸せな休日でした。このロールキャベツ、ぜひまた食べたいです。お母さん、ご馳走さまでした!
0

2006/9/5

京都へ 乃し  おでかけ、旅、旅の食事

オ・グルニエ・ドールで美味しいケーキをいただいたあと、北山へと向かいます。夕食は懐石の、乃しというお店です。初めていくお店で誰かに聞いたわけでもなかったのでちょっと不安はありましたが、お店に着いてみると外観からして期待できそうな雰囲気が漂っています。
<乃し>
クリックすると元のサイズで表示します
趣のある細いアプローチには足元にやさしい照明が灯され、茶色いシンプルな暖簾が見えます。内装もとてもきれいです。個室ではないけれど、隣との間隔も広く、ゆったりしているので、全く気になりません。

夜のお食事は4種類の懐石のコースがあります。一番安い5000円のコースでも品数が多そうで、きっとこれで十分お腹いっぱいになるだろうとこのコースをオーダー。
クリックすると元のサイズで表示します
本当に品数が多かったので、小さい写真にしちゃいましたが…。

白ずいきとほうれん草のお浸し いくらのせ
とうもろこしの裏ごし卵豆腐 雲丹添え
お造り しまあじ、鯛、蛸、マグロ
鱧と松茸の土瓶蒸し
お寿司
鮎の風干し
賀茂茄子田楽とほたて貝柱あられ粉揚げ
実山椒と貝柱の炊き込みご飯
白桃コンポート 桂花陳酒ゼリー
クリックすると元のサイズで表示します
どの品も全てとても手が込んでいます。そして素材の味が活きています。
鱧と松茸の土瓶蒸し、夏と秋の両方を楽しめてうれしいですね。いい香りです。京都にきたらやはり鱧が食べたい!
賀茂茄子の田楽は茄子がとろっとしています。そして上にのったさくさくのあられの衣がついた貝柱との食感の違いがおもしろい味わいです。
炊き込みご飯も実山椒の風味がきいて、お腹いっぱいなのに進んでしまいます。

どれもとても美味しくいただきました。これが一番安いコースだなんて驚きです。東京でこれだけの内容を出したら1万円位とるだろうなっていう印象でした。

こちらのご主人は祇園の京料理の老舗・鳥居本で長年修行されていたようです。そんなことは知らずに訪れて、しっかり京の味を堪能できました。ここは毎年京都に来るたびに訪れてみたいと思えるお店です。いいお店にめぐり合えてうれしいです。

乃し
京都市北区上賀茂岩ヶ垣内町32
075-702-7733
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ