自己紹介   ■勉強法Hacks  ■notetaking一生使えるノート術  ■勉強のやり方ブログ
      
ノートブームに思う  ノート雑感

ノートのヒント。

というか少しずつ考え始めたことを書いておきます。忘れるといけないから。

まとめノートとノートテイキングは違うということです。

そして最近のノートブームはまとめノートが中心。

東大生のノートを集めた太田あやさんの本を眺めていて気になり始めたのです。
ノートテイキングのことを書いたものはないかなあ。それは手帳術になるのかなとか。

写真は今年見る機会が少なかった夏雲。クルマを走らせていて見かけました。クリックすると元のサイズで表示します
0

フリスクのステッカーで考えたこと  ノート雑感

フリスクの車内ステッカーです。

メビウスの輪です。メビウスが1790に生まれた人とは知りませんでした。

というよりメビウスの輪と名前がついているのだからメビウスさんが発見(?)したのだろうとは思いますが、何が実在の人物という感じがしません。

短冊をひねって裏と表をはりつければあら不思議、裏も表もなく一周できてしまいます。走行距離は裏も表も通るわけですから、ひねらす貼った場合の二倍になります。三次元の世界に置かれたねじれた二次元(直線)の世界という感じですね。

これを思考実験として三次元に置き換えたのがクラインの壷です。らしいものは作れますが実際にはつくれません。

しいていうとブラックホールで時間も空間も消滅し、出たところがもとの場所という感じでしょうか。

浅田彰が「構造と力」でこのクラインの壷を中途半端に使い、東浩紀もハイデガーの説明に使い、それを山形浩生が激しく非難するというようなことがあったと記憶していますがメビウスの輪のごとき自家撞着を起こしているわたしの内部記憶(脳)はあてにはなりません。

あとで古き外部記憶たる書籍を引っ張り出そうと思いましたが、運良くスタック化された(平積状態)山の中から三冊を探し出したとして、さらにそのために崩れ落ちた書籍の山を賽の河原の哀れな子どものように不器用に積み直したとして、本のどこに書いてあったかを曖昧なパターン認識で「確か右上あたりに図があって」という具合に探すことになります。

どう考えててもここの作業が2時間はかかるわけでするとほぼちょうどよい具合に、いや悪い塩梅(あんばい)に睡魔がやってきて、結局何をくだらないことに時間を使っているのだろうということになり、挫折感の中で床に着き、夢のなかでクラインの壺の中で迷子になるのが落ちです。

その点インターネットは「クラインの壺 浅田彰 山形 東」くらいのキーワードを入れてやると関連する事項はでてくるでしょう。

いま電車の中でマルチタスクでないケータイで書いているので検索しませんが、すぐに答えは出るはずです。

いずれにしてもメビウスの輪でこれくらい遊べます。

メビウスの輪を利用した例としてビデオテープやドットインパクトのプリンターリボンがありましたが、なぜか二つとも使わなくなりましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

西友ケトルポテトチップスを早速購入。  ノート雑感

昨日は1日研修とその後、夜8時過ぎまで会議。

特に研修会は総合司会とタイムキーパーをやりましたので一日中緊張してました(というのも精神的には大丈夫な分身体的にストレスフルだったはず、いわゆる気が張っているという状態でしたので)。

疲れて自宅に帰り娘とたわいもない話をした後、10時ごろから近くの公園をウォーキング。アブラゼミの羽化の姿を横目で見ながらひたすら一周一キロのコースを早足で3周して、冷たい飲み物を買い(ビールではありませんよ)に西友に。

そこでみつけたのがくだんのニュースにあったケトルポテトチップス。ビネガー味とかバーベキュー味ならパスなのですがプレーンソルト、買いました。

50グラムで168円は高いと思いますが、油強めで少し厚め(日本の厚切りカットよりずっと薄いです)。

今度「やまや」の直輸入品と比べてみます。西友もやまやも直輸入では変わらないと思いますが、比べたいのはお値段。フラ印もあったら買ってきます。こちらはブラックペッパーがオススメ。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ