自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2013/2/25

じゃがいもの準備  じゃがいも

気温が緩む3月初旬にじゃがいもの種を植えるよ

クリックすると元のサイズで表示します

この写真は、昨年2012年度のじゃがいも掘りの様子です。
最後まで読んでいくと、じゃがいもの収穫までを掲載する予定。
まずは種芋の植え付け方から始まり〜




クリックすると元のサイズで表示します

本を見ながら種用のメークインの切り方を学ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します

種芋売り場にも切り方の見本があったので写真に。


クリックすると元のサイズで表示します

今年もメークインを2kg買った。
半分に切ったら40個ほどに増えた。
すぐにデンプンの白い粉が噴出したので部屋で乾燥させる。
暖かくしすぎると汗をかき良くないので空気にふれさせる。

切った面に灰は塗らないで自然にまかせよう。
その方法はどちらでも構わないとテキストに書いてある。

クリックすると元のサイズで表示します

3月2日は少し暖かくなるらしいから菜園に植えようと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

土壌がアルカリ性になりすぎてもいけないので、石灰類は少なめにしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

病気にも注意しないといけません。

昨年の収穫時期は、肌がザラザラしていたのでコレかもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します

メークインは肉じゃが料理に最適らしいね、早く食べたい



次のステップへ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

堆肥と合成肥料とシェルかをすきこんでおいた土に種を置く。

表と裏の二通りの親方を試してみる。



★4月13日に畑を覗いてみると、
芽が出て葉も茂っていた。


そこで余分な芽を摘み取り、2本仕立てにする。

クリックすると元のサイズで表示します


続く・・・

_________________________________________________________________


2013年 4月29日(月)

クリックすると元のサイズで表示します
気温があがるにつれて大きく葉が茂ってきた、

クリックすると元のサイズで表示します
以前2本立てにしたけど、
芽が伸びて3本になったり4本になったりしている。

クリックすると元のサイズで表示します
また2本立てにして化成肥料を追肥して終了。
1

2013/2/21

桜島大根を作るおじさんがいる  大根・カブ

クリックすると元のサイズで表示します

菜園を楽しんでる仲間ですが、収穫の日なので嬉しそうです。
おじさんが数年前にミニ耕運機で楽に耕してるのを見てから、
自分も購入したという気になりました。
今は身体や腰が痛くならなくて楽に耕しています。
仲間との付き合いは、いろいろと勉強させられます。

クリックすると元のサイズで表示します

野菜のオンパレード。
家族が多いので、すぐに無くなりますと言ってました。

クリックすると元のサイズで表示します

明石市では、作る人が珍しい桜島大根です。
面白半分に作ったのだと言ってましたが、いい出来です。
写真にして仲間に見せたいと言ってました。
ちなみに、おじさんは沖永良部出身だそうです。
やはり鹿児島県人らしく、懐かしい野菜なんですね。
本場物と比較したら、ちょっと貧弱ですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します

桜島大根の葉を真上から見ると、
こんなに綺麗な模様に見えるんですよ。



そこへ親戚の女性がやってきました。
今はキャベツがとても高価なんですというので、
自分の自慢のキャベツを1個あげました。
おじさんのキャッ別よりも立派だと自慢できます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/2/19

野菜処理後のくずは堆肥に  堆肥作り

クリックすると元のサイズで表示します

菜園の隅っこで、野菜処理後のくずとか枯葉を混ぜ込んで、
堆肥作りに挑戦している。

3ヶ月ちかくなるのでビニールシートを取ってみた。
いい具合に発酵が進んで肥料になりつつある。

更に草や新しい野菜くずを混ぜ込んだ。
そして下の物と上の物をひっくり返してみる。

クリックすると元のサイズで表示します

次に上から長靴で踏み込んでみた。
水もかけないと米糠の発酵が進まない。
野菜の漬物を作る要領と同じなんです。


http://sun.ap.teacup.com/keigo/189.html
枯葉で堆肥を作ろう の続編です



堆肥を多く使うとここがポイントです
ミミズが増えます。
ミミズは土を食べて消化し、フンをすることで、
土壌を耕し栄養のある土をつくります。
古くから知られていた内容ですが、
それを最初に学術的に研究したのは、
イギリスの自然科学者で進化論の提唱者・ダーウィンです。
ミミズは、日本では「自然の鍬」、
英語では「アースワーム」(土を耕す地球の虫)
と称されてきました。
0

2013/2/19

スイートスプリング収穫  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

4年越しの念願の収穫!
たった1個だけ結実して、色づいたオレンジ。
スイートスプリングという名前だそうだが、
どんな果物なのかわからない。
ホームセンターで廃棄寸前の苗木を貰ってから4年。


実るまで確かめようと、じっと耐えて育てた果物。
菜園は太陽の恵みと栄養分の多い土があるから大きく育った。

クリックすると元のサイズで表示します

1個だけだが堂々と自己主張している。

クリックすると元のサイズで表示します

カットして、おそるおそる味見してみる。
思ったほどの酸っぱさもなく、甘すぎず、
サッパリ美味しい味がした。

大成功!

クリックすると元のサイズで表示します

菜園に根を張った木を選定して引っこ抜いた。
これからは、菜園から庭へUターンさせて移植して育てる。
環境は菜園ほど良くないが、毎日見える場所なので
いつでも愛情が注げるからいいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

来年はもっと美味しい実をつけさせるつもり。



クリックすると元のサイズで表示します

昨年春にはこんなに花が咲いていたけど、
たった1個だけの実が残ったという写真。








0

2013/2/5

寒くてキャベツが高いそうだ  キャベツ・ブロッコリー

クリックすると元のサイズで表示します

巷では、年末から寒くて野菜が不作というニュースが。
スーパーで野菜を買うにも、値段が上がって、
キャベツ1個買うのも躊躇してしまうという主婦の声を聞いた。
1個300円位はするのだそうだ。

我が菜園では大ぶりの引き締まったキャベツが豊作だ。
40本位植えたのでいつでも気兼ねなしに料理できる。 

クリックすると元のサイズで表示します
買う人には申し訳ないが、ブロッコリーも調子が良い。



0

2013/2/4

立春に土掘り起こし  畑の風景

クリックすると元のサイズで表示します

立ち枯れた野菜や、霜にやられて収穫出来ない野菜の処理をした。
フォーク状の機具で地中に突き刺して、掘り起こす。
腰に負担がかからず楽な方法だ。
今の時期は土壌が湿っていて作業が楽。

クリックすると元のサイズで表示します

畦のセンターを割り、出来上がった堆肥をばらまいた。
その上から米ぬかをパラパラかけて、土を被せた。
暖かくなる3月末までに米ぬかが発酵すると思う。

クリックすると元のサイズで表示します

こうすることによって、虫の駆除と肥沃な土壌になるはずだ。

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ