自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2013/9/25

秋の空気に似合う曼珠沙華  ★花&果実

真っ赤な彼岸花が田んぼの道や山すそなどに咲き乱れています。

子供の頃から、彼岸花を見ると何だか不気味でした。
いろんな言い伝えを聞かされていたからでしょうか。
見方を変えればもっと愛せる花なのかもしれませんね。 


写真の撮り方でこんなにも綺麗に変化する曼珠沙華の花。
彼岸花と言って敬遠されることが多いのかもしれません。
しかし、庭の隅っこに植えている人もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。
田んぼの畦道などに群生し、
9月のお彼岸の頃に咲く花として親しまれています。
花言葉は情熱・悲しい思い出・独立・再会・あきらめ。

曼珠沙華の呼び名は、
サンスクリット語で天界に咲く花という意味。
おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、
という仏教の経典から来ているといいます。
サンスクリット語ではmanjusakaと書くそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

数年前に日本海方面へバス旅行に行きました。
遠くに赤く綺麗に咲いた曼珠沙華を指差しながら、
バスガイドさんが教えてくれました。
全然知らなかったことが解明されて驚きました。




お彼岸の頃に咲き、土葬をモグラや野ネズミなどから守る
意味もあって墓地などによく植えられているため、「死人花」
「地獄花」「幽霊花」のような怖い呼び名もついています。

彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、「毒花」「痺れ花」とも。
その反面、でんぷんを多く含んでいるため食用可能で、
毒は水にさらすと抜けるため、昔は飢餓に苦しい時に毒を抜いて
食用にすることもあったそうです。
田んぼの畦道に彼岸花が多いのは、
その毒でモグラや野ネズミを防除するためだけではなく、
飢饉に備えて植えたという説もあり、
危険を覚悟してまで口にしなければならなかった昔の苦労が
しのばれます。

0

2013/9/24

秋キャベツ「おきな」の植付け  キャベツ・ブロッコリー

クリックすると元のサイズで表示します

キャベツ「おきな」の苗をトレー買いした。
トレーに40本も入って980円とお買い得。
暑い夏場にせっせと苗作りをしても上手く育った試しがない。
買った苗は、すぐに植付けできるサイズになっている。


肥大性に優れた早生種らしく緑がきれいな写真表示が付いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

検索してみると特長がよくわかる。
●夏から年内どりで萎黄病にも強い!球肥大良好で列球は遅い!
●萎黄病に抵抗性で、耐暑性にすぐれ、生育旺盛で栽培容易。
●適期栽培では、定植後60〜65日で収穫できる早生種。
●球は鮮緑、尻づまりのよい整った扁円球で球の肥大が良い。
 結球の緊まりがよく、球芯は低い。
●肥大がよく、L〜2L玉の大玉収穫が可能。

クリックすると元のサイズで表示します

栽培の要点

●黒腐病や株腐病の予防防除を行う。
害虫予防のネットを張ってみたが、病原菌にも注意が必要だね。

クリックすると元のサイズで表示します

★キャベツのお勉強

キャベツは、アブラナ科の代表的な結球野菜。
原産地は地中海沿岸地方で、
日本へは明治初年(1868年)に導入され品種改良された。

キャベツは、基本的には20℃前後の冷涼な気候を好むため、
夏の高温期には高冷地へ産地が移動します。

ビタミンCやビタミンUの含有量が高く
健康野菜として人気があります。
美味しいのでアオムシ,コナガ,ヨトウムシなどの害虫に注意。

キャベツは「胃腸の粘膜を正常な状態に保つ作用」、
「胃酸の分泌を抑える作用」、
「胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治癒能力を高める」
そんな効果があるとされています。
しかし、それははっきりと解明されてはいないそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

ネットのトンネルを掛け終わると同時に紋白蝶が飛んできた。
卵を産み付ける場所を探しているようだ
0

2013/9/23

秋のジャガイモ「デジマ」が発芽  じゃがいも

9月半ばに植えたので少し遅れたかな・・
と思いながらもデジマという品種を植えてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

10日ほどで発芽を確認できた。
23日だと言うのに昼の気温がぐんぐん上がる。
夏のように30度以上もあって畑作業がつらい。
春先のメークインとの成長の違いは、
秋のほうが早く育つということなんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

長崎の出島にちなんで命名されたジャガイモ「デジマ」
春作のデジマは食味優れており、肉じゃがや煮物、
味噌汁の具、フライドポテトに適しているらしい。

いま発芽した秋作は、澱粉価が比較的高くポテトチップ、
ポテトサラダ、粉ふきいもにも合うらしい。
しかし我が家の食卓には、肉じゃがや煮物、
味噌汁の具が多いのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

じゃがいものチーズ焼きレシピがあった。
せっかくだから挑戦してみるかな。

作り方
1.じゃがいもの皮をむき水にさらす。
2.ラップにくるんで(ゆで野菜機能付きの電子レンジなら自動で)
 レンジにかけやわらかくする※かけすぎないように注意
3.玉ねぎはうすくスライスして、オリーブ油で炒め軽く塩こしょうする
4.両方を耐熱皿(うすくオリーブ油をぬっておく)に
 入れチーズをのせて、トースターで軽く色づくまで焼く。


検索でブログを発見しました。
何と、畝の谷に種イモを植え付けるという
変わった農作業方法が載っていました。
http://blog.livedoor.jp/syumatsu/archives/52892255.html

「デジマ」
長崎県総合農林試で北海道の食味のよい系統「北海31号」を母、
暖地で春秋とも多収の「ウンゼン」を父として交配・育成し、
昭和46年に農林登録(ばれいしょ農林19号)された
暖地二期作用品種です。
品種名は江戸時代に外国への窓口であった育成地近くの
長崎出島にちなんでつけられている。

デジマは春作・秋作ともに多収。
いもの表皮が滑らかで、外観が良い。
食味が良い。
Yモザイク病に強い。
青枯病に弱い。




0

2013/9/18

台風から逃れた野菜  畑の風景

クリックすると元のサイズで表示します
雨上がりの後に野菜が気になり巡回!


9月16日、
京都・嵐山の有名な渡月橋が、
水に脅かされるニュースを見ながら
水害の恐ろしさを改めて感じた。


秋の行楽シーズンを前に大打撃を食らった京都府。
特に福知山市などは村が水没している


同じ近畿でも神戸と明石地区でも雨の降り方が違ったようだ。
10cmほど成長したキャベツや白菜の苗が全滅したと
ソーシャルネットワーキング仲間から状況を聞いて驚く。


翌日は、朝から静かで陽射しが戻り30度と暑かった。
台風でせっかく涼しくなったのに、暑いのはもう要らないよ

クリックすると元のサイズで表示します

昼過ぎに菜園の巡回に行くと、畑の谷には水が溜まっていたが、
蒔いた種はきれいに発芽してたので安心した。
苗が早く大きくなっていたら、きっと水害で倒れていたはず。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

芽吹いたばかりの大根や小かぶ、三度豆など無事で安心した(^-^)/
今度は害虫に食われないようにネットを張る準備をしよう。
週末まで待たねば






0

2013/9/12

プランターで栽培するオクラ  オクラ・モロヘイヤ・ゴーヤ

クリックすると元のサイズで表示します

オクラの種を蒔いてから随分時間がたちました。
それでも大きくなって、日に日にそれらしくなりました。
初芽から収穫までを写真に収めています。
後で見るのも楽しみのひとつです。

クリックすると元のサイズで表示します

花が咲き結実。
やったぁ〜!
まもなく収穫です。

クリックすると元のサイズで表示します

次々と上品な花が咲き、見とれています。
花を楽しみ、後は食卓で味を楽しむ。
贅沢な趣味だこと^^.

クリックすると元のサイズで表示します

水掛けと紅茶や日本茶の出がらしと珈琲のカス、
そして花のハイポネックスがあれば・・。

本当は肥料を与えるのがベストですが、
お遊びなので完全に手抜き。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は3本程度 初めての収穫ができそうです。
畑のオクラはすでに枯れてしまいましたが、
テラスでは太陽の加減ができ、それなりに実っています。





0

2013/9/6

自己流ミニ盆栽やってみようかな  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

食べたキンカンを土に植えておいたら、
発芽しています。

クリックすると元のサイズで表示します

2月ごろから小粒で黄色の花を付ける「蝋梅」の発芽も。
どんな木に成長するのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

これは蝋梅の実。
中には珈琲豆のような種が入っています。

鉢で育ててミニ盆栽してみます。
サツキとか松などに負けないような楽しみ方探し。


★余談
 織田信長はあだ名を付けるのが上手。
 キンカン頭と呼ばれた明智光秀さん。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ