自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2014/12/27

雨水を利用する方法  畑の風景

クリックすると元のサイズで表示します

新しく借りた畑は、水道も無く、
遠くで流れる小川の水を汲んで来なければなりません。
そこで考えたのが水桶を沢山並べて、
雨水を溜める方法です。


不要になった傘に穴を開けて、
水をキャッチするパラボラアンテナ方式。

これなら自然に水を溜められるかも。

クリックすると元のサイズで表示します

石ころで重石して、風で飛ばないようにしました。
ゴールデンウイークまでには水を溜めたい。
0

2014/12/25

畑の寒起こし  畑の風景

クリックすると元のサイズで表示します

お手本にしているNHKの野菜作り番組の中で、
寒起こしをした方が良いと言っていたので、
さっそく畑の土を掘り起こしました。
収穫が終わった畑で、霜が降りる1〜2月の間に
行うのがベストらしいけど、
正月が終わるとやる気が出ないと思って年末にに作業。

土の中にいる病原菌や虫(卵)、
雑草の種を寒さで退治するのが目的なんです。


土壌を団粒構造にさせる効果もあるのでいいね。
春の作付けの前に土壌改良をするこの作業はきつい。

土の塊はそのままにして崩さず、
1か月の間に放置された土は凍結と乾燥を繰り返し、
表面の土の塊が自然に崩れて柔らかくなる。

益虫のミミズだけは生き残って欲しいのですが。
初めて耕作したこの畑にミミズはいないようです。

ミミズが多いということは、有機質なんですね。
有機質は、野菜が美味しく育つからいいんです。

今回はスコップで掘り起こしていないので、
あまり良くはないのですが。(楽観)

クリックすると元のサイズで表示します

生の木材チップをばら蒔いているので、
土の中へ混入させないように気を配ったので
0

2014/12/19

食卓に野菜があればホッとする  ★秋/冬野菜

クリックすると元のサイズで表示します

寒い朝だったけど、
野菜を収穫しようと畑に行った。
吹きさらしで防風してくれる物はないが、
体を動かしていれば案外と暖かいのが畑だ。
なんでだろと不思議に思う。
スコップで耕そうものなら汗がにじんでくるほどだ。

で、今朝の収穫です。
キャベツ、ネギ、ダイコン、レタス、コマツナ、ブロッコリー
明日は雨の予報なので収穫したという事です。

クリックすると元のサイズで表示します

ブロッコリーの収穫は、一度終わっているけど、
その後からも同じように丸い玉が生まれる。
二度も味わえるので便利な野菜だ。
手の平に乗るサイズだが、これで十分だよ。

食卓に野菜が無いと、不安に思う毎日です。


0

2014/12/13

ラディッシュの赤は美味しそう  サラダ野菜

クリックすると元のサイズで表示します

ラディッシュが食べごろになりました。

ラディッシュは西洋品種の大根の一種です。
大根は英語でRadish=ラディッシュ。
小さい品種の総称としてラディッシュと呼んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

仲間には赤く丸いものや、
白いミニ大根のようなものなどもあります。
葉は柔らかく、カロテンもたっぷりなので、
生のままサラダで美味しく食べられます。

クリックすると元のサイズで表示します

ラディッシュは種蒔きから収穫できるまでの期間が短く、
20日程で食べられるので二十日大根と言います。
株が小さく、土の深さも必要ないので、
プランターで栽培できるので人気があります。
春から晩秋まで収穫できるので、
子供でも栽培できますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

その横ではサラダに合う野菜も育っています。



2

2014/12/12

明日葉の越冬方法  アシタバ

明日葉の越冬はどうすればいいですか?
こんな質問をSNSに求めてみた。


クリックすると元のサイズで表示します

★質問
初めて種から育ててみました。
夏場は青々と育ちましたが、鑑賞するだけでした。
秋になるとやや色素が抜けてきましたが元気です。
12月になり、葉がやや黄色っぽくなっています。
株に土を盛り、越冬させればいいのでしょうか。
春に新しい芽が出てくるのでしょうか。
明日葉を育てた経験のあるお方の
アドバイスを頂ければ嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

★回答
明日葉の最適栽培地は、伊豆諸島です。
暑さ寒さには弱いです。
霜がありる地域でしたら、地上部は枯れますが、
根は残りますので、春になると新芽が出てきます。
但し霜柱が立つように、土が凍結する地域ですと
根も枯れますので、
鉢植えの時は屋内に取り込む方がいいと思います。
路地植えの時は、籾殻か藁マルチで保温しますが、
ビニールトンネルマルチにすると
日中50度近くまで温度が上がりますので、
こまめなマルチの開閉が必要となります。
2年目からは、葉を摘んでやらないと、
株の寿命は短くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

とても参考になったよ。
わからないときはSNSのコミュニティを利用している。



0

2014/12/8

New農園で土作りを開始  畑の風景

2014.12.8

クリックすると元のサイズで表示します
たったの20坪なんですけど・・
まだ肥沃な土ではないので、これから土作りを始めます。
まず、無料でもらった木材チップを一面に蒔きました。
この方法は、炭素循環農法というらしい。

専門に作っている方のブログを見て参考にしている。
★その内容とは、
化学肥料と農薬に依存しない、
木のチップや草など自然のものを使って
野菜を育てる農法が、炭素循環農法です。

土の微生物の力をかりて、太陽の力もかりて、
水の力もかりて、空気の力もかりて、
自然のおいしさの野菜を作る方法。

炭素循環農法は、その土地の環境に負担をかけずに
野菜を作ることができます。
むしろ、その土地を通過した水が
地下に流れることでまわりの環境を良くする。

こういう事らしいので、試してみることにする。
これは自分がやろうとしていた試みと偶然にも同じだ。
土作りの方法は間違っていなかったようだね。



現在の貸農園が3月中で閉鎖するので、
新しい場所を確保した。
来年の4月以降に収穫できるように、
キャベツ、豆類、ニンニク、玉ねぎをすでに育てている。

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに新農園を巡回した。
キャベツがネットの中で大きく成長していた。
急に気温が下がったのでニンニクは元気がなさそう。
でも野菜は人間様よりもきっと強いはず。
頑張ってくれ!

クリックすると元のサイズで表示します
ニンニク

クリックすると元のサイズで表示します
玉ねぎ

クリックすると元のサイズで表示します
ソラマメ

クリックすると元のサイズで表示します
スナップエンドウ

クリックすると元のサイズで表示します
絹さや

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ