自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2015/7/17

網干メロンの収穫適時期  メロン

網干メロン作りに挑戦(行燈仕立て) 2014.6.4
http://sun.ap.teacup.com/keigo/239.html

網干メロン作りに挑戦(平場) 2015.7.7
http://sun.ap.teacup.com/keigo/310.html



クリックすると元のサイズで表示します

たった1本の苗が順調な成果をあげている。

まだ2年目だから、栽培に慣れてるとはいえないが、
毎日の観察で収穫適時期がわかってきた。
少しひび割れてきた時が収穫しても良い頃かな。
鼻に近づけると、ほんのり甘く感じる香り。
適期を過ぎれば熟しすぎる。
あとは腐るしかないから見極めが重要。

クリックすると元のサイズで表示します
肌の色はまだ青白いので、
またツルも青いので未熟と思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
色艶といいイケメンな網干メロンの完成です。

特徴といえば、果重150g前後のだ円形で、
果色は緑白色で、浅い条溝が10条程ある。
果肉は、淡緑色で甘みは強いが後味がよい。
マクワウリから研究された逸品で人気がある。

クリックすると元のサイズで表示します
  (この写真は拾いものです)

クリックすると元のサイズで表示します
7月5日頃、雨の多い日が続くので、
根腐れや病気を避けるため、
ビニール掛けをして保護してみた。
熱いのでどうかなと思ったけど、
雨除け効果があり、順調に育っている。
この台風11号の大雨にも耐えることだろう。


姫路市網干区で生産者「開発」さんがいる。
たまたまYoutubeで見た生産現場は、
ビニールハウスの中で、支柱仕立ての栽培だ。
平場生産の3倍も収穫があるという。
他所からの取材も多いようだ。
堆肥だけは凝っている。
カニ殻を潰して作ったチキン肥料と
骨粉との配合で作った肥料がオリジナルらしい。
若い生産者にそのままノウハウを伝授している。
名前のように正に「開発」した人なんだな。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/7/14

マクワウリに初挑戦  メロン

古来より栽培されているオーソドックスな
「マクワウリ」に挑戦。
お試しなので、たった1本の苗を購入。
子供の頃、よく食べていたので味は覚えている。
5月10日に定植
4月の長雨のお陰で土は多くの水分を含んでいる。
水やりの手間が省けたのは珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します
5月14日の様子
葉を食べるウリハムシの被害が出始める。
農薬をかけないで、目合約1mmの防虫ネットを張る。


★越冬したウリハムシの成虫が春になると出現し、
ウリ科野菜の株元に産卵し、ウリハムシの幼虫が土に潜って
根を食害する他、ウリハムシの新しい成虫が葉や花を食害します。
ウリハムシは特に5月と8月に被害が集中します・・
ウリハムシの成虫を見つけ次第捕殺しますが、
虫の動きがのろい未だ低温な午前中の方が効果的といえます。
農薬は使いたくはありませんが、
マラソン乳剤を発生初期に散布すると効果的。
ウリハムシの幼虫には、ダイアジオン粒剤を
定期的に散布すると良いでしょう。
以上こんな記事を発見しました。


クリックすると元のサイズで表示します
5月24日の様子
最初の花が咲いたが結実させないで摘み取る。

クリックすると元のサイズで表示します
5月30日の様子

子づるが20cmほど伸びたとき、
3〜4本残して、親を含め他は摘み取った。
各子づるの3〜4節目までの孫づるはかきとり、
残した孫づるは2葉残して芯を摘み、
果実をならせる作業は難しい。
形のよい果実を選び、各子づるに3〜4個残す。
子づるの先は20節程度で芯を摘み、
わき芽は込みすぎない範囲で、
できるだけ残す方が株が疲れず、
最後までおいしい果実が収穫できる。

ということらしいが、
難しすぎるので、そこは適当に



クリックすると元のサイズで表示します

病害虫:うどんこ病、つる割病、べと病<などに注意して、
定期的にスプレー殺菌剤で防除した。

写真の右では、畑のお隣さんがキュウリを栽培している。
うどんこ病なのでこちらへ感染しないかと気を揉む。

気温が上がるとアブラムシ、ハダニなどが
発生しやすくなるので注意が必要。
病虫害予防には、連作や多肥栽培を避け、
水はけと風通しをよくすることがポイントらしい。


クリックすると元のサイズで表示します

マクワウリの糖度は、収穫直前に上昇するらしい。
開花後40日前後で収穫できるという
オレンジ色(黄の濃い)がかってきたら収穫の目途。
収穫期まで窒素が効いていると、葉・茎が育ち、
実の糖分の蓄積が悪くなるので注意らしい。
収穫前に窒素が切れる施肥が理想です。
こんな専門的な事は理解できないな

クリックすると元のサイズで表示します
7月3日の様子
ソフトボールくらいの大きさになってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
7月10日の様子
全部ではないが、そろそろ色付き始めたようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
7月13日の様子(初収穫)
最初に色付いたマクワウリ。
さてさて、どんなに美味しいのだろう?
昔なら井戸水で冷やし、今は冷蔵庫で


その後、デザートとして食べた感想は、
サッパリした甘味があり、
後に引きずらない甘さと言えば通じるでしょうか


クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/7/10

たっぷり収穫の嬉しさ  ★春/夏野菜

雨上がりの菜園は雑草がいっぱい!
この梅雨どきは、雑草にはもってこいの環境かも。
朝からうんざりする光景。


しかし、人間様に優しく扱われている野菜は雨にもろい。
箱入り人形みたいに育てられるからひ弱。
雨水で根腐れしたり、病気が発生する。
そこを何とかクリアして収穫している。


クリックすると元のサイズで表示します

人差し指を弾いてスイカの熟しているのを見極める。
熟しているとボテという響きがある。
逆の音はカ〜ン。
勢いで収穫したが甘いのか、色づいてるのか疑問。
割るまでがお楽しみ。

クリックすると元のサイズで表示します

キュウリの勢いがよい。
1日あいだを開けるとこん棒みたいな太さになってる。
早く取りに来いと言われてるみたい。
カボチャと同じように作りやすいキュウリ。
三度豆なんか うんざりするほど実ってる。

クリックすると元のサイズで表示します

オクラに頑張って成長してもらわないと困る。
10本育つと思っていたが半分以上が枯れてしまった。
昨年の種がまずかったかな。
害虫が食ってしまったのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

マクワウリの色付きが待ちどうしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ビタミンの多いモロヘイヤは買うと高いみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

笑顔にさせてくれる鈴なりのフルーツトマト。
大玉トマトも急いで次ぎの色づきを希望する。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく今日の収穫です。
どこへおすそ分けに走ろうかな。
野菜が嬉しくさせてくれるこの瞬間がたまらない。




1

2015/7/9

ふだん草が大好き  ふだんそう

クリックすると元のサイズで表示します

夏場は、青もの野菜が少ないので、
食卓にとても重宝する「ふだん草」を栽培する。
とても美味しいので、うまい菜とも呼ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
食卓に野菜が無いと食事がすすまないので、
季節を問わず、菜園にスペースを見つけては種をまく。

クリックすると元のサイズで表示します

種まき後は、簡単に発芽して、
緑の葉を取ってもすぐに芽生えるという
便利な葉物野菜の代表が ふだん草。
収穫時は根から引き抜かない。
葉だけをちぎる→また新芽が出て若い葉になる

クリックすると元のサイズで表示します

湯でて醤油などで食べるおひたしが定番だが、
調べてみると沢山のレシピが出てきた。
美味しい食べ方に拍手を送っている自分がいる。

http://cookpad.com/search/%E3%83%95%E3%83%80%E3%83%B3%E8%8D%89
クックパッド というホームページはとても便利 


クリックすると元のサイズで表示します
ふだん草・縮緬じゃこのふりかけ

クリックすると元のサイズで表示します
ふだん草・鶏肉甘辛炒め

クリックすると元のサイズで表示します
スイスチャードのチーズオムレツ

いろんなおかずができそう

0

2015/7/7

網干メロン作り2年目  メロン

網干メロンつくりに挑戦(行燈仕立て) 2014.6.4
http://sun.ap.teacup.com/keigo/239.html



2年目は平場作りに挑戦してみる。
クリックすると元のサイズで表示します

4月27日に網干メロンの苗を1本植えた。

クリックすると元のサイズで表示します

5月の初旬頃はウリハムシに食われて全滅寸前。
それからネットで害虫を防御して、何とか生き返る。

クリックすると元のサイズで表示します

枝が伸びだした頃の姿。

クリックすると元のサイズで表示します

6月末頃には枝が張って、実も盛ん。
今年は平場作りをしている。
行燈作りが面倒なだけ(手抜き)。

クリックすると元のサイズで表示します

何とか実りつつあるが、雨に弱い。
7月17日の大型台風11号の進路が気になる。
雨に当たらないように、ビニールシートで
すっぽり被ってみたが、効果はいかに。
メロンは大雨にめっぽう弱いはず。
0

2015/7/4

トウモロコシの初収穫  トウモロコシ

トウモロコシ過去の栽培記録
http://sun.ap.teacup.com/keigo/292.html


7月4日
クリックすると元のサイズで表示します

採れたては真珠のような輝きです。
今、枝からちぎってきたトウモロコシ。

クリックすると元のサイズで表示します
雄しべの穂先は、人工授精させてから、
雌しべの穂先が茶色に染まったのを確認後に
切り取ってしまった。
アワノメイガがやってくる前の処理です。


あんなに害虫にやられ、全滅寸前なので
仕方なく「スミチオン」を頭からチロチロと垂らして、
完治したというあのトウモロコシです。
あのアワノメイガをやっつけたなんて夢のよう。

フォローで台所用のネットを被せていました。

ダイソーで買った2袋の種を、
畑に直接種付けしたハニーバンタム。
どんなに高価な種よりも立派に収穫できた。
すごいね、ダイソー。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

50本ほど実を付けているが、
今日は13本だけの収穫にしておきました。


7月6日
昨日は水泳大会。
今朝は女子ワールドカップサッカー観戦終了後に
菜園の巡回、また小雨が降り出した。
2回目のトウモロコシ収穫は10本。
合計23本なり

一度に収穫しても仕方がないけど、
台風9・10・11号が迫ってるので全部片付けようかな。
0

2015/7/4

ナスビの収穫と整枝  ナス・ピーマン

クリックすると元のサイズで表示します

実を収穫したら、その枝は根本から切ってしまう。
そこからまた新しい芽が出てくる。
そしてまた、新しい枝に実が付く。
それを繰り返しながらナスビは秋を迎える。

クリックすると元のサイズで表示します

大きなナスビがぶら下ってるので、切ってやろう。
栄養が他の実にいくだろう・・・。

お礼肥えをたっぷり与えて、雨を待とうか。
0

2015/7/1

黒大豆の栽培初挑戦  

クリックすると元のサイズで表示します

6月17日、
菜園仲間に黒大豆の種をもらったので、
初めての栽培を試みた。
雨模様の前に種を蒔いてネットをかけた。

クリックすると元のサイズで表示します

数日過ぎて覗くと(6月22日)発芽していた。

クリックすると元のサイズで表示します

6月27日のネット越しの姿

クリックすると元のサイズで表示します

発芽して間もない頃は、鳥や害虫にやられるので、
ネットをしておいたほうがベスト。


黒大豆栽培のポイントを調べてみた
•連作は避ける。
•排水良好で、有機質に富む土壌を選ぶ。
•完熟たい肥や土づくり資材による土づくりを行う。
•湿害に弱いので、排水対策を徹底する。
•病害虫の適期防除に努める(アブラムシ・カメムシ)。

____________________

クリックすると元のサイズで表示します

7月3日
僅かな日にちで大きくなっていた。
ネットをはずした。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ