自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2016/3/28

ソラマメの油虫駆除  

http://sun.ap.teacup.com/keigo/329.html
秋に蒔いたソラマメの種




クリックすると元のサイズで表示します

ソラマメの花が咲いて、春うらら。
しかし、よく観察すると・・
油虫がかたまりでくっついていた。
油断すると虫の温床になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

うわわわわわ〜
どうする?
農薬を使わないなら水スプレーをするしかない。
しかし、勝負の早い農薬スプレーをシュッとしたいけど。

とまれ!
虫がいる部分をカットすればいいんだね。
枝の先端を全てカットして作業を終えた。
これで油虫の大群はいなくなった。
できるだけ農薬をやめよう。

銀の光るテープを張るとキラキラを嫌がるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

暖かくなると成長が著しい。
1個の豆から出た枝が12本くらいになっていた。
本数が多いと豆の出来具合が良くないのは理解できる。
思いっきり間引くのがいいかな。
それを間引いて6本くらいにしてみた。
枝が風で倒れないように支柱を打ち込み紐で囲った。


その後、脇目を間引いたので株が大きくなり、
花も沢山咲いていた。
沢山の実が収穫できそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

以前から豆が膨らんでいることに気付いていたが、
4月13日になって初めてその様子を撮影した。
まだ中指ほどの大きさだが、天を向いて育っている。
空を見上げるので空豆というらしい。

0

2016/3/28

やわらかいキャベツ  キャベツ・ブロッコリー

クリックすると元のサイズで表示します

2月25日の寒い日にに種まきして
3月23日に移植したキャベツ

成長の速度はどうなのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

ビニール袋でカバーすると30度の温度になっている。
夜は部屋へ入れておいたので成長が著しい。
もう気温が下がる恐れがないそうなので
夏野菜の栽培には適した季節かな。

★同時に種まきしたブロッコリーは全滅した
0

2016/3/24

スナック豆の種蒔き  

3月23日
消毒された豆の色は青色。
食べてはいけない毒の豆。
スナック豆をスナップ豆ともいう。

クリックすると元のサイズで表示します

まもなく収穫の季節なのに
何度も厳しい寒さがあったせいで枯れた豆さん。

暖かい冬だと思って油断してるところへ
寒い寒い気温になったから
枝がやられてしまったのかなぁ・・
だから収穫できそうにない(泣)

よし、
もう一度種まきしてみよう。
秋に蒔いた種の残りで再挑戦!
これから暖かいだろうからリスクは少ないはず。
夏を迎える頃に収穫の楽しみがやって来る。
豆まめしく世話してやろう。

1

2016/3/18

春に蒔く野菜種  ★春/夏野菜

3月18日
午前10時には汗をかくほど気温が上がっている。
2日後には選抜高校野球が始まるし、
あぜ道にはツクシが顔を覗かせる春日和。

クリックすると元のサイズで表示します

甘いトウモロコシ、ロケット、サラダセット、レタス、
はつか大根、小松菜、きゅうり
を取り敢えず種まき完了。
0.2mm厚の透明ビニールマルチを掛けて暫く様子を見よう。
気温に急がされて、例年よりも早く作業のスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します

化成肥料888と発酵鶏糞15kg袋100円を買った。
(いつもなら発酵牛糞堆肥を使う)
肥料で野菜の成長に差があるのだろうか?
材料をいろいろ沢山買うとなれば、
野菜を買った方が安くつくので考えて考える。

クリックすると元のサイズで表示します

毎朝の野菜サラダは欠かせないので、自分で栽培したい。
前回の残り種もパラパラ蒔いて、
発芽するか実験でもある。

慌てて 慌てて、急いで耕した。
種まき終われば雨が降ってきた。
疲れたけど、いい雨になったようだ('-^*)/
昼ご飯の時間は午後1時を過ぎていた。
時間を忘れて打ち込める趣味があるから楽しい。


3月23日に巡回
ビニールの下に発芽を確認できた。


0

2016/3/16

絹さやの早い収穫  

http://sun.ap.teacup.com/keigo/333.html
12月15日の様子
10月末に種まきして、越冬しながら成長した。
「サヤエンドウ」の絹さやという豆の話。


例年の冬よりは暖かくて成長が著しい。
1月に白い花が咲き、およよよ、、とびっくりした。

でも咲き乱れた花が厳しい寒波で枯れたので、
平均的には暖かいと感じられなかった。
毎年4月末にならないと収穫できなかったが、
今年は3月16日に本格的に収穫。

クリックすると元のサイズで表示します

★豆にも種類の違いがある
豆を食べる“実えんどう”と豆が大きくなる前に若取りし、
さやごと食べる“さやえんどう”とがあります。


どちらも、エンドウ豆だが、完全に熟して豆として収穫するのか、
まだ若いさやの状態だが、中の豆がある程度膨らんでから、
そのグリーンの柔らかい豆の状態で収穫するのか、
はたまた、完全に若いさやの状態で、さやごと食べられる位に
若採りするのかで「エンドウ豆」「グリーンピース」
「サヤエンドウ」の違いができる。

自分が栽培するのは「サヤエンドウ」の絹さやです。

クリックすると元のサイズで表示します
絹さや高野豆腐の煮物が大好きです。

クリックすると元のサイズで表示します
絹さやの煎り玉子、

●完全に熟した豆で「豆ご飯」が好きという人もいるので、
おかずになる豆類としてはバラエティに富んでます。



0

2016/3/11

アシタバ  アシタバ

3月11日

クリックすると元のサイズで表示します

アシタバをプランターで2年栽培して、
昨年末に畑へ移植して越冬させた。

クリックすると元のサイズで表示します

ビニール袋で温室栽培のようにすると
庭で栽培したときよりもイキイキしている。
畑の土に直接植えた方が環境に合ってるようだ。

これから大きくなって、夏前には収穫できそう。
アシタバは3年目からが勝負かな


クリックすると元のサイズで表示します
アシタバの発芽はなかなか手ごわい。
何度か失敗してやっと増殖させたので、
愛着のある野菜


___________________

3月16日の巡回で・・
こんなに青々として元気に成長している!
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ