自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2016/4/29

ソラマメの初取り  

10月27日 種蒔きしたときの様子
http://sun.ap.teacup.com/keigo/329.html

3月28日 アブラ虫駆除の様子
http://sun.ap.teacup.com/keigo/341.html






4月29日
4日間も巡回しないうち成長に変化があった。
ソラマメのさやが、ほとんど下を向いたので試し取りした。
(空を向いてる時は まだ実が育っていない)

クリックすると元のサイズで表示します
収穫したのはほんの一部。
一度に食べられないからね

クリックすると元のサイズで表示します
5cmくらいの長さ、見た目は立派です

クリックすると元のサイズで表示します
一粒3.5cmくらい。

クリックすると元のサイズで表示します
生でも食べられるような出来栄えでした。
もちろん塩湯でしたソラマメは新鮮で絶品でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クックパッドで検索したら
「焼きソラマメ」が美味しいらしい。
湯でて食べるよりも美味しいらしい。

オーブンや魚焼きロースターなどを使って、
そら豆を丸ごと焼くらしい。
さやごとじっくり焼き上げるので、
豆本来のおいしさを、
ぎゅっと閉じ込めた蒸し焼き状態に仕上がる。
特に焼きたては、ホクホクのおいしさらしい。

ポイントは、さやが真っ黒になれば完成とのこと。
これなら、簡単にできますね。


0

2016/4/26

鉢植えのスナック  

ちょっと動けば汗が出るほどの4月26日ですが、
爽やかな風が身体を吹き抜けるようです (^O^)/
庭先でぼんやりするのが心地よいほどのお天気。

クリックすると元のサイズで表示します

そうだ、発芽して成長過程のお豆さんがある。
何処かへ移植してほしいと待っているように見えた。
寒い時からポットで育てたスナックエンドウが、
旅立ちの時を迎えた。
いつもならスナップと読んでるのだけど、
買った袋がスナックなんです。
まるでスナックのおつまみを連想してしまいそう。

クリックすると元のサイズで表示します

芝桜や観葉植物が育っている鉢を利用して、
そこへ豆(スナックエンドウ)を植えてみた。
庭先で育つなら畑まで行く必要もないから好都合。

クリックすると元のサイズで表示します

8本も植えれば沢山実るのは間違いない。
実を収穫できれば茹でてマヨネーズで食べると美味しい('-^*)/
誰にも簡単に育てられるので挑戦してみるといいかもね。
春に収穫をして、さらに2回目の栽培実践中。
夏にはまた収穫できるだろうか??


★自己流の菜園ライフも楽しんでいます
http://sun.ap.teacup.com/keigo/



0

2016/4/16

スイカ・メロン・夏野菜  スイカ

過去の記録↓

網干メロン作りに挑戦(行燈仕立て) 2014.6.4
 http://sun.ap.teacup.com/keigo/239.html
網干メロン作りに挑戦(平場) 2015.7.7
 http://sun.ap.teacup.com/keigo/310.html
まくわうりに挑戦 2015.7.14
 http://sun.ap.teacup.com/keigo/313.html
初めてのスイカ作りに挑戦(行燈仕立て)2014.6.26
 http://sun.ap.teacup.com/keigo/242.html
小玉スイカが割れた(平場)2015.6.15 
 http://sun.ap.teacup.com/keigo/295.html 
小玉スイカが5個 2015.6.26
 http://sun.ap.teacup.com/keigo/303.html
------------------------------------------------


2016年4月15日
今年も夏を楽しもうとスイカやメロンをはじめ、
夏定番の野菜苗を植え付ける作業をした。

プロでは無いので最後まで上手に収穫できるか不安。
でも自己流の知識を精一杯注ぎ込む(笑) 

クリックすると元のサイズで表示します

まず一番にスイカの苗植えをした。
自作の堆肥をたっぷり含ませて寝かせていた土に植えた。
有機肥料はじっくり効いて、しかも長く効果がある。
でもあんまり肥料が効き過ぎると、
ツルぼけして緑ばかりが育つので注意。
メロンもカボチャも同じだろうと思う。

肥料をたっぷりの言葉は、ほどほどがいいのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

メロン(マクワウリ)の植え付け
スイカとメロンはトウモロコシの列の真ん中へ植えた。
ちょうど塀に囲まれた中をツルが伸びていく感じだ。 
これによって随分とスペースが有効に使える。

トウモロコシは深く根付く。
スイカ、メロンは浅く根付くので都合が良い。


クリックすると元のサイズで表示します

トマト(麗夏という接木で大玉の種類)トップに写真を掲載している。
果肉がたっぷり詰まって甘い。
桃太郎で失敗してもこの「麗夏」なら上手に育てられる。

クリックすると元のサイズで表示します

ピーマンの苗植え
乾燥を嫌うので黒マルチをかけた。
マルチが汚いのは何回も使用してるから
お金をかけない野菜作りの秘伝(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ナスの苗植えで作業を完了。
ナスの両サイドに三度豆(つるなしインゲン)の種蒔き。
三度豆が大きくなればナスの日除けになる。
初めての挑戦なので上手くいくかな・・


クリックすると元のサイズで表示します

以上、こんな結果です



★4月16日〜17日
夜間に強烈な低気圧で暴風警報が出た。
瞬間風速は27.9m,
まるで台風並みで熟睡できなかった。
せっかく植えた夏野菜なのに悪い影響は出てないだろうか・・
さっそく巡回してみよう。

やはり風に倒されそうになっていたので修正した。

九州・熊本では大震災が発生(4月14日21時26分)
神戸・淡路大震災よりも規模が大きいので心配

被災者の方の気持ちはよくわかる。

________________________________________________________


4月23日 ナス・ピーマンの葉が食害されてる

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ナメクジの多い菜園なのでてっきり犯人扱いしていた。
ネット検索でわかったのは、
テントウムシダマシ、ヨトウムシ、コガネムシ、カメムシ・・
たぶんテントウとヨトウかもしれない。
見つけ次第、嫌だが希釈した農薬を散布しよう。
害虫を発見したら摘み出すつもりだ。
0

2016/4/3

堆肥で夏野菜の準備  堆肥作り

4月2日
冬物野菜を収穫した後の残骸処理をした。


次に夏野菜を栽培するので
どこに何を植えるかが難しい問題になる。
何度も考え、ようやく配置を決定した。

クリックすると元のサイズで表示します

20坪ほどの小さなスペースなので、
連作や植え合わせの悪い事も起きる。
例えば、じゃが芋の後にキャベツが良くないとか・・。
ナス科の後にナス科は良くないとか・・。
そう考えると植える所がなくなる。
長年栽培しているが、回を追うごとに難しいもんです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

車で30分ほど行くと「ファームパーク加古川」がある。
そこでは牛糞や枯葉などと混合させて、
完熟堆肥を生産して格安で販売している。

★土・遊・農 のネーミング
有効バクテリアを多く発生させるので、
有害微生物繁殖を抑えてくれる。

野菜には初期の生育が良い堆肥、というか肥料というか、
発芽率が良く便利で安いから使っている。
1袋10kgで50円


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

菜園の一角では、オリジナルの堆肥が出来上がっている。
色んな有機物を菜園に漉き込んで土壌改良するのが面白い。
牛糞堆肥とか高価な堆肥は売っているが、
趣味で作る野菜なのでお金は極力かけないようにしている(笑)

いま耕したスペースには、
夏野菜(なす・ピーマン・とまと・オクラ・モロヘイヤ・きゅうり)を
植えようと計画している。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ