自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2016/5/25

トウモロコシ栽培記録  トウモロコシ

5月24日・トウモロコシ3回目の施肥
2週間に一度は株の両サイドへ筋蒔きしている。
トウモロコシは肥料食いなんだって。
今回は化成肥料を与えているが、
来期は有機肥料の混じったものを使う予定だ。
化成肥料は土を酸化させて微生物も死滅するらしい。

穂がスクスクと伸びてきた。
穂の枝別れしたところに花が咲き、
その花粉が実となる雌しべに降掛り、
受粉したら実が育つことになる。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ菜園で楽しんでる人と比べれば、
うちのトウモロコシが最も早く成長している。
畝の両サイドへ化成肥料を与える。
今夜降るであろう雨で効果があることだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

トウモロコシが林立しトンネル状態になっている。
そのトンネル内では、2本のマクワウリが成長している。
土地有効活用ということになる

クリックすると元のサイズで表示します

初めての試みは成功するだろうかと不安もある。


_____________________
昨年の失敗を反省して注意!
★これから注意しなければならないこと!
空に向かって穂が出ると害虫対策を考えなければならない。 
敵はアワノメイガという蛾の幼虫。
実の中へ侵入して粒を食ってしまう憎い害虫。
適期を逃さず消毒すれば、
2回ほどの消毒でほぼ食害なく収穫できるはず。

トレボン乳剤を1000倍に薄めるのがいいかな。
トレボン乳剤 500ml、高価な薬品だから・・
他にも薬剤はあるので好みで選べばよい。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年の害虫被害の模様

クリックすると元のサイズで表示します


昨年度はアワノメイガにやられた!
気がついたときには遅いから念入りに巡回しよう。
アワノメイガは、茎や実を食い荒らしてしまう。
何度も散布して撃退できた。
しかし、農薬は体に悪いからなるべく使用しないほうがいい。

クリックすると元のサイズで表示します
  昨年は青い台所用のネットを被せた。

昨年の1度目の消毒:雄穂が出てきて、
まだ開いてはいない頃に消毒。

アワノメイガの幼虫は、
雄穂が開くと匂いに惹かれてやってくる。
茎に入ったり、実に入ってしまったらもうどうしようもないので、
この時期に最初の消毒をするのが肝心。

昨年の2度目の消毒:雄穂が開いて、雌穂が出てきた時。
アワノメイガの幼虫が実の中に入ると大打撃。
その為、雌穂が出る頃に念押しの消毒をする。

農薬を使わない方法もある
1、実にみかんのネットなどをかけて虫の侵入を防ぐ。
2、トウモロコシ全体的にネットをかける。
3、木酢液を消毒がわりに使う(数多く使うほうがいい)
4、受粉が終わったら、雄穂は切り取る。
匂いに釣られて害虫が来るのを防ぐためです。
_____________________


今年のトウモロコシ
クリックすると元のサイズで表示します

今年・6月2日の巡回
5日間も見ていないと随分成長していた。
また背丈が伸びて、実が膨らんでいる。
花粉の待ち受け状態
人口受粉をやってみた。
そして実が膨らむのはとても早い。



クリックすると元のサイズで表示します

実が大きくなったので虫よけにネットを被せた。
もう少しすると収穫できそう。
アワノメイガだけでなくヨトウ虫もやって来るから注意。

クリックすると元のサイズで表示します

それから、約10日もしないうちに・・
試しにもぎ取ってみたら上出来のゴールド粒。

クリックすると元のサイズで表示します

甘いトウモロコシという触れ込みは正解だった。
ポリポリかじるととても甘くて美味しい。
例年よりも早く種まきしたので収穫も早い。








その後の7月7日 トウモロコシ失敗談
この夏は甘いトウモロコシが沢山収穫できた。
ひと粒づつが大きくて特に甘い味。
茹でて黄色い実にガブリとかじりつく醍醐味。

一度に収穫しても食べられないので
徐々にゆっくりと収穫しようと考えた。
それが大きな間違いだった。
葉が緑のうちに収穫しなければならない

クリックすると元のサイズで表示します

葉が緑のころに収穫した粒は、ふっくらと丸くて新鮮だった。
実を覆う皮をめくると水分が抜けて粒がシワシワになっている。
実が干からびていると言ったほうがわかりやすい。

クリックすると元のサイズで表示します

今ごろ収穫するトウモロコシは食べられない。
失敗したな

来期は一気に収穫しようと猛反省。


立ち枯れにしておいた木を引き抜いて、
枯れさせた葉とともに土の上に被せ、
初秋まで自然のマルチとして利用している。
雑草が生えないようにするには便利だと思う。
後で土に漉き込むと有機栽培となり微生物も増えるだろう。
0

2016/5/21

ナメクジの退治方法  害虫と病気対策

嫌になるほどナメクジの多い菜園。
野菜が若葉の間に食べられたら幻滅する。
葉の穴あきは果たしてナメクジなのだろうか?
それはわからないが、とにかく全滅させたい(希望)

クリックすると元のサイズで表示します
市販のナメトールが効果的だが、
パタパラ地面に蒔いても効果がわからなかった。
そこでペットボトルに少量入れて、
雨に濡れないように葉の影に置いてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

朝にペットボトルの中を覗きこんだら、
いるいる 沢山入り込んで薬を食べて死んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じ。

ビールはナメクジの好物だが、
ビールは人間様の飲むものだから 絶対にやるもんか

★ナメクジの集め方がわかった!
水を蒔いて地面を湿らせる→その上から黒マルチを乗っけておく。
朝見たらビッシリとナメクジが集まってるから一網打尽!
0

2016/5/11

ニラの株分け  ネギ・ワケギ・ニラ等

5月11日
ニラ(韮)が元気すぎるので株分けをした。
今年は柔らかくみずみずしい。

クリックすると元のサイズで表示します

株が増えて緑の林みたい。
ニラは成長が早く、葉を刈り取っても、
次々に葉が伸びてくるので重宝する。
だから、年に何度も繰り返し収穫ができる。

クリックすると元のサイズで表示します

トマトのそばへ植えると病害虫対策に良い。
コンパニオンプランツと言って野菜にも相性がある。
虫も匂いを避けて寄り付かないみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

8〜9月頃になると花が咲く。
花を楽しむのもいいものですが、
ニラの白い花が咲く頃までに処分した。

冬は枯れても多年草なので、地下部は越冬し、
翌春、再び萌芽して生育を開始する。
一度植えると株数が増え、数年は収穫ができる。

料理の好きな人には便利な野菜かもしれない。
あまり好みではないので、
レバー抜きの炒めものしか食べていない (^O^)/


ニラには、疲労を回復させるビタミンB1、
エネルギー代謝を促進するB2、貧血を予防する鉄分、
むくみを解消するカリウム、イライラを鎮めるカルシウム、
血液の循環をスムーズにするマグネシウムなど、
豊富な栄養素が含まれているらしい。
ニラの免疫力をアップする働きにはもっとも目したい。




1

2016/5/11

小松菜の虫食い  小松菜

一年中、いつでも育つ小松菜は 便利な野菜。


クリックすると元のサイズで表示します

春に種まきした小松菜を30cmほどに成長させながら
順次間引いて食べていたが、
最終の収穫になってしまった。
小松菜は栄養があり、調理も簡単でとても美味しい。

クリックすると元のサイズで表示します

葉は虫食いでも身体に影響がないから気にしていない。
売店で売るわけでもないから見た目は平気。
人間が美味しいと思うから害虫にも美味しいのだろうね。

農薬を散布すると人間にも影響するし、
気持ちの良いものでもないから使わない。
むしろ売店の野菜の方が怖い気がする。


小松菜の薬効
動脈硬化 がん予防 風邪予防 老化予防 骨粗鬆症

粘膜や皮膚を強化するビタミンA、発がん物質の作用を弱めるC、
細胞の老化を促す過酸化脂質を抑えるEと、
老化を防ぐ3大ビタミンを多く含むのが小松菜の特長。
 

同じ葉物野菜であるほうれん草に比べ、
栄養面では小松菜ですが、ビタミンAひとつをとっても、
小松菜のほうが多く含んでいるうえ、
カルシウムでは約4倍と大きく上回っている。

しかもアクが生で食べられるのもうれしい。
壊れやすいビタミンCも
ほうれん草より多く摂ることができます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ