自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2017/11/28

スティックセニョールとは?  キャベツ・ブロッコリー

10月18日からの作業の続編です。


11月27日の菜園巡回
3種類植えたブロッコリーの1種が収穫時期を迎えている。

どうしてこの種類だけが極端に成長して
他の2種類はなぜ大きく結球しないのだろう?
そんな疑問が解決した。

クリックすると元のサイズで表示します
1種は すずなりブロッコリー(収穫はまだ先)

クリックすると元のサイズで表示します
もう1種は 普通のブロッコリー(収穫はまだ先)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして収穫する1種はスティックセニョールという種類だったとは
茎ブロッコリーとも呼ばれる育てやすい初心者向けの野菜らしい。
スティックというから固まって結球しないはずだ。


スティックセニョールの栄養価は、
ビタミンCやβ-カロテン、カルシウムを多く含む。
病気の予防や健康維持に良いと言われるファイトケミカルである
スルフォラファンが豊富らしい。
ブロッコリーと間違って買った種類が良かったことになった


クリックすると元のサイズで表示します

スティックセニョールは
次々と伸びる脇芽として伸びる茎の部分と、
その先の花蕾まで全て食べられる。

側枝を増やすために主枝の先に出来る花蕾を先端から
5p位の位置で切り取るのが良いらしいが
初めての経験なので全く意味がわからない。
摘心のタイミングは、
頂花蕾が2〜3cmの大きさになった時らしい。


クリックすると元のサイズで表示します

他にもまだ注意するべき事があるらしい。
花蕾を切り取った後は切り口を太陽光に当てて
病気の発生を防ぐために切り口を乾かす。

茎ブロッコリーは収穫が始まったら、
収穫をした後に必ず追肥(7g程度)を与える。
収穫後の肥料が足りないと、
次に出る側枝や側花蕾が順調に育たなくなっていまうので
肥料切れには十分に注意しないと駄目らしい。

う〜ん、スティックセニョールは少々面倒くさいな。
しかし、慣れればどうって事はないようだ。
農協の販売店では2本150円くらいで出ていました。
マヨネーズで食したらとても食べやすい。

0

2017/11/14

絹さや・スナップ2017  

クリックすると元のサイズで表示します

有機石灰と堆肥を入れて、種蒔き準備万端!


クリックすると元のサイズで表示します

10月20日
絹さやえんどう、スナップえんどうの種を蒔いた。
上手い具合に雨が降る


クリックすると元のサイズで表示します

11月10日
絹さやえんどうの発芽を確認


クリックすると元のサイズで表示します

11月12日
2晩過ぎて見たら成長具合がわかる。
出来立てのボカシ堆肥をばらまいてみた。

これから収穫までの追跡調査を始めます。





12月10日背丈が20cmになったので支柱を立てた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


その向こう側ではスナップエンドウも10cmほどに伸びている。
ツル無しなので手間はかからない。
クリックすると元のサイズで表示します

1月を迎えると霜とか寒波に耐えてほしいので
あんまり大きく成長させてはいけませんね。



★余談
スナップえんどう?
スナックえんどう?
色々な名称で呼ばれることがあったため、
1983年(昭和58年)農林水産省により名称が統一され
『スナップえんどう』が正式な名称となった。
0

2017/11/13

大根・かぶの収穫まで  大根・カブ

大根・カブの種蒔き準備万端!

クリックすると元のサイズで表示します

9月11日
青首大根と金町小かぶの種蒔きをしました。
まわりの畑は、すでに種蒔きを終えた人ばかりですが(笑)


クリックすると元のサイズで表示します

笑い話にもなりますが、金町小かぶは3年も前の古い種
★形は球に近く肉質は緻密で甘味と風味があり、
葉も美味しく、煮物や漬物、油炒めに向いている。


クリックすると元のサイズで表示します

ネットを掛けておいたのでアブラムシ対策はOKでした。
昨年はアブラムシにやられて2回目の種蒔きもしました。


クリックすると元のサイズで表示します

追肥と土寄せすると目立って大きくなるもんですね。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

背丈が伸びたのでもう大丈夫、ネットも外しました。


クリックすると元のサイズで表示します

11月10日
葉が大きくなったので、葉だけをハサミで切っておかずにします。
チリメンジャコと炒めると美味しいです。


クリックすると元のサイズで表示します
大根は間もなく引き抜いて食べられそうです。
大根おろしやおでんには最高ですね。


★甘くてみずみずしい青首のだいこん
大根は多彩な品種があり、
東京・練馬、神奈川・三浦、愛知・宮重、
京都・聖護院、大阪・守口(現在生産されているのは岐阜)、
鹿児島・桜島など、地名を名前にしたものが栽培されてきました。
しかし、現在では愛知県で作られていた宮重大根で青首のものを改良した、
早太りでス入りが遅く、病気に強い青首の大根が
全国的に作られています。


クリックすると元のサイズで表示します

金町小かぶもいいように成長しました。
3年も前の古い種から発芽するとは思えませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

試しに引き抜いてみます。浅漬けは大好物です



11月11日
大根やカブの種蒔きには遅すぎるはずですが、
テストで種を蒔いてみました(2晩濡れた布に包んでおいて)
寒くなったのでビニールトンネルを掛けました。
その後が楽しみです。



0

2017/11/5

長芋の初収穫  長いも

4月22日に長芋の種を植え付けた。
菜園を作ってから40年もなるのに初めての長芋栽培。

http://sun.ap.teacup.com/keigo/383.html


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
貰った20cmほどの種芋とむかご

クリックすると元のサイズで表示します
台所用のアルミ板をカットして丸め半筒状にした。
その中に種芋を寝かせて土を被せた。

クリックすると元のサイズで表示します
発芽したら嬉しくて興奮するほど・・

クリックすると元のサイズで表示します
夏場は枝が茂り調子がいい。

クリックすると元のサイズで表示します
秋近くにはむかごが実る。
これは種にもなるし食べられる。



わくわくしながら半年すぎた。
枝が枯れたので11月5日に初めて掘ってみた。
想像するより大きな芋なので驚いた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
買ったら値段はいくら?
と考えながら自分にご苦労さ〜んとつぶやいてみた
発泡スチロールの箱に入れて保存します。


★ワンポイント
種芋の植え付けは、必ず筒に寝かせるべし。
芋は地中深く根付くので全く掘れません。
掘ってもポキリポキリと折れてしまいます



0

2017/11/2

ホウレンソウ3度目の挑戦  ほうれん草

クリックすると元のサイズで表示します

2度の台風が去った後に蒔いたホウレンソウですが、
2回も発芽に失敗をしてひるんでいるところです。
3度目の挑戦をするにあたり、発芽のポイントを研究。
濡れた布に種を包み2夜ほど置く。
水で膨れた発芽寸前の種を蒔くのが良いとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
少し発芽したように見える種がある。
そうか、2回とも土に直接蒔いて、
太陽の熱さで乾燥してしまったようです。
気温の高い間は発芽が困難だと注意書きがありました


クリックすると元のサイズで表示します
貝殻で作られた有機石灰を十分撒いてアルカリ性の土作り。
さて、神経質すぎるようだが、一粒ずつ摘まんで蒔きました。
これで駄目ならこの秋の種蒔きは諦めよう・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します
そして数日後・・
11月1日のことです。
小さな命が誕生していました、ばんざ〜い。


クリックすると元のサイズで表示します
そして、日に日に伸びています。




クリックすると元のサイズで表示します
11月12日・4度目の追加挑戦
空きスペースにも追加の種蒔きをしました。
本当に速攻の作業ですが、
実は2晩前から水に濡らして発芽を即していました。
冬の気候になったのでビニールトンネルを掛けて・・
温かい方が発芽にはいいのかどうかわかりませんが。
その前に発芽しているホウレンソウにも掛けてみました。
ビニールが残った範囲の作業ですけどね。
0

2017/11/1

2017年・豆の種まき  

クリックすると元のサイズで表示します
堆肥を作る自己流の方法をマスター。
落ち葉や野菜の残骸、台所のクズと米糠だけ。
もう何年間も作っているから苦にならない。

クリックすると元のサイズで表示します
自作の堆肥が半年以上かけてうまく出来上がっている。

クリックすると元のサイズで表示します
次の野菜を作るためには栄養になる堆肥が必要です。
前もって菜園にばらまいて準備しておいた。

クリックすると元のサイズで表示します
10月1日
気温が下がって、ちょうど豆の種まき時期でしょうか。

準備しておいたウタネの種(絹さや・スナップ)

クリックすると元のサイズで表示します
3粒なのか4粒なのかと迷いながらの2列蒔き。

クリックすると元のサイズで表示します
絹さやは2m弱蒔いた。
スナップも2m弱蒔いた。
この量でも十分余るほど収穫できる。
雨上がりで土が水っぽいので発芽はいいと思う。

晩秋の早期に種を蒔くと、発芽が早く苗が大きく成長する。
真冬の霜にやられるので遅めの種蒔きが適しているように思う。
冬は人間と同じように風に当てないようにするのがポイント。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ