自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2017/9/22

野菜畑に色んな花が咲く  ★花&果実

9月22日
秋晴れの朝、菜園を覗いてみました。
野菜の出来具合にはまず満足。

今日の菜園には華のある風景がありました。
テーマは「野菜の花が満開」  
 
 
クリックすると元のサイズで表示します
栄養のあるオクラが毎日実ります。
クリーム色の花びらが優雅できれいです。

 
クリックすると元のサイズで表示します
空きスペースに種まきしたコスモス園
今のところは選考してオレンジコスモスが6分咲です。
台風18号で倒れたが全部起こして復旧させました。
野菜畑でコスモスも堪能できるなんて

 
クリックすると元のサイズで表示します
モロヘイヤは好き嫌いがありますが、
ネバっとしているので腸の調子は最高です。
この花には毒があるので葉だけを料理に使います。


クリックすると元のサイズで表示します 
紫蘇の葉は梅干しにもジュースにも使えます。
緑の紫蘇(大葉)でオリジナルジュースが作れます。
甘さを加減して爽やかなドリンク作りは楽しみです。
 

クリックすると元のサイズで表示します
大葉が花を咲かせて種を落とします。
春には自然に発芽するので種まきの手間が不要。
 

クリックすると元のサイズで表示します
ニラは可憐な白い花も楽しめるのですから、
引っこ抜かなくて良かったです。

野菜畑にはいろんな花が咲いて面白い。
 
 

 

0

2017/8/8

柑橘の鉢植えに挑戦  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

柚子が5個実りつつある。雨に濡れてみずみずしい。


クリックすると元のサイズで表示します

その隣では3個実りつつあるスウィートスプリング。
この夏の太陽がきついので肌が荒れている。
地植えが最良だが、スペースの加減で鉢植えで育てている。
何事も挑戦してみるつもりです。

クリックすると元のサイズで表示します

9月になってこんなに大きな玉になっていました。


上手く実れば昨年のようにこんな色になるはず。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

金柑も頑張っている。
0

2017/6/24

夏が似合うルドベキア  ★花&果実

真夏の炎天下に、真っ直ぐ伸びて咲くルドベキア。
 
クリックすると元のサイズで表示します

昨年から庭のメンバーに加わったルドベキアの花は、
ひまわりを小さくしたような姿をした花です。
ひまわりは広いスペースが必要ですが、
鉢植えで育てられるルドベキアは便利です。
 
クリックすると元のサイズで表示します

ルドベキアは多種あり、丈が高いもので90cmほどに生長します。
炎天下でも花を咲かせるところが育てやすいと思います。

ルドベキアの花言葉は?
『正義』『公正』『あなたを見つめる』
『正しい選択』『強い精神力』『立派』
花言葉がたくさんあるのですね。

「あなたを見つめる」という花言葉は、
花の模様が目のように見えることからつけられたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

見つめていたら虫が止まって休んでいました。
ご苦労さんです

0

2017/6/23

コスモスが咲いた  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

まだちょっと、咲くのが早いのではないのかい。
秋に咲いた花の種が落ちて、冬を越し、春に芽生えました。


クリックすると元のサイズで表示します

先日の久しぶりの雨で急に大きくなったようです。
ジャングルみたいに旺盛です。


クリックすると元のサイズで表示します

ナスとピーマンの日陰になってやろうと頑張っているようです。
助かるよ、夏の日差し避け。


クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりね。
ナスが沢山実っていました。
今日は気温が上がるらしいので、早朝に巡回してよかった
0

2017/6/20

スウィートスプリング  ★花&果実

聞きなれない「スウィートスプリング」というミカンの種類。
皮が固くても爽やかな甘みが好きなんです。
と言っても今までに3個しか実っていません。
何年も過ぎていますがね。
そんな果樹を放置しないで育てています。
お店の果樹売り場で捨てられていた木を頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は沢山の花が咲き、落下したけど残りの実が多い。
畑に植えた時は根の張りがよくて、木が大きくなった。
掘り起こして庭へ植えたらサッパリ大きくなりません。
やはり自然が一番なのですが、分かりながら鉢植えです

クリックすると元のサイズで表示します

秋にはこんな実り方だと思います^^.
1

2017/6/20

3年目になる柚子の木  ★花&果実

今年の春から3年目。
順調に成長する柚子が楽しみなんです。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年は食べられないほどの小さな1個だけが実りました。
それが今年、沢山の白い花が咲き、
沢山の実が付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

鉢に植えてから3年目の柚子に期待しています。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年度は1個だけ実りました↑
0

2015/6/30

カサブランカ  ★花&果実

カサブランカを育てるポイントを調べてみた。


クリックすると元のサイズで表示します

庭のカサブランカの花が咲き始めたら、
早いうちに花粉を取ると花保ちが良くなります。


そうか、、
花びらに花粉がついてるのはコレか目がハート
色々と勉強させられるもんです。


春を愛する人は、心清き人るんるん
花を愛する人も心清き人ムード
それは言えるね。

クリックすると元のサイズで表示します

白いカサブランカも咲いてるが、
このピンクのカラーは最高に気品を感じます。
その横では傘がブランコしてました

★午前は陽なたに、午後は日陰にがポイント。
花が咲き終えたら、花の下で もぎ取るのもポイント。

0

2014/9/8

何とか旨いマスカット  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

庭のたわわに実ったマスカットを1房切ってみた。

食後のデザートにはちょっと贅沢感がある。

買うものと比べたら、ちょっと酸っぱいが、

何とか旨いマスカットでした。
0

2014/7/12

梅雨空にコスモス咲いた  ★花&果実

7月7日にコスモスが咲きましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

二輪も咲きましたよ、まだ夏なのに。
昨年の晩秋に、コスモスを見に行った畑から採取して、
プランターで種から成長させ、咲かせました。
やればできるという事が証明されました。

クリックすると元のサイズで表示します

小人さんに警備させています。




0

2013/10/3

マスカットを収穫  ★花&果実

庭で実ったマスカットが甘ぁ〜い!

見栄えは良くないですが、白い粉を吹いて色白。
やわい女性のようですが、
チュット口に含むと甘い蜜のような味が広がります。
粒の大きさはバラバラですが上等です。

クリックすると元のサイズで表示します

暑い夏の日差しをいっぱい浴びて、
上等のマスカットに仕上がりました。

庭に少しのスペースがあれば
簡単に育てられますよ、実証済みですから安心です。


クリックすると元のサイズで表示します


春に書いたマスカットのブログです
http://sun.ap.teacup.com/keigo/207.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何でも試してみるのが面白い
流儀なんて考えたこともない(笑)
そこでマスカットの鉢植えをしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨年の秋に剪定した枝をゴミダメに捨てておきましら、
今年の春になって芽が吹き出しているのを発見。
畑の土に植え直して様子をみると、
梅雨の恵で苗が大きく育ち始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年の夏が終わりかけの頃、
畑の土から掘り出して、鉢植えをしてみました。
これから葉が落ちて枝だけになりますが、
春が来ると緑の葉がお生い茂ることでしょう。

ちなみに鉢の代用としてバケツに穴を開けて使用しています。
誰にも作れるマスカットの盆栽です。
地面に植えると根が張り、広いスペースが必要ですが、
ベランダでも作れそうです。



0

2013/9/25

秋の空気に似合う曼珠沙華  ★花&果実

真っ赤な彼岸花が田んぼの道や山すそなどに咲き乱れています。

子供の頃から、彼岸花を見ると何だか不気味でした。
いろんな言い伝えを聞かされていたからでしょうか。
見方を変えればもっと愛せる花なのかもしれませんね。 


写真の撮り方でこんなにも綺麗に変化する曼珠沙華の花。
彼岸花と言って敬遠されることが多いのかもしれません。
しかし、庭の隅っこに植えている人もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。
田んぼの畦道などに群生し、
9月のお彼岸の頃に咲く花として親しまれています。
花言葉は情熱・悲しい思い出・独立・再会・あきらめ。

曼珠沙華の呼び名は、
サンスクリット語で天界に咲く花という意味。
おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、
という仏教の経典から来ているといいます。
サンスクリット語ではmanjusakaと書くそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

数年前に日本海方面へバス旅行に行きました。
遠くに赤く綺麗に咲いた曼珠沙華を指差しながら、
バスガイドさんが教えてくれました。
全然知らなかったことが解明されて驚きました。




お彼岸の頃に咲き、土葬をモグラや野ネズミなどから守る
意味もあって墓地などによく植えられているため、「死人花」
「地獄花」「幽霊花」のような怖い呼び名もついています。

彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、「毒花」「痺れ花」とも。
その反面、でんぷんを多く含んでいるため食用可能で、
毒は水にさらすと抜けるため、昔は飢餓に苦しい時に毒を抜いて
食用にすることもあったそうです。
田んぼの畦道に彼岸花が多いのは、
その毒でモグラや野ネズミを防除するためだけではなく、
飢饉に備えて植えたという説もあり、
危険を覚悟してまで口にしなければならなかった昔の苦労が
しのばれます。

0

2013/9/6

自己流ミニ盆栽やってみようかな  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

食べたキンカンを土に植えておいたら、
発芽しています。

クリックすると元のサイズで表示します

2月ごろから小粒で黄色の花を付ける「蝋梅」の発芽も。
どんな木に成長するのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

これは蝋梅の実。
中には珈琲豆のような種が入っています。

鉢で育ててミニ盆栽してみます。
サツキとか松などに負けないような楽しみ方探し。


★余談
 織田信長はあだ名を付けるのが上手。
 キンカン頭と呼ばれた明智光秀さん。
0

2013/5/31

今年のマスカット  ★花&果実

久しぶりに見上げると、マスカットの花が咲き、
実もたくさん着けています。
ヒサシの下に蔓を這わせているので、
雨に当たらないようになっています。
でも太陽は当たります。

クリックすると元のサイズで表示します

根元に化成肥料をバラバラと撒けばいいのですが、
つい忘れてしまいます。
それでも毎年、元気で沢山の実が成長します。
1本の蔓に1房の葡萄で20枚以上の葉が必要らしい。

房や粒を剪定すればいいのだが気にしない。
だから小粒。
全体に実が大きくなってきたら、太陽が当たるように、
葉っぱもすこし剪定します。
そして袋を被せると後は収穫の秋を待つのみです。
大敵はコガネムシ(ブイブイ)。
そりゃぁひどいものです。
奴らが葉を食い荒らすこと。
でも今年も甘いマスカット15房位収穫できそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

その1週間後のマスカット
クリックすると元のサイズで表示します
粒が大きくなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
真夏には日陰になりそうです。
0

2013/5/24

金魚草  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

鉢植えした内でも成績の良い金魚なんです。
実は魚ではなくて、花なんです。
金魚に見えるので金魚草とよばれています。
風に揺られて泳いでいるようにみえますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

ピンクや赤色もありますが、
他の苗は全滅してこの白だけが生き残りました。
冬に枯れもせず、白い花を満々と花咲かせています。
通る人をたのしませています。
いい子だ。
水しかやってないので申し訳ありません。
簡単に育つようです。
0

2013/4/7

庭の金柑  ★花&果実

クリックすると元のサイズで表示します

雨上がり、いっぱいぶら下がっている金柑を孫にちぎらせた。
楽しそうです。
まるごと食べるとあま〜い。
取らずにおくと鳥がついばんでしまう。
ヒヨと言う鳥が毎日やって来る。
ネットを張って防御している。

明智光秀は金柑頭と言われたのを思い出す。
言ったのは織田信長。
あだ名をつけるのが得意みたい
その恨みで暗殺??
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


キンカンの食べ方について疑問を持っていました。
いろんな考えを持ってる人がいますが
私は丸ごと食べ、種だけ出してます。
庭で熟したキンカンなので大変甘いので気にいってます。
キンカンの実は酸っぱくて食べないという人は、
熟していないキンカンを食べた人なんでしょうね。



★検索して意見を拾ってみました。

Aさん:
皮だけかじって中身は捨てます。
金柑の中身は食べません。

Bさん:
私はまるごと口に放り込んで種だけ出します。
実は確かに酸っぱいです。

Cさん:
良く洗ってから皮を食べます。
残った実はコップに入れてお湯を注いで
砂糖を入れて飲む。
これは風邪に良く効きます。
のどの痛みにも良い。

Dさん:
皮が甘くて、中身はとても酸っぱいし、種が多いのです。
それが好きな人は食べて害があるとは思えませんが
普通は皮だけ食べて中は捨てますね。
もしくは、はちみつにつけたりして、
丸ごと食べる事は可能と思いますが…

●あなたなら どんな食べ方をしますか?

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ