2010/9/30


留学生の親子水入らずの写真続報です。
クリックすると元のサイズで表示します
Riccarton Race Courseで毎週開催のフリーマーケットで親子でNZらしいアイスクリームを
ーNZは個人アイスクリーム消費量世界一です!!
クリックすると元のサイズで表示します
世界遺産マウントクックへの道。まっ〜〜〜〜〜すぐな道!!
クリックすると元のサイズで表示します
有名なテカポの羊飼いの教会にて
クリックすると元のサイズで表示します
テカポの湖の色とサザンアルプスの壮大な景色にうっとり〜?!
クリックすると元のサイズで表示します
マウントクックでの2日目は生憎の雨。でも、初日にばっちり見えました!
0

2010/9/30


先週から、留学生のお母さんがNZに行かれました。
10日間の間に、親子水入らずの時間はもちろん、学校訪問し、先生にご挨拶。せっかく来たのですから、観光も。お仕事がら、クライストチャーチにあるカンタベリー大学も訪問されました。
留学生の将来のことなど、日本ではなかなか話せないことも、しっかりとお話出来たのではないでしょうか。この生徒さんは、1年留学ですので、12月には帰国しますが、まだ3カ月残っています。この3カ月で、ますます成長して、12月に帰った時には、今よりまた一回り人間的に大きくなっていることでしょう。
明後日は、帰国の途につかれますが、しっかりハグして帰ってくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します
学校にて親子で「久しぶり〜!!」
クリックすると元のサイズで表示します
今ニュージーランドは桜が満開の春です!!
0

2010/9/26


今年の夏は例年と違い、ものすごい暑さでしたね。暑いというより、文字的には熱いの方がぴったりだったように思います。
ただ、ここにきて、急に涼しく(寒く)なり、体調を崩されている方が大勢いらっしゃるようです。皆さん気をつけましょう。
遅くなりましたが、今年の夏には6名の短期留学生のお世話をしました。
中学2年生から高校1年生まで。学校は、当社が多く生徒を送っているクライストチャーチ市内のミッション系の学校へ。
当社の短期留学は、英語だけの留学はほとんど扱ってなく、短期と言えども、普通の中学、高校にて、英語はもちろんのこと、一般の授業を全部受けます。ですから、ニュージーランドの地元の生徒とも友達になれます。
*当たり前ですが、語学学校に通った場合、そこには外国人(ニュージーランドから見て)しかいませんので、地元の子供たちと触れ合うことは難しいですから。
学校での授業は、もちろん全部英語です。正直、最初は、ほとんど聞き取れないです。でも、そこは若い人の無限の力で、短期の期間中で少しずつ聞き取れるようになります。でも、主目的は英語の習得ではありません。(英語はおまけです。)異文化に触れあい、違う国の人とふれあい、習慣を体験し、親からも離れて生活することによる、他では得られない「自信!」。これこそが、短期研修の一番の目的でしょう。その自信を得て、日本に帰ると、今までとは違った生徒たちの生き生きとした生活を目の当たりにするでしょう。
今ちょうど、来年の長期(1年以上留学)留学生への説明、面談が始まったところです。
準備を少しずつ始めて、今年から来年にかけて出発します。
また詳しい生徒たちの様子をお知らせします。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/9/9


地震の続報が、Education New Zealandから来ましたのでお伝えします。

Christchurch Earthquake Update
Education New Zealand: 09/09/10
Things in Christchurch are improving following the earthquake, and power and water have been restored to almost all homes. Tap water is safe to drink without boiling. Aftershocks have continued in the region, but have not been as severe as the initial earthquake on Saturday morning. We are optimistic that most students will return to classes next week. We assure you
that their safety and well being are a priority, and they are fine despite the disruption.
We are very pleased to tell you that there were no deaths associated with this event, and only two serious injuries. There are no reports of international students with serious injuries. All students are being cared for and supplied with fresh drinking water, hot meals and shelter if
their homes are uninhabitable.
The Christchurch airport is open, and incoming flights are operating. Students planning to come to Christchurch in the near future do not need to change or cancel their plans. All other regions of New Zealand have experienced no effects from the earthquake and it is business as usual
outside of Christchurch.
Students in Christchurch are waiting for their institutions to re-open. The majority are expected to open on September 13. If you have students in primary, intermediate, secondary or private tertiary institutions as well as English language schools, you should check their websites or call
them to find out when they are planning to recommence classes.
At this time the University of Canterbury, Lincoln University, CPIT, Design & Arts College and the majority of institutions are planning to commence classes on September 13. While this has been a challenging week in Christchurch, it has also brought out the best in many people. Hundreds of university students unable to return to class have offered to help with clean
up of people’s homes and businesses via a Facebook group. Many other citizens are offering assistance through the Civil Defence centres.
The Ministry of Education is providing further updates regarding schools on their website www.minedu.govt.nz. We will also update you with any major news regarding the situation. We would like to thank those of you who have offered your good wishes to everyone in Christchurch. Your thoughtfulness is greatly appreciated.
For more information:
Contact your local New Zealand Embassy or Consulate
Or
Michelle Waitzman
Communications Specialist, Education New Zealand
E-MAIL: michelle.waitzman@educationnz.org.nz
1

2010/9/8

地震(続報)  ニュージーランド一般情報

また地震のニュースをお伝えするのは、心苦しいですが、現地の状況をお知りいただいた方がいいと思います。
どちらにしても、マグニチュードの大きさのわりに被害は本当に少なく、ある先生は、日本と同じように火山の国なので、のんびりしたニュージーランドとはいえ、政府の対応は危機管理はそれなりに出来ていることの証拠ですね。とおっしゃってました。
Education New Zealandからのレポート(インフォメーション)をご覧ください。
Christchurch Earthquake Update
Education New Zealand: 06/09/10
The earthquake which struck near Christchurch, New Zealand early on Saturday morning has made headlines around the world, and affected local and
international students in the Christchurch and Canterbury area. Other regions of New Zealand were not affected by the earthquake.
Education New Zealand would like to provide an overview of the current situation to those of you with Christchurch and Canterbury based students, as well as their parents and other interested parties.
Although the earthquake was strong enough to damage a large number of buildings in Christchurch and nearby suburbs, there were thankfully no deaths associated with the event, and most injuries were minor.
As a precaution, all schools in Christhchurch are to remain closed on September 6 and 7 while the buildings are assessed for structural damage and sanitation. The University of Canterbury and Lincoln University are closed for the week, and currently plan to resume classes on September 13. CPIT is closed on September 6, and providing updates on their website going forward. For other institutions, it is safe to assume that they will be closed on September 6 and 7 if they are located in Christchurch city. The dates when institutions are able to re-open will be dependent on them passing safety checks.
Any students whose homes have been declared unsafe are able to find temporary shelter in designated centres until other arrangements can be made. Some phone lines are still down, so communications may be difficult for several days. As schools are closed, you may also have difficulty checking on the status of students for the next few days. Please be patient, and know
that there have been no reports of badly injured students.
We know that it is worrying to have students involved in an event such as this. We would like to ensure you that the authorities in Christchurch are working to restore services to the city as quickly as possible, and that all students have access to emergency services as needed. Power
has been restored to over 90% of homes as of Monday morning, and hospitals are open for urgent cases.
The Ministry of Education is providing further updates regarding schools on their website www.minedu.govt.nz. We will also update you with any major news regarding the situation.
For more information: Contact your local New Zealand Embassy or Consulate
Or Michelle Waitzman
Communications Specialist, Education New Zealand
E-MAIL: michelle.waitzman@educationnz.org.nz
学校は、当初今日からスタートする予定でしたが、建物のインスペクションがまだ続いているため、来週の月曜日からのスタートと決まりました。
0

2010/9/5


久しぶりにブログをアップするのですが、そのトップ記事が地震であるということは非常に残念ですが、ただ被害が非常に少なかったということが、不幸中の幸いということでしょうか。
ニュージーランドは、日本と同じように火山の国です。ですから、温泉もありますし、北島のロトルアのように、一見すると九州の別府と見間違うような風景もあります。
ただ、今まで、このような大きな地震はあまりありませんでした。
私の経験で、過去約十五年で体に感じる地震は1回か2回です。それも震度1になるかどうかの非常に微弱な地震でした。ですから、今回のような地震が起きることは、想定外としか言い様がありません。
昨日の早朝、現地時間の5時前にその地震はありました。
私どもがサポートしている生徒たちは誰も怪我も無く、一安心いたしました。
家の中は、書棚の本が落ちたりはしたようですが、それほどの被害はまだ聞いておりません。当社のスタッフゆうこさんがすぐに皆に連絡を取り、すぐに日本のご家族に連絡を取るように指示しました。学校関係の方々には、私の方からメールでご案内をさせていただきました。
また、提携の学校の先生方にもすぐにメールをし、本日までにほぼ全員から無事ならびに被害がなかったことのメールをいただいております。
ただ、学校の校舎は、政府が余震などで、二次災害が起きないと確認作業をするようですので、授業再開は水曜日になる模様です。
日本と違い、高い建物が少ないこと、建物が密集していないこと、家の中も大きなタンスが無い、ベッドで就寝していて、日本のようにたたみの上に布団を敷いて寝ていない等々の理由もあり、被害が大きく出なかったのではないでしょうか。もちろん、阪神大震災の時のような時間でなかったこともよかったのではないでしょうか。
いずれにしても、被害が少なかったことは、本当に良かったとおもっております。
まだまだ余震もあるようですので、引き続き当方も情報収集に努めてまいります。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ