2007/1/30

豆まきの話  癒し系

今年の恵方は「北北西」
皆さんの家は豆まきの掛け声をどういいますか?
地方によって豆まきの掛け声は色々のようですが、私の母はご近所中「鬼は外」「福は内」と言っているのに我家だけ「福は内 福は内」「鬼は外」と言っていました。
(私>よその家は「鬼は外」から言うよ、何で家は福から言うの?)と母に聞いたことがある。
『母>鬼は居心地がいいから家に住み着くのよ、でも福の神がこの家に入ることになったので鬼さんを住まわすわけに行かないから出て行ってくださいというの。ほら、もう玄関で福の神が待っているからと、福は内を2回言って鬼に豆をぶつけるのよ、豆で目をやられ足元を取られ、鬼は仕方ないからしぶしぶ出て行くのよ。
(私>じゃ、なんで家には福の神がいるのにまた鬼に出て行けって言うの?)
母>一年の間には色々出来事があるように、日頃の行いが一年中良い人なんていないでしょう。怠けたり、意地悪言ったりしたり、福の神があきれて少し外に散歩に行ってしまい、その間に鬼がシメシメと入れ替わっているのよ。今年は健康で良い行いで一年が過ごせますようにと鬼の金棒(丸かぶりすしのこと)を食べて強くなるのよ(心のこと)と。』
全ては自分の中の悪い心を追い出すことで、健康になるという言い聞かせだと後に母から聞いた。
本来、豆まきの言われもあるようだけれど母のこの話が今でも好きなんです。
今時、こんな会話する家庭がどのくらいあるのかしら。

ココに訪れてくださる皆さんに幸運と感じることが沢山ありますように。

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜 純粋なジュリーが時折、羨ましいと思うのでありました。
0

2007/1/29

いちご  

岐阜県のお友達から苺を頂いた。
プリプリッと大粒の苺。
真っ赤な粒は一口で食べれない。(小皿にずしっ)
クリックすると元のサイズで表示します

「時々、買って食べているんだけど、とっても美味しいの」と手渡された。(ぅう、嬉しいではありませんか。)
なんとこの苺、無人の自動販売機で買ってきてくれたとのこと。
名古屋ではあまり見かけないので驚いてしまった。
その他に卵の自動販売機なども色々あるそうで新鮮なものらしく感動しました。
そういえばお米の自動販売機は見たことはあるな〜。

そうそう、皆さんにもこんな経験はありませんか、「食べたいなーと思っていたものが一週間以内に口に入る。」この食べたいなーは「一人で思っていたとか、人に○○を食べたいねーとか話していたら、この話を全く知らない第三者が持ってきてくれたとか。」
私はこういうことがよくあります。しかし、こんなに叶うのは食べ物だけなのです。
宝くじとかが、こんな風に叶えば嬉しいのに。
でも小さな願いが叶う、それも最高に幸せ気分を沢山味わえる。
「ありがとう」「喜んでもらって嬉しい」が飛び交う空間は幸せの空気がいっぱいあふれています

幸せといえば、1/27から公開の映画「幸せの力」にとても惹かれています。
ウイル・スミス父子が初共演!全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。
苺の幸せから大暴走の私でした。
どんな小さなことでも、心から喜べる週間を身につけていきましょう
0

2007/1/26

昼下がり  癒し系

昼下がり、珍しくジュリーがネコらしく窓辺で可愛くまるくなっていました。
私が癒された今日の瞬間をおすそ分け。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/1/26

うそ  癒し系

鷽(うそ)と言う鳥「天満宮ゆかりの鳥だそうだ。」
実は(うそ)と言う鳥がいるなんて今日まで知らなかった。
中日新聞の市民版に掲載されていた『一年中の「うそ」を神の力で幸運に』と題され、そこに木彫りの鳥が可愛らしく載っていた。
名古屋市北区・山田天満宮で毎年25日の初天神に「うそ替え神事」が行われているとのコト。
「うそ」とは人をだますことだけではなく、病気、災難なども含み、一年中「うそ」を天満宮の力で幸運に替えるという神事なんですって。
しかも、参拝者は袋に入った木彫りのうそを購入し、境内に輪になって整列するらしい。
その後、太鼓の合図に合わせて、「替えましょ」「替えましょ」とみんなで声を上げながら、袋を左隣の人に渡していくのだそうだ。
おまけに、終了の合図で、参拝者は袋からうそを取り出し、木彫りの裏に「福」「幸」と記されたうそを引き当てた人は、高さ50aの特大うそや金製のうそに交換してくれるという。
これがいがいに、各地の天満宮で「うそ替え神事」は行われているらしい。
私は来年の「うそ替え神事」に是非行ってみようとワクワク今からしてます
皆さんの近くの天満宮、調べてみては。
0

2007/1/24

大根  

大根は一年草の野菜ではあるけれど、この時期に食べるのがとても美味しく感じる私ですが、皆さんはいかがですか。
煮物・おろし・漬け物・炒め物と幅広く使い道があるのが嬉しい
クリックすると元のサイズで表示します
この大根はもちろん母が送ってきた大根です。でも、私の実家は農家ではないのよ
母の元へ近所の農家の方や菜園が趣味の方からの頂き物ばかり。おすそ分けが我家に届くんです。
それはそうと、一年中絶えず、こんなに使い道が幅広く嬉しい食材なのに何故か「大根役者」なんて例えられますよねっ。
→お芝居の下手な人のことを大根役者って言うけれど、その言われは何かご存知でしたか?
「あいつは芝居が下手で使い物にならないから、降ろしてしまえ」つまり→大根をおろす、からきているのだそうです。
知らなかった人は「はは〜〜ん」と思ったでしょ。
ちなみに一月の野菜を挙げておきましょう。
「京菜・ほうれん草・三つ葉・ブロッコリー・ごぼう」です。
季節の野菜もパワーをくれますから旬な季節に口にしてくださいね。
キレイになるには食事も大切。
皆さんに元気が届きますように
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ