2013/9/7

茶事講習会  一期一会のお茶体験

今日はキャンセル待ちが出たので、急遽、2日間にわたってある茶事講習会に行ってきました〜
久しぶりのNYの地下鉄。降りる駅を間違いそうになりながらうろうろしていたら、中国人女性に行き先を尋ねられました。うーん、私に尋ねるかい?!と思いつつも、確かに、私もアメリカ人よりアジア人の方が聞きやすいものね。でも、わかったので、一緒に行ってあげることにしました。
そしたら、あなたは、○○(中国語)に似ているってさ。で、○○は何?といっても中国語。うーん、悩んでいたら、彼女、ペンを取り出して、書いた名前が山口百恵でした。
確かに。何度か似ていると昔言われたような。まさか、こんなところで言われるとはね。

1日目の今日は、茶事に呼ばれて、待合から本席での所作を学びました。今までなんとなくやっていて、何が答えかわからず、聞くに聞けないまま十数年。よくわかってよかったです。お家元直轄だけあって、先生の指導も的確で厳しく身に付きます。
来週は、今日学んだことを、実際のお茶事で実践します。
しかも、今回は、事前予習課題と言うのがあって、2日間、ちびっこ隊が寝静まってから取り組みました。
課題2.乞巧奠(きっこうでん)の調査
課題3.好きな和歌、漢詩を選び、銘を考察
うーん、うーんうなりながらレポートにしました。自分の文章力の無さをさらに実感してしまったよ〜とほほ。

講習会に参加する前にギフトを買いにNYをぶらぶらすることに。まずは、大阪のグランフロントにオープンした、The city bakeryへ。4月オープンして閉店前から大行列。そのNY店に行ってみることに。(映画 sex and the cityで有名になったそうな)

NYは全く混んでおらず、11時前でみんなブランチをしてました。
噂のクロワッサン(クロワッサンの発音が難しく、通じなかったわ。何度も発音を教えてくれたけど、覚えられませ〜ん)、ごく普通に美味しかったです。どっしりとした感じのパンで、1つなのにお腹一杯。何十分も並んで買うほどでもないかなぁ〜と思ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お店の外観と中
クリックすると元のサイズで表示します
クロワッサン。写真がイマイチやなぁ。隣りは有名なホットチョコレート。私にはやや味が濃すぎです。
5

2008/11/28


壊れたパソコンがまだ復活してないねん。2年で壊れるとは。長期保証に入っていてよかったなぁ〜無いととっても不便です。今日は実家で久々にネットサーフィン中。

3連休の日曜日にお茶の先生が釜をかけるということで、関西セミナーハウスに行ってきた。天気も良く、京都の紅葉はちょうど見ごろ。紅葉が綺麗な場所なのでめっちゃ楽しみ。

久々に乗った叡山電鉄。数年前に紅葉を見るのにパノラマになっている電車で鞍馬に行ったことを懐かしく思い出した。出町柳の駅に8時に着いたのに、9時半から運転開始のパノラマ電車に乗る人が待っていたのにはびっくり。よくよく話を聞くと、土曜日は乗車制限で電車に乗れない人が沢山いたそうな。まぁ、もともと、春と秋になると京都は混んでたけど、最近の混み方は尋常じゃないと聞いたことがあるからなぁ〜

私の今のお茶の先生は、大学の時の茶道部の先生でした。なので、卒業生に会う機会はあるんやけど、なんとも偶然に卒業以来初めて、隣の研究室の先輩にばったりあってん。東京に住んでいるのに、毎年、秋のもみじ狩りのお茶会には来ているらしいのです。めっちゃ懐かしく、お互いすぐにわかったのがうれしかった。私なんて、(日本に帰ってきてから)4Kgどころか5Kg近くも増えて、過去最大体重を日々、更新してるっちゅうのに。その日、着ていたスカートもかなり厳しかったのに。日々、自分の食欲の欲望に負け続けてます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:能の舞台。琴の演奏会がありました。右:裏千家に留学に来ている緑会の外人さんのお席
続きはRead moreへ

続きを読む
0

2006/10/9

お月見茶会  一期一会のお茶体験

10月6日金曜日は十五夜。
新聞を読むと、“中秋は旧暦8月の異称で、十五夜の満月を中秋の名月と愛でるが、実際のお月様の具合は、今年は旧暦8月15日の日よりも16日(今の暦で10月7日土曜日)の方が、まん丸に近い。月には、そういう満ち欠けと暦の関係をはじめ、知っているつもりでよくわからない謎がたくさんある”そうです。(日経新聞)
そんなまん丸お月様に会える土曜日にお月見茶会があった。
クリックすると元のサイズで表示します
駐車場で撮ったまん丸お月様
アメリカ人の友達に日本では、満月には、そこでウサギが餅つきをしているって小さい頃信じてたよって言ったら、面白いお話ねーって言われた。

軽食を食べた後に、LAから来られたお坊様が座禅のお話をされて、実際、20分ぐらい座禅(もちろん、板の間なんてホールにないので椅子に座って)をした。
クリックすると元のサイズで表示します
お説法をするお坊様

座禅の基本は無心になること。
お坊さんが動作には何かしらの目的があるけど、座禅には何もないというお話から始まった。
初めに、今居るところを想像してください。ここはアメリカです。その下は大地です。海があります。地球の表面です。マントルですなど雄大なものを想像していき、最後は無心になる。ここの禅寺の座禅は目をつぶるのではなく、目を開けて壁を見る。
なかなか無心になるのは難しく、ついいろいろ考えてしまった。でも、最後の方は、なんだか自分がぼぉ〜ほんわかした心地になった。周りが静寂してたので、人が咳をするだけで体がびくついてしまいました。こんなところで、座禅をするとは思いがけない経験やったぁ〜

座禅の後は、庭に出て、月を見ながらの野点お茶会。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
左:ススキとお月見団子 右:お手前中(友達に載せることを言っていないので小さめ)
昼間はまだ夏真っ盛りのSDも夜はさすがに肌寒い。着物を着ていてちょうどいい感じなのではないかな?半そでだときっと寒いやろなぁ〜

ところで、お月見団子、真っ白い団子をピラミッドのように積んでいるのが一般的なイメージ。私の中ではお月見団子は、細長く甘みのある餅にあんこが、卵のにぎりののりのように付いているのが普通と思ってた。9月、10月になると和菓子屋さんで売られているのをよく見かける。でも、このお月見団子、関西しかないのでは?って友達と話していて気が付いた。
ネットで調べたら、やっぱり私の知っているお月見団子は関西だけやったみたい

SDに来て、関西圏以外の人に出会うことが多く、同じ世代でも共通認識が出身地によって違うねんなぁ〜って感じることがよくある。これが、まして、育った環境が全く異なって、世代が違い、出身地も違えば、日本語でも何を言っているかさぁ〜っぱりわからず、なかなか理解できないのは、当たり前のことかもしれないなぁ〜と改めて認識!
0

2006/3/6


今日は、バルボアパークの日本庭園(Japanese garden 三景園)で開かれる第一弾チャリティーイベント、ひな祭りお茶事に参加してきた。毎月、日本友好庭園協会が催すイベントがあって今回のお茶時もその一環。近い将来、ここの日本庭園、北米第2位の大きさに生まれ変わるそう。お庭には藤棚、つづじ、木蓮、梅、桜、つくばい、ちょっと太り気味の鯉が居る池があって日本庭園風かなぁ。やっぱり、日本のとはどこかが違う。。。
SDにあるバルボアパークは、大きな敷地内に20近い博物館や美術館、San DiegoZooなどなどあったりして、市民の憩の場になっている。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:日本庭園の入り口。曇ってたけど、お茶席が始める頃にはお天気になった!!右:禅庭

陶芸の教室でご一緒させてもらってる方が懐石近茶流教授をされていてその方が指導された点心を頂いた。やっぱり、日本の懐石料理って、見た目も可愛いし、味もおいしいし、とっても幸せなひと時やった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:ひな祭り茶会だけあって散らし寿司 右:七段飾りのお雛様 
久しぶりに生で見たのでかなりうれしかったっ!私の七段飾りのお雛様は、当分、日の目を当ることもないねんなぁ〜と思いながら。。

その後、禅庭を見て、濃茶席、薄茶席と2服、お茶を頂きました。
濃茶っていうのは、世間が知っているお抹茶とはぜんぜん違って、お茶の量も増えるし、お茶を点てるのではなくって、お茶を練るって言うねん。なので、見た目は、緑色のバリウムみたいな感じ。でも、上手な人が練るとめちゃくちゃおいしい。ちなみにこの濃茶用のお茶は、超高級品で40g当り3000−4000円程度する。今日のお茶は、一保堂

お茶席は私達日本人グループが4人で外人さんが6人。前回のESLでのデモンストレーション同様、濃茶を飲んだ瞬間の外人のおば様の顔がすごかった〜思わず私達は見入ってしまった。
絶対、うっ、、出したいヨォ〜って感じ。おば様の口は、緑色の口紅を引いたように・・・
薄茶のイメージしかなくって、濃茶を飲まされたらびっくりかも!

このお茶席は、私にとってとっても勉強になった。Read moreへ続く

続きを読む
1

2006/2/23

茶の湯プレゼンテーション  一期一会のお茶体験

今日は、アダルトスクールの先生が前々から日本の文化、お茶のデモンストレーションをぜひぜひして欲しいと言われ続けて半年以上。2週間前から準備して、ついに3人(学校もお茶も一緒に習ってる友達)+1人(お茶の生徒さん)でお茶の紹介をしてきた〜いつも一緒に英語を勉強している友達の前だったので、あまり緊張もなく紹介してこれた。

準備してきた・・と言っても私はお手間係だったので下準備は、頭の中で手順をイメージトレーニングするだけで一番簡単な役割やったかもしれん。司会進行&説明役の友達は、茶道の歴史、抹茶の作り方を調べて英語で考えてこなあかんかったから、一番大変やったやろうなぁ〜

今回のお手前は、茶箱を使った“卯の花”
宝箱のような箱から茶せん、茶杓、お茶碗、居るものすべてを取り出して、お手前して、またすべてを箱の中に直していくお手前。
クリックすると元のサイズで表示します 茶箱です♪

私達が最も興味をそそったのは、初めて飲むお抹茶と日本の和菓子を外人はどう思うか??
お抹茶も日系スーパーで買うとあまりおいしくないので、お茶専門店で日本の抹茶を輸入しているところから購入。なので、甘みがあっておいしいものやったけど・・・・・
実際に見た友達が言うには、飲んだ瞬間、“”何これっ??!!!“”って言う反応だったそう。こちらの人は、普通にスタバのホットのハーブグリンティーでも砂糖を入れて飲むので、抹茶のような甘く苦い味は苦手かなぁ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左:お手前中の私のおてて。鉄瓶持ってないので、やかんで代用!
右:お茶を飲んでいる様子、なんかぬぬっみたいな変な顔してない?

想像してた以上にみんなから質問があったので、茶の湯に興味を持ってもらっていてよかったなぁ〜面白かった質問は、お茶を飲んだ後とかは、ダンスとかチャットしてもいいの?音楽はあるの?とか。でも、中には外人なのに、茶の湯は、精神的なものを養うから静な所でお茶を飲むし、精神がリラックスできてヨガみたいなんやでっ!って話している人も居たり。
これまた勉強になった。ただね、友達の家から歩いて学校に行って、クラスに入るまで、着物姿4人組は、あまりにも目立ちすぎてかなり恥ずかしかった〜

前にも書いてたかもしれんけど、ほんと、日本を離れて初めて自分が日本人であるというアイデンティティーが生まれ、日本居た頃以上にお茶に興味が生まれて、やっててよかったなぁ〜と、今年は特に思う。
0

2006/1/23

私的文化交流  一期一会のお茶体験

やっと昨日、着物一式を片付けた〜
金曜日にもお茶のお稽古の一環&自己啓発を兼ねて、地元のカトリックの中学でお手前をしてきた。SDで着物を着ることが暑いと知った今日この頃。先生も合わせの着物でなくって、一重で十分とおっしゃる通り。なので、今回は長襦袢を着ないで、下着襦袢の上に襟だけを付けて着てん。それでも、汗が出た〜1月なのに。日本とはえらい違いやわぁ〜
クリックすると元のサイズで表示します
なんちゃって襟

こっちに来て、初めて中学校を訪れた。プライベートなので、もちろん学生は制服を着てたし、なんだかいつも見かけるSan Diego High schoolの生徒さんとは明らかに雰囲気が違いすぎる。やっぱり、これがプライベートスクールなのか・・・中流階級以上なのかなぁ、、などと思いながら。
上から見る校庭の雰囲気は、遊戯がたくさんあったので、なんだか幼稚園のグラウンドを見ているよう。これが中学校かぁ日本の公立中学校のイメージとはほど遠かった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
左:中学校の入り口の建物  右:駐車場からの眺め 丘の上にある中学校
続きはRead moreへ
続きを読む
0

2006/1/9


クリックすると元のサイズで表示します
生徒さん一同でーす。誰にも許可なくアップしちゃったヨォ〜。怒らないでね!

朝から体が重い。いつもより肩こりもひどい。先週、久しぶりに来たスーツの上着で体が疲れたのか、昨日の着慣れていない着物のせいで体が疲れたかどちらかやなぁ。昨晩から貼っているシップの効き目も今日はイマイチ。

昨日、無事今年の初釜が終わった。練習の甲斐あって?1時間半(もちろん事前準備あり)で4人がちゃんと着物を着つけて会場に行けた。よかったよかった。

日本でお茶を習っていた頃の初釜と違って(先生が初釜を招待してくれて、私達は着物を着て参加するだけ)、私が行っているお茶の初釜は、初釜の段取りから当日まで生徒さんと先生方が準備をしていく。生徒さんもホストになるねん。なので、昨日の当日もテーブルセッティング、会場の飾りつけなどなど準備をして、招待状を出して御足労して頂いたお客様をもてなす感じ。

来ていただいたお客様に何度となく今日Japanese tea ceremonyを初めて見てとっても感動したて言ってくださる方が居たので、なんだかこちらで習っていてよかったなぁって。私も友達を招待してんやけど、なんでこれはこうなの?って当たり前のことを聞かれてしまい、理由がさっぱりわからなかった。当たり前のことでも理由があるはずやから、日本人として知っておくべきやなって思った。

私は今年、亭主(お茶を点てる人)を勤めさせてもらった。お茶席に着く前までは緊張していたけど、いざお手前が始まると緊張も和らいだなぁって。でも、茶杓やら柄杓を持つ手が震えるので、気持ちに反して体は緊張してたみたい。久しぶりに大勢の方の前でお手前したもんなぁ。

初釜も無事終わり、やっとこれで1年が始まった気がします。
クリックすると元のサイズで表示します ←孫にも衣装の私。おとなしく見えるねぇ〜
昨日の写真を見て、自分がとっても老けたなぁって思った瞬間を味わった〜
お肌の曲がり角と言われた25歳を過ぎ
体力の著しい低下の角と言われた29歳を過ぎて
女花盛りの30代のはずが、、目が落ち込んでるぅ!寝不足のせいか?!
一期一会のいいコメントを聞いた一方で、自分の老け顔を再認識した日でもありました。
0

2005/11/7

初上陸 Little Tokyoの茶せん供養  一期一会のお茶体験

昨日は茶筅供養といって使用していた古い茶筅を供養するためにLAにある禅宗寺に行ってきた。こちらに来て、初めてLAのLittle Tokyoに上陸。高速を降りるとすぐに、西本願寺のお寺があって、しばらくすると日本っぽい建物が続く。以前、車で通ったことは合ったけど、車から降りたことがなかってん。禅宗寺の建物は、やっぱりどことなく日本ちっく。フェンスがアメリカを思わせるけど、観音様やお地蔵さんが並んでた。
アメリカでもしっかり日本コミュニティーは末永く存在していることを感じちゃいました。

お寺と言うと、観光地化されたお寺、お葬式や法事で行くお寺のイメージしかなく、供養はどんなことをするんやろー?思い出せない?!
ちゃんとお寺(建物)の中には祭壇があって、茶せんを祭壇の前に置いて、お経を唱えて供養した。お経を唱えている間にお焼香までした。外人の友達にどんな意味があるん?って聞かれなくってよかったー。ふぅ〜
禅宗寺のお坊さんは、てっきり日本人ばっかりやろって思ってたけど、日本人の和尚さんは2人だけで、後の4,5人はすべてアメリカ人(尼さんも居た)やった。
クリックすると元のサイズで表示します
祭壇の前には教会の中と同じように長いすが並べられてました。

供養の後はお説法があったけど、それを紹介するアメリカ人のお坊さんはやっぱり、アメリカ人!
日本で、和尚さんがギャグを言って、人を笑わせたりするのって絶対ありえへん気がする。指を口に入れてポンって音を出したり、僕は40歳で独身だけど、次の和尚さんはラッキーGuy60歳で結婚している云々と話すとは、、ユニーク!!

供養に訪れている人たちは、半分以上がアメリカ人。着物を着たアメリカ人もたくさん居た。
アメリカ人で日本の文化に興味を持つ人を見るとうれしくなるし、尊敬してしまう。私の中で、熱心に他の国の文化を言葉ごと学ぶのがいかに難しいことかって感じているので、全くアルファベットを使用しない日本語と日本人でも理解するのがなかなか大変な茶道を勉強している姿はホント頭が下がります。

供養の後は、点心、本席、立札席とおもてなしを受けて大満足!

お昼の点心は、ひさびさに感動〜
クリックすると元のサイズで表示します食べるのがもったいなーい
続きを読む
0

2005/10/4


今月(もう10月!)のお稽古は最後の風炉。
11月からは炉なので、歩き方、お道具の位置、お手前の仕方、すべてが複雑に変ってしまう。寒くなるので、それに対応するお手前に。
10年ぐらい前のお茶会でやったはずの、、中置大板のお手前でしたぁ。この話はまた後日。

日曜日に初釜のミーティングがあってん。そこで、9月に行われたお月見茶会で、禅宗のお坊さんが禅語について話してくれたことを、先生の旦那さんがもう一度、説明してくれた。
私は、お月見のお茶会に参加できひんかったので、とってもとっても興味深い話やった〜

印象に残ったのが、
掬水月在手  水を掬えば、月手にあり
その時の説明は、とんちみたいに、夜空に浮かぶ満月を取ることができるか?っていう問答に対して、水を手で掬い、それに映せば月は取れる。 
その意味するところは、何事も一生懸命努力してやっていくと、かならず答えは見つかるし、できるようになるんや!っていうような英語を話されていたと思う。ネットで調べると解釈が似ているような違うような。
でも、私はこの上の解釈、めちゃくちゃ気に入ってん。
あきらめるな英語の勉強!がんばってやり続けなさい!って言われてる気がした。

禅語っていうとお茶室の掛け軸とかに載ってて、漢字でなんとなーく意味が想像できるなーっていう程度の認識。HPで調べる(ほんまに図書館に行かなくっていいから、便利やねぇ〜)とお茶にとってもかかわりがあるねんなーって知らないことだらけ。

漢字を理解できる国に生まれてちょっとお得に思った。漢詩を見て、読めないけど、なんとなくその景色が頭に浮かんで、想像できるなんて、、漢字の表す意味ってすごいなー
スペイン語圏の人が英語を見たらなんとなくわかるようになってるのかなぁ。

豆知識 read more につづく
続きを読む
0

2005/9/13

1つの動作  一期一会のお茶体験

今日はお茶のお稽古。
お稽古中には何度となくお辞儀をする。ついつい無意識にお辞儀をしちゃうと先生に注意される。やっぱり、お辞儀1つとっても、1つの動作に神経を集中させなあかんねんなー。

お辞儀には、真、行、草と3つの種類があって、頭を下げる深さと手を床につける度合いで分けられる。お手前の始まりと終わりは真(頭は深く、手も床につける)、お道具が前にある時は草(手を軽く付き会釈程度)。

今日は学習してみた。いつも頭が下がりすぎなので、気をつけた。それは、注意されなかったけど、1つが直ると新たに1つ問題が生じる。今日は、お茶を立てる時に背骨が曲がってしまった!

綺麗な姿勢で立ったり、座ったり、お辞儀したりするだけで印象って変わるんやろうなー。
日ごろから心がけて素敵なこマダムになろうかなぁ〜なれたらなぁ〜

クリックすると元のサイズで表示します
今日、先生より竹を頂いた(茶色)。7月に茶杓削り(緑の若竹)をしてんけど、曲げるのを先生のご主人様にやってもらったので、実際、サンドペーパーで削っただけやった。なのでリベンジ予定。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ