2008/6/30

MITT LIV SOM HUND  映画

1985年スウェーデン映画、ラッセ・ハルストレム監督の「犬としての僕の人生」英題「MY LIFE AS A DOG」が深夜放送されていたので、録画しておいたものを見た。孤独な少年の成長を、宇宙のライカ犬と、自分の飼い犬、シッカンを思う気持ちにのせて感動的に描いた作品。アントン・グランセリウス、メリンダ・キンナマン出演、イングマル少年が、後の、ボクシングチャンピオンになるかもという余韻も残される、さわやかな気分にさせてくれる作品だった。
0

2008/6/29

爆笑!お笑いバトル  演劇

ロザン、ハイキングウォーキング、勝山梶、ムーディ勝山、笑い飯、サバンナ、犬井ヒロシ、桜塚やっくんを、生で見てきた。セーラー服を着た、追っかけ組が、2〜3人いて前列を独占していた。お笑いを見慣れている人も多く、場内は、ヤジやら掛声で、大いに沸いていた。ハイキングウォーキングは、コントが過激で少々ひいてしまった。しかし、黒髪は、うまく手入れされているのか、ますます長く美しくなっていた。
0

2008/6/28

「I AM LEGEND」  映画

フランシス・ローレンス監督、ウィル・スミス主演の「I AM LEGEND」をレンタルDVDで見た。ガンは制圧されたかのように思われたが、その薬の中に、狂犬病をひきおこすウイルスが潜んでいて、人類と犬が、夜行性の肉食獣と化する。免疫を持っている人は、60億の人口の内、1〜2%、人類滅亡の危機に、血清を発見して、伝説の人となる博士、ドラエモンのお話の中にあったかのような物語、しかし、実写のシェパードと、ウィル・スミスの戦闘シーンは迫力があった。愛犬サマンサの死は本当に悲しかった。レンタルDVDには、アニメ版のオマケもついていて、香港、アメリカ、インドの終末の様子が、描かれていて、これもまた、迫力があった。
0

2008/6/27

ラスト・フレンズ特別編  テレビ

印象的なシーンをつなぎ合わせた、総集編の間に、1年後の6人(留美ちゃんを含む)の様子を、知らせてくれる特別編、美知留をいじめていた先輩もDVに悩み、タケルは、姉からの電話にもう恐れることはなく、過去を許す。お墓参りにゆく、ワンピースを着た女の子(留美ちゃん)が、歩く姿は、とてもかわいく、生命力にあふれ、今後の幸せを、みんなに齎してくれるようだった。
0

2008/6/26

爆笑レッドカーペット  テレビ

ゲスト審査員に、草野仁、佐々木希、米倉涼子、山本モナ、えなりかずき、舞の海、平岡祐太、YOU、野久保直樹、沢村一樹、SHEILA、を迎え、3時間の番組が始まった。TKO、モエヤン、オードリー、永井祐一郎、スマイル、ヤポンスキーFUJIWARA、鳥居みゆき、まえだまえだ、ジョイマン、NON STYLE、フットボールアワー、エド・はるみ、鳳仙花、COWCOW、若月、くまだまさし、品川庄司、ピース、バカリズム、エレキコミック、こまつ、ハイキングウオーキング、超新塾、鎌鼬、ザブングル、世界のナベアツ、流れ星、笑福亭智之介、アップダウン、U字工事、マシンガンズ、トップリード、ザ・パンチ、天津木村、ストリーク、と出演し、突如ミル姉さん登場、10時からは、ザ・スリーシアターが始まり、我が家、ロッチ、ジャルジャル、狩野英孝、フルーツポンチ、はんにゃ、しずる、柳原可奈子らが出演し、爆笑コントを繰り広げた。YOUの選んだ、レッドカーペット賞は、「ザ・パンチ」だった。
0

2008/6/25

「自虐の詩」  映画

堤幸彦監督、「自虐の詩」のDVDをレンタルで見た。原作がマンガ家の、業田良家だからなのか、人情喜劇の登場人物も、わかりやすい性格の人々が多く、何ももこの俳優でなかってもという、セリフと演技で、作品の内容が、進んでゆく。きれいに飛んでゆく御膳と、成長した熊本さん役が、アジャ・コングだったことが、印象的。
0

2008/6/24

ミストシャワー  スポーツ

テニススクールがはじまって、30分後、細かいミストのような雨が降ってきた。少し我慢しながら、打ち続けていたが、サンバイザーから、雨のしずくが滴り落ちてくるようになり、15分ほど小休止、体も随分、濡れていたようで、寒く感じながらも続行、皆テニスが好きなんだと、私一人、もうやめて帰りたいと思いつつも、スクールを最後まで抜けずにいた。風邪をひきそうだったので、少々季節を遡り、夕食は、水炊きにした。
0

2008/6/23

ハイキングウォーキング  テレビ

エンタの神様に出演していた、ハイキングウォーキングに今、注目している。ロングヘアーがとても手入れされていて、とても男性の髪とは思えない、出演し始めた頃は、女装で真っ赤なドレスを着て、真っ赤な口紅を塗っていたように記憶している。もうすぐ、生の舞台を見にゆく予定、楽しみである。
0

2008/6/22

メンテナンス  住まい・インテリア

京都に住んでいたころのマンションの排水管掃除が、一斉に各戸を回って行われるというので、今は無人の部屋のカギを開けに出かけた。懐かしい人々にも、会うことができ、若かったころの思い出がよみがえった。近くに地下鉄の駅もでき、京都の別荘として、活用できそうだった。
0

2008/6/21

EL LABERINTO DEL FAUNO  映画

英語題名「PAN'S LABYRINTH」を、DVDで見た。劇場上映期間が短く、見逃してしまった作品なので、興味深く、おとぎ話かと思っていたが、実際は残酷なシーンも多く、反戦映画だった。イバナ・バケロ監督の、小さなものの命を大切にする精神が、主人公の死をも、見る者に悲しさを味あわせないようにしている。スペイン語の映画を見る機会が少ないので、違った視点で見ることができた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ