2018/5/1

アポロ13  映画

BS3プレミアムシネマで「アポロ13」を観た。1995年の映画だけれど、じっくり観たのは初めて、1970年4月17日に、月面探索に行こうとしていた宇宙飛行士が、どんなに苦労して地球に生還したのかを知った。万博に夢中な高校生だった自分は、空を見上げる余裕もなくアポロ計画の終末を知らなかった。映画の力ってすごいけれど、ロン・ハワード監督の事実の切り取り方も上手、良質の映画は、途中で居眠りする隙がない。ビデオカメラ
0

2018/4/24

危険な情事  映画

初めて観た時も怖かったけれども、BS3プレミアムシネマで昨日放送されていたのを観て、また恐怖がよみがえってきた。よくこんな映画を作るなというほど恐ろしい。1988年頃の自分の生活も思い出して、しばらく放心状態。口直しに「崖っぷちホテル」の録画を観て日常生活に戻った。ビデオカメラ
0
タグ: 1988年

2018/4/10

シェーン  映画

BS3プレミアムシネマで「シェーン」を観た。拳銃の早撃ち、喧嘩のシーンと南北戦争が終わった直後のアメリカ開拓精神にあふれた映画、つっこみどころ満載だったが、「シェーン、カムバック」という男の子のセリフは、今も昔も感動ものだった。アラン・ラッドかっこいい。ウマピストル
0

2018/4/5

BS3プレミアムシネマ  映画

水曜日午後1時からのBS3プレミアムシネマは「ニキータ」、お昼の番組にありがちなのどかさはなく、ハードな殺し屋のお話、息づまるスピード感に引き込まれ居眠りすることなく見入ってしまった。2日夜の「HUGO」も面白かったし、BS3映画、新年度から力入れてる感じ、どうぞ私好みの映画をもっとたくさん放送してくれますように。ビデオカメラ
0
タグ: HUGO ニキータ

2018/3/17

三月半ば  映画

この間3月になったばかりなのに、もう半月が過ぎた。このところ平日は午後1時からのBS3プレミアムシネマをつけて、新聞を読んだり、先日行われた県立高校入試の問題を解いたり、朝日新聞beクイズに挑戦したりして午後のひとときを過ごしている。昔観た名作ばかりなので、あらかた筋はわかっているのだが観るたびに新しい発見があり、監督の意図に感動している。木曜日の「クレイマークレイマー」が良かった。途中からテニスに行くので、録画しておいて金曜日の午前中に続きを観た。ビデオカメラ
0
タグ: BS3

2018/1/17

Collateral  映画

16日、BS3プレミアムで午後1時から放送された映画「コラテラル」を娘一家と観た。小6の長男と小3の次男は字幕が邪魔で画面が見づらいと言い。娘は真剣に見入って、音声を上げる。幼稚園の孫娘はさすがに興味が無いようで、時々おもちゃに気をとられながらも、英語は聞き取っている様子。私だけ一生懸命字幕を追っていた。白人
0

2017/12/17

映画の余韻  映画

金曜日、今年最後の念願を果たした感の映画鑑賞のあとは、少し抜け殻のようになり、スターウォーズの音楽が頭の中でぐるぐるしている土曜日を過ごした。これではアカンと思い直し、絵本講座の代表挨拶文を考える。お歳暮のお礼状も書き、年末モードに一気に突入だ。
0

2017/12/16

スターウォーズ[  映画

金曜日、朝8時55分、字幕版「スターウォーズ エピソード[ 最後のジェダイ」を高の原シネマで観てきた。160分という長い作品ではあるが、全然時間経過を感じさせないあっという間の楽しく激しくはらはらドキドキのいつものスターウォーズに出会えた。ルークが動物の乳搾りをしている姿や、チューバッカが焼き鳥を食べるシーンにユーモアがあって、結構笑える。9作目の結末が、原作通りでは無く、映画では悲劇で終わらないことを願っている。ビデオカメラビル
0

2017/4/5

BSプレミアム  映画

月〜金、午後1時からBSプレミアムで映画が放送されている。今週はケビン・コスナー主演の「アンタッチャブル」と「フィールド・オブ・ドリームズ」、1987年と1989年の名作は、今観てもみずみずしく、有名なシーンには、思わず見入ってしまう。疲れから途中居眠りしたり、来客があったりで集中してみられないのだが、午後の贅沢な時間を楽しみにしている。
0

2017/2/14

サウンドオブミュージック  映画

月曜の午後BS3で、「サウンドオブミュージック」が放送されていた。初演された1965年時点では、私は、長女リーズル16歳より若く、次女か三女の、子どもの立場で観ていたが今や修道院長より年上かもしれない歳になり、マリアと男爵夫人のやり取りも良く理解できるようになった。このシーンでは、母とこんな会話をしたとか、英語の先生に、女性家庭教師governessとtutorの違いを教えてもらったなとか、思い出がよみがえり、何度も涙が出てきた。名作はいつ観ても感動を与えてくれる。ビデオカメラ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ