2013/5/31

ヴィブラフォンもマリンバも一歩先行く余韻をコントロール/ボサノヴァとクリシェ  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック


毎週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話し。
金曜第三百十二回目の今日は先週からの続きで『ヴィブラフォンもマリンバも一歩先行く余韻をコントロール/ボサノヴァとクリシェ』と言うお話し。

途中からの人は先週の金曜ブログ『続・ヴィブラフォンもマリンバも一歩先行く余韻をコントロール。アプローチノートの効果』( http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20130524/archive )から読んでくださいね。

ココまでの金曜クリニックをご覧になりたい人は左のカテゴリー(またはこの記事のタイトル右側にある)「金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック」をクリック。この記事に続いて過去の記事全てを見る事が出来ます。チェキラ!



いよいよ五月も本日で終わり。
今月は木曜日ブログのライブラリーでビブラフォン奏者の特集を行ったりと、いつもにも増してヴィブラフォン度の高い月間になりました。
そして、いよいよ明日からは師匠、ゲイリー・バートン氏の来日公演が全国で行われます。今年70歳になって今なお新しい事へのチャレンジを続けているその姿をしっかりと瞼に焼きつけておきたいものです。

まずは、ヴィブラフォンのメンテに関する予告、それに続いて今日のジャズクリニックと続きます。

■メンテナンス予告

ちょうど導入して二年になるマッサーのニューモデルMusser M55GJ。
日本専用モデルになって、従来の欠点が大幅に改善されたのは大きな成果です。
しかし、前例のない純正パーツとのハイブリッド版の為に、使用後いくつかの改良箇所が出ました。

一つはペダルのセッティング。これはペダルを装着するサイドの留めネジを約5cm手前に移す事で純正品と同じセッティングとなりました。
演奏していて妙に足が疲れたのは、従来のM55よりもペダルが奥に引っ込んでいた為です。
原因がわかれば即、改良あるのみ。

次に、ボディーの細部からのノイズです。
従来のモデルもノイズはかなりのものでしたが(笑)、気温と湿度の変化によってどうしても接合部からノイズが発生するのはこのヴィブラフォンという楽器の宿命のようなものです。
ペダルを操作する事での負荷が、ペダルの無いマリンバなどと比べると大きいわけです。

今回は暫定的に二つの試みを約一週間行って来週報告する事とします。

1.基音側キーボード直下ビーム(ヒンジ)からのノイズ
2.鍵盤からのノイズ

1.に関しては脱着可能な構造が災いしているようなのでセッティング時に外した状態で様子を見ます。

クリックすると元のサイズで表示します
          
クリックすると元のサイズで表示します

たぶん演奏に支障はないでしょう。


2.鍵盤からのノイズ

原因は純正のパーサスペンション(BS)コード(紐)と予測しています。

クリックすると元のサイズで表示します
原因は純正のBSコード・・・・

僕は導入当初から純正のBSコードは使わず市販のアクリル100%の紐に交換しています。

クリックすると元のサイズで表示します
二年振りに純正のBSコードを装着してみましたが、鍵盤の振動数によるものか、この辺りの鍵盤からノイズが発生しやすいです

ならば・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

交換あるのみ。

結果は次週。




超有名スタンダード曲“All the things you are”をボサノヴァで演奏するに相応しいリハモナイズを行う。

先週でブリッヂまで完了しました。

今週は最後の12小節のセクション。

まず、冒頭と同じ部分が4小節。

25-28小節目(オリジナルのコード進行)
クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大/以下同じ)

この部分は既に1-8小節目をリハモした時に完成しているのでそれを応用する事にします。

25-28小節目(リハモナイズ)
クリックすると元のサイズで表示します

28小節目だけオリジナルのコードと揃えました。次の展開が1-8小節目の時とは異なるのが理由です。

以下、29小節目から最後までのオリジナルはこんな感じ。

29-36小節目(オリジナル)
クリックすると元のサイズで表示します

さぁ、これを次のようにリハモナイズしてみました。

29-36小節目(リハモナイズ)
クリックすると元のサイズで表示します

このリハモナイズの目的は、ボサノヴァとして演奏するに相応しいコードへのチェンジです。
それがなければリハモなどする必要がないのですから。

ボサノヴァって、どんなイメージですか?

これがその人の持っている印象によって大きく変るから音楽は不思議です。

僕は、ボサノヴァは究極のハーモニー・ミュージックだと思っています。
メロディーはコードトーンの隙間で何物にも邪魔されずすり抜けて来られるテンション。
バックグラウンドはそのメロディーにありとあらゆる角度から陰影を演出するコードがセレクトされ、メロディーとハーモニーを包み込むようなリズムに支えられて成立していると思っています。
従ってリズムが強調する部分はハーモニー的なテンションの高まりを補足する箇所に限定。
ハーモニーとリズムによって、メロディーを浮かび上がらせる事に全神経を集中している音楽、と。
だからボサノヴァのバーチオーゾ達はずば抜けたハーモニー感覚を持っています。
これが人並み以上じゃないとボサノヴァの創始者にはなれなかったでしょう。

いろいろとありますが、その最も特徴的なテンションの高まりを表現する技法にクリシェがあります。
一つのコードであっても、隣接する音の動きに効果を持たせてある時はスリリング、ある時は哀愁を、ある時はゴージャスにムードを演出する技法で、これが見られないものはボサノヴァとは呼べないとさえ思っています。

他のどのポピュラー音楽よりもハーモニーでの高まりが大きな音楽、それがボサノヴァ。

さて、この最後の8小節間のリハモナイズにもそのクリシェを隠しています。
いや、むしろそれを隠すために選んだコード達と呼んでもいいでしょう。

このままでは、それが正確には伝わるはずがありませんから、コードとコードスケールの連結に隠したクリシェを現わしてみましょう。

■コード進行に隠されたクリシェ
クリックすると元のサイズで表示します

これによってコードスケールの特定も可能になりますね。
最後の小節はDm7→G7とこの曲の調から大幅に外れますが、これは冒頭に使ったコードAb/CのベースとなるCに向けて解決するセクションとしました。
この意外性が、またボサノヴァらしさでもあると思うのです。

だってほら、どんどんボサノヴァになっているでしょ?

(以下次回)


コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)




★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

2013/5/30

ヴィブラフォン弾きが聴いたビブラフォンの巨匠たちが若手と呼ばれた時代の音・第四回マイク・マイニエリ  木曜:Jazz & Classic Library


五月特集のヴィブラフォン弾きが聴いたビブラフォンの巨匠たちが若手と呼ばれた時代の音。
最終回の第四回目はマイク・マイニエリ。

■第一回:ロイ・エアーズhttp://sun.ap.teacup.com/vibstation/2054.html
■第二回:ゲーリー・バートンhttp://sun.ap.teacup.com/vibstation/2059.html
■第三回:ボビー・ハッチャーソンhttp://sun.ap.teacup.com/vibstation/2064.html

あれ? デイブ・パイクは? カル・ジェイダーは? ミルト・ジャクソンやライオネル・ハンプトンはど〜した!

そんな声が聞こえて来そうですが、あくまでも僕がヴィブラフォンという楽器に興味を持ち始めた頃に次代を担う“若手”と呼ばれていたビブラフォン奏者に限定し、アルバムの発売時期が1967〜8年頃、奏者の年齢にして二十代中盤、という括りで御紹介しています。

時代的な影響もありますが、当時は娯楽音楽の中心がロック・ミュージックへと移り変わる時期で、それまで比較的メジャーな位置で安定したファン層を誇っていたジャズに暗雲が立ち込めていた時代。
そんな中で、次代を担う演奏者がどのような方向を目指していたのかを今の時代に知ると、現状の微分化され過ぎて全体が見えなくなり面白味が無くなりつつある時代から脱却するヒントや夢に繋がるかもしれないと思えるからです。

これは演奏者だけではなく、ジャズは好きだけど何からどう聞けばよいのかわからなくなったリスナーの、一つの入口探しにもなるかもしれません。「こう聞くべし」みたいな押しつけはする必要が無いほど、ジャズは幅広く懐を増やして現在に至っていますから。

マイク・マイニエリというヴィブラフォン奏者の事を決定的に知ったのは1977年のアルバム『Love Play/ Mike Mainieri』(Arista)で、その中に収録された“I'm Sorry”はヴィブラフォン奏者の気持ちをガッツリと掴んだ演奏でした。
当時はまだ新鮮だったシンセヴァイブを駆使したベンドを含む様々な可能性を秘めた音色とフレージング、時代を予感させるのにはこの一曲で十分で他の曲はスルーしてこの曲ばかり聴いていたほど。
シンセヴァイブになれば出来そうな事が目の前に展開されているのだから、少なからずヴィブラフォンに関わった人間としては可能性を最大に秘めた世界に思えた。

その後、Steps、或いはSteps Aheadとしてフュージョン界の中心的な活躍で名前を耳にし、当時周りにたくさんいたステップスのファンからその音源を聞かされたりもしたが、僕の中では“I'm Sorry”を超えるインパクトは無かった。

たぶん、あの“I'm Sorry”が飛び抜けて出来過ぎていたのかもしれない・・・・
そのくらい当時好きなテイクだった。


クリックすると元のサイズで表示します
『INSIGHT/Mike Mainieri』(solid stato/1967年)

1. Autumn Leaves
2. Skating In Central Park
3. Rain Child
4. On The Trail
5. Instant Garlic
6. Minnesota Thins
7. La Plus Que Lente (Debussy's)

Mike Mainieri (vibe)
Joe Beck (guit)
Lyn Christie (bass)
Don McDonald (drum)


不思議な事に、この世界で演奏していると時々ヘンな事を聞かれる時がある。
僕がゲイリー・バートンを子供の頃から好きでこの楽器もそれが切っ掛けで始めた事を知っている人から「マイク・マイニエリなんかは聴きませんよね?」と。
そんな事はない。
上に書いたように大好きだ。

これが「ミルト・ジャクソンなんかは聴きませんよね」方式だったらよくある事なのだけど(だからと言ってミルト・ジャクソンが嫌いなわけではないよ)、なぜマイク・マイニエリで・・・?

音楽だって遥かに近いし、くだんの“I'm Sorry”なんか涙が出るほど好きだ。

でも、あるらしい、、、、ゲイリー・バートン派とマイク・マイニエリ派というものが!
反りが合わないんだそうな。間接的に聞いてみると・・・

でも、少なくとも僕の中には無い。
むしろノン・ビブラートで同じエリアだった時期すらある。

僕は不思議でならないんだけど、そんな所に気を使ってくれるミュージシャンがいたりするのだから想像はイケないよ。

でも、違いはある。
勝手な言い方をすれば、ドビュッシーとラヴェルのような違いだ。

このアルバムは実は近年になって購入した。
正確には購入出来た。

僕が小学生でジャズを聞き始めた四国の松山では、近所のアーケード街にレコード店は5つ(近い順にハマオカ、小早川、まるい、トチギ、津田演奏堂)。内ジャズを取り扱っていたのが3つ。当時店頭にアルバムが並んでいたヴィブラフォン奏者は、ライオネル・ハンプトン、ミルト・ジャクソン、ゲイリー・バートン、ボビー・ハッチャーソン、ロイ・エアーズ。。。売り場のパーテーションに名前があるのはこの五人くらいで後は「その他のVib」と括られていた。
それでも、まだ今よりはいい。楽器別に子供でも探せたから。今じゃ名前で並べられる店が大半だから楽器毎の新人に出会うチャンスは皆無だ。そういうところが業界全体のマイナスになっている事を知らなければならないんだよね。

だから、当時愛読書のスイング・ジャーナルでフルートのジェレミー・スタイグと名前が長いヴァイブ奏者(マイク・マイニエリの事)のアルバムが発売されたらしい、という情報を得てもほとんど入荷しなかった。

たぶん、このアルバムも・・・・地方の店頭に並ぶ事は無かったと思う。

そんななので、マイク・マイニエリというヴィブラフォン奏者は長らくの間、謎のヴェールに包まれた存在でもあった。1970年代後半までは。

このアルバムを見つけてとても興味深かったのは、当時大好きだったゲイリー・バートン・クァルテットと編成が同じ事だった。
ヴィブラフォン+ギター+ベース+ドラムス、という編成は1960年代以降のヴィブラフォンのベーシックな編成だと思う。

さて、逸る気持ちを押さえながら、早速耳を澄ましてみると。

“Autumn Leaves”は言わずと知れた大スタンダード。ヴィブラフォンとギターの絡みあいでイントロ、そしてイン・テンポとなってテーマに。
ただ、僕はここで「うん?」と思ってしまった。
普通なのだ。
普通に「枯葉」を演奏しているのだ。
もっと、聴いた事も見た事も無い世界を想像しながらワクワクしていた身には少し肩すかしだ。
いや、今だから言うんじゃなく、当時の餓鬼でもそれを期待したはずだ。
もちろん演奏は要所要所で盛り上がっているのだけど、なぜか僕は「置いてきぼり」にされてしまうような錯覚に陥った。

なんだろう?

ひとつだけ言えるのは、演奏している側と聴いている側(この場合は僕)の間に埋められない温度差を感じてしまったのだ。

ヴィブラフォンのソロで始まる“Skating In Central Park”。
たぶんディーガンの倍音だなぁ、と感じられる響きが独特の世界を作り上げる。
ムッサー・グリップというマイク・マイニエリの4本マレットの持ち方による長所も短所も含めて唯一無二の世界にしばし耳を傾ける。リズムインしてからはごく普通にワルツとして演奏される。
ハーモニカルなカンピングがスリリングでブリッヂからソロに入る(メロディーフェイクに近いのだけど)マイニエリのモダンな世界。改めてギターのソロへと受け渡し。
再びルバートに入りヴィブラフォンのハーモニカルな世界が展開される。
最後にはブルースフィールも飛び出しながらエンディング。

“Rain Child”でやっとオリジナル。
今ごろ言っても遅いが、こんなのを最初から聴きたかったんだ。
何をやりたいのかが窺い知れるオリジナルはやはり顔だと思う。
こうやって聞くとスタンダードでジャズモードになっていたマイク・マイニエリもすっかり切換えが利いて曲の中での表現を深めているような気がする。

リズミックなイントロから始まる“On The Trail”はオーソドックスなジャズ。
この辺りで僕はちょっと個人的な事が頭の中を過り始めた。

そのまま進もう。

“Instant Garlic”は再びマイク・マイニエリのオリジナル。ちょっとゲイリー・バートン・クァルテットの「One Two 1-2-3-4」に似たフリージャズとロックの衝動を合わせたような演奏で、この時期の若手ミュージシャンは必ずこのスタイルの前衛的な表現を好んでいた。たぶん、ジャズがロックにも対抗できるパワーを発散させる唯一の方法だったのかもしれない。ちなみに僕はこういう演奏嫌いではない。

突然当時流行りの8ビートが始まって“Minnesota Thins”。スラム・スチュワートばりのハミングしながらのベースソロが始まる。曲はこのベーシスト、リン・クリスティのオリジナルだ。ご機嫌なビートに乗せてマイク・マイニエリがソロ。
ギターへと受け継がれる。

ここで、なぜマイク・マイニエリとゲイリー・バートンに違いがあるのかを述べておきたくなった。

もしも例えるならば、この時代のマイク・マイニエリの演奏の核にあるのは「衝動」だと思う。スタンダード・チューン、いわゆるオーソドックスなジャズの技法を使いながらも、エキサイトの度合いを増す毎に彼の演奏から感じるのは「衝動」。一度火が点いたら誰にも消せないような熱い衝動だ。
このバンドはその衝動を共有するメンバーが集っているようにも聞こえる。
それはジャズという音楽、インストの音楽の中で、自らを主張する最もシンプルな表現方法。
だから、このバンドはそれぞれがその演奏の中で完全燃焼を目指しているように聞こえる。

対して、当時のゲイリー・バートン・クァルテットは全体の「トータル」的な表現に重点があったと思う。その為にはスタンダード・チューンを廃してオリジナル・サウンドが得られる曲を核に据えてその中でメンバーそれぞれのカラーを出すという方向性を持っていた。だから、曲がまずは命だったのだ。
その曲の中の許容範囲の中で余分な物をそぎ落とした演奏を試みていたように思う。
全体の精度を上げる為には、曲の精度を上げて演奏がそれに追従する、というスタイル。
そこにジャズの手法を持ち込まなかったのがロックとの大きな共通項となったのは第二回の時に書いた。

もしも、この二人を歴代の作曲家に例えるならば・・・・

マイク・マイニエリはドビュッシー、ゲイリー・バートンはラヴェル。

ドビュッシーの音楽は衝動的でインスピレーション型。
ラヴェルの音楽は構築的でドラスティック型。

僕は子供の頃からラヴェル好きなので、長年マイク・マイニエリの存在を知らなかったのも、ひょっとしたら何処かでこの括りに当てはまっていたのではないかと。

ところが・・・・・

このアルバムの最後に・・・
やっとマイク・マイニエリというヴィブラフォン奏者の事を理解出来る演奏が収録されていたのだ。

それが、、、

“La Plus Que Lente (Debussy's)”。
ドビュッシーの「レントより遅く」をヴィブラフォンのソロで演奏していたのだ。

これにはびっくり◎o◎

ラヴェル派の僕が唯一ドビュッシーで好きだったのがこの「レントより遅く」。この怪しい雰囲気の漂うワルツを見事にヴィブラフォンで演奏している。

たぶん、この選曲に至る好みの部分に僕はマイク・マイニエリというヴィブラフォン奏者との共通項が潜んでいるような気が。

ああ、、、このアルバム、買ってよかった!^v^

若かりし日に聴いた“I'm Sorry”で僕の心を鷲掴みにしたマイク・マイニエリの原点がここにあったのではないかと、思ったりしながら聴き終えるのでした。

たぶん、この後の早い段階でマイク・マイニエリはエレクトリック・ヴィブラフォン、そしてシンセ・ヴァイブへと移行して行った。それは彼の使っていたマッサー・グリップというマレットの持ち方によるデメリット(音量が出ない)を克服する最良の方法だったと思う。
その、最も輝かしい成果とも言える77年の“I'm Sorry”には、「衝動」によって若干コントロールを失っている姿は微塵も無い。クールにサウンドをコントロールするマイク・マイニエリの姿があると、このアルバムを聴いて初めて理解出来たのでした。





今はジャズ一つ取っても、ヴィブラフォン一つとっても、マクロ的な情報しか入手出来ず、全体がどうなっているのかがさっぱり見えない時代に陥っています。
ネットは“ほんの些細な事”でも情報として拡散されていますから、そうなるとセレクト機能のあるマスコミか?
ところが、活字の世界も含めて皆何をやったらいいのかがわからない時代になりつつあります。

昔なら雑誌などでそれぞれ人気投票などと名打った「目安」があったのですが、あまりにも発行部数が少ないと全体という意味を成さないので無くなってしまいました。

公的に現状を垣間見れるものは何かないものかとネットを調べていたら偶然にもある大手CD量販店のHPに売上集計のような公開情報がありました。人気投票とかではなく売上ですから、信ぴょう性、真実味はあるでしょう。なんせ誰かが買ってくれないと動かないのですから・・・・

一つの企業の情報である事と、この情報にはエントリーされていない情報もある事を前提に、現在世の中でヴィブラフォンがどんな事になっているのかを窺い知る一つの手段かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
大手量販店HMVのインデックスで“ビブラフォン”のインデックスがありました。これは売り上げによって順位が日々変動するそうです

この特集で取り上げた四人もエントリーされています。

ちょうど本日付け(2013年5月30日)の順位を見ると、

1. ボビー・ハッチャーソン
2. ゲイリー・バートン
3. ロイ・エアーズ




18.マイク・マイニエリ
*筆者注:マイク・マイニエリ名義のアルバム累計でSteps Ahead名義分は含まれず。たぶん合算すると他の三人と同等と予測

ちなみにこのエントリーは海外・国内の区別なく世界中のヴィブラフォン奏者のHMVジャパンでのアルバム売上げが反映されているので僕らもエントリーされている。

24/邦人1.赤松敏弘

26/邦人2.藤井寛

で、以下三重の山下真理ちゃんが31/同3、昨年デビューした弟子の山崎史子が大健闘で34/同4、ベテランの出口辰治さんが39/同5、大ベテランの増田一郎さんが54/同6、といった具合。

世界中合わせても59エントリーという数の少なさ。
その中で邦人が6人というのも少ない。
他にもリリースしている奏者はいるので調べてみたら、ちゃんとディレクトリーは立ちあがっているのにココにはエントリーされていないケースなどもあるのでどのくらいの販売期間、枚数、ジャンル登録の有無等で反映されているのかは不明。たぶん、実際にはもっとHMVを経由してCDを販売しているヴィブラフォン奏者の数は多いわけですが、一応ココで取り上げたヴィブラフォン奏者の現状や、今現在の海外のヴィブラフォン奏者の名前などが、ある条件下とは言え公正にザッと垣間見る事ができる貴重なものでしょう。

昔であれば、これをしてウイークリーチャート、あるいはマンスリーチャートという形で雑誌に発表されていたものに匹敵しますが、毎日更新となると紙媒体では不可能。ある意味ではこういうものこそが一番ネットらしいコンテンツではないかとも思えるのですが。。。。

クリックすると元のサイズで表示します
(May/30/2013/日々更新)http://www.hmv.co.jp/artist/genre/800/instrcode/08616/rank/0/


四回に渡ってお送りした“ヴィブラフォン弾きが聴いたビブラフォンの巨匠たちが若手と呼ばれた時代の音”、いかがでしたか。

普段は音楽全体を聞く事を推奨する意味もあって、この木曜日のジャズ・ライブラリーではヴィブラフォン以外の楽器が登場します。
それは、一つの楽器の事だけに着目しないで、音楽全体の中でこの楽器にどのような表現を持ち込むかを試行錯誤しながら日々精進してほしいと思うからなのです。







★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ
タグ: Jazz ジャズ CD

2013/5/29

実にメリハリが利いてバランスの取れた味  水曜:これは好物!


ヴィブラフォンを車に積んで移動する時は仕方が無いとしても、手ぶらで移動できる時はお世話になりっ放し・・・

やっぱりコレですよ。

駅弁!

クリックすると元のサイズで表示します
『キングサーモン弁当』秋田駅・関根屋製http://www.sekineya.jp/

こんなにコンパクトなパッケージながら、その土地の風味がいっぱい詰まってます。

JR秋田駅は駅弁の業者も多く、全国の駅の中でも駅弁のレベルが高い駅だと思っています。
特に業者が複数存在する地方の駅は珍しくなりつつある中で、大手の日本レストランエンタープライズを相手に老舗も切磋琢磨している様子が頼もしい限り。

でも、

あれ?

秋田でサーモン?

日本海のこの地方だと新潟県の村上がサーモン、鮭では昔から有名。

切磋琢磨と誉め湛えているのになんか肩すかしか?

秋田で食べて記憶に残っている味と言えば、僕はきりたんぽやだまっこ鍋が浮かぶが、駅弁だとやっぱり比内地鶏系の駅弁かなぁ。
最近は隣りの岩手県とのコラボで「いわて短角和牛弁当」が記憶に残っているが、サーモンは予想外。

珍しい。
これまでに何度も取り上げた関根屋の駅弁だから・・・・・と信頼して買ってみたら・・・・

はい、こんな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

失礼、

改めて、こんな感じ!

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、予想通りと言うか、キングサーモン弁当でこれ以外のレイアウトがあったら教えてほしいほど定番中の定番といった見た目です。

注目すべきはサイドディッシュ。
なぜなら、ここに地方色が凝縮されるからです。

クリックすると元のサイズで表示します

関根屋の卵焼きは軽く甘めで美味しい。
注目すべきはその下に見える・・・

クリックすると元のサイズで表示します

牛蒡煮と並んで秋田のソウルフードと呼べる“いぶりがっこ”
こんなものがサラリと弁当に入っているところが駅弁の魅力だ。
平たく言えば漬物の燻製と言えばイメージできるだろうか。
これがいろいろあって、ショッパイのやら濃いのやら・・・
でもこの関根屋の人参の“いぶりがっこ”はよそ者の僕らでも美味しいと思う味付け。
時に本物過ぎてギブアップな〜んて名物もあるけど、これは食べやすくてウマイ。

クリックすると元のサイズで表示します

メインの周囲に特徴あるサイドディッシュが配置されていて楽しい。
“しそ若布”“野沢菜ちりめん”・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いくらの醤油漬けも・・・

さて、メインのキングサーモンは如何に?

クリックすると元のサイズで表示します

これが大満足の味と量。

クリックすると元のサイズで表示します

なんと照り焼きに仕上げているんだ。
鮭弁当も含めて、世の中には数え切れないほどの鮭・サーモン系の弁当があるが、こんなにメリハリが利いてメインもサイドも、そしてごはん(もちろんあきたこまち)との相性もバツグンな弁当は珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します

三権分立ではないが、それぞれがお互いを惹き立て合っているのだ。

あの、地味なパッケージからは想像も出来ない、食べる喜びに満ちた世界がここには広がっている。

僕は西日本生れだから東北の味にはそんなに馴染みはないのだけど、このキングサーモン弁当は文句なしにお薦めする。見た目の地味さも味わいの内だと思えばいい。
派手なパッケージに手を出して正解だった確率を思い出せ!だ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

で、

なぜ秋田でキングサーモンなの?

駅弁には時々「おしながき」や「能書き」が入っている場合もあるんだが、この駅弁には何もない。。。

疑問を抱えたままでは夜も寝れない(いや、普段夜更かしだから夜寝れないのは別にいいのだけどね)。
調べてみたら・・・

なんと、秋田を代表する漫画家矢口高雄さんの代表作「釣りキチ三平」をイメージしたシリーズものなんだと。
釣りの漫画である事は知っている。
魚の王様としてキングサーモンなんだそうな。

あれ? 魚の王様って鯛じゃなかったか?

なんかスッキリしたような、あまりピンときていないような・・・・

いいんです、美味しければ!

間違いなくお薦め。

東京駅のコンコース、駅弁屋「祭」で購入出来ますよ!








★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

2013/5/28

バブルは見事に縮んで消えたのです・・・  火曜:街ぶら・街ネタ


昨日の夜、新宿で時間が出来たので黄色いレコード店を覗いたら腰を抜かすほど驚いた◎o◎

まさか、、、

最初は目の前の光景がにわかに信じられなかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します
『太古の海鳴り/上野好美&ヒズ・ベストフレンズ』(ジョニーズ・ディスク/1980年)

80年代半ばに志半ばで天逝してしまった天才ドラマー上野好美(通称リンゴちゃん)のアルバムが店頭に並んでいるのだ。
独特のルーディメント論を持っている型破りなドラマーで、今の変拍子の元となる変則フレージングにも長けた時代を飛び越えたドラマーだった。
ちょうど僕もヴィブラフォン担いで東京に出て来たばかり。
時間を見つけてはいろんな人達とセッションしたり論議したりの毎日を送っていた頃に知り合った。切っ掛けは当時ヴィブラフォンとギターをフロントとしたクァルテットのリハーサルバンドを組み始めていて、そのドラマーだった鈴鹿さんから「凄いドラマーがいる。きっと赤松くんとなら彼合うと思うよ」と紹介してくれたのが最初だった。
会ってみると既に知り合いとなっていたピアノの高橋佳作さんやギターの西脇定夫さんとも繋がりがあり、すぐにバンドを組む事になった。
僕がヴィブラフォンでダブルストロークを使うのを見て「お前、それ、どこで習った?」と聞くので「高校時代に自分で考えた」と答えたら、「お前、賢いなぁ」と言って笑っていた。たぶん自分が考えていたルーディメントと共通する部分が多かったのだろう。
その時に「これ、聴いてみてよ」と渡されたのがこのアルバムだった。

陸前高田のジャズ喫茶ジョニーが作ったインディーズレーベルからのデビューアルバム。
リンゴちゃんからよくジョニーの話しを聞いたけど、まだ一度も行った事がない。
ネットで調べたら現在は盛岡市の開運橋近くに喫茶店としてジョニーはあるらしい。
ジャズ喫茶と言うからには一度行ってみたい店だ。
リンゴちゃんとの繋がりからもう一人の天才ドラマー佐々木隆選手とも出会う事になった。当時カシオペアを辞めて自分のドラム理論を確立中だった。
個性的で時代を遥かに超えていた二人の個性派ドラマーとの出会いは面白くて仕方なかった。

今から四半世紀前に三十代半ばで上野好美は他界している。
最後の頃も時々電話が掛かって来ては「遊びに来いよ〜」と言っていた。
改めてこのアルバムの事は触れるとして、とにかく、まさか、二十一世紀の、こんな時に、突然上野好美のドラミングが聞けるなんて・・・・・

いや〜、ホントに嬉しい。
まだ渡米前の時代だったから、帰国してもしも一緒に演奏出来たらどんな事が出来ただろう、、と残念でならない。

今聞いても、リンゴちゃんのドラミングに古さは感じられないんだなぁ。。。
やっぱり凄かったね。

。。。

クリックすると元のサイズで表示します

渋滞中の首都高4号線、、、赤坂トンネル。
渋滞の名所だけど・・・

クリックすると元のサイズで表示します

このトンネルの真上は実は迎賓館なんだ。
だから上の橋をガードマンが巡回警備中だ。

どこかに秘密の抜け道でもあるのではないか・・・と渋滞の時は目を凝らすのだけど、、、
見つからない(笑)

まぁ、見つかったからと言っても今の渋滞では何の役にも立たないけどね。

景気が戻っているのか、混乱しているのかわからないけれど、とかく最近はひと頃と比べると首都高が渋滞するようになった。

クリックすると元のサイズで表示します

今日も首都高新宿線は渋滞マークは出ないのに随所でノロノロ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

遂には赤坂トンネル手前で渋滞発生。。。

まあ、いい。

この先でじっくり観察したいものもある。

それが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

赤坂トンネルを抜けてカーブすると、その左手前方には・・・・・

うん?

ニューオータニはいいんだ。

その先に・・・・

あれ?

無い@@;!?

見事に・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

消・え・た!

クリックすると元のサイズで表示します


凄い土木技術ですねぇ。


去年の6月5日の写真がコチラ。

クリックすると元のサイズで表示します

四本の高層ビルが並んでいましたが・・・・

今年の2月4日には・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

縮んでいます・・・・
半分くらいに。

そして・・・

遂に今日は・・・

こんなに縮んじゃいました・・!

クリックすると元のサイズで表示します


帰りに再度通ったので別の角度からパチリ

クリックすると元のサイズで表示します

一瞬でしたが、こんなんなってたんですねー

クリックすると元のサイズで表示します

消えた赤プリ。

バブル景気の象徴とも言えた赤坂プリンスホテルが遂に姿を消したわけです。
この後には高層マンションと商業施設が再び建設されるそうですが、今度は何の象徴と呼ばれるのでしょうね。

っえ?

アベノミクス?

ちょっと、それでは、スケールが小さ過ぎませんか?

だって株価が乱高下しておまけに円安ですから、、、、
これはアメリカで80年代中盤に起こったブラックマッシュルームかもしれませんよ。

うん、ならばここに巨大なキノコ型建造物でも・・・・・

題して、

アベノキノコ!

おあとがよろしいようで。。。









★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

2013/5/27

懐かしい形のお話し・・・  月曜:ちょっと舞台裏


週末の夜は人気バイオリン奏者・葉加瀬太郎さんのレコーディングにお呼ばれでした。
ヴィブラフォンでソロとパッキングを行うものでしたが、葉加瀬さんやアレンジャー&ピアニストの羽毛田文史氏のディレクションでとても楽しい時間となりました。だんだん盛り上がってきて、そのまま放置しておくと朝まで延々とソロを演奏しそうなので最後にちょっぴり“大人なテイク”を残して幕引きとしました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
終了後の記念ショット。おつかれさまでした。

曲に不思議なタイトルが付いていたので葉加瀬さんに意味を尋ねたところ、おもしろいエピソードが潜んでいました。それはアルバムが発売されると明かされるでしょうからどうぞその時のお楽しみに。

その時のスタジオで懐かしい形と遭遇しました。

クリックすると元のサイズで表示します
2013年5月25日 @東銀座・音響ハウスhttp://www.onkio.co.jp/

マイクロフォンです。

日頃から録音の時にマイクで一番遭遇するのが、このノイマンというクジラのような形をしたマイク。NEUMANN U87AI。

クリックすると元のサイズで表示します
クレッセントスタジオhttp://www.crescente.co.jp/

そんなにマイクに詳しいわけではありませんが、どこのスタジオに行ってもヴィブラフォンを録音する時に出て来るのがこのノイマンというマイクロフォンなのです。

クリックすると元のサイズで表示します
LAB recorders http://www.mixerslab.com/index.html

自分が関わった殆どの録音物はこのノイマンというマイクロフォンで記録されています。
が、自分のアルバム録音でマイクに着目して普段のノイマン以外を自ら選択した事が一度だけあります。

それが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この写真に写っているマイクロフォンはどこか懐かしい感じの形。
アルバム『SYNERGY』と『FOCUS LIGHTS』の時に選択したSONY C-38Bという、まぁ、どこかの公民館や落語の放送などでも見掛けるほどの万能選手。

クリックすると元のサイズで表示します

このマイクロフォンと当時お気に入りで使っていたINAKI Sebastian concert series VCS-3のマレットとの組合せで上記二つのアルバムは出来上がったと言っても過言ではないんです。

クリックすると元のサイズで表示します
『SYNERGY/赤松敏弘』(vega/2005年)


クリックすると元のサイズで表示します
『FOCUS LIGHTS/赤松敏弘』(vega/2005年)


ただ、これはあくまでも例外中の例外。
コンセプトとして艶っぽくもソリッドに録りたい、という僕からの要望を受けて担当エンジニアの花島君がSONY C-38Bを選択した事による。

なので、他は九分九厘ノイマンのマイクロフォンのお世話になっているのだけど・・・・

週末の現場は違った。

「ああ、、、、この形、、、、、懐かしい!」

別にマイクロフォン・コレクターでもないのだけど、おやっと思ったものは画像に残しておく主義だ。

で・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

葉加瀬さんの録音も終わり、楽器の撤収作業に入ったところで、カメラ小僧はパチパチ。

たぶんスタジオの関係者はマイクを嬉しそうにカメラで撮るヘンなヴィブラフォン奏者と思った事だろう・・・
ヘンだけは合っているのだが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

この形、この四角い形、記憶の彼方にあるなー。

クリックすると元のサイズで表示します

これはオーストリアのAKG C-414EB。AKGでアーカーゲーと読む。
僕の記憶では1980年代のスタジオでヴィブラフォンの録音というと頻繁に登場して来たマイクロフォンだった。

独特の形状なので覚えている。

実は、このマイクの事をこの日帰ってすぐにFacebookにアップしたら、松山のナッツプランニングの岡田青年からすぐに書き込みが。
さすがに詳しい。

僕はただ、形が、どこかで見覚えがあるなぁ、懐かしいなぁ程度で記録していたのだが・・・

調べてみたら、やはりそうだった。
今のモデルではない。
これはこのAKG C-414シリーズ最初のモデルだった。
たぶん30年くらいは経つらしいから僕の記憶もまんざらではないな。

懐かしい形。

ちょっといい音で録音出来るスタジオに行くとコレが出て来たなぁ。

調べてみると面白い事に、さっきの日本製SONYのマイクロフォンから需要を奪って勢力を増したのがこのオーストリア製AKG C-414シリーズ。
そしてAKG C-414シリーズから需要を奪って現在全盛期を誇るのがドイツ製NEUMANN U87AI。

そんな事までわかって来た。

日本製→オーストリア製→ドイツ製。

マイクの世界も時代と共に勢力図が塗り替えられているようです。

もちろん、今でもお気に入りの人はバンバン使っているようですから無くなるという事は無さそうですね。

もっとも、こちらは常に腕を磨いて進化したマイクロフォンに負けない演奏を心掛けるしかありませんが・・・






★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

2013/5/24

続・ヴィブラフォンもマリンバも一歩先行く余韻をコントロール。アプローチノートの効果  金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック


毎週金曜日はVibraphoneやMarimbaをやっている人向けのお話し。
金曜第三百十一回目の今日は先週からの続きで『続・ヴィブラフォンもマリンバも一歩先行く余韻をコントロール。アプローチノートの効果』と言うお話し。

途中からの人は先週の金曜ブログ『ヴィブラフォンもマリンバも一歩先行く余韻をコントロールする演奏を目指すべし!』( http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20130517/archive )から読んでくださいね。

ココまでの金曜クリニックをご覧になりたい人は左のカテゴリー(またはこの記事のタイトル右側にある)「金曜:vibraphoneやmarimbaの為のジャズクリニック」をクリック。この記事に続いて過去の記事全てを見る事が出来ます。チェキラ!



クラシックで言う装飾音符とジャズで言うアプローチノート。

ヴィブラフォンやマリンバを演奏しているとクラシックの譜面では音符の横にチョコチョコって書かれてあるのが装飾音符ですね。ところがジャズの場合はチョコチョコじゃないんです。

ヴィブラフォンやマリンバに限らず、装飾音符の演奏の仕方で上手・下手がわかれるほど。

それぞれ次の主となる音に対して半音や全音で「装飾」をほどこすものだけど、おおまかに言えばクラシックの装飾音符とジャズのアプローチノートは同質のものと考えられる。主役じゃないけど無いとどこか物足りなさを感じる音符。

ただし、クラシックの装飾音符は音楽の流れの中の“拍という概念とは無縁”な感情表現的な性質も見られる音符であるのに対して、ジャズのアプローチノートは“拍という概念の中”に留めて次に来る音を惹き立てる役割を持つ。

もっとも、この概念はジャズ理論が進化する過程でアプローチノートという用法が確立されてからのもので、それ以前のオールドファッション的なジャズ(目安はピバップ以前)や、クリオールが作ったジャズのもう一つの原型と言われるラグタイムではクラシックと同じ装飾音符として演奏されている。

もちろんクラシックの装飾音をその名の通りアクセサリーノート、ジャズのアプローチノートを性質から隣接音と呼んだりもするが、メロディーの中ではどちらも「装飾に使う音」という意味では同じ。

ほとんど旋律の音程とリズムが決められているクラシックで唯一自由が効くのがこの装飾音符とカデンツ。
全体のハーモニーの流れの中で自由な旋律を演奏するのにリズムと用法が定まっているアプローチノートとケーデンス。
おもしろい事に両者はまったく逆のところに自由を求めているんですね。
じゃあ、その自由なところだけを両者から引っ張り出したら、どんな音楽が生れるのでしょうね。これから21世紀的に考えてみる必要は大いにありそうです。



さぁ、そんなイントロに続いて先週からの続きですよ。
まずは先週リハモナイズした“all the things you are”の9-16小節めで解説。

オリジナルの9-16小節目は・・・
クリックすると元のサイズで表示します
(クリックで拡大/以下同じ)

リハーモナイズした9-16小節目・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ヴィブラフォンやマリンバは余韻が持続するので次のコードまでに上手く余韻を処理する必要がある。
ヴィブラフォンならペダル操作があるがマリンバの場合は無い。どちらも共通して使えるのがマレット・ダンプニング。叩いていないマレットで音盤をミュートしながら演奏する奏法だ。

しかし、そこまでやっても余韻というのは人間の耳に持続しているもので、その処理は音を消すという単純な事だけでは解決しない。
そこで、先週解説したようにメロディーを「余韻が次のコードスケールにある音」を選択する訓練が効果を発揮する。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで宿題だった。

この形をもっと「そこで停まらずに進め!」という形に出来ないものか?
そのヒントが何かが宿題だった。

答えは・・・・

アプローチノート!

次のコードと共有する音がアプローチの用法の「ターゲットノート」になる。

以前に散々実践したから覚えていると思うけど、ターゲットを定めて、その音に対して半音、又は全音でアプローチするのだ。

この場合、まずは全て半音でアプローチしてみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

一小節目と二小節目のターゲットはEb。
この音は二小節目のコードEMaj7の7th(D#)になる。
アプローチをより強調する為にメロディーが描くラインの反対側からターゲットに向かう設定にする。
この場合は上からメロディーが降りて来ているので、ターゲットノートには半音下からアプローチする。

他も同様。

さぁ、これで完成!
いやいや、ちょっと待て待て。

確かに半音でアプローチした音はターゲットノートを惹き立てているのだけど、何となく半音だけだと頼りない感じにならないか?
もう少し安定したほうがメロディーも落ち着く。

ならば、これも過去に解説済みの用法を使おうじゃないか。

■ディレイド・リゾルブ(Delayed Resolve)の活用

リゾルブというのは解決という意味で、ディレイは遅らせるという意味だ。
文字通り「遅らせて解決」させる用法。

いろいろバリエーションはあるが今回は以下に統一。

・現行のアプローチノートとターゲットノートの間に1音挿入する
・アプローチノートとは反対方向からターゲットノートに向かう
・今回はコードスケール上に存在する隣接音を使う

すると・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

これでリハモナイズした“NEW ALL THE THINGS YOU ARE”のブリッヂまで16小節間のアナライズと検証が終わった。
ブイブイとソロを演奏する土台が固まったわけだね。

じゃあ続いてブリッヂのリハーモナイズに進もう。

まずオリジナルのブリッジのコード進行はこんな感じだ。

クリックすると元のサイズで表示します

あくまでもボサノヴァという大前提に似合うリハーモナイズ。

僕は多少明るさを押さえてこんなリハモナイズにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん、この全体のコードスケール・アナライズはそんなに複雑ではないと思う。
メロディー的には最初のBm7(b5)の時にb9thのメロディーが来るのだけど、これは次のコード(E7)のb13thのアンティシぺーションだと思ってほしい。(実際にボサノヴァの曲には多い)

二小節目のメロディー「Eb」はアプローチノートとして、6小節目のメロディー「Bb」も同様。ちょうど4小節区切りで見ると同じ位置にメロディーがアプローチノートを含むので好都合だった。

最後の二小節はコードスケールをアナライズしやすいようにライン・クリシェを示した。
ボサノヴァでよくあるパターンだ。

これがあると無いでは大違い。

その部分をもっと細かく表示すると次のようなオスティナートとクリシェとなり、そのままAメロに戻る、というわけだ。

クリックすると元のサイズで表示します

この部分、一応コードスケールを検証してみてください。
来週答え合わせをしましょう。

どんどんボサノヴァっぽくなって来たと思いませんか?


(以下次回)




コードスケールやペンタトニック・リックの解説など曲集とコード理論の基礎解説を合体!
本邦初のジャズマリンバ本・好評発売中!
クリックすると元のサイズで表示します
『レパートリーで学ぶジャズマリンバ&ヴィブラフォン/赤松著』(ヤマハ出版)




★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

2013/5/23

ヴィブラフォン弾きが聴いたビブラフォンの巨匠たちが若手と呼ばれた時代の音・第三回ボビーハッチャーソン  木曜:Jazz & Classic Library


ヴィブラフォン弾きが聴いたビブラフォンの巨匠たちが若手と呼ばれた時代の音、第三回目の今回はボビー・ハッチャーソン。
今や新主流派からメインストリーム派を通して人気が高いベテラン・ヴィブラフォン奏者だ。

小学校の頃からジャズを聞き始めて、その中で時折々で触れていたビブラフォン。ただし、ヴィブラフォンめがけて一目散というのは中学に入ってから。
出会いがいづれも他の楽器のアーチスト目当てだったのは、今も昔もヴィブラフォンという楽器の置かれている位置を物語っているかもしれない。

フルートのハービー・マンのアルバムを買ったら聞こえて来たのがロイ・エアーズ(この特集第一回)
http://sun.ap.teacup.com/vibstation/2054.html 
続いてハービー・マンのところでギターを弾いていたラリー・コリエルを追っかけて行く内にゲイリー・バートン(第二回目)
http://sun.ap.teacup.com/vibstation/2059.html

そして今回のボビー・ハッチャーソンの場合は・・・・

これがやっぱりと言うか、当たり前と言うべきか、当時はマイルス・デイビスのレコードをちょうどリリースされたばかりの「ビッチェズ・ブリュー」を軸として時代をジグザクに聴き集めている最中、サイドメンのピアノのハービー・ハンコックに興味が湧き、さっそく購入したのがかの名曲“処女航海”(同名アルバムに収録)。

この何ともモードの世界を代表するコマーシャル・ソングがお気に入り。同じアルバムに納められていた“ドルフィン・ダンス”と共に早速毎晩宿題の時間ヘヴィロテに。
当時のスイング・ジャーナルで時々楽器別のアーチスト特集があり、ある時ボビー・ハッチャーソンのディスコグラフィーの回を見ていたらハンコック本人を交えて“処女航海”を演奏しているトラックがあるじゃないか。

そりゃ買わなきゃジャズ少年の名が廃る。

と、言うわけで・・・・

結局、ハービー・ハンコックがボビー・ハッチャーソンへの導火線だったのですね。

ちなみに第一回のロイ・エアーズが1940年9月10日生れ、第二回のゲイリー・バートンが1943年1月23日生れ、今回のボビー・ハッチャーソンが1941年1月27日生れ。
ヴィブラフォン界の大御所と言われるミルト・ジャクソンが1923年1月1日生れである事から以前ヴィブラフォン奏者には一月生れが多いという偶然性に気が付いた。

末席ながら僕は1月4日生れ、バークリーの後輩にあたる山本玲子も1月26日、偶然とはいえ人材の少ないと言われるビブラフォン奏者の中でのこの比率はけっして低くはないような気がします。


クリックすると元のサイズで表示します
『HAPPENINGS/Bobby Hutcherson』(blue note/1967年)

1. Aquarian Moon
2. Bouquet
3. Rojo
4. Maiden Voyage
5. Head Start
6. When You Are Near
7. The Omen

Bobby Hutcherson (vibe)
Herbie Hancock (piano)
Bob Cranshaw (bass)
Joe Chambers (drums)

もちろんボビー・ハッチャーソンの名前はゲイリー・バートン(当時はゲーリー・バートン)のアルバムを買い進む内に何度も目にするようになっていました。
ゲイリー・バートンの4本マレットを使った演奏スタイルを表現する時に、当時よく比較に出ていたのがボビー・ハッチャーソン。もちろん全然違うスタイルだし、僕の嫌いなビブラートを使ってるから当時は名前だけ頭に入ってそれ以上の興味は湧かなかったのだけど、ハービー・ハンコックの曲がどうにも気になって腰を上げた。

買って来たアルバムを眺めて思ったのは、呼び物になりそうなハービー・ハンコックの“処女航海”が納められた位置だ。

B面の1曲目?

おやおや、こんな所に呼びものの曲を入れてしまったら、みんなB面しか聞かないんじゃないか?

クリックすると元のサイズで表示します
当時はレコード(LP)だった

今のCD世代、デジタル世代に説明するとレコード(LP)はディスクの両面に音を記憶させるものでターンテーブルに乗せる時に「はて? どちらの面を聞こうかな?」とリスナーは思うのです。
何も考えなければ初回は九割数以上の人がA面の一曲目からスタートさせる。
でも、時々呼び物や興味をソソルようなものがあるとA面B面関係なく聴き始める。
そして二回目からは自分がお気に入りの面だけ聴いて他のアルバムへと移って行くのですね。

クリックすると元のサイズで表示します
レコードはA面B面の両面記録媒体

ジャズ喫茶などでも「片面主義」。
リクエストしても片面掛けが常識だった。

だからA面の最初は特に重要。
そこから片面をストレス無く聴けたら他のアルバムへの浮気をやめて、めでたくB面に進む。

つまり、アナログの時代はA面とB面の境目には魔物が住んでいたわけで、名盤とかヒットアルバムと言えども、両面を通して水準の高いアルバムというのはそうお目にかかれるものでもなかった。

そうなるとハービー・ハンコックの人気曲がA面の1曲目でもなく、またB面への導入剤となるA面のラストでもなく、B面の一曲目というのは、中学生の僕でもちょっと意外な曲順。

せめてA面のラストに聴きたいよなぁ・・・・

そう思った記憶があります。

さて、このアルバム、ヴィブラート好き、ヴィブラート嫌いに関わらず、ジャズを聞いているというシチュエーションを楽しめて飽きのこないアルバム。

展開されている音楽がとってもクールで必要以上に重くのしかからない。今の耳で聴いても、モダンジャズの王道を行っている。

ボビー・ハッチャーソンとハービー・ハンコックの相性が良いのだろう。何のストレスもない。
音楽が気持ちよく流れて行く、そんなアルバム。
ただ、最後のマリンバはコンテンポラリーミュージック(現代音楽)と呼ぶには少々浅いし、フリージャズと呼ぶには衝動不足な気がしないでもない・・・・

いきなり硬派な“Aquarian Moon”。
ちょっぴり速めのビブラートが個人的には気になりつつも、空間に広がるヴィブラフォンの音色はフレッシュ。
リズムセクションが入りテーマからソロへと快調に流れて行く。
それにしてもハービー・ハンコックのカンピングは素晴らしいなぁ。
ボビー・ハッチャーソンのソロを完全に予見しながら最良のクッションを演出している。
出しゃばり過ぎてもダメ、引っ込み過ぎてもダメ、ホントにベストなタイミング。
そのカンピングが如何にも心地よさそうに次々とアイデアを展開して行くハッチャーソンのソロはもちろん素晴らしい。
ヘンに熱くならず、とてもクールにエキサイトしているこの演奏は聴く毎に味わい深い印象を残す。

二曲目“Bouquet”物静かな表情のバラード。モーダルなオスティナートがまるでマイルス・デイビスの「フラミンゴ・スケッチ」のよう。
こうなると個人的にはちょっとだけビブラートによる音程の揺れが気になるのだけど、聴き進む内にそれを上回る表現の世界が広がって行く。

“Rojo”はアフロキューバンなリズムに一転。
こういうところでラテン色を出すのは70年年代のファンク、フュージョン系の曲を必ずアルバムに1曲は収録して行くボビー・ハッチャーソンというヴィブラフォン奏者のキャラとして定着して行った。

A面はこの三曲でLPはここでB面に移る。
さぁ、どうだろう。

快調に流れているのだけど、オリジナルばかりだから果たして何人のリスナーがこのままB面へと傾れこんで行ったかな・・・?


このアルバムは全編がボビー・ハッチャーソンのオリジナルで占められているが唯一例外なのがこのB面の一曲目。
ハービー・ハンコックのヒット曲“Maiden Voyage”はアメリカのテレビCM用の曲で、本人の同名のアルバムではフリューゲル・ホーンのフレディー・ハパードが奏でていた印象的なメロディーを、さて、ヴィブラフォンで聞くとどんな感じなんだろう・・・・?
このアルバムを買った切っ掛けだものなぁ。

第一印象は、ちょっぴり可愛い(笑)

何となく管楽器と違って、可愛いのだ。
こんな感じになるんだ、と中学の僕は思ったのだが、後年、ヴィブラフォンの世界に飛び込んだ初期の頃は散々自分で演奏するハメになったのだけど、こんなに可愛い印象ではなかった。たぶんビブラートがそう感じさせたんじゃないかと思う。
ボビー・ハッチャーソンのこのソロで飛び出してくる短いフレージングは、鍵盤の前に立った者でしかわからない共通の心理が働くようなソロだ。

“Head Start”はマイルス・デイビスの「ソ―ホワット」やジョン・コルトレーンの「インプレッションズ」と同等のモード・チューン。軽快にソロがリレーされて行く。

“When You Are Near”はなんか意味深なタイトルに思えるけれど、MJQのミルト・ジャクソンをトリビュートするようなバラード。サウンド自体もジョン・ルイス風なオスティナートに包まれてまるで祈るが如きの静寂な世界を描いている。
ブリッヂに入るとスタンダード・チューンではお馴染みのコード展開が始まるのだけど途中からかなり独自な発展を遂げるところがオリジナリティー。でも、ちょっぴり残念なのはほとんどテーマだけで終わってしまう事。じっくりと、この当時のボビー・ハッチャーソンのソロが聴きたかったなぁ。。。

ラストはタダならぬ気配で始まる“The Omen”。
まぁ、タイトルはともかくとして、かなりアグレッシヴなイントロのバースが続く。ドラムのジョー・チェンバースがティンパニーや打楽器も駆使して大活躍。ハービー・ハンコックのワイルドに迫る。
続いてボビー・ハッチャーソンはマリンバでアグレッシヴに現代音楽のようなアプローチを行うのだけど、これはちょっと中途半端でコンテンポラリーとは呼ぶには少し抵抗がある。
全体にはジャズではなく当時の現代音楽的なフリー・インプロヴィゼーションなので繰り返し聴いて感動するものではない「真剣なお遊び」に聞こえるのは、21世紀の耳で聞くからだろうか・・・・。

ともあれ、このアルバムは当時の硬派と呼んでもよいボビー・ハッチャーソンの音楽を、かなり大胆な形で収録している。
下手なスタンダードを呼び水にせず、ハービー・ハンコックの、しかも本人を交えての呼び水だから誰からも文句はあるまい。
そういう真摯なところがボビー・ハッチャーソンの魅力だ。

スピード感に溢れたボビー・ハッチャーソンのヴィブラフォンが全編を飾る文字通りの「ハプニング」を捉えたアルバム。

お薦め。

ちなみに、僕は当時、毎回B面からこのアルバムは聴いていました(笑)

今にして思えば・・・・
たぶん、このポピー・ハッチャーソンのアルバムを手にする頃には、ヴィブラフォンという楽器を楽しむ為にアルバムを聞くというよりも、ジャズという音楽全体を楽しむ、という事のほうが上回っていたような気がします。

ボビー・ハッチャーソンと言うと僕には忘れられないヴァイビストとの出会いがある。
まだ岡山の作陽高校の音楽科にいる頃に地元(愛媛・松山)で素晴らしいヴァイビストを紹介された。藤井寛さんがその人で、当時藤井さんは東京から松山に移って演奏の仕事をしていた。地元のドラマー堤宏史さんの紹介で対面した藤井さんはボビー・ハッチャーソンばりのスピード感に溢れた演奏をしていた。
こんな素晴らしい演奏を松山で聞けるなんて思ってもみなかったので学校が休みになる毎に藤井さんに連絡を取って演奏を観に行った。
松山は不思議な街で、当時はもう一人宮崎さんというヴィブラフォン奏者がいた。
小さな街なのにジャズ喫茶がやたらと多かった(12〜3軒)り、地元で活躍するプロのミュージシャンが多かったり・・・・。日本全国でも地方でヴィブラフォン奏者が三人揃う街も滅多になかっただろう。

自分とはスタイルは違うけれど、僕はボビー・ハッチャーソン同様にエネルギッシュな藤井寛さんの演奏も大好きだ。




★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ
タグ: Jazz ジャズ CD

2013/5/22

よる・いちりん  水曜:これは好物!


霧雨で低温が続いていたと思ったら、本日はまるで“初夏”!

昼間のウォーキングでも汗びっしょり。
さすがに除湿無しでは少々厳しい湿気も・・・

シャワーで汗を流して昼のコーヒータイム。



メールチェックや返信などを済ませて本日は午後3時半出発。

クリックすると元のサイズで表示します

しっかり外気温計では26℃。
何だか湿気が多いと思ったら、ところどころ陽射しに陰りが・・・

只今中央道は“晩春”の集中工事中・・・

ゴールデンウイークが終わってからずーっと週末を除いて集中工事で大渋滞中。
高井戸から相模湖までの区間。
今週の金曜日までやっているから中央道を御利用の方は要注意。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもなら国立・府中インターまで高速を使うのだけど、表示を見たら調布〜八王子間渋滞中・・・とな!
普段よりも30分早く出発して下路(甲州街道)でひたすら。。

しかし、こちらも上下線とも渋滞で思うように流れず・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、上(高速)で普段20分程度の府中〜高井戸間に二時間以上とな!
そりゃ、混んでもみんな下路に溢れるわ。。。

幸いにも府中の先まで30分で着いたので、ここからは余程の工事でも無い限り30分あれば十分。

クリックすると元のサイズで表示します

国立の市街地を抜ける頃には雨がポツリ、ポツリ。。。

集中工事で一般道が大混雑するからでしょうか、、、
今日はやたらとパトカーと白バイを目撃します。

しかもみ〜んな営業中(つまり摘発中)なんです。

交差点で信号待ちしていると、サイレンを鳴らしながら反対車線を逆行してきたパトカーが三台前の車に横付け。何やら拡声器で警告している。その間上下線とも交通遮断。
ヲィヲィ、ここまで来てそれはないだろー。お願しますよー、こっちは急いでるんですから・・・

何かと思えばシートベルト非着用、、、みたい。
ううん・・・パトカー一台が出動して上下線を遮断するほどの事なのかなぁ。。。
他にも何かあったのかどうかは不明。

取りあえずその場が通過出来た頃には予定の15分前。

やや急ぎ気味で玉川上水の駅を回りこんで国立音大のキャンパスに入る・・・
っと、、国立音大のキャンパスの中と思えるところでも白バイが車を停めて何やら摘発中。。。

クリックすると元のサイズで表示します
ミラーで隠れていますが、白バイが校門の中に停まって営業中・・・

なんだか物騒な感じですが・・・・これも軽微な交通違反かなんかでしょうね。
この場所で大立ち回りが出来るわけがないもの。

パトカーと白バイがやたらと目につく本日は国立音楽大学。

クリックすると元のサイズで表示します
NEW VIBRAPHONE TRIO!!

いやいや、それは嘘で、本日は国立音大ジャズコースのレッスンで、ヴィブラフォン・トリオでのパフォーマンス・レッスン。
ヴィブラフォンと言えどもマレットを4本持てば立派なメロディー&コード楽器。
ピアノやギターと同じようにトリオで演奏出来なくては。

国音ジャズコースの“いくみん”こと横田郁美嬢とジャズコースOBのベースサポートが三浦景星くん、ドラムサポートがジャズ科二年生の濱田省吾くん。どこかで聞いた事のある名前と思ってもそれ以上聞かないように。

クリックすると元のサイズで表示します
三浦景星(b)横田郁美(vib)濱田省吾(ds)@国立音楽大学新館ベースメント

通常は午前中かお昼前後の授業が多いのだけど、今回はスケジュールが合わず珍しく午後5時から。
夜型人間の僕は絶好調なのでこのほうが良いのかも(笑)

ヴィブラフォンの世界もどんどん進化している。
本日はECM系の5拍子の曲が題材。
最初は何も言わずにカウントで演奏をスル―。
さて、この状態をどうすれば音楽に出来るのか・・・・・というアンサンブルの秘訣とそれぞれの楽器の役割を説明し、再チャレンジ。見事に50分後には音楽として流れるようになった。後は個人練習。
続いてはスタンダード・チューン。
こちらも一回スルーする内に問題点を洗い出してサゼッスション。
後半ではベース・ソロの時のカンピング、ドラムとのバースのやり方について実践した。

ビブラフォン単独ではメロディーを弾きながらコードを奏でているように聴こえさせる秘密について解説。

全部弾いてたら手(腕)が足りないもの、どうやってそれを補うかを体得しなきゃ、ね。

みっちりと濃いヴィブラフォン・トリオのレッスンでした。

7時

終わって外に出る頃には真っ暗。

車に乗ってエンジンをスタートしたら午後7時15分。

ちょうど小腹も空いていい感じの時間帯。。。

まぁ、そうなると、やはり帰り道は・・・・・・・

よる・いちりん!

クリックすると元のサイズで表示します
パティスリー・いちりん国立店http://www.patisserie-ichirin.com/kunitachi/consept/index.html

意味は二通り。

・夜のいちりん
・いちりんに寄る

っんな事ぁ、どーでもいいんですが、つまり、結局、夜であっても国音の帰り道には“いちりん”に立ち寄る、という事で・・・

この時間じゃめぼしいものはなんにもないだろーなー・・・・

そんな気持ちで入ったんですが、ありゃりゃ、なかなか“いいもん”がありましたのでちょっと嬉しくなりましたねぇ。

買い物が済めば“いちりん”に用は無し。。。。と、

「お客様、ポイント券が出ましたので次回お使いください」

あららぁ。
また来てしまいますよぉ、こんなのもらったら・・・^▽^

いや、つー事は、そんだけ通ってるって事か!

まあいい。

クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず集中工事の渋滞で午後8時過ぎの段階で普段の倍以上かかっているようなのでこのまま下路で帰ったら20分で着いてしまった。



さぁ、よる・いちりんの成果は・・・!

クリックすると元のサイズで表示します

今日のは季節もの。

クリックすると元のサイズで表示します
『パピヨン』パティスリー・いちりん製http://www.patisserie-ichirin.com/kunitachi/consept/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

ふわっとした周りのクリームにイチゴのトッピング。
見た目はとってもシンプルなんだけど、この繊細なデコレートに注目してしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

ただのホイップクリームじゃないよ。
ふわっふわ。
まるで綿帽子のよう。

たぶん、苺のシーズンだからもうそろそろ終わりと思うけど、このふわふわ感の演出、凄いねぇ。

さぁ、ケーキは眺めるものではありません。
心を鬼にして!!! (なぜか嬉しそう)

いった・だっき・まっす!

クリックすると元のサイズで表示します

おおっ、フォークが軽〜く入ること、入ること・・

クリックすると元のサイズで表示します

おやっ、クリーム層を抜けたらフォークの感触が変りましたゾ〜!

え〜い!

クリックすると元のサイズで表示します

ほほほっ

クリックすると元のサイズで表示します

ひゃひゃひゃっ

クリックすると元のサイズで表示します

うん!

クリックすると元のサイズで表示します

中はイチゴのムースなど、クリームのふわふわ感をムースが支えて口の中にイチゴの香りが広がります。

ああ、美味し!

このイチゴの酸味がまたいいですね。
飽きが来ません。

美味しくいただきました。感謝。

ちなみに・・・

“よる・いちりん”でもありました。

クリックすると元のサイズで表示します
フォカッチャフロマージュ、アンチョビオリーブフォカッチャ、フォカッチャ、そしてマルゲリータ

“いちりん”のパンは、パン屋さん顔負けの美味しさなのです。

っえ? 全部は多いって?

フォカッチャ類は家人の“おやつ”です(笑)








★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

2013/5/21

っあ!ス、スカートが・・・・・!?  火曜:街ぶら・街ネタ


昨日ヴィブラフォンの師匠、ゲイリー・バートン氏のリリースされたばかりのアルバムが届いた。

クリックすると元のサイズで表示します
『GUIDED TOUR/Gary Burton』(mack avenue/2013年)

ヴィブラフォンとギターという理想的なクァルテット。
僕は師匠がピアノと演奏するのも好きだが、やはり最初に聴き始めた時がヴィブラフォンとギターによるクァルテットだったのでギターとの組み合わせが一番しっくりくる。

クリックすると元のサイズで表示します
左:『DUSTER/Gary Burton』(rca/1967年)

どうしても聴きながらこのアルバムを並べてみたくなった。
この二つのアルバムの間には46年という時間が流れているのだけど、なぜか今回のアルバムを聴いていると無性に「ダスター」が聴きたくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を見ると46年と言う時間を感じさせるが、内容は少しも衰えるどころかますますシャープにビブラフォンのジャズを展開している。さすがは師匠だ。こちらも負けてはなるまいと、いつもファイトを与えてくれる。

ちょうど今月の木曜ブログではヴィブラフォンの特集をしていて、ちょうど先週「ダスター」を紹介したところだった。

ヴィブラフォン弾きが聴いたビブラフォンの巨匠たちが若手と呼ばれた時代の音・・・第一回:ロイ・エアーズ
http://sun.ap.teacup.com/vibstation/2054.html

ヴィブラフォン弾きが聴いたビブラフォンの巨匠たちが若手と呼ばれた時代の音・・・第二回:ゲーリー・バートン
http://sun.ap.teacup.com/vibstation/2059.html

まぁ、普段にも増してヴィブラフォン度の高い月です。



先日、岡山駅で松山行きの特急「しおかぜ1号」に乗ろうとした時でした。

出発時間の7:23よりも早くホームに降りたら何やら構内放送

「お客様にお知らせ致します。7:23発、松山行きの特急しおかぜ1号は本日予讃線内の踏切障害により多度津・岡山間の運転を中止しております。恐れ入りますが只今ホームに停車中の高知行きの特急南風1号に御乗車いただきまして多度津駅までお越しください。多度津駅でしおかぜ号が皆さまをお待ちしております。」

エスカレーターを降りると7時5分。目の前に停まっている「南風1号」の発車まで3分しかない。
迷う間もなく取りあえず「自由席」とある車両に駆け込んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

大変な混雑かと思いきや・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

楽々座れた。
まぁ、考えてみれば、この列車よりも後に出る列車の振替輸送というのもヘンな話しで、しおかぜ号の指定席券を持っている僕は例外として、たまたま早く来て自由席の乗車口に並んでいる人くらいしか対象にならないわけで、僕に続いて10人くらいの乗客が何事かという顔つきで乗りこんで来たにすぎない。

岡山駅から瀬戸大橋を渡り高松からの予讃線と合流して多度津駅までは松山行きも高知行きも同じ線路を走る。多度津からそのまま瀬戸内海に沿って西に進むのが松山方面の予讃線、分岐して四国山脈を越えて南下するのが高知方面の土讃線。ちょうど分岐する多度津まで運休したしおかぜ1号の振替輸送として南風1号が使えたわけだ。

久しぶりに2000系のディーゼル特急らしいエキゾーストを楽しみながら快調に走り、瀬戸大橋を渡った宇多津駅でこの列車の後ろに高松からやって来た同じく高知行きの特急「しまんと3号」を連結するのは、松山行きの「しおかぜ」号に高松から来る「いしづち」号を連結するのと同じ。

クリックすると元のサイズで表示します
宇多津駅で後ろに「しまんと3号」を連結の為しばらく停車中

ほどなくして連結が完了し発車。
二駅で多度津駅に着いた。

クリックすると元のサイズで表示します
多度津駅で「南風」+「しまんと」から下車

朝の多度津駅に降りるのは初めてで、奥に車両工場があるので珍しい列車がウロウロしている。

クリックすると元のサイズで表示します

工場からの引き込み線からライトを点けて入って来たのは、ブルーマンことフリーゲージ・トレイン。

クリックすると元のサイズで表示します

日本ばなれした顔つきの独特の車両が構内をノッシノッシと移動している。
新幹線と在来線を直通する機能(新幹線と在来線では線路の幅が異なる)フリーゲージを使う試作車で、この予讃線で連日試験走行を行っているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど「しおかぜ」号と同じ8000系が停車している横を通り過ぎるのだけど、あら、まぁ、、、、単独で観ている限りはそうとは気付かなかったが、フリーゲージ・トレインはかなりの“メタボ”!

8000系電車が随分スリムに見えます・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あ、そうか。
今停まっていた8000系が「皆さまをお待ちしている」しおかぜ1号って事か?

メタボリック・フリーゲージ・トレインと入れ替わるように8000系電車が奥の引き上げ線へと移動し始めた。
今朝の上り(岡山行き)の踏切障害でここから岡山の間を運休した列車だ。

クリックすると元のサイズで表示します

奥の引き上げ線で待機するとほどなくして・・・

クリックすると元のサイズで表示します

高松からの「いしづち5号」が到着と同時に引きこみ線からそれを追うように「しおかぜ1号」がこちらに向かって来る。普段ならさっきの宇多津駅で見られる連結を今日は臨時にここで行うようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

全然違う顔つきながら、「しおかぜ」号はコチラ側が連結面なので後ろ側は「いしづち」号と同じ顔つきをしている。
きめ細やかに分離・併合を行いながらフリークェンシーを確保するというひと昔前の特急では考えられない時代を生き抜く姿だ。

クリックすると元のサイズで表示します

この駅から時刻通りの運転を確保する為に多度津〜岡山間の一往復を区間運休させたようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

やっと「しおかぜ」号に乗車となる。

クリックすると元のサイズで表示します

前方では連結準備を整えたさっきの「いしづち」号が待ち構える

当然と言えば当然ながら、6号車指定席の客は僕と他3人だけ。
他の指定席も似たようなもので、まぁ、実際に岡山駅を15分前に出発出来た人だけが乗っているわけなので仕方ない。自由席はともかく、指定席券を持っている客なら発車5分くらい前に現れるのが普通だもの。

それにしても岡山からここまでの乗客をカットしてでもこの列車を走らせたいというのは凄い。この列車が松山に着いたら再び岡山にとんぼ返りで松山〜岡山往復440キロをまだ二往復半するのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

快晴の瀬戸内海を眺めながら快調に走って松山には定刻10分遅れで到着。

クリックすると元のサイズで表示します

すぐに折り返しで岡山行き特急「しおかぜ14号」となるのだけど、乗客が整列乗車待ちする中、しおかぜ号の一番後ろ8号車付近が何やら騒がしい・・・

ちょっと改札とは逆方向だけど言ってみたら・・・・

な・ん・と@@;!!

ス、、スカートが・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

多度津駅で観た時は反対側しか見えなかったので、まさか、こんな事になっているとは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

今朝の上りで踏切障害と言っていたから、何かがぶつかったのだろうけど、電車のスカートの部分がそっくり抜け落ちているとは、、ねぇ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

一人、また一人と作業員が掛け付けて来るものの、折り返しの発車時刻はどんどん迫る。

在来線の特急なので最高速度は130キロ。空気抵抗の影響が皆無とは言えないが新幹線ほどではないのだろう。何回も作業員が下に潜り込んでブレーキ等をチェックしている。
作業員の話しによれば、多度津駅が工場直結だったので物が当たって変形したスカートの部分を取り除いたらしい。運転装置に異常はないそうだ。

まぁ、見た目。

インパクトあるなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん、走行している姿を目撃すると凄いだろうなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

これから運転する運転士も車掌も、この姿を見て「あら、まぁ!」「すっぽり!」。

笑って見ているくらいだからこれまでにも何度か経験があるのだろう。
考えてみれば踏切障害で真っ先に当てて本体へのダメージを軽減させるのがバンパーやスカートの役目。見た目で付けているわけではないのだ。

何事も無かったかのように「しおかぜ」号は、定刻の10:20に岡山に向かって出発して行きました。

っえ?

スカートでしょ?

タイトル見て他の事、考えた人、ダ〜メ!(笑)







★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ

2013/5/20

「若手」→「俊英」→「第一人者」とくれば・・・・  月曜:ちょっと舞台裏


あんまり関係の無い世界だけど、フットボールのベッカム選手が引退だそうな。
彼は現在38歳。
現役20年。

38歳を若いと捉えるか、老いと捉えるかはその人の住む世界によって異なる。

音楽の世界で言えば、38歳は「若手」だ。
この世界、いつまでが「若手」で、いつからが「ベテラン」なのかさっぱりわからない。

でも、「若手」から急に「ベテラン」になるのもちょっと変。

そこで、「中堅」という呼び名がある。

なんか箔があるのかないのかわかんない表現だなー。

しかし、これも困った事にいつごろからいつごろまで使われるのか明確な区別はなさそうだ。

そもそも音楽の世界で「若手」などと言うのは、自らが付けるものではない。
自らが「若手」と名乗ったりするもんじゃないもの。

だいたい雑誌や新聞などのメディアで取り上げられた時に、「へぇ〜。自分は“若手”なんだ」と、わかる次第。

どうやら実年齢の事ではなく、僕らの場合なら、キャリアとどのエリアの音楽に与えている影響が濃いかで振り分けられているような気がする。

また、CDアルバムをリリースした時のタイミング、期待度、内容によっても左右される。

初のCDアルバムとなったポリドールの『アンファンIII』の時は1990年。
内容も当時としては異例のヴィブラフォンによるインスト・カバー・アルバムだった。
若手と称されても何の違和感も無い。
続く91年、BMGファンハウスのオムニバス・アルバム『ナウズ・ザ・タイム・ワークショップvol-2』の時は日本ジャズ界の新進気鋭の若手集結と冠されるのだからそのまんま。

約10年後、2000年のVEGAの『ネクスト・ドア』の時は、「アンファンIII」から10年経っているにも関わらず若手。まぁ、その間にいろんなバンドやレコーディングに参加していて自分の事は後回しになっていた感もあるので若手でもいいかな。音楽もエレクトリック・ヴィブラフォンこそ無いがドラムンベースを導入したりで確かに若手のエリアではある。

クリックすると元のサイズで表示します

2002年のスリーブラインドマイス(TBM)の『シックス・インテンション』の時は俊英'(スイングジャーナル他)という言葉で形容された。そうかぁ、俊英なら年齢に関係ないけど、そんなに年取った感じにはならないね。何かを者に無に追いかけている感じもしてなかなかいいな。中堅だとちょっと熟れすぎてる感じになるのかもしれないし、このアルバムはそういう内容じゃない。

クリックすると元のサイズで表示します

「アンファン」から20年後、2010年のVEGAの『AXIS』。周りは二十代のサイドメンで固めたアルバムなので、これはそろそろベテランという言葉で括られるかなと思ったら、“ヴィブラフォンの第一人者”(Jazz Page、Amazon他)という新しい括りが出て来た。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと見てみると、どうやら2007年のVEGAのアルバム『TIDE GRAPH』辺りから使われていたようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

なるほどねぇ。
こんな僕でも、「若手」→「俊英」→「第一人者」と形容は変れど、まだまだ「ベテラン」と形容される歳ではないところをみると、音楽業界はかなり息の長い業界のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

と、ここまで書いて昨年ファンの人が教えてくれた某CDショップのある参加アルバムで使われた僕らの形容の事を思い出した!

それは・・・・




「鬼才!」


ヴィブラフォンの鬼才!

ああ。。。
ついに僕は鬼になってしまいましたぁ。。(笑)

すいません、訂正します。

「若手」→「俊英」→「第一人者」→「鬼」

残るは「閻魔大王」か!?


ちなみに、最近1940年代生まれのアメリカのジャズメンの間では「70歳引退」が一応の目安になっているようだ。
ちょうど来日中のピアニスト、キース・ジャレットもトリオ結成30周年を記念して解散するようだ。
まだ68歳なので70歳までには時間があるから何か他の事をやるかもしれない。
まだまだ若いよ。

いや、でも、これだけは、本人の中に宿るもので判断する事なので外部でとやかく言うのはタブー。

でも、僕の中では、いつまでもアフロヘアーでピアノを中腰で弾くキース・ジャレットの印象しかない。ルックスが、と言うのではなく、音楽が。

だから、キース・ジャレットをして、ベテラン・ピアニストとは絶対に形容しないのだけどね。

なんだか、みーんな、白髪のおじーちゃんになってしまって面白くないなぁ。

あ、ベッカム選手の話し。
全然関係なかったですね。

でも、スポーツ選手の活躍する時間はホント短い。
世界中のたくさんのフットボール・ファンにいつも笑顔を振りまいていましたね。
お疲れ様でした。





★☆★ 2012 BEST LIVE (動画) ★☆★

Nov/14〜15/2012

Toshihiro Akamatsu (vibraphone)
Hakuei Kim (piano)

1st set (9:30pm〜10:50pm)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)O Grande Amor

2nd set (0:48am〜2:09am)

1.Winter Festival---by Hakuei Kim
2.The Gleaner-----by Toshihiro Akamatsu
3.Stella by Starlight
4.White Forest-----by Hakuei Kim
5.Nagi Moca suite---by Toshihiro Akamatsu
6.Newtown--------by Hakuei Kim
7.Silent Butler-----by Toshihiro Akamatsu
8.(encore)On Green Dolphin St

Rec, Nov/14〜15/2012 @ Okaido"COLORFUL", Matsuyama, Ehime, JP

※赤文字の演奏動画を公開しています

ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/1:00am's StellabyStarlight (Full version)

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

2012年11月14日四国・松山でのライブ第二部のもので第一部と同じ曲の深夜の演奏です。
まったく違うイントロから始まった瞬間から純粋な即興演奏に突入しました。
デュオという最小公約数にして最大の自由度を持つアンサンブルでしか出来ない衝動の記録となりました。
ソフトのアップロード時間制限の為に10分未満の暫定バージョンを年末にアップしていましたが今回フルバージョンに更新。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/15/2:00am's GreenDolphin

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

あらゆる意味で刺激的だったこの日のライブの最終アンコール。時刻は午前2時です。
第二部の会場は半分以上が地元のミュージシャンやピアニスト、音楽関係者で埋まっていましたから二人ともよりアグレッシヴなOn Green Dolphin Stに。午前二時にこんなガチンコなライブをやる街は日本でも珍しいでしょう。さすがは我が故郷です(笑)


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:53pm's StellabyStarlight

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

赤松・ハクエイDUOでのStella by Starlight。
このバージョンは2012年11月14日四国・松山でのライブ第一部のものです。
前月の横浜ジャズプロムナード2012でも評判だったこのスタイルのデュオがさらに一歩踏み込んだところでの演奏に。次の深夜のステージの演奏と比較するとまったく別の曲です。ジャズライブの楽しみ方で僕らはとても大きな事にこの時気付いたのでした。


ビデオカメラビデオカメラ【Crew Camera Series】■赤松敏弘 vibraphone Best Live 2012/Akamatsu meets Hakuei Duo/Nov/14/9:46pm's The Gleaner

ハクエイ・キム(p)赤松敏弘(vib)

四国・松山でのライブ第一部でのオリジナル曲The Gleaner。この日は入替え制という事もあり第一部も第二部も同じプログラム(アンコールを除く)でしたが、考えてみればクラシックのコンサートやポップスのコンサートとジャズのコンサートが大きく異なるのは、たとえ同じ曲を一日に二度演奏したとしてもまったく違う演奏になるのが当たり前。このライブではその当たり前な事を随分長い間僕らは忘れていた事に気づかされて、久しぶりに達成感で満たされたのを覚えています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ビデオカメラ【Crew Camera Series】TOSHIHIRO AKAMATSU meets HAKUEI KIM 2012. presented by T.KOYAMA. "SOUND OF FOCUS" comp by T.Akamatsu. 2010's album 『AXIS』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO オープニング"Be my love"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/2曲目"TRITON 2011" comp by T.Akamatsu. 1991's album 『Now's The Time Workshop vol-2』(BMG FunHouse)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦 DUO 2011 演奏順/4曲目"I LET A SONG"




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、ユキ・アリマサDUO 2011 演奏順/7曲目"DAA HOUD". 2005's album 『Synergy』(VEGA)




ビデオカメラ【Crew Camera Series】赤松敏弘、道下和彦、ユキ・アリマサTWIN DUO × TRIO 演奏順/9曲目 アンコール




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



『BEST LIVE 2011(動画)』


2011年11月24日ブログ『超・満員御礼! 赤松敏弘(vib)meetsハクエイ・キム(p)25-25プロデュース第六弾』http://sun.ap.teacup.com/applet/vibstation/20111124/archive

TOSHIHIRO AKAMATSU(vib) meets HAKUEI KIM(p) w/TARO KOYAMA(ds) & KUNIO OINUMA(b) @ 25-25Presents Special Live Vol.6

25-25プレゼンツ・スペシャルライブVOL-6。
『“赤松敏弘meetsハクエイ・キム”with小山太郎+生沼邦夫』

Toshihiro Akamatsu(vib)
Hakuei Kim(p)
Kunio Oinuma(b)
Taro Koyama(ds)

Recorded live at KAMOME in Yokohama. Nov/23/2011

[YouTube版]※画像をクリックすると別窓で開きます

★第二部1曲目



★第二部二曲目[Tribute to 1964's Miles-vol.1]



★第二部三曲目[Tribute to 1964's Miles-Vol.2]




ガンバレ東北!

がんばろうニッポン!




只今絶賛発売中!
■New Album『AXIS/赤松敏弘』(VEGA)
クリックすると元のサイズで表示します
VGDBRZ-0044/3.000円(税込)

赤松敏弘(vib)The NewQuartet
guest:森川奈菜美(vo)

New Album『AXIS』は全国の有名CD店のほか、ネットショップでも好評発売中!
■Tower Record
■HMV
■amazon.co.jp
■disk UNION
■山野楽器
■新星堂
■ベガ・ミュージック・エンタテインメント
■Yahoo!ショッピング
■楽天市場
■ヤマダ電機WEB.COM
■セブンイレブンネットショップ



どうぞご利用ください。

CDレビュー→http://www.jazzpage.net/rireki/cd/akamatsu_axis.html

CDレビュー→http://www.jazzfusion.com/cd2010/axis.htm

CDレビュー→http://artist.cdjournal.com/d/axis/4110091003

クリックすると元のサイズで表示します→CDショートレビュー


【動画】と【試聴】世界のヴィブラフォン奏者と素晴らしい音楽仲間へ直結!
■赤松敏弘MySpace

そして、コチラはオフィシャルサイト
■赤松敏弘Vibraphone Connection

掲示板に替わって登場、オフィシャルな(?)つぶやきTwitter
■赤松敏弘 Vibstation's Twitter

新しく追加のコミュニティー
■赤松敏弘facebook

auの方はコチラの赤松音源で
≪■着JAZZ!■取り放題≫
 カテゴリ(メニューリスト)>着うた>クラシック・ジャズ
 クリックすると元のサイズで表示します

SoftBankの方はコチラの赤松音源で
≪着JAZZ!≫
 メニューリスト>着うた・ビデオ・メロディ>着うた>Jazz・クラシック・ワールド
 クリックすると元のサイズで表示します 
≪着JAZZ!フル≫ メニューリスト>着うたフル>洋楽・Rock・Club
 クリックすると元のサイズで表示します

チェキラ!
★ビブラフォン ★ビブラホン ★ヴィブラフォン ★Vibraphone ★ヴィブラホン ★ヴァイブラフォン ★ヴァイブ ★バイブ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ