2005/2/5

トニー滝谷(’04) AOLメッセージボードスレッド  日本

スレッドマスター:Autumnroom 投稿日時 2005/2/5 15:50
アクセス数:2 更新日時 2005/2/5 15:50

村上春樹原作映画化、しかも市川準監督作品でそこそこ楽しみにしていた「トニー滝谷」(←関連サイトです)見てきました。

モノクロフィルム折りいれたりしていた映像+坂本龍一の音楽は滑らかで、2役演じた宮沢りえも情感あって悪くなかったと思いますが、主人公役のイッセー尾形がどうしても自分的には原作の短編(「レキシントンの幽霊」に収録)とイメージ的に違和感あってそれが最後まで消えずじまいでした。

そもそも”表情”というものに関しては無色透明的なこの主人公、別に美形でなくても良かったですが、どうせ無機的なタイプなら今回ナレーションだった西島秀俊だったら、とか、同じく村上原作作品「風の歌を聴け」(真行寺君枝の魅力出ていた覚えが)の主人公若き小林薫の方がまだ淡い孤独感漂わす雰囲気あったかも、とか。原作未読で見ていたらどうだったのか?ですが。

小説の行間を”読む”ような作品との触れ込みで、時折登場人物がナレーションを部分的に行う演出があり、それはあまり効果的には思えませんでしたが、短編の朗読を聴きながらその映像化を味わう・・程度に思えば一見の価値ありかも、という所でした。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ