2007/7/25

再会  仕事

昨日少し印象に残った仕事関係トピックを書くと、昼過ぎ、2年前去っていた今高2の女の子のお母さんから電話の後、来週から1年間アイオワ州へ留学に出発するので、とのことで本人が桃を2つ持ってやって来た。ちょっと思い出のある子。

お兄さんもお世話したのでその流れで中1の時来て、屈託なく明るくハキハキした子だけれど、中2の終わり頃、ずっと余り折り合い良くなかったクラブの顧問の先生との問題が原因で、その先生が学年主任でもあったことから、彼女が浮いた状態になってしまい、ご両親含めて学校と話し合い、余り聞かないケースながら、本来通学区分でない近隣の学校に転校する事に。

クラブ内で、地道に朝練等にも出、大会で入賞したり、バトミントンの実力は結構あるようだけれど、その先生に日頃、皆いかに気に入られるか、という競い合いのようで嫌だ、とか言っていた事から、真の実情は部外者には不明だけれど、感覚的に合わないものがあったのは確かな感。

合わないなら単純にクラブを変えれば、とも思えたけれど、友人関係、1年時担任でもあったその先生とのしがらみ等、またバトミントン自体好きではあり、色々ありつつ続けていた状況のようだった。事情を母子から聞く限りだと、校長先生から注意があった、というその先生の言動等、教師も当然感情ある人間、ながら年長者、立場的に客観・中立性に欠けて大人気ない、とも。

4月は手続き等で学校に行かず、割と連日来て英語と数学は進めていた。お母さんも夫婦で原宿のレストランを切り盛りするしっかりした方で、そのフォローもあったとは思うし、そう辛い気分を表に出すタイプではなく淡々とはしていて、引きこもりも楽しい、不登校も時間があっていいじゃない、とか冗談めかして話はしていたけれど、ややエアポケットのような日々。今回お母さんからの短いお手紙でもその頃の事に触れていて、覚えていて下さったんだな、と。

無事転校手続きが済み、新たな学校ではクラブでの状況等も良かったようだけれど、その分勉強への意欲は薄く、夏休み前に去っていき、冬にお母さんから都立校に無事合格、と聞いたきりだった。

2年ぶりで元気そうではあり、英語も嫌いではなく留学も楽しみのよう。私自身留学経験はなく、思春期でのそういう機会、しかも1年間というのは貴重だろうし、まあ充実させて無事行って来てほしい、という所。交換留学制度で代わりにフランス人少年が家に来るそうで、お母さんも気を使う、とか。今後また受験時等接触あるかどうかは判らないけれど、そういうちょっとした再会が。

そういう事があった代わり、というか、夏期講習を始めた高3の男子が余り勉強習性ないまま日々のノルマが溜まり、本人と親御さんとのケンカ等もあって、やはりなかなか難航気味。時間帯や長さ等も練り直す事に。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ