自己紹介   ■勉強法Hacks  ■notetaking一生使えるノート術  ■勉強のやり方ブログ
      
モノクロ印刷専業の立葉印刷がいい  

報告書とかテキストとかの印刷は原稿(版下)をWORDで作ってpdfにして印刷するととてもきれいで安くできます。
コピーやプリンタで作るのは実はとても高くつきます。
しかもきれいではありません。
モノクロ印刷を専門とする立葉印刷をお勧めします。

相談できてとても親切で仕事が丁寧です。

プロの印刷屋さんも使っているそうです。

モノクロ冊子印刷専門の 立葉印刷(株)
0

下段が文字化け  

何が起こっているのは
下段が文字化けしてる。
不気味
0

海外臓器移植を希望しておられる方に朗報です  

-------------------------------
厚生労働省は2018年12月より海外療養費制度から、海外での臓器移植に対して最大1000万円の補助を出すことを決定しました。

これは朗報です。さらに下記のようなサポートするサービスもあります。できるだけ必要としておられる方に伝われば思いますのでシェアをお願いします。

この補助制度を受けるためには正式に海外の公的機関に待機登録がなされ、その国の法律に則って移植が行われる事が必要です。しかし、一般の患者の方々がそうした制度を利用し認可を受ける事は、大変難しい状況にあります。そこで弊社では法律に則って手続きや申請を一括でサポートするプログラムを作り上げました。このプログラムによって、米国の1/10の価格で、3ヶ月以内の移植手術を実現しました。

日本語の通訳サポートも完備!

患者様は検査データをご用意頂き、直接執刀医からSkypeで診察を受けられます。必要であれば、日本の主治医を含めた3者ミーティングも可能です。安心してお任せください。

現在、日本ではドナー不足から長期に渡り移植を待っている患者様が多くいらっしゃいます。そうした患者様の人生にとって、アジア最高峰の病院で10,000例を超える移植経験と10年生存率95%と言う驚異の成功率で他を圧倒している「海外心臓、肺、膵臓移植プログラム」が、助けになると信じております。

「海外心臓、肺、膵臓移植プログラム」

費用:$300,000米ドル(約3,240万円)

※為替レートによって価格は変動します。



海外の臓器移植、腎臓移植、腎移植に関する情報なら

臓器移植119
海外心臓、肺、膵臓移植プログラム!!

ドナー待ち3ヶ月以内かつ米国の1/10の費用で心臓肺移植を実現!!

患者の方にとってとても貴重な情報です。この情報が本当に必要な人に届くことを願っています。

ぜひシェアをお願いします。

0

投資初心者にはエクセル東京投資俱楽部をお勧めします  ノート雑感



投資初心者でも株、FX、仮想通貨、不動産投資などをしっかり勉強できるコミュニティ!

投資の基本は

「自分で働かないでお金に働いてもらう」事です。

当然リスクもあります。

そのリスクを確実に低減させるためにエクセル東京投資俱楽部が投資をお教えします。

この価値を知っている方と知らない方では、投資で得られる収益が大きく変わります。

詳細はこちら→
ホームページ http://eti-club.com

ブログには収益報告がありますよ。

ブログ http://etic.blog.jp/
1
タグ: 投資

これから抑えておくべきICT用語 - CRM  ノート情報

カスタマー・リレーションシップ・マネジメント 略称 CRM

または

セールス・フォース・オートメーション 略称 SFA

という用語をご存知でしょうか。

CRMは大手企業では長期間にわたって顧客との良好な関係構築を目指して取り入れられている情報システム。顧客の属性や接触履歴を細かく記録し、情報を全社的に共有することにより、より良好な関係を結ぶことができるようになっています。

顧客管理に使われはじめています。その波が中小企業に及んでおり、広く知られるようになりました。

SFA(Sales Force Automation)も同じようなコンセプトに基づくシステム。営業支援システムに特化しているものです。

最近では両方の機能が融合しつつありCRM/SFAと呼ばれている。

その流れの中でいま注目されているのが

実はICTの先進国であるインドで開発されたZoho CRMです。

今からCRMを考えるなら、コストパフォーマンスに優れたZoho CRMがお勧めです。

Zoho CRM テービーテック株式会社

上記サイトでもう少し詳しい解説が読めます。

経営者の方、情報システム部門の方に

テービーテックが取り扱っている Zoho CRMがお勧めな理由

始めはなかなかコンセプトや仕組みを理解するのが難しいのですが、そこをテービーテックがわかりやすくサポートしてくれます。

全社的な取り組みになりますので、どうしても慎重に丁寧に導入することが必要になります。最初のこのプロセスがその後の成否のキーになります。

全社的な意識の共有と合意ができた時にCRMは力を発揮します。

ぜひ一度サイトをご覧になり、お問合せください。

無料相談会も実施しているようです。





0
タグ: CRM SFA




AutoPage最新お知らせ