2018/4/16

Yuri Gagarin International DX Contest  CW DX
Yuri Gagarin International DX Contest
CONTEST PERIODS: 2100Z, Apr 14 to 2100Z, Apr 15 ( 15 Apr 06:00 - 16 Apr 06:00 JST )
RULES: URL:http://gc.qst.ru/en/section/32

 15日朝「JIDX CW Contest」のために 2040 頃から運用を開始する。
 2100 を過ぎるとこのコンテストが始まったので、7MHzで2・3の「CQ GC TEST」が聞え始める。何とかR3FX(29)とQSOできる。
 2300 で朝食のため一休みする

 朝食後 2350 から運用を再開する。09:00から「羽曳野コンテスト」50MHz・144MHzの部が始まったのでしばらくはこのコンテストに専念する。
 0100 頃からは「羽曳野コンテスト」と掛け持ちをする。時々DXバンドを覗きに来るが、信号はあまり聞えてこない
 正午合計3QSO。QSOできたマルチ7MHz2914MHz30・31、だけ。

 午後「羽曳野コンテスト」7MHzの部が始まったのでしばらくはこのコンテストに専念する。
 0700 から運用を再開する。今度は同時に開催されている「JIDX CW Contest」掛け持ちをする。
 時間とともに、「CQ GC TEST」が多くなってくる。
 夕食時合計14QSO。その後QSOできたマルチ14MHz29・RM57GC

 夕食後1030 から運用を再開する。「CQ GC TEST」の方が多くなってきたので、このコンテストに主力を置く。
 1300「JIDX CW Contest」終わったので、その後は専念するが、信号が次第に弱くなりこちらの電波が届かなくなったので、 1400コンテストを終わる
 合計36QSO。その後QSOできたマルチ14MHzRT57GC・32・28・19

 結果は次のとおり;

クリックすると元のサイズで表示します

Entry Class: F Single operator - Single band - Low power
130 Pts x ( 7 Zone + 2 GC-Stn ) = 1170
Clamed Score: 1,170 Points

POINTS: QSO with own ≪P-150-C≫ country count 2 points.
        QSO with a different ≪P-150-C≫ country in the same continent - 3 points.
        QSO with a different continent - 4 points.
        Satellite`s QSO - 100 poins.
3x QSO points on 1.8/3.5MHz, 2x QSO points on 7MHz
MULTIPLIERS: ITU zones once per band
          QSO with special stations (..57GC)
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ