2017/12/3

仕事帰りに焼酎一杯グィ〜ッ  安く、美味しく

私の酒は週三日程度ですが、最近はずっと宅飲みが中心。
民間会社の頃の様に残業して仕事を片付け、残っている仲間と
ちょいと一杯行く?と言う事がなく、定時で帰る毎日なので。

それが月一回定例会議が開かれる様になり、その会議時間分の
早上がりが出来るようになり(私は残業が付かない契約なので)
その時はいそいそと?オヤジ酒場で引っ掛けて帰っています。

民間会社の忙しかった時代には想像もしなかったゆとりの時間
まあ、人生の余禄?みたいなものですが。

クリックすると元のサイズで表示します

一度来た事のある店ですが、その時は生憎の満員御礼で、壁に
向いた席に案内され、いささか残念な思いをした事があったのが
トラウマで(独り酒を壁に向かって…ご想像下さい)、その後来た
事がなかったのですが、早上がりのこの日なら大丈夫かな?と。

読み通りでした!中央のテーブルに案内してもらい、ゆっくりと
焼酎の品定めをしながら飲むことに。

クリックすると元のサイズで表示します

先客はクリエイター風のカップルや独り飲み、熟女3名(失礼)の
女子会風と良い雰囲気です。

まずは一杯、女将(若いご夫婦)に、洋酒のスピリッツ風のカラッ
とした銘柄と、逆に一番「芋」を感じさせるものを注文。
カラッとの方は女将お気に入りの小鹿、芋風味の方は天狗櫻。

クリックすると元のサイズで表示します

前者は癖なくスッキリ、後者は結構辛口ですがどちらも美味い。
チェイサーをもらい、二杯を交互に飲み比べる贅沢な?時間と
言うあたり、普段の慎ましやかな飲み方がバレますが。

ちなみに天狗櫻の方は「市来焼酎」とありましたが、地名の様で
他にも芋臭さを前面に出した蔵があるようで、これはリサーチして
みる必要がありそう。こう言う調べ物は苦にならないから…

クリックすると元のサイズで表示します

肴はお惣菜シリーズから3点、高菜の醤油漬け、長イモ醤油漬
チャーシューネギ和と選んで、これで280円はありがたいです。


仕上げはお湯割りをと言うことで、伊佐錦の永禄二歳という酒。

クリックすると元のサイズで表示します

伊佐市にある神社で永禄二歳(1559年)に大工が残した「焼酎」
という文字が残されていて、これが残されている最古の焼酎の
記録だそうで、それにちなんだ酒との事。


60分一本勝負で三杯いただいて、これで1500円とちょっと。
半年金生活者?にはとってもありがたいお店でした。

と、三杯呑んでおいて「焼酎一杯グィ〜」の題は、偽りと言われ
そうですが、センダイムシクイの聞きなしに引っ掛けました。

鳥の鳴き声を言葉に置き換える遊び?を聞きなしというのですが
愛飲家の愛鳥家もいるのですね。行く先は焼鳥屋?
もっとも今時スズメを出す店は無いでしょうから、それも良しで。
1

2017/11/20

サハリンの灯は消えず  聞きたい365日

先日NHKの番組で、「祖父の旧樺太からの壮絶な脱出劇」と言う
コピーに惹かれ、札幌出身のタカ&トシのトシさんの回を見ました。

ニシンや天然資源を求め樺太に渡り、終戦と共に元々住んでいた街に
戻ったり、親戚を頼ったりで、北海道に住む引き揚げて来た方も多い
はずなので、興味を持って見ていました。

トシさんの祖父は樺太から軍隊に招集され、飛行機の整備に就き
滋賀で終戦を迎え、ようやく稚内まで辿り着くもそこで足止め。

祖母は当時当時6歳、2歳、1歳の子供を連れて50qの山越えをし
実家の浜辺から北海道を目指すも、定員オーバーでやむを得ず子供
3人だけを船に乗せ、自身は2週間ほど遅れようやく家族と合流出来
たという、本当にちょっとどこかが狂うと…という綱渡り。


番組で当時18歳で引き揚げた浜本さんが、「道路を渡れない程の人
の波で子供を見失った人もたくさんいる」と話されていました。

また、戦争が終わったにも関わらず、当時引揚船が相次いで『国籍不
明の潜水艦』に襲撃され、1700名もの犠牲者が出た「三船事件」

同じく浜本さんが、「びっちりと人の残骸、真っ白になった土左衛門が
ゴロゴロといっぱい上がって、あの頃の海岸は全部遺体ですごかった
よ」と話されていました。

命からがら故郷を離れた人たちに、何と言うむごい仕打ち。
日本が降伏し戦争が終結した後、しかも民間の旅客船への追い打ち。

国籍不明の潜水艦は、1992年にロシアが正式に認めたそうですが
皆さん今の僕らには想像もつかない苦労をされ、引き上げて来られた
こと、そして残らざるを得なかった人も少なからずいたこと。

戦争が引き起こした狂気、二度とあってはならないし、九条もまた…


引揚者の中に、当時まだ少年だった菊地兄弟もいたそうです。

兄は菊地正巳さん、今年5月に亡くなられた作曲家北原じゅんさんで
弟、菊地正規さんは、以前ブログに書いた「ふるさとは宗谷の果てに」
を歌った菊地正夫さん。※後に城卓也と改名し「骨まで愛して」が大ヒット
故郷樺太を歌った「ふるさとは〜」は兄、じゅんさんの詩、曲、編曲

北原じゅんさんはその後、クラウンレコードの専属となり西郷輝彦の
デビュー曲「君だけを」ほかを手掛け西郷輝彦を歌謡御三家のひとり
に育て上げ、発足間もないクラウンの屋台骨を支えます。

ちなみに私は、西郷輝彦では「僕だけの君」という曲が好きでした。
菊地正夫さんの「ふるさとは宗谷の果てに」もそうですが、演歌っぽ
く無くカントリー&ウエスタン的なフレーバーを感じます。

弟菊地正夫さんは元々J-カントリーの歌手でしたから、お兄さんも
もしかしたらカントリーをやっていたのかも知れませんね?


そしてその後、グループ・サウンズ最盛期に手掛けたのがジェノバと
いうグループで彼等のデビュー曲が「サハリンの灯は消えず」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ビートルズ等に刺激を受け、自作曲を歌いたいというバンドが人気に
なり、あっと言う間に演奏だけのアイドル的グループから、ムード歌謡
みたいなグループまで、一括りで「グループ・サウンズ」となった時代
ですが、さすがに演歌的G・Sも?とびっくりした事を思い出します。


とは言え、タイトルに「サハリン」と付くように、内容は望郷の歌で
「あの人のくれたフレップ(コケモモのアイヌ語です)」とか、「なつ
かしい山」などの歌詞が出てきます。

その後、同じく北原じゅんさんの曲、若木香の作詞による2枚目
「いとしいドーチカ」では「ペチカ燃えてるサハリンは」等の歌詞。

3枚目の「さよならサハリン」では、「ダスビダーニヤ さよならサハ
リン」などの歌詞が出て来て、いわば樺太望郷の三部作でした。

1枚目はそれなりにヒットしたみたいで、当時はリアルで聞いていまし
たし、レコードもたまに見かけたりしますが、それ以降はジリ貧だった
様子で、後の2枚はお目にかからず、オンデマンドの再発CDで求めま
したが、ありがたい時代ですね、こうしたマイナーG・Sも手に入り。

その後、G・S自体のブームが去り、ヒットもなく、メンバーの一人が
青山ミチさんと失踪騒ぎを起こした事もあったそうで、グループは消え
ていったのですが。



今日の札幌は本格的な雪となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

雪の旧道庁赤レンガもこれ位の雪だと、まだ風情のうちですが…

クリックすると元のサイズで表示します

この赤レンガの2階には樺太関係の資料館があります。
樺太の歴史、間宮林蔵の探検の足取り、歴史、人々の暮らし。

クリックすると元のサイズで表示します

物資を積んで幌内川を渡るトナカイの群れ。

そして三船事件、電話交換の職場で最後まで残り職務を全うし
服毒自殺をした9人の乙女の記憶…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

直接戦争は知りませんが、父は戦争に行った世代です。

いま平和でいられる事、その前に多くの人が犠牲になり、故郷を捨て
そんな事があったと、娘や息子に話した事は無いのですが、いつか
自分の中で咀嚼し伝えなくてはと、ジジィになったこの頃思います。


【関連の過去ブログ】

2010/01/15 ふるさとは宗谷の果てに
2012/10/21 続 ふるさとは宗谷の果てに
2010/08/26 オロロンラインを往く(2)小平

【関連記事】 北原じゅんさん死去「君だけを」など作曲
1

2017/11/12

N君と赤盤ビートルズの頃  聞きたい365日

高校の帰りに寄り道して、レコードを聴きながらポップスの話などを
駄弁っていたのはM君かN君の部屋で、と言う事は以前書きましたが
特にN君の部屋には、情報が一杯詰まっていました。

当時の音楽雑誌「ミュージックライフ」は定期購読。
レコードは寺内タケシに加山雄三で、当然エレキギターもありました。
そして、ビートルズのその頃のアルバムは全部揃っていたはずです。

この曲良いだろ?と、熱心にビートルズをかけてくれるN君には申し
訳無いけれど、アメリカンポップス派の私はどこか上の空。
熱量をはらんだグループではあったけれど、何か湿気が多い気がして
私にはちょっと…とは、ブリティッシュ勢に共通する印象ですが。

でも、ビートルズを通じプリーズ・ミスター・ポストマンやミスター・
ムーンライトを知り、アンナでオリジナルのアーサー・アレキサンダー
を知ったりと、当時のポップス観が広がった事には感謝していますが。


その後、私のビートルズはベスト盤「オールディズ」1枚っきりの時代
がしばらく続き、後に二枚組(通称赤)を買い、多少小遣いにゆとりが
できた頃、ポップスファンの基礎教養だからと、アップル盤でデビュー
アルバムからラバーソウルまでは揃えました。

でも同じジャケットの「ウィズ・ザ・ビートルズ」は、何かN君の家で
聞いていたのとは違和感があり、あれ?何か違うような気が…
ビートルズと私とは距離があるねと、通り一編聞いて棚の飾りに。


最近出版社がアルバムの発売を始め、たくさん平積みされています。

版権を持っている会社は手を変え品を変え、一族が死ぬまで食えるよう
小出しにしている…なんて噂もちょっと頭をよぎりますが、まあ
ビートルズが本当に多くのファンに愛されていると言う事でしょう。

またビートルズが「来ている」のかな?と思っていた矢先、古本屋で
ムック本を見つけ、裏表紙のスピーカーの広告の懐かしさもあり買い
求めました。

クリックすると元のサイズで表示します

ディスコグラフィを眺めていて、そう言えばN君の家で聞いたのは
東芝の赤いレコードだったな、アップル盤は何か馴染まないと思った
ら、あれはイギリスのオリジナルだからな…と。

今更ですが、東芝盤はアメリカのキャピトル盤に準じた内容で、その
内容こそがアメリカを震撼させ、世界中の若者を熱狂させたはず、と
急にアメリカ版が気になってオークションを検索すると、ありました。

未開封の4枚組が、送料入れても2000円以下なので思わずポチッ

クリックすると元のサイズで表示します

ああ〜これでした。
これが私の聞かされて(?)いたビートルズでした。

クリックすると元のサイズで表示します

今更ながらアメリカでのデビューアルバム、ミート・ザ・ビートルズと
イギリスでの2枚目ウィズ・ザ・ビートルズは収録曲が違うんだ…と
ビートルズファンが聞いたら卒倒しそうな基本の「キ」を今更ですが。

N君によく聞かさられたからか、当時は覚えが早かったのか?曲順も
何となく覚えていて、ついメロディを口ずさんでしまいます。

それと同時に、あのN君の部屋がよみがえり、「良いだろう、これ」と
ニッコリしていた彼の笑顔が目の前に浮かびます。

その後彼は本州に就職し、彼の実家も引越しをし、私も転職、転勤と
バタバタしているうちに、いつしか転居先不明で年賀状も戻ってくる
ようになり…メールも携帯もない時代の話でしたから。


元気だろうか?N君。

あの頃は君の大好きなビートルズに無関心でごめん。

酒でも飲みながら、君のビートルズの話をゆっくりと聞かせて
もらいたいものです。いつか、きっと。


【関連の過去ブログ】

2016/08/02 1966年とあの頃…
2012/12/29 祝 ビートルズデビュー50周年
2012/12/26 祝 ビーチ・ボーイズ デビュー50周年
2

2017/11/6

鮭とアザラシと漁業者  ノン・ジャンル

道の水産林務部の今年の秋鮭旬報によると、今年の北海道の鮭の
捕獲尾数は昨年の66.4%だそうです。(2017/10/20現在)

一方金額はと言うと前年の112.2%だそうで、不漁ではあるけれど
欲しい人は多いから、単価は上がったという事になるのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

我が家でも毎年この時期は生筋子を求め、イクラを漬けるのですが
今年は一度しか漬ける事が出来なかったなぁ、昨年の50%UP位の
値なので、さすがにちとお高くて…

先日、西積丹の川で鮭の遡上を見てきましたが、日本海側の漁は
昨年の130%増で、金額は210%増と跳ね上がったそうです。

安定した保証のない漁師さんにとっては、嬉しい事でしょうけれど。


一方、えりも以東…というと、庶野とか広尾の方でしょうか?
こちらは何と漁獲尾数で前年の29.7%と、3割に満たない大不漁。

えりも岬と言うと、ゼニガタアザラシによる漁業被害が深刻なことが
知られていますが、それとも関係するのでしょうかね?

クリックすると元のサイズで表示します

こうした頭だけもぎ取られ「トッカリ喰い」と呼ばれ、廃棄するしか
無い鮭が、毎年多数上がる様になってきていて、その被害は甚大
だそうです。※トッカリとはアイヌ語でアザラシの事です。


クリックすると元のサイズで表示します 私が海辺の町の高校生だった頃まで
 シャケ・マス漁は遠洋漁業で、北洋の
 漁業に向かう船団が出る秋になると
 出航シーンが新聞等に載りました。

 私の母校には水産科があって、漁業
実習船も持って、遠洋漁業の後継者も育てていた頃でした。

魚のいる場所に出かけて行って獲る狩猟型の漁だったわけですが
それが孵化場が出来、卵から孵して育て、4年後の回帰を待つと
いう近海型の漁=農耕型に転換していったわけです。

なので鮭の戻って来る前浜は、漁師の畑だと私は思っています。

アザラシにとっては、それまで自力で小魚を追いかけていたのが
なんと目の前に生簀…というか、豊かな畑が広がったのです。

里山と鹿や猪の関係と一緒で「可愛い」では済まない話なのですが…



先日、北海道大学総合博物館で、「サメとアザラシ、生態と動態」と
題した市民セミナーがあり、海洋生物の話なので参加してきました。

クリックすると元のサイズで表示します その時の話の中で、アザラシの
 トッカリ喰いについての話も出て
 きました。

 そもそもアザラシは小魚を頭から
 吸い込む様にして食べ、むしゃ
 むしゃ齧ることはしないそうです。

 それは鱗による逆流防止であっ
 たり、海水を吸い込みすぎて塩
 分のとり過ぎを防止する摂理
 だったりするそうで、塩分カット
 努力中の私には気を引かれる
 言葉でもあったのですが…

で、その習性で鮭も頭から吸い込もうとするが、すぐさま口一杯に
なって呑み込めないことがわかり、「ムリ、ムリ」とばかり首を振る
事で鮭の頭だけがポロっととれてしまうのだそうで。

なるほど、栄養のありそうな腹に噛みつかず、頭だけ食いちぎられる
には、そんな理由があったのですね。
と言うか、もともと大型の魚の捕食者ではないのに、目の前に畑が
出来たので足を踏み入れてみた…と言ったところなのでしょうか?


アザラシはゼニガタと、流氷にのるゴマフくらいしか認識が無かったの
ですが、そのほかにクラカケ、アゴヒゲ、ワモンと、北海道には5種類
いるそうで、そういえば名前は聞いた気が…不勉強でしたが。

ゼニガタを除く他の4種類はオホーツク系のアザラシで、流氷の上で
出産〜子育てをしていたのが、流氷が減って氷の上が過密になったり
適当な氷が無くやむを得ず水中で出産し、子供を溺れて死なせたり…

最近では日本海側の利尻や礼文、天売、焼尻といった島などに定住し
新たな場所での漁業被害も広がっているそうです。



パネラーの小林万理先生(東京農大オホーツクキャンパス)によると
漁業被害が甚大なアザラシではありますが、アザラシの糞はもしか
して、昆布の栄養になっているかもしれないと仮説を立て研究されて
いるそうです。

以前ブログで書きましたが、知人の漁師が「アザラシの糞で海が汚れ
アブラコの身にも虫が入るようになって刺身で食えなくなった」という
話を聞いたと書きましたが、昆布の栄養に…ねぇ

もしそうなら、多くの漁師さんは夏はコンブ漁をやるし、昆布を餌にす
るウニやアワビも育ってと、ある部分「功」の部分も出てくるのですが
さて、どうなのでしょうか?

興味深い話をありがとうございました。


【参考資料】 2番目の写真は毎日新聞フォトスクランブル:襟裳岬ゼニガタアザラシ、漁業者との
共生、取り組み本番へ(2015/09/27)よりお借りしました。



【関連の過去ブログ】

2016/07/19 えりも岬のやんちゃ坊主たち
2016/06/17 襟裳岬灯台66歳とアザラシと
2015/10/01 えりも岬とアザラシは

2

2017/11/4

母なる川で命をつないで  北のダイビング

2週続けて海で、今回は川に入り遡上する鮭を見るのもセット。

ふところ的には厳しいのですが、今年初めての企画だし、当然ながら
この時期しか見られない景色なので、頑張って行って来ました。

最初はまず海から。今の時期見るべきはやはりアブラコの産卵。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの個体はちょうどメスが寄って来て、オスが尾鰭を震わせ産卵を
促していた所の様子ですが、人が近づいた為メスが一時避難(下)。

クリックすると元のサイズで表示します

ごめん、人の恋路を邪魔する奴ぁ馬に蹴られて死んじまぇ!と言い
ますが、我が家では馬を飼っていないので画面の上でお詫びを。


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは別の個体で卵塊を6つ守っていました。モテモテの雄ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

この辺りでは産卵が一番早くからあったようで、卵が美しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはアサヒアナハゼかな?婚姻色の様で色が鮮やかでした。


クリックすると元のサイズで表示します

今年はケムシカジカが多いみたいで、先週のローソクいらでも多く
見かけましたが、ここ宝島でも結構見かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

この日見たタコはかなり小ぶり、てっきりミズダコの若い奴と思って
いましたが、もしかして違う種類かな?勉強しなくては…



クリックすると元のサイズで表示します

さて、場所を移してお目当ての鮭の登っている川へ。
当然監督官庁などに届を出し、許可をもらって川に入っています。

主催のショップでは、今年はテスト期間で本格的には来年からの
予定をしているそうですが、来年は紅葉の時期から始められそうと
言う事で、半水面で紅葉と鮭の遡上、絵になりそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

河口から1q位なのに、ヤマメが多くいたのは意外でした。
ニジマスも見かけましたし、ブラウントラウトも見る事があるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

鮭(シロザケ)が100匹近くはいるでしょうか?

河口からさほど距離が無いのですが、けっこう傷つきそこから細菌に
やられるのでしょうね?皮がはがれ痛々しい姿のものも多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

中には綺麗なブナ毛もいるのですけれどね。

川は結構流れがあります、ウェイト12キロを背負っても水底で観察
している時は良いのですが、いざカメラを構えるため両手を放すと
スススゥーと体が流されます、予期せぬドリフトダイビング?です。

これ、たいした写真が取れなかった言い訳なのですが…


クリックすると元のサイズで表示します

オスが川砂をかけたはずの卵ですが、時間がたってバラけたものも
あります。※卵の写真のみ主催のロビンソン西村社長さんからお借りしました。

そうして春に生まれてくる命、役割を終え川底に横たわる命。

私も役割を終えたホッチャレ(産卵を終えた鮭の事を指す北海道語)
みたいなものですが、まだ横たわるには早くて?

元気で潜れるうちはまだまだ現役…と思って頑張らなくては。


因みに海の水温は一週間で2度下がって12度。
川はさすがに低くて9度でしたが、まだ年内1回くらい潜れるかな?


【関連の過去ブログ】 2016/09/21 知床の川でカラフトマスの壁と
1
タグ:  ヤマメ アイナメ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ