2008/3/9

どんぐりころころの秘密の3番の歌詞  やさしさ

今日は娘の学校のある会で聞いたどんぐりころころの秘密の3番の歌詞のお話です。

どんぐりころころ
作詞 青木存義/作曲 梁田貞

1.どんぐりころころ どんぶりこ
 お池にはまって さあ大変
 どじょうが出て来て 今日は
 ぼっちゃん一緒に 遊びましょう

2.どんぐりころころ よろこんで
  しばらく一緒に 遊んだが
 やっぱりお山が 恋しいと
 泣いてはどじょうを 困らせた

僕が知っていた『どんぐりころころ』の歌詞はここで終わりです。

でも・・・
泣いていたどんぐりは、その後はどうなったのだろう・・・?

僕は生まれ育った山が恋しいって泣くどんぐりのことも、そんなどんぐりを思い困っている心優しいどじょうのことも、その後どうなったかなんて考えたこともありませんでした。

何度となく歌ったり聞いたりしているはずなのに・・・

その会の中で先生から作者不詳でこんな3番が歌われているのだと聞いたのです。
どんぐりころころの秘密の3番の歌詞

3.どんぐりころころ 泣いてたら
 仲良しこりすが とんできて
 落ち葉にくるんで おんぶして
 急いでお山に つれてった

お話しを聞いて、どんぐりころころの秘密の3番の歌詞を作った誰かの優しい心がとても心地よくて、なんだかとても暖かくなりました。

同時に童謡の作者の青木存義さんは、もしかすると1番と2番だけつくってその先は私たちに委ねたのかも・・・?なんて思ってしまいます。

そして今、どこかでこんな素敵な続きが生まれていることをニコニコしながら見ていたのかな?なんて・・・思います。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村ハッピーエンドはみんなの望み♪世の中が幸いで溢れますように♪
34



2012/9/25  11:28

投稿者:さとうよしはる

「どんぐりころころ」もそうですが、童謡には心の豊かさが感じられてなりません。「めだかの学校」「里の秋」「春の小川」。いつからか、この国はおかしくなってしまった。そのように思えてなりません。

2012/4/1  9:32

投稿者:PaPa

さとうさん
コメントありがとうございます。


2012/1/18  12:13

投稿者:さとうよしはる

先日、NHKBS放送で桂三枝の「旅のちから」という番組で、彼が作ったという4番の歌詞を披露していました。この歌詞もとっても、暖かいものでした。'LPAJA

2008/3/15  23:29

投稿者:PAPA

ムーコさん
こんばんは♪

新しい芽吹きがあったなんて!
そのまま4番の素敵な歌詞になりますね。

やさしい心がひとつひとつ繋がって
子供たちを守り、導くことができたらこの世界は少しずつ平和に近づいていけるのかもしれません。

いつもありがとうございます。
ぜひまたいらして下さいね♪

2008/3/15  11:01

投稿者:ムーコ

こんなにも可愛らしい続きが歌われているなんて^^
そっと落ち葉にくるまれてお山に戻って、
新しい芽吹きがあったのかなとも想像してしまいます。
こちらのブログに訪れると
いつも新しい発見にハッとさせられます♪
宮沢賢治の本も新たに買ってしまいました。

2008/3/15  1:28

投稿者:PAPA

こももさん
はじめましてこんばんは!

調べたらまだまだ沢山の秘密の3番がありましたよ!
どの3番もとっても優しくて暖かいものでした。

また遊びに来てくださいね♪

2008/3/15  1:24

投稿者:PAPA

なずなさん
こんばんは!

子供たちと我が家だけの秘密の3番の歌詞も作って歌ってみようかな・・・なんて思っています(笑)

でもやっぱり原曲が良いからですね♪


2008/3/15  1:16

投稿者:FLAG PAPA

Rita☆さん
こんばんは♪

私はここ何日か広島、姫路、京都、大阪、名古屋、静岡と激しく移動しておりました。

春は何かを始めるにはとっても良い季節!

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

2008/3/14  15:09

投稿者:こもも

はじめまして。3番の歌詞をみていたら、なんだかジーンときてしまいました〜、やさしいリスさんに助けられて良かった(^^)


http://komomomama.blog118.fc2.com/

2008/3/13  0:02

投稿者:なずな

困らせた、で終わっていますものね。
なんとかどんぐりに笑顔が戻るような結末に…、
と導いた方に拍手!!
♪落ち葉にくるんで おんぶして
というところが、温かい気持ちであふれていますよね。


http://book727.blog118.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”