高柳克弘のページ

 

連絡先

連絡先のメールアドレスです  mikanbuson アットマーク yahoo.co.jp

高柳克弘の講座

カレンダー

2017年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:katsuhiro
山中
おー^^ 陸上がんばってる?
今は古典はF先生だったね、俺と違って厳しい先生だからしっかりやるんだぞ(笑)
投稿者:やまのなか
あついですね
おげんきですか?
おぼえてますかー?(笑)
古典むずかしいです(x_x)
投稿者:且闥ヒ筆墨舗
はじめまして。私どもは、掛川市で書道専門店を営業しております「てづかひつぼくほ」と申します。先日の静岡新聞の「1.6付の窓辺」を読ませていただきました。落款の件ですが、店でハンを作る方に記事の事を話しましたところ、是非作らせていただきたいと申しております。如何でしょうか。
投稿者:katsuhiro
今村征一さま
先日は拙著ご注文いただきありがとうございました。
この欄にいただいたコメントにご住所が記載されてありましたので、いつまでもアップしておくのは差しさわりがあるかと思い、削除させていただきました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
投稿者:katsuhiro
まろみさま
はじめまして。嬉しいコメントをありがとうございます。
息子さんと出会い、読んでいただけて、私の拙い物語「ゆきうさぎ」も、
喜んでいると思います。ちょうど最近東京に雪が降り、
本を出した当時を思い出しながら雪兎を作ったので、不思議なご縁を
感じました。

本屋さんを探してくださったとのこと、何だか申し訳ないです。
手に入れてくださって、本当にありがとうございます。
そして、どうか息子さんにも、お礼をお伝えください。
作者として、こんなに嬉しいことはないです。
投稿者:まろみ」
はじめまして、浜松市に住むの主婦です。
俳句とは全く関係のないコメントですが、失礼します。。
先日小学校一年生になる息子と一緒に病院の待合室で「これ読んで」と息子が手にした絵本、「ゆきうさぎ」。途中まで一緒に読んでのですが、診察が終わり自宅へ。
あれからどうなるんだろう・・??先が気になる私と息子は、数日後、本屋さんに行こう!と出かけたのですが、4件回っても置いていなく、扱っていた本屋さんにお取り寄せをお願いし、やっと
手元に届き、二人でまたはじめから読み始めました。
すっきりした二人でしたが、作者を見てびっくり!!
え〜っ小学生!!しかも浜松市!すご〜い!とさらに感動してしまいました。今はどうされてるんだろうと、お名前で検索してもしかして・・と思いコメントしました。。
とても素敵なお話でした。出会いに感謝します。
投稿者:katsuhiro
natsumiさま
ようこそいらっしゃいませ。
こちらこそ、新鮮な作を見せていただき力になりました。その若さで句歴二年とは、たいしたものです。どうか無理のない範囲で、たゆまず続けていってくださいね。
投稿者:natsumi
先輩が高柳先生の句集をもっていて、未踏を買いました。

俳句甲子園のときに、いろいろ講評を頂きました。
ありがとうございました。

まだまだ俳句を始めて2年ですが、これからも楽しく作りたいと思います。
投稿者:6232
夜の散歩によって見ました。

http://love.ap.teacup.com/6232/
投稿者:chisato
......壁紙とプロフィールのお写真が、なんだか合いますね♪
夏野さんにぜひお伝えください^^♪
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ