自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2017/11/14

絹さや・スナップ2017  

クリックすると元のサイズで表示します

有機石灰と堆肥を入れて、種蒔き準備万端!


クリックすると元のサイズで表示します

10月20日
絹さやえんどう、スナップえんどうの種を蒔いた。
上手い具合に雨が降る


クリックすると元のサイズで表示します

11月10日
絹さやえんどうの発芽を確認


クリックすると元のサイズで表示します

11月12日
2晩過ぎたら成長具合がわかる。
出来立てのボカシ堆肥をばらまいてみた。

これから収穫までの追跡調査を始めます。

0

2017/11/13

大根・かぶの収穫まで  大根・カブ

大根・カブの種蒔き準備万端!

クリックすると元のサイズで表示します

9月11日
青首大根と金町小かぶの種蒔きをしました。
まわりの畑は、すでに種蒔きを終えた人ばかりですが(笑)


クリックすると元のサイズで表示します

笑い話にもなりますが、金町小かぶは3年も前の古い種
★形は球に近く肉質は緻密で甘味と風味があり、
葉も美味しく、煮物や漬物、油炒めに向いている。


クリックすると元のサイズで表示します

ネットを掛けておいたのでアブラムシ対策はOKでした。
昨年はアブラムシにやられて2回目の種蒔きもしました。


クリックすると元のサイズで表示します

追肥と土寄せすると目立って大きくなるもんですね。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

背丈が伸びたのでもう大丈夫、ネットも外しました。


クリックすると元のサイズで表示します

11月10日
葉が大きくなったので、葉だけをハサミで切っておかずにします。
チリメンジャコと炒めると美味しいです。


クリックすると元のサイズで表示します
大根は間もなく引き抜いて食べられそうです。
大根おろしやおでんには最高ですね。


★甘くてみずみずしい青首のだいこん
大根は多彩な品種があり、
東京・練馬、神奈川・三浦、愛知・宮重、
京都・聖護院、大阪・守口(現在生産されているのは岐阜)、
鹿児島・桜島など、地名を名前にしたものが栽培されてきました。
しかし、現在では愛知県で作られていた宮重大根で青首のものを改良した、
早太りでス入りが遅く、病気に強い青首の大根が
全国的に作られています。


クリックすると元のサイズで表示します

金町小かぶもいいように成長しました。
3年も前の古い種から発芽するとは思えませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

試しに引き抜いてみます。浅漬けは大好物です



11月11日
大根やカブの種蒔きには遅すぎるはずですが、
テストで種を蒔いてみました(2晩濡れた布に包んでおいて)
寒くなったのでビニールトンネルを掛けました。
その後が楽しみです。



0

2017/11/5

長芋の初収穫  いも

4月22日に長芋の種を植え付けた。
菜園を作ってから40年もなるのに初めての長芋栽培。

http://sun.ap.teacup.com/keigo/383.html


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
貰った20cmほどの種芋とむかご

クリックすると元のサイズで表示します
台所用のアルミ板をカットして丸め半筒状にした。
その中に種芋を寝かせて土を被せた。

クリックすると元のサイズで表示します
発芽したら嬉しくて興奮するほど・・

クリックすると元のサイズで表示します
夏場は枝が茂り調子がいい。

クリックすると元のサイズで表示します
秋近くにはむかごが実る。
これは種にもなるし食べられる。



わくわくしながら半年すぎた。
枝が枯れたので11月5日に初めて掘ってみた。
想像するより大きな芋なので驚いた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
買ったら値段はいくら?
と考えながら自分にご苦労さ〜んとつぶやいてみた
発泡スチロールの箱に入れて保存します。


★ワンポイント
種芋の植え付けは、必ず筒に寝かせるべし。
芋は地中深く根付くので全く掘れません。
掘ってもポキリポキリと折れてしまいます



0

2017/11/2

ホウレンソウ3度目の挑戦  花と果実

クリックすると元のサイズで表示します
2度の台風が去った後に蒔いたホウレンソウですが、
2回も発芽に失敗をしてひるんでいるところです。
3度目の挑戦をするにあたり、発芽のポイントを研究。
濡れた布に種を包み2夜ほど置く。
水で膨れた発芽寸前の種を蒔くのが良いとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
少し発芽したように見える種がある。
そうか、2回とも土に直接蒔いて、
太陽の熱さで乾燥してしまったようです。
気温の高い間は発芽が困難だと注意書きがありました


クリックすると元のサイズで表示します
貝殻で作られた有機石灰を十分撒いてアルカリ性の土作り。
さて、神経質すぎるようだが、一粒ずつ摘まんで蒔きました。
これで駄目ならこの秋の種蒔きは諦めよう・・。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します
そして数日後・・
11月1日のことです。
小さな命が誕生していました、ばんざ〜い。


クリックすると元のサイズで表示します
そして、日に日に伸びています。




クリックすると元のサイズで表示します
11月12日・4度目の追加挑戦
空きスペースにも追加の種蒔きをしました。
本当に速攻の作業ですが、
実は2晩前から水に濡らして発芽を即していました。
冬の気候になったのでビニールトンネルを掛けて・・
温かい方が発芽にはいいのかどうかわかりませんが。
その前に発芽しているホウレンソウにも掛けてみました。
ビニールが残った範囲の作業ですけどね。
0

2017/11/1

2017年・豆の種まき  

クリックすると元のサイズで表示します
堆肥を作る自己流の方法をマスター。
落ち葉や野菜の残骸、台所のクズと米糠だけ。
もう何年間も作っているから苦にならない。

クリックすると元のサイズで表示します
自作の堆肥が半年以上かけてうまく出来上がっている。

クリックすると元のサイズで表示します
次の野菜を作るためには栄養になる堆肥が必要です。
前もって菜園にばらまいて準備しておいた。

クリックすると元のサイズで表示します
10月1日
気温が下がって、ちょうど豆の種まき時期でしょうか。

準備しておいたウタネの種(絹さや・スナップ)

クリックすると元のサイズで表示します
3粒なのか4粒なのかと迷いながらの2列蒔き。

クリックすると元のサイズで表示します
絹さやは2m弱蒔いた。
スナップも2m弱蒔いた。
この量でも十分余るほど収穫できる。
雨上がりで土が水っぽいので発芽はいいと思う。

晩秋の早期に種を蒔くと、発芽が早く苗が大きく成長する。
真冬の霜にやられるので遅めの種蒔きが適しているように思う。
冬は人間と同じように風に当てないようにするのがポイント。
0

2017/10/22

害虫に食われるショック  害虫と病気対策


ネギが折れて虫にかじられている。
せっかく大きくなった野菜が食われるのは嫌ですね。


クリックすると元のサイズで表示します
ネギの葉を割ってみると青虫が・・

クリックすると元のサイズで表示します
いやぁ、、青虫がネギを食べるとは知らなかったよ。

クリックすると元のサイズで表示します
青虫はキャベツやブロッコリーを食べるものと思っていた。
レースのネットを掛けていたから青虫に食われていない。




ふだん草の葉がレース状に食われている。

クリックすると元のサイズで表示します
寄ってたかって集中して食ったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
株元を覗くと青虫、ヨトウ虫、だんご虫、ナメクジまでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
白菜など甘い葉が好きなにっくきヨトウ虫。


クリックすると元のサイズで表示します
少し大きくなった白菜は食われた形跡がないが、
幼い頃は穴だらけだった。
オルトラン粒剤を撒いたが効果は無かった。


クリックすると元のサイズで表示します
庭で育てているサニーレタスはナメクジ対策の効果あり。
銅線が苦手らしいので鉢の周りに置いてみたら

クリックすると元のサイズで表示します
ペットボトル内に粒剤のナメトールを入れて捕獲退治したこともある。
雨露に濡れないのでいいかも。


クリックすると元のサイズで表示します
この夏はコガネムシがトマトを襲った。

クリックすると元のサイズで表示します
そのコガネムシが、堆肥作りの中に潜り込み、
卵を産んで幼虫がわんさか住んでいた。
気持ち悪すぎるのですぐに退場してもらった。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
野菜の根を食うこの幼虫は大敵です。



堆肥作りに注意することは、生ものを早く発酵させることです。
生なら色んな害虫が寄ってくるからねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します


★なるべく薬剤は使いたくない。
人間が食べて美味しいから虫も好きなんだろうね。














0

2017/10/18

キャベツ・ブロッコリーネットはがし  キャベツ・ブロッコリー

10月18日、今週は雨が多い。
少しの晴れ間をついての短時間作業。

クリックすると元のサイズで表示します
ネットのトンネルを取り払ってキャベツを救出。
これ以上ネットを掛けたままでは
頭がつかえて曲がってしまいそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
ブロッコリーも。

クリックすると元のサイズで表示します
なが〜いトンネルから脱出したキャベツとブロッコリーは、
頭を勢いよくもたげて天を仰いだ。


クリックすると元のサイズで表示します
アブラナ科は青虫やヨトウ虫の好物です。
大きく育ったからもう害虫の被害は大きくないはず。
今日は他の野菜についた沢山の害虫を発見した。
ナメクジやダンゴムシも葉を食い荒らす。
これからも害虫退治に気をつかいます。
できれば無農薬がいいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
泥に汚れたネットは、バーに掛けて雨水で洗ってもらいます。
そして自然乾燥もお任せします。

0

2017/10/18

晩秋なのに元気なオクラ  ゴーヤ・オクラ



10月18日、雨上がりの翌朝。
最低気温は15度でめっきりと寒くなった。

クリックすると元のサイズで表示します

朝の太陽に向かって存在を示すオクラちゃん。
まだまだ実ってくれてます。
周囲の夏物は処分しているがオクラだけは健在。

体にはとてもいい野菜なんだけど、
我が家の食卓に上がる頻度は半端じゃない。
かなりの自給自足率です。


クリックすると元のサイズで表示します

よく考えてみれば、そんなに肥料を与えた記憶が無い。
地中から吸い込んだ栄養だけで生きているみたい。
その割には大量の収穫があって便利です。
合計10本ほどのオクラで種類は2種類。
白いオクラと緑のオクラ。
どちらも丸オクラですが、白は特に柔らかくて美味しい。 


クリックすると元のサイズで表示します

下の葉を切り捨てるので棒状になり、益々天に向かっています。
オクラちゃんは、朝からニョッキリ元気はつらつ。

0

2017/10/13

玉ねぎ種蒔きからの  ネギ・ワケギ・ニラ等

今年は、泉州黄たまねぎという品種を栽培してみよう。
種袋にはこう書いてある。
貯蔵性の高い中晩性品種で食味のよい品種。
甲高の大玉で、球重300〜400gくらいになる。
酸性土壌に弱く生育・肥大が劣る。
植えつけの2週間ほど前に1u当たり苦土石灰100〜200g、
1週間ほど前に完熟堆肥2〜3kgと
リン酸分を多めに含む有機配合肥料100gを
目安に全面にまいて耕す。

病害虫・生理障害
春にベト病が発生しやすいので注意しなければいけない。
未熟な堆肥や鶏ふんを入れるとタネバエの幼虫がつきやすい。
また、5月ころにスリップスが発生することがある。


その辺りはいつものように自己流でやってみるとしよう



9月21日
1平方m程のスペースに玉ねぎの種蒔き。
昨年は早生種だったが、
今年は普通に育つ丸い玉ねぎ。

クリックすると元のサイズで表示します



10月4日、生え揃っている。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


10月11日、随分成長している。

クリックすると元のサイズで表示します


10月18日、雑草を抜く。
今週は台風をからめ手の雨ばかり。
他の野菜にも悪影響が出るかもしれない。
先週与えた有機化成肥料が効いているのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





11月7日に耕作した
前もって少量の貝殻石灰(有機石灰)と多くの堆肥をまいていた。
クリックすると元のサイズで表示します

直ぐにでも植え付けができる状態になった
クリックすると元のサイズで表示します


苗の長さは程よい25cmくらい
クリックすると元のサイズで表示します


まだまだ苗は残ってしまったが、
植えたのは200本ほどかな。
畝の長さは10mくらいかな。
今回は黒マルチをせずに植え付けてみた。
追い肥料がしやすいだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

以上で植え付けが完了。
明日は雨、いい具合に育ってほしい。
0

2017/10/11

美味しい秋ナスです  ナス・ピーマン

夕方はつるべ落としですぐ闇になってしまいますね。
すっかり秋です。
ならば、コレは秋ナスと言うべきですね。

クリックすると元のサイズで表示します

夏が終ったら引き抜こうかと考えあぐねて、
結局そのまま育てているナスが、
まだまだ花を咲かせて実ろうとしています。
ナスの味噌汁がとても美味しいです。
このナスは夏にサボッていて、
今頃絶好調なんですよ。
変なヤツです。

クリックすると元のサイズで表示します

ツルムラサキのツルがナスの枝に絡まって利用されています。
この野菜もいつまで元気なんだろう。

今日の気温も30度くらいで夏のようです。
10月中旬になろうとしているのに変な気候です。
0

2017/10/10

ベビーリーフ・ミックスの成長  サラダ用野菜

クリックすると元のサイズで表示します

庭のプランターに種まきして育てている混合サラダ
「ベビーリーフ・ミックス」の成長過程です。
プランター内で数種類のサラダ野菜を育てる実験。
朝テーブルで お皿に盛った野菜の味は苦みがあったり、
無味であったり、甘みがあったりと
多彩な味が楽しめるはずです。
庭で育てるから収穫が便利だし病害虫にも目が届く。


クリックすると元のサイズで表示します

9月22日
ペットボトルのキャップを土を押さえると
窪みができるので、そこに種を蒔き軽く土を被せる。

クリックすると元のサイズで表示します

10月3日
数日すると発芽していた。
しかし、真ん中が発芽しなかったので再度種を蒔く。


クリックすると元のサイズで表示します

10月9日
芽が出そろい葉もイキイキとしてきた。
今後の成長を見守るだけです。


クリックすると元のサイズで表示します

10月13日
雨がそぼ降っています。
やはり水分がイキイキする元なんだな。

クリックすると元のサイズで表示します

間引かなくてはならない大きさになったかな。
0

2017/10/6

サニーレタスの鉢植え  サラダ用野菜

自転車で10分の菜園に種蒔きしたサニーレタス。

クリックすると元のサイズで表示します
9月11日の様子

クリックすると元のサイズで表示します
あれから雨の日が多く順調に成長している。


クリックすると元のサイズで表示します
10月5日、間引きをした。

庭でも鉢植えで育てようと持ち帰り移植した。
遠い菜園よりも庭ならすぐに料理に使えて便利です。
しかし、ナメクジにやられる確率が高いので細工してみる。

銅線を置くとナメクジが寄り付かないので花にも実施している。
効果はあったと思うが、犯行現場を見たことは無い

クリックすると元のサイズで表示します
チャレンジA

クリックすると元のサイズで表示します
チャレンジB


クリックすると元のサイズで表示します

10月13日、ABどちらも大きくなった。↑



同じ日、菜園の様子は・・
↓こんな感じです。


クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり菜園へ直植えした野菜は成長が早い。

クリックすると元のサイズで表示します

雨の泥はねを防ぐためにマルチを敷いている。

0

2017/9/25

薩摩のいごっそう・芋  いも


9月22日
クリックすると元のサイズで表示します
薩摩芋のツルを跳ねのけてみたら、
でっかいような芋の姿が見えている。
掘り出してみようか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
うわっ、お尻のような形

クリックすると元のサイズで表示します
1株だけでこんなに大量!

クリックすると元のサイズで表示します
次は 紅はるか2株。

クリックすると元のサイズで表示します
合計3株(2種類)だけで大収穫でした。

残りは少し日をおいて掘ってみよう。
そんなに食べられないしね

薩摩芋を栽培したら土が良くなるので植えているだけ。
0

2017/9/22

秋野菜の種まき始まる  秋/冬野菜

9月初旬
クリックすると元のサイズで表示します
太陽ギンギラの中で夏野菜の処理を終えた。
堆肥と有機石灰を撒いて暫くおいて置くことにした。


クリックすると元のサイズで表示します
この状態で10日ほど待つことにして・・


9月11日
クリックすると元のサイズで表示します
10日後にはミニ耕運機で耕して整地完了。
鍬などで耕すと翌日から1週間は身体が痛くてかなわない。
高価な道具だけど耕運機はいいね。
ナスや薩摩芋などは暫くそのままにしておこう。


クリックすると元のサイズで表示します
購入したレタスと昨年のサラダ小松菜の種蒔きをした。
大根とカブの種まきはすでに終えているので、
発芽が楽しみです。しかし古い種


クリックすると元のサイズで表示します
キャベツとブロッコリー苗を植える準備ができた。

クリックすると元のサイズで表示します
鈴なりブロッコリーという品種を1本追加植えしてみよう。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ブロッコリー苗13本と
キャベツ苗10本を植え終わった。

明日は雨模様なのでタイミングが良かった


クリックすると元のサイズで表示します
ネットのトンネルが10mになった。
0

2017/9/22

野菜畑にも華がある  花と果実

9月22日
秋晴れの朝、菜園を覗いてみました。
野菜の出来具合を横目にして、
そこには華のある風景がありました。
テーマは「野菜の花が満開」です  
 
 
クリックすると元のサイズで表示します
栄養のあるオクラが毎日実ります。
クリーム色の花びらが優雅できれいです。

 
クリックすると元のサイズで表示します
空きスペースに種まきしたコスモス園
今のところは選考してオレンジコスモスが6分咲です。
台風18号で倒れたが全部起こして復旧させました。
野菜畑でコスモスも堪能できるなんて

 
クリックすると元のサイズで表示します
モロヘイヤは好き嫌いがありますが、
ネバっとしているので腸の調子は最高です。
この花には毒があるので葉だけを料理に使います。


クリックすると元のサイズで表示します 
紫蘇の葉は梅干しにもジュースにも使えます。
緑の紫蘇(大葉)でオリジナルジュースが作れます。
甘さを加減して爽やかなドリンク作りは楽しみです。
 

クリックすると元のサイズで表示します
大葉が花を咲かせて種を落とします。
春には自然に発芽するので種まきの手間が不要。
 

クリックすると元のサイズで表示します
ニラは可憐な白い花も楽しめるのですから、
引っこ抜かなくて良かったです。

野菜畑にはいろんな花が咲いて面白い。
 
 

 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ