これから楽しみな夏野菜の収穫。

2016/9/26

大根に雑草が多い  大根・カブ

9月24日
台風やその後の秋雨が長期にわたっている。
毎日のようにぬかるんだ菜園から足が遠のいている。
秋の種まきは一応完了しているので安心している。
昨年は秋ジャガの種イモが全部腐ったという悪い記憶がある。


クリックすると元のサイズで表示します

青首大根が成長し、密集しているので間引くことにした。
虫よけのネットを開けてみると、
葉は害虫に食い荒らされている。
しかも、
大根の周りには雑草がびっしりと生えている。
大根の数よりも多い雑草に・・(ぎゃぁ〜)


クリックすると元のサイズで表示します

雑草図鑑で調べるとスベリヒユという名前。
スベリヒユは世界の熱帯から温帯にかけて生育するらしいが、
この春から繁殖が目立つ。
沢山ある雑草の中でも一番嫌いな種類だ。
薩摩生まれの妻によれば「ぶたんくさ」と呼んでいたという。
やはりお呼びでないようなイメージがする。

クリックすると元のサイズで表示します

葉は厚ぼったく、光沢があり、茎も多肉質であり、
乾燥に強い対応能力を持っている。
なかなか死滅せず、菜園にはびこり、占領されてしまいそう(泣く)
素手で1本ずつ引き抜いたけど大変な労力を費やしてしまった。
根や葉のかけらを残そうものなら生命力が強いので繁殖する。
まるでターミネーターのようで根負けする雑草だ。


こんな可愛い花が咲くんですがね。
クリックすると元のサイズで表示します

★図鑑によると、
昔から食用にされていたようで、ゆでておひたしにする。
ゆでると粘液がでるとのことで、
それがスベリヒユの名前の由来となっている。
粘液物質を含んでいることも、乾燥に対する抵抗性と関連がある。
畑では厄介者であるが、食べられるというし、利尿作用などもあって
民間薬として利用されてきたそうである。
農薬の使用されていないような場所に生育しているのを選んで、
アタックしてみたい。
★と書いているが・・


食べたくも無いにっくき雑草のスベリヒユです

クリックすると元のサイズで表示します

雑草を取り去ったらスッキリしたので、
大根の周りの土を寄せた。
みるみる大きく成長することだろう。
1



2016/10/6  9:20

投稿者:太陽

凧?さん、
昨年は失敗したので、大根の成長が楽しみです。
大根おろし、おでんにすると美味しくいただけますね。

2016/10/6  5:55

投稿者:凧?

憎き雑草もそれなりに、食べられるんですね^v ゜↑でも、大根大好きですから、そこそこの成長であって欲しいですよねT_T

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ