2種類のミニトマトです 夏を彩る野菜のレギュラーたち

2016/10/28

新しい堆肥作りに挑戦  堆肥作り

2016年10月25日の菜園の様子
薩摩芋や大葉など野菜の残骸を畝の上に置いている。
これから豆類の種まき作業を予定している。

クリックすると元のサイズで表示します

1年間で作った堆肥がこんなにベストな仕上がりです。

クリックすると元のサイズで表示します


堆肥ボックス内に山盛りだった野菜の残骸が
完熟するとぺっちゃんこになっている。
隙間なくこってりと出来上がった証拠だろう。
堆肥の中では、真っ白なコガネムシの幼虫が育っている。
秋から冬にかけては、暖かくて餌が豊富なんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します





次の堆肥作りを始める

一年間使用したので木材が痛んでしまった。
廃材を利用して新たに作ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

偶然にも前回と全く同じ寸法になった。

クリックすると元のサイズで表示します

つや有りの水性ペンキを塗ってみたら色が菜園にぴったり。
ペンキ代1100円

クリックすると元のサイズで表示します


思い付きの素人作業なので孤軍奮闘!
秋だというのにまだ夏日で汗が噴き出す。
明日からは気温がぐんと下がり、
もう寒くなるそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します


以前から山積みにしておいたトウモロコシの殻や
野菜の屑などが良い具合に枯れて乾燥していた。
それらをを小さく砕いて、米ぬかをまぶして放り込んだ。
野菜の生屑は水分が多いので、腐って良くないので、
一度乾燥させてから混入させたほうが良い。

クリックすると元のサイズで表示します

ビニールを被せて今日の作業を終えた。
次回の作業は、積み上げて程よい野菜の残骸を混入させる。

クリックすると元のサイズで表示します

生渇きは良くないので太陽に当てて乾燥させる。


クリックすると元のサイズで表示します

クリーンセンターでもらった枯れ葉や木材チップを混入させ、
米糠と鶏糞をいれ、水をかけてビニールで覆う。
太陽熱でじっくりと発酵させる予定だ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ