自給自足の野菜を食べる幸せ、 野菜探しはカテゴリーから。

2017/11/1

2017年・豆の種まき  

クリックすると元のサイズで表示します
堆肥を作る自己流の方法をマスター。
落ち葉や野菜の残骸、台所のクズと米糠だけ。
もう何年間も作っているから苦にならない。

クリックすると元のサイズで表示します
自作の堆肥が半年以上かけてうまく出来上がっている。

クリックすると元のサイズで表示します
次の野菜を作るためには栄養になる堆肥が必要です。
前もって菜園にばらまいて準備しておいた。

クリックすると元のサイズで表示します
10月1日
気温が下がって、ちょうど豆の種まき時期でしょうか。

準備しておいたウタネの種(絹さや・スナップ)

クリックすると元のサイズで表示します
3粒なのか4粒なのかと迷いながらの2列蒔き。

クリックすると元のサイズで表示します
絹さやは2m弱蒔いた。
スナップも2m弱蒔いた。
この量でも十分余るほど収穫できる。
雨上がりで土が水っぽいので発芽はいいと思う。

晩秋の早期に種を蒔くと、発芽が早く苗が大きく成長する。
真冬の霜にやられるので遅めの種蒔きが適しているように思う。
冬は人間と同じように風に当てないようにするのがポイント。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ