コラボ  中3社会(公民)

 久しぶりに本業の授業の話を。

 現在、日本国憲法のくだりをやっているので(もっとも抽象的思考が求められるこの単元は、教科書では年度当初にやることになっているが、経験上、いちばん最後に回した方がいい)、家庭科の授業に合わせて「バリアフリー」を入れたり、「契約」の話をやったりしやすい。「死刑」の話なんかは、やってはいないが、宗教とのコラボもできそうだ。
 また、数学が高校新課程の統計をやっているので、そこでもコラボ。こちらは「計算はExcel先生に」とショートカットしたが、数学ではきっちりシグマを使って計算していた。今日は「錯視」のデータ集めの授業だったので、一緒に混ぜてもらう。次回、このデータを使って、標準偏差なんかの話をするそうだ。

 このあいだは、憲法改正案を作成し、国民投票を実施した。例年に増して、国家による国民の統制を強化すべしという案が多くて、「立憲政治と人権保障」の話を延々としてきた身としては、何を聞いていたのやら、とちょっと敗北感に苛まれる。

 来週からは、歴史の積み残しを引き受ける形で、1970年から2週間で一気に2012年まで到達する予定。

 もっともっと、コラボできる領域は多い。これを個人営業で進めている現状でよいのか、あるいは教科レベルで担当者が変わっても行えるようにするべきか。個人的には後者。それこそが「総合的な学習」なんじゃないの?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ