Mail kurikuri@kk.email.ne.jp

2017/10/9

紅玉  


紅玉は、日本へは1871(明治4)年に開拓使(明治2〜15年の間、北海道開拓を任務として設置された官庁)によって導入されましたが、各地で六号、三五号、千生、チ印、盾無、満紅、千成など、いろいろな名前で呼ばれるようになり、混乱をきたしたので、1900(明治33) 年に、紅玉という名に統一されました。しかしその後も、青森県の県南地方では満紅(まんこう)と呼び、津軽地方では千成(せんなり)といって親しんできました。今でも、お年よりはそのように、当時の呼び名を使って懐かしがります。調理用としては、この林檎を越える品種はありません。もひかん林檎の紅玉は高品質、適正価格で、一流レストラン、瑕疵工房でご用命を頂いております。

2017年10月9日
もひかん林檎販売 電話(FAX)046-259-7012 mail: info@mohikan-apple.com  
HP: http://mohikan-apple.com/
栽培林檎園:〒036−0131青森県平川市広船66−5 もひかん林檎園  
販売代理店:〒243-0217神奈川県厚木市三田南2−14−57 もひかん林檎販売代理店
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ