2017/5/20

初夏のシトロンレッスン「サクランボ尽くし」@二子玉川クラス  
初夏のシトロンレッスン「アメリカンチェリーでサクランボ尽くしのティータイム」
      クリックすると元のサイズで表示します
新緑の緑に心躍る季節となりました。
フルーツ売り場の主役もにいちごに変わって登場するのがサクランボ、アメリカンチェリーです。
日本では小さなパックに詰めて売られていますが、フランスでは山のように盛られていて、スコップでザザッとすくいながら袋に入れてくれます。
あぁ、フランスのマルシェで思いっきりサクランボを買いたい、、、
      クリックすると元のサイズで表示します
6月は、そんなシーンを思い描けるような「サクランボ尽くし」のレッスンです。
まずは山盛りのアメリカンチェリーの種を取ってコンポートにします。
      クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
次はふわふわのロールケーキ。
クリームにコンポートのシロップを入れてホイップし、うっすらピンク色のクリームとコンポートした実をクルッと巻きましょう。
      クリックすると元のサイズで表示します
そして、この梅雨の時期に(笑)マカロン。
クリームチーズを使ったクリームの塩気とコンポートしたサクランボの実がとってもよく合うのです。
      クリックすると元のサイズで表示します

サクランボ尽くしで一足早い初夏のティータイムを楽しみましょう♫♫
      
日時:6月 1日(木)11:00〜
      6月 2日(金)11:00〜
      6月 3日(土)11:00〜
      6月 4日(日)11:00〜
      6月 8日(木)11:00〜
      6月 9日(金)11:00〜
      6月10日(土)11:00〜
      6月11日(日)11:00〜
      6月14日(水)11:00〜 
      6月15日(木)11:00〜
      6月17日(土)11:00〜 
      6月20日(火)11:00〜
      6月22日(木)11:00〜
      6月23日(金)11:00〜
      6月24日(土)11:00〜
     

場所:東急田園都市線「二子玉川」駅 徒歩8分

内容:アメリカンチェリーのコンポート
      チェリーのロールケーキ
      チーズクリームとチェリーのマカロン
       (軽食付き)

持ち物:エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り用の袋

料金:5,500円

詳細は、petitcitron2000@aol.comもしくはpetitcitron2000@gmail.comまでお願いします。
みなさまのお申し込みを心よりお待ちしています♪

2017/3/30

春のシトロンレッスン「イースターをお祝いしよう」@二子玉川クラス  
イースターをお祝いしましょう〜アルザス地方のアニョー・パスカルとシトロンウィッチ〜
      クリックすると元のサイズで表示します
足踏みしている満開の桜が待ち遠しい毎日です。
そして、年に一度焼くこのお菓子が待ち遠しい方もいらっしゃるでしょうか?
春のシトロンお菓子教室と言えば、、、
そうです!もうすっかりおなじみのアニョー・パスカル!
『フランスの季節を楽しむお菓子作り』の4月号でもご紹介しているアニョー・パスカル。
フランスのアルザス地方のイースターの時期に食べられるお菓子です。
http://sun.ap.teacup.com/applet/lepetitcitron/postmsg?edit=1575
久しぶりに登場のアニョーパスカル、今年はキャラメルミルクティーのお味で登場です。
      クリックすると元のサイズで表示します
もうひとつは、シトロンウィッチ。
名前の通り(笑)レーズンウィッチのレモン版です。
先日のイベント「春のシトロン祭り〜merci citron〜」のときにお出ししたタルト・オ・シトロンとウィークエンドを組み合わせて食べやすくアレンジしたものです。
「パン屋のサブレ」と呼ばれる素朴でサクサクのサブレにアイシングを塗ってウィークエンドのように。
そして空焼きしたタルト生地に詰めていたレモンクリームはホイップしたバターと合わせてレモンバタークリームに。
これらを組み合わせたら、とびっきりおいしくて存在感のあるシトロンウィッチになりました。
春のピクニックに持って行ってもらえたら嬉しいな♪♪
そんな気持ちで焼いているシトロンウィッチです。
      クリックすると元のサイズで表示します     
プチランチは春野菜のキッシュ。
大きく焼いて切り分けて、みんなで楽しい春の一日を過ごしましょう。
      
日時:4月 8日(土)11:00〜
      4月12日(水)11:00〜
      4月13日(木)11:00〜
      4月14日(金)11:00〜
      4月15日(土)11:00〜
      4月19日(水)11:00〜
      4月20日(木)11:00〜
      4月21日(金)11:00〜
      4月23日(日)11:00〜 15:30〜  
      4月26日(水)11:00〜
      4月27日(木)11:00〜 
      4月28日(金)11:00〜
      4月29日(土)11:00〜
      4月30日(日)11:00〜
     

場所:東急田園都市線「二子玉川」駅 徒歩8分

内容:キャラメルミルクティー風味のアニョー・パスカル
      シトロンウィッチ(さくさくのサブレでレモンバタークリームをサンドしたもの)
      春野菜のキッシュ

持ち物:エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り用の袋

料金:5,000円

詳細は、petitcitron2000@aol.comもしくはpetitcitron2000@gmail.comまでお願いします。
みなさまのお申し込みを心よりお待ちしています♪

2017/3/1

「フランスの季節を楽しむお菓子作り」出版記念イベント*merci citron*  
出版記念イベント〜merci citron〜を開催します

      クリックすると元のサイズで表示します
1月26日に発売になった『フランスの季節を楽しむお菓子作り』。
ありがたいことにあちこちの書店さんが店頭に置いてくださり、どこかへ行くたびに近くの書店さんをのぞいて嬉しい気持ちになっています。
手にとっていただいたあとの感想もたくさんいただけて、みなさま本当にありがとうございます。
その『フランスの季節を楽しむお菓子作り』の出版を記念して、とびっきりかわいいイベントを開催することになりました!
その名も、春のシトロン祭り“merci citron”。

企画の際に「スタイリングは何が何でもこの方に!」と編集さんにお願いした、この本のすべてのお菓子のスタイリングを担当してくれたつがねゆきこちゃん。
ステキな食器やリネンを貸してくださったフランスアンティークバイヤーの山端朱美さん。
この3人で2日間のマルシェとカフェをオープンします。
みなさまへの感謝の気持ちを込めて、フレンチ気分いっぱいでみなさまのお越しをお待ちしています。

日時:
   3月17日(金)11:00〜20:00
   3月18日(土)11:00〜16:00

場所:
   「Grand mamma グランマンマ」東京都新宿区市谷薬王寺町70-9
      都営大江戸線「牛込柳町」駅 徒歩3分
      都営新宿線「曙橋」駅 徒歩10分  

内容:
   *メルシーマルシェ
    この本でご紹介している焼き菓子やフランスアンティークの器や雑貨の販売
   *シトロンカフエ
    いろいろなお菓子とドリンクのセット「プティ・グルマン」
    (数に限りがありますので、売り切れの場合はご容赦くださいませ) 

つがねゆきこちゃんが作ってくれる2日間だけのパリの店内“merci citron”で春の週末をお過ごしくださいませ♪

2017/2/27

2017復興支援チャリティー「3.11を忘れない」  
復興支援チャリティー2017を開催します!
「私たちにもできる小さな支援!食べて買って作って東北を応援しよう!」

2011年3月11日の東日本大震災からもうすぐ6年経ちます。
今年も料理研究家・山田玲子先生と一緒に6回目の東北を応援するチャリティーを開催します。
何か大きいことができる訳ではないけれど、続けることがとにかく大切!!を合言葉に、例年通りのおいしいものをみなさんに楽しく食べていただき、「3.11を忘れないよ」という想いをお預かりして東北地方にお届けできればと思っています。
 ♡2013年の復興支援チャリティーの内容はこちら
 ♡2014年の復興支援チャリティーの内容はこちら
 ♡2015年の復興支援チャリティーの内容はこちら
 ♡2016年の復興支援チャリティーの内容はこちら

イートインコーナーでは、
◎ランチタイム:雄勝の銀鮭をつかったトロ鮭丼、木の屋さんの金華さば缶を使った鯖丼
◎おやつタイム:仙台味噌を使ったお菓子
◎夕方からは:東北のおいしいものちょこちょこおつまみセット、東北地方の日本酒

お買い物コーナーでは
◎宮城県石巻「木の屋水産」:さば味噌煮缶、さば水煮缶、さんま味噌煮缶、さんま水煮缶
◎宮城県仙台「佐々直」:笹かまぼこ、仙台小笹、揚蒲鉾
◎宮城県東松島「相澤太」:焼き海苔
◎仙台味噌を使ったお菓子各種

日時:2017年3月9日(木)11:30〜ラストオーダー21:00

場所:Saron de R 麹町サロン 千代田区麹町4−6−7
     有楽町線麹町から2分、半蔵門線半蔵門・JR・東京メトロ四谷駅から5分
      クリックすると元のサイズで表示します
みなさまのご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017/1/31

『フランスの季節を楽しむお菓子作り』レッスン@二子玉川  
2月『フランスの季節を楽しむお菓子作り』シトロンレッスン
      クリックすると元のサイズで表示します
ついに発売になりました!
『フランスの季節を楽しむお菓子作り』。
Amazonや書店さんでご予約してくださった方、そしてお買い上げくださった方、本当にありがとうございます。
いかがだったでしょうか?ちょっぴりフランスを旅した気分になっていただけたでしょうか?

今年のシトロンレッスンは、この本の出版を記念するレッスンにしようと思っています。
まずは表紙に取り上げてもらったフランスのおやつを代表するようなお菓子フラン、
そして2月のページで登場しているメルヴェイユをご紹介いたします。
      クリックすると元のサイズで表示します
今月号の『料理通信』2月号の特集「おやつとデザート」でピエール・エルメさんが紹介されているお菓子のひとつもフラン。
「フランスのブーランジェリー、パティスリーには必ずあるフランスの国民的おやつ」と書かれています。
どこのパン屋さんにもお菓子屋さん(一部の高級店を除く)にも、そしてマルシェにも並んでいるお菓子です。
パータ・フォンセというタルト生地に、卵黄ではなく全卵で作ったカスタードクリームを流し入れて焼くだけのシンプルなお菓子。
定番のおやつにしてもらえたら嬉しいです。
      クリックすると元のサイズで表示します
そして、2月のお菓子の中からメルヴェイユ。
これはベニエと呼ばれる揚げ菓子の中のひとつで、ベニエとは日曜日の教会のミサのあとやお祭りの日に揚げたてを家族揃って食べていた“ハレの日”のお菓子だそうです。
南フランスでは各地に似たようなお菓子があり、メルヴェイユ、オレイエット、ビューニュなど
呼び名もさまざま。
      クリックすると元のサイズで表示します
レモンの皮のすりおろしを入れたり、オレンジの花の水をふりかけたりと、南仏らしい香りがする洋風かりんとうのようなお菓子、ぜひ食べてみてもらいたいです!
      クリックすると元のサイズで表示します
      
日時:2月 9日(木)11:00〜
      2月10日(金)11:00〜
      2月11日(土)11:00〜
      2月12日(日)11:00〜
      2月13日(月)11:00〜
      2月18日(土)11:00〜
      2月19日(日)11:00〜
      2月21日(火)11:00〜
      2月22日(水)11:00〜
      2月23日(木)11:00〜
      2月24日(金)11:00〜 
      2月25日(土)11:00〜

場所:東急田園都市線「二子玉川」駅 徒歩8分

内容:フラン
      メルヴェイユ
      簡単パヴェ・オ・ショコラ

持ち物:エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り用の袋

料金:5,000円

詳細は、petitcitron2000@aol.comもしくはpetitcitron2000@gmail.comまでお願いします。
みなさまのお申し込みを心よりお待ちしています♪

2017/1/30

火事で全焼のマニラのアトリエを緊急支援します  
〜緊急!チャリティーポップアップ「ジュースパックバッグと何かしらおいしいもの〜
       クリックすると元のサイズで表示します     
夏のお出かけに欠かせないエコフレンドリーなバッグ。
マニラの工房で周辺の貧困地域に住むお母さんたちが作っている、使用済みジュースパックなどのアルミ素材のバッグです。
丈夫で軽くて水に濡れてもへっちゃらで、それでいてデザインも◎
LYRISの代表であるシンガポール在住の友人マユミ・ポワティオ・ヒロエさんが支援していて、私はシンガポールに行くたびに新しいデザインのバッグを買うのを楽しみにしていました。

そのマニラのアトリエが、1月26日早朝、漏電による火事で全焼してしまったそうです。
貧困地域であるこの周辺に住む方たちの生活支援がかかっているだけに、一刻も早い支援が必要です。
そこで「まずはできることを」を合言葉に、LYRISのヒロエさんがシンガポールにある在庫すべてを日本に抱え、2月5日(日)に売上全額を寄附するチャリティーポップアップが開催されることになりました。
私もささやかながらランチタイム用のキッシュ、お茶の時間のお菓子を焼いて参加することになりました。

バッグ日時:2月2日(日)11:00〜18:00

バッグ場所:The Fleming House (清澄白河駅から徒歩6分)
東京都江東区三好2-6-10
http://fleminghouse.jp/

バッグ内容:LYRISのポップアップストア
http://carousell.com/lyris.singapore

〜LYRISより〜
LYRISは2013年からフィリピン・マニラにあるKILUS財団協同組合(アルミ素材のジュースパックなどからアップサイクル・クラフトグッズを作るNGO団体)を、主にデザイン面から支援し、オリジナル製品を販売しています。エコフレンドリーなアイテムは、スタッフの手で一つ一つ丁寧に作られています。昨年夏、日本でも初めてポップアップストアを実施し好評を博しました。
ところが!!マニラの工房が1月26日(木)早朝、漏電による火事で全焼してしまいました。約150人の組合員の多くは工房周辺の貧困地域に住む小さい子供を持つ母親です。この仕事に組合員の生活がかかっているので、一日でも早く事業再開をし、彼らの生計を立て直したいと思います。

火事の詳細がニュースで報道されました。
http://news.abs-cbn.com/news/01/26/17/handicraft-makers-lose-livelihood-after-fire-guts-pasig-compound

まずはできることを。現在LYRISが持つ全ストックをシンガポールより担いできました。ポップアップイベントの売上全額を、KILUS復興のために全額寄付する所存です。事業再開に必要なパソコンなどと共にマニラに出向き、直接KILUSに渡す予定です。
今回、LYRISのファンに協力していただき、このイベントが開催されることになりました。

なお、在庫のあるアイテムは、HPに★マークをつけました。事前の取り置きも対応いたします。お渡しは会場にて。宜しくお願い致します。
http://carousell.com/lyris.singapore

マユミ・ボワティオ・ヒロエ 
Hiroe Mayumi

シンガポールの友人がとてもわかりやすくまとめてくれたブログを書いてくれました。
http://ameblo.jp/irvine10via/entry-12242982754.html

みなさまのご協力と応援をどうぞよろしくお願いいたします。

2017/1/20

フランスの季節を楽しむお菓子作り  
「フランスの季節を楽しむお菓子作り」1月26日に発売です♬

      クリックすると元のサイズで表示します

熱い想いを聞いてもらってから2年、ついに「フランスの季節のお菓子作り」が完成しました。
1月26日にエイ出版社さんより発売になります。
アマゾンや書店さんで予約受付が始まりました。
https://www.amazon.co.jp/dp/4777943798/

フランスが大好きで、フランスの暮らしが大好きで、その暮らしに欠かせないお菓子が大好きで、今までフランスのあちこちを旅してお菓子を見て食べてきました。
高級で美しいフランス菓子のイメージとは一味違う、毎日の暮らしとともにあるお菓子、季節のお祝い事になくてはならないお菓子、その地方だけでずっと愛され続けているお菓子。
お菓子のレシピだけではなく、そのお菓子の裏側にある暮らしの楽しみ方を伝えられたらな、、、とずっと思っていました。
その想いがやっと形になりました。

【第一章 12ヶ月のお菓子作り】
1月から12月のお菓子16品を短いエッセイとともにご紹介
 * 1月 ガレット・デ・ロワ
 * 2月 クレープ、メルヴェイユ
 * 3月 タルト・オ・シトロン、ウィークエンド
 * 4月 アニョー・パスカル
 * 5月 コロンビエ
 * 6月 クラフティー・リムーザン、クグロフ
 * 7月 パリ・ブレスト、タルト・オ・アプリコ
 * 8月 フランボワーズのクープ
 * 9月 モンブラン
 *10月 ガトー・オ・ショコラ・クラシット
 *11月 タルト・タタン
 *12月 ビュッシュ・ド・ノエル

【第二章 フランスの暮らし】
これまで私がフランス各地に行って撮ってきた写真とともに、私が感じたフランスでの暮らしをご紹介
 *マルシェ
 *スーパーマーケット
 *ホテル
 *パリの交通
 *カフェ
 *ビストロ
 *パン屋さん

【第三章 定番のお菓子作り】
 フランス定番のお菓子12品をご紹介。
 *カトル・カール
 *フィナンシェ
 *フレジェ
 *クレーム・カラメル
 *フラン
 *メレンゲ
 *ディアマン
 *エクレア
 *カヌレ
 *マドレーヌ
 *マカロン・ド・ナクシー
 *マカロン・パリジャン
      クリックすると元のサイズで表示します
28品すべてにレシピが付いています。
素晴らしいスタイリストさんとカメラマンさんのおかげで、私が作ったお菓子よりはるかにチャーミングに見える写真ばかり、こんな嬉しいことはありません。

この本でフランスにプチトリップした気分になってもらえたら、そして日々の生活にお菓子がもたらしてくれる小さな幸せを感じていただけたら、とても嬉しいです。
どうぞお手に取ってくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2017/1/1

あけましておめでとうございます2017♡  
Bonne année 2017!!
今年もみなさまと一緒に「ちょっとのお菓子でちょっぴりしあわせ」な時間を作っていきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
      クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/24

メリークリスマス2016♡  
Joyeux Noël2016!!
平和で笑顔あふれるクリスマスになりますように。
      クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/13

クリスマスのシトロンレッスン「メルシーショコラ2016」@二子玉川クラス  
〜クリスマスのシトロンレッスン「メルシーショコラ2016♪」〜

      クリックすると元のサイズで表示します
クリスマスのイルミネーションがキラキラ輝くきれいなシーズンになりました。
今年もシトロンお菓子教室にご参加くださり、本当にありがとうございました。

今年最後のシトロンレッスンは、感謝の気持ちをたっぷりと込めたショコラ尽くしのクリスマスケーキ「メルシーショコラ」。
10月に藤野眞紀子先生に教えていただいたチョコレートロールがあまりにおいしくて、今年のクリスマスは絶対にこれを作りたい!と、何度も試作をしたものです。
      クリックすると元のサイズで表示します
生地はビスキュイショコラ・サン・ファリーヌ。
ちょっと長い名前ですが、粉が入っていないチョコレートの生地のことです。
藤野先生が作られるこの生地は、それだけでクリームのようにとろけそう、、、
それに、バニラビーンズを惜しげもなく使った白いクリームをくるくるっと。
ホワイトチョコレートとマスカルポーネ、そしてホイップクリームを混ぜたこのクリームの贅沢なこと!
      クリックすると元のサイズで表示します
柔らかい生地で柔らかいクリームを巻くのは簡単ではなく、さらに表面の艶々のグラサージュはとても難しいので、私はバナナも足してスコップケーキの形でアレンジしました。
      クリックすると元のサイズで表示します
トップにはグラサージュの代わりに“ソニアのチョコレートクリーム”を塗って、クリスマスのデコレーションを。
今年亡くなったデザイナーのソニア・リキエルが大のショコラ好きだったことから、世界中のシェフたちがソニア・リキエルに捧げるショコラのお菓子を作っています。
その中からこのケーキに合いそうな“ソニアのチョコレートクリーム”を選びました。
      クリックすると元のサイズで表示します
ショコラ・ヴィエノアというエレガントなクリスマスクッキーも作って、おいしくて楽しいクリスマスを迎えましょう。
      クリックすると元のサイズで表示します


日時:12月14日(水)11:00〜
      12月16日(金)11:00〜
      12月17日(土)10:30〜 15:30〜
      12月18日(日)10:30〜 15:30〜
      12月19日(月)11:00〜
      12月20日(火)11:00〜
      12月21日(水)11:00〜
      12月22日(木)11:00〜
      12月23日(金・祝)11:00〜 15:30〜
      12月24日(土)11:00〜 
      12月25日(日)11:00〜

場所:東急田園都市線「二子玉川」駅 徒歩8分

内容:ノエル2016(ビスキュイショコラとバニラクリームのアントルメ)
      シナモン風味のショコラ・ヴィエノア
      おまけのプチ・ランチ(パエリア風ごはん)

持ち物:エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り用の袋

料金:5,000円

詳細は、petitcitron2000@aol.comもしくはpetitcitron2000@gmail.comまでお願いします。
みなさまのお申し込みを心よりお待ちしています♪


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ