2017/1/31

『フランスの季節を楽しむお菓子作り』レッスン@二子玉川  
2月『フランスの季節を楽しむお菓子作り』シトロンレッスン
      クリックすると元のサイズで表示します
ついに発売になりました!
『フランスの季節を楽しむお菓子作り』。
Amazonや書店さんでご予約してくださった方、そしてお買い上げくださった方、本当にありがとうございます。
いかがだったでしょうか?ちょっぴりフランスを旅した気分になっていただけたでしょうか?

今年のシトロンレッスンは、この本の出版を記念するレッスンにしようと思っています。
まずは表紙に取り上げてもらったフランスのおやつを代表するようなお菓子フラン、
そして2月のページで登場しているメルヴェイユをご紹介いたします。
      クリックすると元のサイズで表示します
今月号の『料理通信』2月号の特集「おやつとデザート」でピエール・エルメさんが紹介されているお菓子のひとつもフラン。
「フランスのブーランジェリー、パティスリーには必ずあるフランスの国民的おやつ」と書かれています。
どこのパン屋さんにもお菓子屋さん(一部の高級店を除く)にも、そしてマルシェにも並んでいるお菓子です。
パータ・フォンセというタルト生地に、卵黄ではなく全卵で作ったカスタードクリームを流し入れて焼くだけのシンプルなお菓子。
定番のおやつにしてもらえたら嬉しいです。
      クリックすると元のサイズで表示します
そして、2月のお菓子の中からメルヴェイユ。
これはベニエと呼ばれる揚げ菓子の中のひとつで、ベニエとは日曜日の教会のミサのあとやお祭りの日に揚げたてを家族揃って食べていた“ハレの日”のお菓子だそうです。
南フランスでは各地に似たようなお菓子があり、メルヴェイユ、オレイエット、ビューニュなど
呼び名もさまざま。
      クリックすると元のサイズで表示します
レモンの皮のすりおろしを入れたり、オレンジの花の水をふりかけたりと、南仏らしい香りがする洋風かりんとうのようなお菓子、ぜひ食べてみてもらいたいです!
      クリックすると元のサイズで表示します
      
日時:2月 9日(木)11:00〜
      2月10日(金)11:00〜
      2月11日(土)11:00〜
      2月12日(日)11:00〜
      2月13日(月)11:00〜
      2月18日(土)11:00〜
      2月19日(日)11:00〜
      2月21日(火)11:00〜
      2月22日(水)11:00〜
      2月23日(木)11:00〜
      2月24日(金)11:00〜 
      2月25日(土)11:00〜

場所:東急田園都市線「二子玉川」駅 徒歩8分

内容:フラン
      メルヴェイユ
      簡単パヴェ・オ・ショコラ

持ち物:エプロン、ハンドタオル、お持ち帰り用の袋

料金:5,000円

詳細は、petitcitron2000@aol.comもしくはpetitcitron2000@gmail.comまでお願いします。
みなさまのお申し込みを心よりお待ちしています♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ