2010/2/20

誕生日  お楽しみ

昨日は○○回目の誕生日でした。
メッセージをくださった皆様、ありがとうございます!!
昨年に引き続き、とっても充実した幸せ者な誕生日を迎えさせていただきました。
まず、「前夜祭」とでもいいましょうか、モーリスが私の友人Cさんに声をかけて、Cさんから他の友人にも声をかけてもらい、「サプライズ・ディナー」。ミミも一緒にお出かけしました(写真、ボケボケです)。
クリックすると元のサイズで表示します
場所はパリ17区のInstitut de Vatel。料理、サーヴィスの学校です。月曜から金曜までは、調理とサーヴィスの実践実習とばかりに、一般のお客様からの予約をとっています。前菜+メイン+チーズ+ワゴンデザートという、充実した内容。勉強中の生徒さん達が作った料理にサーヴィですが、これがなかなかのものでした。
クリックすると元のサイズで表示します
突き出しは「パネ」という大根みたいな見た目の野菜のピューレに干しブドウ。
クリックすると元のサイズで表示します
前菜は魚のテリーヌ。わかめ入りのサラダにブリオッシュ、ワサビ風味のクリーム添え。
クリックすると元のサイズで表示します
メインはかさご。小型のカボチャにムール貝が詰まってました。
チーズ、デザートは共にワンゴサーヴィス。
クリックすると元のサイズで表示します
パティシエールの生徒さんがなぜか使い込んだスパチュールを持ってお菓子説明に。
クリックすると元のサイズで表示します
その後、サーヴィスの生徒さん達が切り分けてくれます。
たっぷりいただいて、たっぷりおしゃべりも楽しんだ夜でした。

そして翌日、誕生日当日は、もともと日本からいらっしゃるグループの為に約束を取り付けていたパリ屈指のショコラティエ「パトリック・ロジェ」氏の郊外にある工房へ見学。
クリックすると元のサイズで表示します
ロジェカラーのかわいい車がお出迎え。
クリックすると元のサイズで表示します
大きな扉を抜けると、ロジェ氏のもとで働いて4年になるだいすけくんが迎えてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
自己紹介をしてくれた後は、広報のジョアンヌにバトンタッチして、持ち場にもどって行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
パック(復活祭)の準備真っ最中だった工房。だいすけくんは、マジパン担当で、たくさんのかわいいニワトリ達を製作中。
クリックすると元のサイズで表示します
2年前からロジェ氏の広報担当のジョアンヌもロジェ氏のチョコレートワールドにどっぷりはまりこんだ一人。忙しい中を時間をかけて細かく説明してくれました。
*ロジェ氏のこだわり。たとえばプラリネ。
まず使用するヘーゼルナッツはイタリアはピエモンテ産。皮つきのまま運びこまれ、オーブンで使用前にローストし渋皮を向きます。
クリックすると元のサイズで表示します
砂糖と水あめを160〜170℃に煮詰めます。
クリックすると元のサイズで表示します
そこにローストして皮をむいたヘーゼルナッツ投入。
クリックすると元のサイズで表示します
ぐるぐるしっかり混ぜて。
クリックすると元のサイズで表示します
バケツに移して、コールドテーブルに空けます。
クリックすると元のサイズで表示します
しっかり冷ましてから、機械で砕いてプラリネの出来上がり。すべての作業(力作業だけは仲間がお手伝い)、ステファノさんが一人で行っています。タイマーを白衣にクリップで挟み、シロップを煮詰めてる間に、次のヘーゼルナッツをローストしたり、時間短縮のため、別の鍋で次のシロップを温め始めたり、、、そんな計算された時間の使い方の中でありながらも、私たちの為に、出来上がったプラリネを試食用にとりに行ってくれたり、機械をいったん止めて、煮詰め中の中身を見せてくれたりとサーヴィス精神満点!!
クリックすると元のサイズで表示します
部屋の奥では高層ビルのように積まれた型にチョコレートを流し込む作業。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は、キャラメル風味のセンター。
クリックすると元のサイズで表示します
ふたが出来た型は、10℃に調整された部屋で固めます。その部屋には、女性が二人。型抜き作業を続けています。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこちらは、1〜2か月ごとに変わる各ブティックのデコレーション。パックに向けて、大小さまざまな卵を積み上げています。
クリックすると元のサイズで表示します
その卵の足元には、ネズミちゃん達。
クリックすると元のサイズで表示します
作業中でありながら、笑顔で迎えてくれたロジェ氏。これらのチョコレートの飾りは、すべてロジェ氏の創造。本などを参考にすることはほとんどなく、子供がお話を作り出すように、彼の頭の中で、勝手に物語が出来上がり、そこからイメージを膨らませたものをチョコレートで形にしていくとか。芸術家ですねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
みっちり充実した見学の後は、町の中心地にあるブティックでお買い物。バレンタイン向けのハートの飾りがウインドウを彩っていました。
午前中でたっぷり一日分ぐらい充実した時間を過ごした後は、A氏運転でパリ市内にもどり、みなさんのご厚意でラオス料理のお店で乾杯!!いたしました。
どうもありがとう!!
クリックすると元のサイズで表示します
こちらはおまけ。ソーの町にあった、犬のふん始末用袋。かわいい!!

Patrick Roger
47 rue Houdan
92339 Sceaux
その他パリ市内に4店舗あり
http://www.patrickroger.com/jp/index.php
2



2010/4/10  0:10

投稿者:le temps agreable

kanaeさま、
ありがとうございます!
プラリネ、おいしいですよねぇ。特にこうして丁寧に作られたものは天下一品!!の味でした♪
日本でも流行るといいのになあ!

2010/3/7  20:58

投稿者:kanae

haruyoさん、遅ればせながら2月はお誕生日おめでとうございました♪
そうそう、4日違いでしたね〜

すごい量のヘーゼルナッツ!
なぜ日本ではなかなかポピュラーにならないのかな?

フィガロの記事私も見ましたよ☆
haruyoさんの人柄の紹介のところ、すごく納得です。
ほんと、昔と変わらなくて素敵だね^^


http://tardeli.cocolog-nifty.com/blog/

2010/2/28  2:24

投稿者:le temps agreable

Tさま、
ありがとうございます。
いいえぇ。ちゃっかり、パリの友人たちと工房見学楽しんできました!
素晴らしかったですよ!
ロジェさんは、日本にはバレンタイン時期もどこにも出していないそうです。
でもその代わり、オンラインショップで日本からも購入可能。プラリネ入りのチョコレート、おいしかったですよぉ!

2010/2/28  2:22

投稿者:le temps agreable

きょうちゃんさん、
ありがとうございます!こちらにもコメント入れてくださってたのですね。
いやいや、ファンだなんて。。。
ロジェさんのチョコレートは、オンラインショップで購入可能みたいですよ!!

2010/2/25  15:17

投稿者:T

あら〜、立て続けに更新ですね。
約1週間遅れですが、お誕生日おめでとうございます。
新しい歳のこの1年が素敵な日々でありますように。

ロジェさんの件、色々すみませんでした。
ロジェさんの後ろのチョコレートのオブジェ、おっきいですね〜。
本人と一緒に写るとよくわかります。
京都の伊勢丹でささっと前だけ通ったミニミニサロン・ド・ショコラでジュナンさんところのショーケースもありました。
私が知らないだけでロジェさんも日本の百貨店のバレンタインフェアに商品を出されているのかも知れないですね。

2010/2/23  10:11

投稿者:きょうちゃん

こんにちは。遅れましたが、お誕生日おめでとう!フィガロの記事、読みました。pekoさん情報では日本にたくさんのファンがいるとか。私もその1人に入れてもらいますね〜 ロジェカラーはさすがフランス!私も行ってみたいです!
 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ