2017/12/3  19:54

右耳が聴こえる!!  ひなvsラムゼイハント症候群

ひなです。

治療開始からもうすぐ5か月。

主な症状の状況です。
_____________________________________

@耳の神経痛の後遺症:ほぼない
Aめまい:たまにある。リハビリの効果ありか?
B聴覚の障害・耳鳴り:10月末の検査で左右差がほぼないことを確認!(良かった!!)
C顔面麻痺・凝り:口回りとおでこがまだ動かない引き続き、うがい、麺類をすするのは不可。
Dわにの涙(食事時の涙):ほぼない
E全体の体調:疲れやすい
_____________________________________

11月はこちらのブログをアップできないくらい忙しく、ちょっとそれが体にも少し負担になっているかな、という感じ。まだまだ疲れやすいのでちょっと注意ですね。

そしてもう一つ、だんだん飲めるようになってきましたが、こちらはやっぱり次の日、
ちょっと”つり”が出るので、再度控えたいと思います。

でも音楽的にはとても楽しい月でした。遠征も行けたし。


最近はだいぶ表情が出てきました。こちらは昨日。
右ほっぺにえくぼが!!!
治療ブログ用の写真なので、加工していなくてすいません。
ステロイド湿疹もだいぶなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

これはちょっとまえ。

クリックすると元のサイズで表示します

ほら、演奏中も笑ってるよ。
クリックすると元のサイズで表示します


やっぱり演奏ができるっていいな。



そしてこちらのブログではご報告が遅くなりましたが、冒頭に述べさせていただいた通り、
耳が聴こえるようになりました!


ハント麻痺になると、耳の痛みとともにいびつな感じの難聴に悩まされます。
私の亜場合はアブミ骨筋反射というやつがやられまして、大きな音が聞けない状況になったのと、主に中音域の難聴がありました。

この辺詳しい。
http://www.hotweb.or.jp/shirato/ototest2.html 
http://medicalfinder.jp/doi/abs/10.11477/mf.1411101603?journalCode=1411


これが3か月目くらいからだんだんよくなって、今では普通に聴こえています。


これはね、本当に焦りました。
でも時間しか解決してくれなかった症状の一つです。

ハント麻痺は急性期を過ぎたあと、顔面神経がどのくらい残っているかのテストをするのだけど、実は私の場合は外科手術をするかどうかの瀬戸際くらいに症状が重かったのです。


ただ、その手術をしてしまうと、聴力が落ちる可能性があって。


そして顔が動くようになるとは限らないと言われました。

要は。


顔動かす(動くかわからない)か耳聴こえるかどっちとるかの意思決定。


もちろん耳を選ばせていただきましたよ。
即決でした。


でも今にして思えば、よく決めたな。と思います。
まあ、女の子として可愛いって言われるよりベーシストでい続けたかったんですね。きっと!
やっぱり!


とにかく、聴こえるようになってよかった。


まだまだ先は長そうですが、根気よくなおしていきたいと思います。


10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ