ずぼら帝国

憲法「好きに生き、そして笑う」
国王「みか2号」
2018年方針
 1.未来を選ぶために必要な力を付ける。
 2.意志をもって行動を選ぶ。勇気を出して一つずつやる。
 3.この2つはエネルギーを使うので回復を真面目にやる。

 

カレンダー

2018年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロフィール

【禁止事項】
・バラエティ番組のノリ。
・子供っぽい言動や考え方。
・ネット由来の雑な決めつけ。
・友達関係の強要。
・他人の生き方への軽視。
・真面目を茶化す感性。
・きたない言葉遣い。
・ノンバーバルな脅迫行為。
・地方や地元の蔑視。

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:SU
「点滴バー」があるように点滴は現代社会を生き抜くためには既に身近な存在になっています。
薬や点滴とは無縁でありたいのは山々ですが、世知辛い時世ですしね。
例えば生活保護の人達の多くは不健康な方々が少なくないのですが、毎日点滴を打ってしのいでいたりします。まぁ彼らは医療費が無料なのではありますが。
ちなみに私はバーへも行きませんし、10年位点滴は打っていません。最後の記憶は大腸の内視鏡検査の時でした。これも病院によって対応がまちまちですが、慎重な病院は全身麻酔と点滴がセットですよ。
投稿者:みか2号
しかしまた点滴とはSUさんも相当ですね ^^;
投稿者:みか2号
白鵬ですよねえ・・・ついに前人未踏の境地に達してしまいました。以前「白鵬のメンタル」という本を読んだのですが、ご本人はけっこうデリケートで不安が大きい時もあったりするそうですね。今日は千秋楽かな。
投稿者:SU
私も体調が優れないのに、どうしても仕事が休めなかった時、点滴を打ってもらったら即・治りました。病院にもよりますが、医師に懇願すれば大概打ってくれます。また少なくとも点滴バーみたいなところがあれば無保険ですが打ってくれます。日本人は真面目すぎるので点滴を打たなくとも自然治癒で治るまで休んでいていいと思いますよ。稀勢の里ではなく白鵬を目指しましょう。身体が万全ではないのに試合に出るとさらに悪化して裏目に出てしまいますから。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ