2009/8/16

ふーちゃん  ねこ

ふーが、天国へ行きました。
8月5日の夕方のことです。
仕事から帰ると、珍しく早く帰宅した息子が玄関まで出迎え???なに?
「ふーが、階段に倒れてる・・・」

最後にふーの頭をなでたのは・・・いつもは、それぞれの頭をなでながら、
行って来るね、いつものようにいい子でね、といって出かけるのに・・・
その日の朝に限って、バタバタと出かけたように思います。

ふーはまだ冷たくはなく、私たちが帰宅する少し前だったのではと思います。
「ふーちゃん、ふーちゃん、なんで誰もいない時に・・・」
18年と3ヶ月・・・かけがえのない家族です。

7月のはじめから、その日が近いことを感じてはいました。
夜、寝る前はいつもふーをなでながら、「ころっとね、ふーちゃん、ころっとね」
と、苦しまないでとの願いを込めていました。

最後まで、いつもの生活をしてました。
私が帰宅するときは必ず、よろよろと玄関まで迎えに出てきてくれました。
マーボ同様、病院へ行かない選択をしてよかったのだろうと、思ってはいます。
が、辛く切ない毎日でした・・・

ふーは、ゼロ、マーボと一緒に庭に眠っています。
ふーのことです、天国への階段の途中でうたた寝してるんじゃ、と心配していたら、息子がゼロが「しゃーない奴!」とか言いながら迎えに行ってるよ、
「マーボは、シャーだな」・・・そうか、そうか、大丈夫だね。

あまり食べられなくなったので、少しでもカロリーを、と黒糖を水にといて飲ませたら、喜んで飲んで、満足そうにスヤスヤしたときのふーです。
おいしかった〜♪
クリックすると元のサイズで表示します

ゼロ(男子)を親と思い込んで懐き、シャー、シャー、言ってたゼロも疑うことを知らないふーをうっかり、受け入れて、一枚!
クリックすると元のサイズで表示します
すでに、ふーのほうがデカかったですね
「おホモダチ」と呼んでました。

週末、家族で「マーボドーフ」を食べました。
これで、一体化したね、と思い出話。
18年・・・
ゼロ、マーボドーフ、イヌのビグが天国へ行って
私にとってのひとつの時代が、過ぎていきました。
0



2009/8/28  23:08

投稿者:yukky

とりにくさん、ご無沙汰しています。
ふーちゃん、旅立ったのですね。。。
18年、年月だけみると長いような気もしますが、一緒に暮らしていると、きっとあっという間だったのではないかなと思います。
ふーちゃん、とりにくさんに出会って、優しい家族の
中で、暮らせて、本当に幸せだったね。
マーボちゃんやゼロちゃんとももう会って、走り回ってるでしょうね。
チロルばあちゃんやチャッピーにもよろしく伝えておいてね。
とりにくさん、ふーちゃんたちは、今までどおり、きっととりにくさんのすぐ側でとりにくさんを見守ってくれてますね。

2009/8/23  12:57

投稿者:とりにく

パンダさん
そうですか、ふーはおっとりしてるからなぁ、でもゆったりと受け入れる器の大きな奴ですから、めぐり合って欲しいですね。
老衰・・・その姿をみているので、これでよかったと思える部分はあります。が、涙、涙ですね
お友達に「辛かったね」とお伝えください

2009/8/23  12:52

投稿者:とりにく

ふくちゃん
砂糖水をのんで眠るふーの写真をみるたびに涙がとまりません。
小さな幸せで満足する性格の良いふーでした。
ヘクデシも我家にきて、何一つ苦労をしなかったのは、ふーのおかげです。
小さなヘクデシが生意気に大きなふーをパンチする、ふーは顔をしかめながらもよけるだけ・・・そんな姿が懐かしく思い出されます。
目も開かない赤ちゃんのときから、老衰の最後まで生を託してくれました。ありがとう・・・だけですね

2009/8/23  12:45

投稿者:とりにく

ジュニ18さん
見てくださってありがとう、ジュニさんのお話も同じような選択をされたことがわかり、救われます。
ふー18、ですね
長く一緒にいてくれました。
いつもいる、階段のところで息を引き取っていたのは、最後まで”日常”でよかったなぁと
勝手に思っています

2009/8/21  22:44

投稿者:パンダ 

知人のニャンコ、18日に17歳で虹の橋を渡りました。
家で、看取られたそうです。
寝ていた息づかいがだんだん小さくなっていったそうです。
様子の話を最初、大丈夫よ、って話されていましたが、だんだん涙しながら話されました。
飼い主さんは、とりにくさんと同じ気持ちでいらっしゃると思います。
ふーちゃんが出迎えてくれたかな・・・。
ラグドールの美人猫ちゃんよ。
一緒に歩いてくれてたらいいな・・・。

http://pandaneko-miitan.blog.so-net.ne.jp/

2009/8/20  16:03

投稿者:ふく

ふーちゃんが・・読んでいて泣きそうになりました。
ご冥福をお祈りします。
天国にはいっぱい仲間がいるから、今頃はゼロと
オホモダチ復活してることでしょう。
ゼロといっしょの写真はいいお顔をしてますね。
やはり、愛の力でしょうか・・
でも、とりにくさんちに来て幸せだったと思います。
家族もいっぱいだったしね。

ヘクデシは元気ですか?? ジークはちょびと
夏バテだけど元気です。

2009/8/18  15:12

投稿者:ジュニ18

ふーちゃんが逝かれましたか・・・。
ジュニと一緒の18歳ですね。
ジュニは子猫の時に拾って来たので、正確な歳は分かりませんが、18年一緒に過ごしました。
最後はちょっと認知症もはいり、まるで老後の介護のまねごとを体験しているようでした。
やはり自宅で亡くなりました。
姿を隠したかったのでしょう、猫つぐらから一歩外に出た所で亡くなってました。
最期は、静かに逝かせてあげたかったので、あえて病院へは行きませんでしたが、私はそれで良かったと思っています。

ご冥福をお祈りします。
同じ歳だなんて、きっとあちらでも仲良くできるかも知れませんね。
白猫のジュニをよろしくね、ふーちゃん。

2009/8/17  17:56

投稿者:とりにく

YUKAさん
家で亡くなった事、いつもと同じ生活をしてくれてたこと、よかったと思っています。
砂糖水を飲んでスヤスヤ寝ているふーは、ほんと可愛かったです。ほのぼのしてふーらしい、寝姿でした。
一生を預けてくれたこと、感謝しています

2009/8/17  17:51

投稿者:とりにく

パンダさん
やっとみなさんにお知らせすることができました。
長く行きましたね。神様に感謝してます
マーボもゼロもビグも・・・父もその辺にいるなんて、楽しいですね、寂しくないですね
お盆は、いい文化ですね

2009/8/16  22:16

投稿者:YUKA

そうでしたか。
ご冥福をお祈りします。
家で亡くなったと書いてあって、不謹慎ですが、嬉しく思いました。
知らない場所(病院)より、おうちで逝かせてあげたいと常々思っているので。
ふーちゃん、ふくよかでしたね^^
とても良い写真です。「幸せだ〜」って顔してますもの。
きっと天国で「おひさしぶり!やっと揃ったね。」って4匹で話してるかもしれませんよ。

アベルには「ありがとう」以外出てこないです。
いつまでも、いつまでも大切な家族です。
まだまだ思い出しては泣きますもの。
お墓参りの時は「いつも一緒だよ。」って声をかけてます^^
PCのデスクトップはアベルと前住んでた家の猫たちです。

※旦那が隣で、ず〜っと喋っているので、集中して書けませんでした。
文章がおかしいかもしれません、ごめんなさい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ