2008/1/20

World Buskers Festival 世界大道芸祭り  ニュージーランド一般情報

少しお休みしていましたが、今日のタイトルは・・・日本語にするとちょっとダサイな〜と思うのは、私だけでしょうか?
このお祭りは今年で15回目。
http://www.worldbuskersfestival.com/about-the-festival/ ←HPをご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します
これが新聞タイプのプログラム。(広島のフラワーフェスティバルのプログラムもこのタイプ)

私は、去年初めて見て「ブラボ〜!」と叫びたくなりました。(ランボーでも乱暴でもありません)本当に世界中の大道芸人が終結しており、様々な国の、様々な大道芸を一同に集めたすばらしいお祭りです。
昨日は、メイン会場の「大聖堂広場」「ビクトリア公園」「アートセンター」それぞれを昼間に回り、ざっと見てきましたが、何といっても一番の目的はアメリカから来ていて、去年も楽しませてもらった「Black Street Boyz」。彼らの喋り、ブレイクダンスはすばらしいです。若いのに実力派コメディアンです。観衆も一際多いですね。(皆良く知ってる)で、彼らの前にやっていた「Piano Juggling」がすごかった。ジャグラーが使う例のゴムか何かで出来たボールを、5〜6個使います。地面(ステージの上)に小型ピアノを置いて、その鍵盤の上にそのボールを投げ下ろして曲を演奏するもの。これは「ブ・ラ・ボ・ー!!」でした。
このお祭りは、昼も夜もしていますが、無料です。でもそこは大道芸人、終わる直前におひねりの説明をし始め、終わると帽子やらを持ってステージの前に。でもそこは欧米人(欧米か?じゃない!)老若男女が小銭を持って押しかけて、帽子の中に。すばらしい。今回も日本人の参加があります。2組です。「Ojarus」と「Senmaru」。今日ぐらいに見てこようと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します
本当に多くの人が出し物を待っています (ビクトリア公園)
クリックすると元のサイズで表示します
雲ひとつ無い絶好の夏日より
クリックすると元のサイズで表示します
街のあちこちにプログラム看板が
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも中が見えないくらい (大聖堂広場)
クリックすると元のサイズで表示します
夜7時からは、このアートセンター中庭が会場に
クリックすると元のサイズで表示します
正式参加ではないが、南米音楽の演奏も・・すばらしい演奏でCDを購入
クリックすると元のサイズで表示します
街中には案内ブースも。中にいるのはボランティアの人たち
クリックすると元のサイズで表示します
これがPiano Juggler。すごい!!
クリックすると元のサイズで表示します
一番人気のBlack Street Boyz
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ