こんな時代だからこそ心を耕す百姓でありたい。田んぼを耕す。畑を耕す。人の気持ちを耕す。新しい空気を入れほっこりとした気持ちにできれば。そんなことを考えながら変わりゆく村の風景など農作業の風景を交えながら綴ります
2015/6/9  6:26 | 投稿者: takahasihiroshi

自宅の近くの草むらにミツバチの大群が?何しているんだろう?蜜もない草むらの道標に巻き付いてとカメラに納めました

クリックすると元のサイズで表示します


調べてみると大きな蜂に追われたか新しい女王蜂が生まれて巣を分けるための移動しているかの意味があるそうです。珍しいので子供達にも見せようと夕方の散歩で連れて行ったらすでに別の場所に移動したか数匹しか残っていませんでした。残念。

1

2015/5/24  7:24 | 投稿者: takahasihiroshi

 田植えが終わってほっとする間も無く毎日強い風が吹いてきます。田んぼの稲も風で体力が消耗してしまい黄色くなっています。小さい苗に平らな水やりなどかなうべきもなくたっぷりなところにてんてんな所にと元気なのは草ばかりという有様です。
 そんな中で毎日柿の摘花や赤カブの管理などと育つ作物の管理に余念がありません。


作物は文句も言わずに育ちますが子供はいくら愛情を注いでもわがままになるばかりのような気がする我が家のちびどもです。




 今朝はシュロの花が満開で朝日を受けて綺麗でした。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2015/5/15  7:01 | 投稿者: hiroshi

今年の田植えも無事終了しました。9日から始めて15日まで。途中強風で休みが2日間。

機械の故障もなく無事植え終わりました。この機械は昨年新車を入れたもので性能が良い。三人セットで10a一時間で植えていく。苗運びがきつかったけど。

 今年の村を見ていると早く始めた人。まだこれからの人とばらばらです。そして機械も人も古くなってきてそろそろ限界感が漂うような感じがする。いつものように誰かが植え始めると一斉に始まりい旬にして青田に変わっていく。そんな勢いが農村から無くなってしまった感じがする。寂しいことです。前は土日となれば家族総出で何処も大忙しそんな賑やかな田んぼでしたが。

 今年も植えてしまった。秋はどうなるのか?そんな雰囲気の田んぼです。
1

2015/5/14  6:34 | 投稿者: hiroshi

 順調に進んでいた田植え。低温の強風で一日休み。次に台風の強風でまた一日休みまあちょうど良い中休みと多寡をくくっていたら今朝もまた予想外の強風。

 これは今日も植え付け停止か?先日植え付けた苗も葉先が丸まっている。平できているはずの田んぼも傾いてしまった。

 クリックすると元のサイズで表示します

先日植えた馬鈴薯も芽がでてきたしすこし畑の管理でもするか?また孟宗でも採りに山をのぞいてくるか?この時間をどう使うか?
0

2015/5/7  12:48 | 投稿者: hiroshi

いつも孟宗採りでお世話になっている藤沢の集落。金峰山の麓にあり湯田川のとなり。昔は随分栄えた所だろう。
 親父が50年も前に柿の栽培をしたくって縁あって譲っていただいた場所が村の小露地を昇ったところ。


 クリックすると元のサイズで表示します

各家に土蔵があり石垣が積み上げられ昔の風情が残っている。この小路を上までトラックで駆け上がる。

小路の入り口にはこんなに立派な家もある。手入れが大変だろうけどいつ来ても綺麗にされているクリックすると元のサイズで表示します


 こんなたたずまいが好きで時々山によらせてもらっている。今日も美味しい湯田川孟宗が収穫できた。ありがとうございます。

 クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ