2009/9/28

上段が可動式の箱  

すっかり秋。
夏の間も作品は作り続け、写真を撮ったりコメントを書くパワーが出ないまま秋。
いつも覗いてもらっているのに、すみません。

この形の作品は講師科の生徒の製図作品のときに一緒に頭を痛めたことから作りはじめ、改良し、少し進歩した4作品目。
上段を可動させるための支え棒の位置に悩まされる。
数学でだせるはず、とおもいながら、動物的カンに頼ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
9



2009/10/3  7:39

投稿者:yokkei

Mayuさま
すでにMayuさんは素敵なのを作られているではないですか。
うーーん、支えの棒の数、長さ、位置。
なぜ?と聞かれ答えられるレベルではないんです。
自分なりの法則をみつけても、どんな作品にも共通するのか、まだ分からないんです。
とほほ、ですよ。

2009/10/2  18:00

投稿者:Mayu

先生〜。
素敵なのが・・・!!!
やっぱり支え棒4本なんですね。
2本だとむずかしいのかなあ・・・
4作も作られていたとは〜。
すご〜い。
さすが、先生!
脱帽です。
蓋の感じもいいですね。

http://mayuflo.hp.infoseek.co.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ