お知らせ(TOP固定記事)  お知らせ


※トップ固定記事です。ブログの最新記事は、この記事の下から始まっています。



私たちプチポンもりおかについてはこちらをご覧ください。

2011年3月11日の東日本大震災後は、福島の被災猫のレスキュー、保護ケアもしています。

※震災から5年が経とうとする今もねこさま王国にゃんこはうすレスキュー班として隔週末、福島へ行き、旧警戒区域での給餌と猫の保護をしています。

自分たちでカバーできる範囲内での保護を心がけてきましたがなかなかそうもいかず、
皆さまからのカンパご支援の多大なご協力のもと、保護活動を続けています。

いつも応援、ご支援ありがとうございます!

【2014.9.9更新】

○現在、プチポンもりおかのホームページはありません。
当ブログが活動報告になります。

○プチポンもりおかの連絡先メールアドレスは、

amemiyataki@gmail.com です。


*****

◎プチポン保護猫の紹介◎



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



※保護歴の長い順に掲載しています(最古参はヴァンサンとミレーユの2005年11月保護)。

※「てっちゃん」は福島の被災猫です(南相馬市小高区出身)。
ヒゲゾウは関東のとある河川敷出身、ほかはすべて、岩手県で保護した猫たちです。

※特に記載のないものはエイズ白血病のウイルスどちらも陰性です。

*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


127
タグ:  里親募集 東北

2016/8/23

もう9年?!(ちいちゃん)  プチ里親便り

今年も、隣の県にお住まいの、ちいちゃんの飼い主Yさんから、ちいちゃんの近況と画像を頂きました。

* * * * * *

こちらも例年になく暑い日々なので、ちいちゃんのために一日中クーラーつけっぱなしです。
それでも、節電モードなので(すみません)、ちいちゃんは涼しいところを探しては、ごろんとのびています。

ちいちゃんが家に来てくれて26日で丸九年がすぎました。まったく早いものです。

そのちいちゃんはというと、食欲旺盛、快眠、快便、おしっこも問題なし。
つめきりとはみがきは苦手ですが、冷たいタオルで体をふくのはお気に入りです。
目薬も慣れたものです。
ただ以前よりは寝ている時間が多くなったみたいですが、それは仕方ないですよね。

とにかく、ちいちゃんが安心して暮らせるようにこれからも頑張りますので、ご安心ください。
10年目突入です。

* * * * * *

クリックすると元のサイズで表示します
相変わらず可愛いちいちゃん。
プチポンでもアイドルでした。


クリックすると元のサイズで表示します
涼しい板の間に落ちている(笑)ちいちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します
ぼんぼり尻尾が可愛いね〜

Yさん、ありがとうございます!!
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

盛岡に足を伸ばされる時はぜひご一報を。
ちいちゃんの古巣にご案内しますよ〜



*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

12
タグ:  里親募集 東北

2016/8/23

コラッ!銀次❗  複数


おばんでございます。boo娘です。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの事ですが、銀次くんがウチにいる「プー」と言う犬がごはんを、食べている時に、
ねこじゃなく犬のごはんなのに、「プー」のごはんを、じーーと、ねらっていたのです!!
ついには、「プー」がたべている時にも手をだすようになってきました!?
でも、「プー」もお年よりになって来たので、銀次くんに見つめられるとあきらめるのかが食
べるのを、やめて、銀次にいつもあげるのです。「プー」も、すこしきびしくしてほしいです。
*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

9
タグ:  里親募集 東北

2016/8/22

ねこつり  複数


おばんでがんす。boo娘でがんす。


クリックすると元のサイズで表示します

上の写真をみておわかりかと思います。
わたしは、「でっつ」を、ねこじゃらしでつりました!!
わたしのママ(booさん)といっしょにねことあそんでいて私は、
「でっつ」のお相手を、していたらいつのまにか上の写真のようなことになりました(笑)
写真をとり終わってそろそろねこじゃらしを、はなそうとしても「でっつ」が思いっきりかんでいてはなそうともしないのです!
そしてやっとはなしてくれたと思ったら、次は手でにぎってきたのでもうへとへとでした。
次遊ぶ時は、もっとやさしく「かんだり」「にぎったり」してほしいです。
*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

11
タグ:  里親募集 東北

2016/8/21

S園猫の復習(続続・どうやら?!)  複数

たまら(母)にミモザ(娘)をつけて…?
クリックすると元のサイズで表示します
たまら

クリックすると元のサイズで表示します
ミモザ

ヘタすれば2匹ダブルで鳴くかも。という不安がよぎります。´Д`

とにかくダメならすぐ引き取りましょう、と心を決めて二匹をSさんのお宅に再びお届けしました。

* * * 

Sさん宅では、すぐにどこかへ姿を消すたまら。探したら、クーラーの上に上がってました。
ミモザはちょっと固まっているけれど、逃げ回ったり隠れたりしない。
案外落ち着いていました。

ご飯をあげてみたら、それぞれの場所ですぐ食べてくれました。
大丈夫そうかな!

お届けして2日目、Sさんよりメールを頂きました。
(ご了解を得て引用しています)

「昨夜に比べて、泣き喚きは減りました。確実なことはわかりませんが、落ち着きは出てきました。」

「ミモザはたまらの後についています。」

「やはり2時(深夜の)ごろ泣きましたが、…私のことを起こすという感じです。声をかけると黙るし、以前の泣き声とは違うようです。…ミモザとは仲良く遊んでいます。」

「でも時々波があるようです。」

ミモザは鳴かず、食欲もあり、冷静に過ごし、タマラに舐めてもらうと嬉しそうに目を細めてじっとしているようです。やはり2匹一緒はよかったようです。

5日目、
「長くは泣かなくなりました。…ミモザは少しずつ近寄ってくれます。」

そして6日目、
「今日は久しぶりに、良いニュースです。たまらは2時に泣くのはほんの少し。声かけると静かになります。…たまらとミモザはじゃれあったり、それぞれ別のところで寝たり。」

ミルクから作った安定作用のあるサプリ、「ジル○ーン」も効いていたかも知れません。

7日目、
「たまらは、今起きて、ミモザと一緒にいるところです。前だったらウロウロ泣きながら歩きまわっていたでしょう。ジル○ーンと共にミモザの存在も安心したのだと思います。」
「今もたまらはミモザを一心に舐めて、ミモザはじっとして満足そうです。」

8日目、
「昨夜全くなきませんでした。劇的なことです。朝ご飯を食べた後、外を見ても泣きません。ミモザとじゃれて寝てしまいました。これが続くなら、何も問題ありません。」

たまらはミモザと取っ組み合いをしたり、舐めてやったりして、安定したようです。やはりこれまでの猫生ずっと、大きな猫ファミリーの中で生きてきたたまらには、仲間が必要だったのだなと思いました。

それは、ミモザも同様です。

たまらファミリーにずっと餌やりをして下さっていた方が、
「タマラとミモザは仲がいいでしょう?母娘だし」とおっしゃっていた事を思い出しました。
プチポンではたまらは割とクールで、ミモザを含めほかの猫とは距離を置いているようにみえたのですが、やはりこれが一番落ち着く形だったのですね。

面白いのは、たまらはミモザに対する態度と、Sさんに対する態度を切り替えているらしいことです。

10日目、
「たまらは、猫としての顔と、私という人間と付き合う顔をきちんと変えています。…ミモザとは、威張って権威を示したり、まあ子猫のようにじゃれあったりもします…私には従順な甘える態度を示します。」

どうやらたまらは「人と暮らす」という新しい生き方を身につけ始めました。
ミモザと一緒に、Sさんのお宅という「本当のお家」を住処にすることができそうです。

よかった!大変な時にもたまらを可愛いと思って下さり、諦めず辛抱強く対処して下さったSさんに、心から感謝です。



*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

14
タグ:  里親募集 東北

2016/8/18

姉妹  ハタ、フク、ワタル、オランジュ

こんニャちは〜。booです

しばらくネット環境にいなかったので、
ご無沙汰しておりました。

今日は、この間撮った「美人姉妹」をば。
クリックすると元のサイズで表示します
ハタフク姉妹

最近、かなり人慣れしてきました。
ご飯の用意をしていると「ス〜リス〜リ」と寄ってきます。
たぶん、本当のおウチへ行けばスグ!慣れると思います。
ノーマルな性格(笑)で飼いやすい子たちです。


*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

10
タグ:  里親募集 東北

2016/8/11

S園猫の復習(続き)  複数

タマラ♀の場合。
(すみません、長文になってしまいました)

クリックすると元のサイズで表示します
昨年8月25日保護。
9月4日避妊手術。

肝機能に問題があったので、特にフードに気を配りました。
口内炎もあり、抜歯もしました。
年内は、こうした療養に専念しました。
野良時代多産だったので、身体への負担が大きかったのでしょうか。

この一族はそもそも、気難しい女ボス猫、白黒のロミ子の子孫でした。

クリックすると元のサイズで表示します
ロミ子。

タマラはロミ子の孫でしたが、長ずるにつれ、ロミ子とボス座争いをするようになり。
ついにタマラはロミ子に勝って、次世代の女ボスになったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
そういえば威厳がある?

プチポンでも、ひとり窓辺で寝そべったり、ちょっと「孤高」の雰囲気がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
孤高(?)のタマラ。

さて、体調の整ったタマラに、今年の2月末に里親さんのお申し込みがあり、隣の県のお宅に行きました。

が、しかし。

相性、タイミング、気持ちのすれ違い、等々…
(猫のお見合いも人同様、時に難しい。)

1ヵ月後、タマラは盛岡に戻ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
「ただいま〜」
「おかえり〜」
ヒロがお出迎え。

* * * * * *

それから1ヶ月半経った5月初旬。
再びタマラにお話がありました。

里親希望の方は、実は10年以上前にプチポンから大人猫二匹もらって下さった方。
12年間大事に飼って下さいましたが、今年1月にその最後の一匹を見送り、
寂しくて仕方がない、やはり猫と暮したい、と決意された方でした。

5月、連休明けに、市内のマンションのお宅にお届けしました。
タマラ、命名「たまら」になりました。
が、箪笥の上、押入れの中、ストーブの後ろ、と隠れまくり。

ストーブの後ろが危ないからと心配した飼い主さんの手に噛み付いて、腫れあがるような怪我をさせたり。
(↑この時は本当に心配しました

その後も全然食べずに心配させたり(このときはやっと「焼きカ○オ」で食べつきました)。

6月、やっと馴れてきて、

「昨日の夜、私の布団の上で寝ていました」

「たまらはテレビをよく見ています。偶然テレビに子猫がでて泣いたら、ニャーニャーとたまらはテレビに手を伸ばして泣きました。」

クリックすると元のサイズで表示します
熱心にテレビを見るたまら。不鮮明ですが。

とご報告があり、順調と安心していた、2ヶ月目。

7月初旬。いきなり真夜中に飛び起きて大きな声で鳴き、
外を見てウロウロ徘徊しては鳴くように。
飼い主のSさんにもよそよそしくなり落ち着かず、あまりご飯も食べず。

鳴き声はますます大きくなり、夜のみならず、日中もわめくように。
まるで発情期のよう。でもたまらは避妊手術を済ませていますし…
野良時代は何度も出産をしているので、その時の「記憶」があるんでしょうか。

「エレベータホールにも聞こえるような声です」
Sさんも眠れず疲れ果てて行くご様子で、こちらも気が気ではなくなりました。

遂に7月半ば、プチポンに里帰りさせることにしました。

Sさんは、「かわいいと思っているのです」とおっしゃって下さるので、あくまで一時的にプチポンでお預かりするという位置づけで、その間に、とにかく寝不足でダウンした体力を補って頂こうと。

プチポンに戻った「たまら」、まず他の猫には怒ってウーシャーするのに、人にはOKで、Sさんとの暮らしで人間との信頼をちゃんと築いたのだなあと感じました。

たまらには、精神安定の効果があると言われる、ミルクのカゼインから作られたサプリ、
「ジル○ーン」を与え始めました。
ミルクから作っているので副作用もないと言われます。

約10日間、どうやら大声で鳴くこともウロウロ歩きも無くなったようだと見定めてから、
再度Sさんのお宅に戻すことに。
今度は、ミモザ(たまらの娘)を一緒に行かせることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
ミモザ。

この時、ミモザもプチポンに帰ってきていました。
ミモザもやはり、里親さんのお宅で大声で夜通し鳴き続けたんですよね。

実は、ミモザが大声で鳴いた、そのきっかけとなった外飼いの猫さんですが、たまらと同じ「サビ猫」だったそうで。
ミモザはその猫が見える窓から窓へ移動しては大声で鳴き叫んでいたそうです。

(続きます)
*****



画像をクリック! 
収益は保護猫たちの治療費・ケア費に充てられます。


*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望の方はこちらのフォームからお問い合わせください。


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます
             

12
タグ:  里親募集 東北



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ