2013/2/12

ひらり  福島の猫たち

三連休、福島に行ってきました。

土日組と日月組の2シフトと、気持ち的には少し余裕があり、
(初日チームが給餌をメインでがんばってくれるので)
私は日曜はくぅさんと、月曜はありこさんと組んでのレスキューでした。

クリックすると元のサイズで表示します


去年の今頃も見た花。
けれど、去年の今頃は依頼をいただかず、
足を運んだこともなかった、「ふくいち」に近い依頼主宅で。
(…名前を忘れてしまった)


クリックすると元のサイズで表示します


こちらも、ふくいちに近い別の依頼主宅。

ご家族からはもうあきらめなさいと言われているのに、
どうしてもあきらめきれない、捜してほしいとのご依頼。

カラス以外の野生動物が、大地から空から狙っています…。

クリックすると元のサイズで表示します


警戒区域の見直し再編成が今年4月に行われるといわれる浪江町の依頼主宅で。

(もう何度、再編・警戒区域解除がいわれたことでしょう…)

とっても温厚な、ある意味人懐こそうな? 牛のカップル(?)。

「何かくれるの?」と期待されても…何もあげられず。


クリックすると元のサイズで表示します


ボウルに入れた水には「いらない」と、踵を返して…。

やがて2年。

震災後生まれの動物たちが、
犬も猫も、牛も野生動物も…。
どれだけ人が住めなくなった圏内にいるのでしょう。

そんななか。

クリックすると元のサイズで表示します


シラサギが。


この日の朝、依頼主さん宅に行ったところ赤い首輪をつけた白猫を見かけたのでした。

思いがけない出会いに大声をあげて。

保護しなきゃ。

白いシラサギの姿を見て、ありこさんが「幸い先いいじゃない」と。

うーん。
でも、今ままでも「まるで私たち(レスキュー班)を祝福するような朝の光。
いいことあるかも!」と言ったときも…何もなかったし。


でも。

幸運が待ち受けていました。

クリックすると元のサイズで表示します


白猫を保護



赤い首輪は痩せた身体には大きくゆるみ、
そのためたすき掛け状態に。


(以下、「続き」をクリックしてご覧ください。
怪我の状態を伝えるための画像が複数あります)



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


祝日のこの日は近くの動物病院は休診で。

少し遠い病院では緊急手術の連続で予約が取れず。
(先月保護した小雪ちゃんの緊急手術もしていただきました。
とりあえず無事に済みました)

にゃんこはうすの頼もしいスタッフが
まずは首輪をはずさないと…と様子を見ましたが…
いつからそういう状態だったのか、癒着しているからはがすのはやはり病院でしてもらったほうが…
ためらったものの、生理食塩水をじゅわじゅわ患部に吹き付けてやっとはがすことができました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


赤い地にチロリアンテープ風の黒い模様。
模様はテリア犬のような白抜きの連続模様です。

膿のにおいがこびりついていました…。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


処置の間、ずっとおとなしくて。


実はこの子を初めて見かけたのは、1年ほご前のことだったと思います。

依頼のお宅を見に行って、周辺をさがしたところ。

裏の田んぼで狐と対峙している、赤い首輪付きの白猫がいたの。

そう聞いて。
首輪をつけた、明らかに飼い猫だった子が、野生動物とサバイバルを強いられていることに
改めてなんということが圏内では起きているのだろうと、心が凍りついたのを覚えています。


日曜も、くぅさんと回っているときに「そういえば、あの子はどうしているのかしら…」と話したばかりで。

その子が、依頼主のおうち敷地内の少し開いた蔵へ駆け込むのをちょうど見かけて。
思わず大声をあげて。

すっかり薄汚れて。小さくなって。
痩せた身体に凶器のように食い込んだ首輪。

女の子。

外に置かれた白猫によくある、日光過敏症で耳は縮れて。
(ジュリアンと同じ)

応急処置をしてもらい、服を着せてもらってケージに落ち着くと
急に思い出したのか、置いてあったにゃんカップを完食。
水をごくごく飲みました。


「名前は好きにつけていいのよ」とありこさんが言い。

うーん…白雪? 私はセンスないんだよねえ…ともそもそ言うと、

「さっきひらめいたの」と、ありこさん。

「ほら、雪がひらひら舞っているから『ひらり』ちゃんはどう?」



ひらりちゃん。

もとの名前は今はまだわからないけれど。

この強運がどうか飼い主さんへ届きますように。


昨年12月、町の96%が帰還困難区域に指定されたばかりの大熊町で保護しました。

311からやがて2年。
帰ることができるまで最低5年。


もし、もしこれがうちの猫だったら…?

果たして生きていることができるだろうか。


保護できた幸運を感謝しつつも、改めて恐ろしいことが起きているのだと
慄然としたレスキューでした。


猫の神様、ありがとうございます。

レスキューを続けられることに感謝します。

応援とご支援、本当にありがとうございます。
*****

←プチポンショッピング、収益の一部はプチポン猫のケア費に充てられます



*****

※プチポン保護猫へのお問い合わせ

里親希望はこちらのフォームから

一時預かり希望はこちらのフォームから

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


44
タグ:  ペット 被災



2013/2/20  12:32

投稿者:多紀

こんの様
しま吉母様

いつもありがとうございます。

ひらりちゃん続報は、ねこさま王国
http://blog.livedoor.jp/ariko602/archives/52195803.html
をよろしければご覧ください。

回復中です。まずはほっとしています。

応援ありがとうございます。

2013/2/13  18:58

投稿者:しま吉母

いつもいつもお疲れ様です。ひらりちゃん、がんばれ!うちのネコたちですが、力関係が変化し、一時はにゃる美がくるみ(ユリア)を追いつめていましたが、今はネコタワーで静観。くるみは日中リビングで結構態度が大きくなりました。しま吉、しろ美はいつもの生活です。なんとなくいい感じです。今見たら香箱座りしています。またメールしますね。(車を買い替えたく車種を決め兼ね迷っています、、。)みなさん、ネコさんたちに宜しくね!!

2013/2/12  18:46

投稿者:こんの

ひらりちゃん、保護されて本当によかったです。
首輪がたすきになってどのくらいたっていたのでしょう。
本当に可哀想です。。。痛々しい。
でも外すことができてよかった。
早く飼い主さんが見つかることを祈ってます。
自分のネコだったら。。。そう思うだけで泣けてきます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ