チタン友の会 ZZ  〜ZZR1400&XR100を駆るridertomのblog〜

Kawasaki ZZR1400、HONDA XR100モタードが愛車の子持ちライダーの日常、主に阿蘇周辺に出没中

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
11/9 関西山陰ツーリング…

最近の投稿画像
8/21 高野山、熊野三山ツ…

最近の投稿画像
8/8 高野山、熊野三山参…

最近の投稿画像
7/24 高野山、熊野三山参…

最近の投稿画像
6/28 高野山、熊野三山参…

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

関西山陰ツーリング その1

半年かけた仕事が終わり、溜まったストレスを発散するためにツーリングに出かける(勝手な理由だが)
今回も関西行きのフェリーが出る新門司港を目指して高速道路を走る

高速道路に入るとすぐに空から雨が落ちてきた
ゲゲッ!旅の一日目からカッパ着るのかよ〜

途中のSAでレインスーツを着用

クリックすると元のサイズで表示します

約130キロの間に何回か雨に振られながら港に到着、やれやれ…

クリックすると元のサイズで表示します

今回もフェリーの中で修学旅行生と一緒になるが、今回の修学旅行生は少人数でおとなしいのであまり目障りではなくて助かった

朝、五時半に大阪南港に到着
名門大洋フェリーの1便は料金も安く、朝食の無料サービスまでついているのでお得

クリックすると元のサイズで表示します

下船してすぐに大阪都市高速に乗りはじめの目的地京都を目指す

クリックすると元のサイズで表示します

途中、高速道路から見えた大阪城にちょっと感動

クリックすると元のサイズで表示します

早朝とは言え、大都市大阪のど真ん中を通る都市高速、早朝でも渋滞も発生している
ナビがあるからなんとかなっているが、田舎者は緊張する〜

道を間違えること無く京都に到着

時間はまだ、朝7時過ぎ…
調べてみると清水寺は早朝から参拝できるらしい…まず、行ってみよう!

その2へつづく
1
投稿者:ridertom

高野山、熊野三山ツーリング その7 完結

その6の続き(だいぶ長くなってしまった…)

これから奈良方面へ向かう
地図上は近道となるR425号は、有名な酷道な国道で地元のライダーからも立ち入らないほうが無難といわれていたので回り道をしてR169号を走る

途中、丸山千枚田に立ち寄る
日本全国に千枚田と言われる場所は数カ所あるが、ここは本当に千枚以上の田んぼがある(1300枚オーバーらしい)
ちょうど田植えが行われていて賑わっていた

クリックすると元のサイズで表示します
丸山千枚田(ここもパワースポットらしいです)

クリックすると元のサイズで表示します

青い空と千枚田の風景…見事です!
ここでも、九州からの俺に大丈夫ですかと声をかけられる

瀞峡(どろきょう)を見ながら走る
快適な国道かと思っていたR169号もかなりの部分1車線区間があり、紀伊半島の大動脈とは思えない道
紀伊半島の国道は侮れない

途中、バイクが渡れる吊橋を走る

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

合計1トンまで走行可能
まず、大丈夫、しかし、走っているとゆらゆらと揺れて結構スリリング

ここからのR169号は1車線は少なくなったが、カーブの連続で嫌というホとワインディングロードを堪能(もう、勘弁してくれって感じ)

奈良県でお寺以上に来たかった場所

クリックすると元のサイズで表示します

道の駅針T・R・S (みちのえき はりてらす)

ここは関西のライダーが集まるスポット、この場所は東西南北どこにでもツーリングスポットにいける、ハブ空港みたいな場所らしい(まずはここで待ち合わせみたいな)
平日の昼間だけど結構な数のバイクが止まっている(この旅あまりライダーと会わなかったので新鮮です)

クリックすると元のサイズで表示します
せんとくんとツーショット

そして、ごひいきのバイク用品「クシタニ」のCafeとショップがある
上から下までクシタニでかためた俺がご来店!(どうだ−−!)

クリックすると元のサイズで表示します
ワイン・ガードナーのツナギ

クリックすると元のサイズで表示します

針テラス限定のコインケースと手ぬぐいをゲット
クシタニのスタッフから地震の気遣いと安全にと声をかけてもらう

せっかく、奈良に来たので奈良らしい所に行こうと思う
でも、夕方には大阪南港発のフェリーに乗船予定なので何ヶ所も行く余裕は無い(渋滞にハマったり道に迷った場合のロスも計算しとかないとね…)

一度も行ったことのない法隆寺をチョイスし、針テラスを後にする

名阪国道で渋滞にはまりながら次の目的地法隆寺を目指す(名阪国道って高低差がある高速ワインディングだね…スピード出すとヤバイぐらい)

法隆寺ICを降りて、法隆寺に到着
バイクを止める適当な場所を探して、法隆寺の門の横に駐車
実はこの門、国宝に指定されている「南大門」でその横に駐車するなんてよく怒られなかったな〜

クリックすると元のサイズで表示します
国宝 南大門とZZR1400 OHM

世界最古の木造建築である法隆寺なので、修学旅行生がひっきりなしに通る
学生にはあんまり興味ない場所だろうけどね…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

五重塔半端ねえ〜雰囲気最高
この気持は修学旅行生にはわからんだろうな〜
修学旅行生と一緒に資料館などを見学、良い物を見れたね

大阪の都市高速を通って、大阪南港へ
ちょっと早めの到着

クリックすると元のサイズで表示します

帰りは名門大洋フェリーの新造船に乗船
新造船のキャンペーンで個室にチエックイン、キャンペーン価格でお得だったけど、めちゃくちゃ贅沢〜

クリックすると元のサイズで表示します

新造船&個室で熟睡出来た
新門司港から自宅までの最後の高速道路ツーリング
この旅、天気に恵まれ、最高のツーリングになった
さぁ、また、いつか旅に出かけよう

高野山、熊野三山参拝ツーリング 完結!

今回のルート
クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:ridertom

高野山、熊野三山参拝ツーリング その6

その5のつづき

十津川村湯泉地温泉「旅館むさし」にCheck-in
Check-inと横文字で書いたが、夫婦2人で切り盛りされている旅館で中は昭和の雰囲気満点

部屋に案内されると部屋の鍵はトトロに出てくるような鍵が付けてある(外から鍵をかけるのは無理だね…)
ブルゾンとプロテクターを外してすっきり…野猿のおかげで汗かいた

浴衣に着替えて、せっかくなので旅館のすぐ近くにある公衆浴場に行ってみる

クリックすると元のサイズで表示します
湯泉地温泉「泉湯」

地元の人しか来ないような素朴な公衆温泉、おばちゃん2〜3人で運営している(おばちゃん達よく喋るね)
ちょっとヌルヌルする素性の良い温泉
一緒になったおじさんといろいろ話をして楽しかった(これぞ旅の醍醐味)

横の売店で買い物して宿に戻る

困った事に、この部屋、携帯がよく繋がらない。当然ネットも遅くてルート検索なんかができにくい
困ったな〜iPadまで持ってきたのにな〜

何気にWi-Fiを調べると…「あれ?Wi-Fi飛んでる…」部屋の案内をチェックすると無料Wi-FiのSSIDとパスワードが書いてあった
昭和の雰囲気とWi-Fiの意外性に驚いた
接続してみるとなかなか快適、自宅への電話もLINE電話で話すことも出来た
この一件で、この旅館の評価がかなりアップ

しばらくすると、奥さんが夕食の案内にこられる

別室で一人の夕食

クリックすると元のサイズで表示します

地元の食材を使った会席料理、派手さは無いがしっかり作ってある

しかし、ここの料理、まじうまっ!どの料理も美味しい!俺、あんましイモ類は好まないが、煮物も全然美味しく食べれる。
いゃ〜、この旅館、大当たりーーー!

Wi−Fiで明日のルートを調べて就寝、他に客もいないのか静かな夜
旅館の風呂もゆっくり入ってリラックス
布団に入るとあっという間に眠りに落ちた…

次の日、朝風呂に入った後、美味しい朝食をいただくという贅沢な朝を迎える。

ご主人と奥さんに見送られて宿を出発

クリックすると元のサイズで表示します

いい宿でした

いよいよ熊野三山最後の場所「熊野本宮大社」へ向かう

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Wikipediaによると
熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は和歌山県田辺市本宮町本宮にある神社。熊野三山の一つ。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ、熊野坐大神〈くまぬにますおおかみ〉、熊野加武呂乃命〈くまぬかむろのみこと〉とも)を主祭神とする。
とある

階段を登り参拝しようとすると拝殿が4つも並んでいる

全部お参りするのかな?と思いつつ、多分ここが本殿だろうと一番大きい左の拝殿からお参り…(ここだけ100円、その他10円を賽銭箱に投げ入れる)

4拝殿全てにお参りして、説明書きを読むと、熊野大社本宮の本殿は実は3番目の拝殿で家都美御子大神をお祀りしているそうな…
……ちょっと、しくじったね…

でも、これで熊野三山すべてをComplete!やったーーー!

これで、高野山、熊野三山すべてを行くことが出来た
またまだ、旅は続きます

その7へ続く
0
投稿者:ridertom

高野山、熊野三山参拝ツーリング その5

忙しさにかまけてレポートが中断してしまった

その4の続き

熊野川沿いのR168を引き返し、熊野大社本宮を通りすぎて十津川村へ向かう
熊野川沿いは倒木や堤防の崩れている所があり2011年に発生した大洪水の爪痕がまだ残っている

クリックすると元のサイズで表示します
十津川村の手前にある十二滝

十津川村にある「天空の郷」と言われる果無集落に向かう(名前がまた、いい)
R168から一車線の山道を走るとそこにあった
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここも世界遺産「小辺路(こへじ)」ちゃんと人も住んでて生活道路としても今でも使われている
果無集落という名前がこんなにピッタリの場所が他にあるだろうか…

狭い一車線でUターンしようとして、危うくタチゴケしそうになったのは、この後の出来事(危なかった〜)
(+o+)

十津川村に降りて、十津川村に来たら絶対乗ってみたいと思っていた物に乗りに行く
観光用が設置してあるホテルに向かう

乗りたいものとは…「野猿(やえん)」です。ジャーーーン!

クリックすると元のサイズで表示します

昔の人が川渡りに使っていた手動のロープウェイ
この箱に乗って、自分の力でロープを引いて川を渡る乗り物、現在は子供に大人気らしいが、今日はおっちゃんが一人で乗ります

狭い野猿になんとか乗り込みストッパーを外して前に進む
結構な高さで、かなりスリリング

おっちゃん一人でキャーキャー言います

クリックすると元のサイズで表示します

途中まで行って、野猿の中で体を入れ替えて、元の場所に戻ろうロープを引くが、これがまた、重い!
考えてみたら真ん中になればなるほどロープがたるみ低くなるわけでそこからは自分の体重をロープで引き上げて移動するので、そりぁ、大変

ここまで来たことを後悔しながら一生懸命ロープをたぐる
なんとか、元の場所にたどり着くが、ハァハァ…と息も絶え絶え、汗びっしょり…ツーリングから帰ったら痩せようっと…

今日は、十津川村湯泉地温泉 「旅館むさし」に宿泊

実は、昨日から手頃な旅館に予約の電話をしていたが、定休日や満室でことごとく断られ、なんとかこの旅館に受け入れてもらった
どんな、旅館だろう?、まぁ、普通に寝れればいいから、期待はしない方が無難かな…

クリックすると元のサイズで表示します

その6に続く
0
投稿者:ridertom

高野山、熊野三山参拝ツーリング その4

その3の続き

熊野速玉大社に着く前、熊野川(新宮川)沿いの道走りながら、観光ウォータジェット船と並走
バイクは40から50キロ出てるので船としてはかなり速い
クリックすると元のサイズで表示します

一度乗ってみたいけど、今日の熊野川の濁り具合では、お金を出す価値無いな〜

熊野三山の一つ「熊野速玉大社」、熊野三山の中で唯一市街地にある

Wikipediaによると
「熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)は、和歌山県新宮市新宮1にある神社。熊野三山の一つ。熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)を主祭神とする。」とある

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

丁寧し参拝し、護符をいただく

熊野三山には歴代の天皇が参拝したらしいが、後白河上皇はなんと33回も参拝したそうな…
はるばる京都からだぜ、マニアだね〜
でも、俺は後白河上皇に付き合わされるお供の人に同情するね

昼を過ぎ、そろそろ腹が減ってきた
ここに来る途中に目をつけていた蕎麦屋に入る
目当ては、熊野名物「めはり寿司」ご飯を塩漬けした高菜の葉で包んだもの、目を見張るぐらい大きい所から来ているそうな…

クリックすると元のサイズで表示します

どんな味かって…?
塩漬けした高菜とご飯の味…想像通りの味でした…ごちそうさまでした

腹を満たして次の場所へ

クリックすると元のサイズで表示します

熊野古道「大門坂」
整備された熊野古道、昔の人はこの道を通って、熊野那智大社に向かっていった

速玉大社から意外と近くにある「熊野那智大社」へ

クリックすると元のサイズで表示します

Wikipediaによると
「熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社。熊野三山の一つ。熊野夫須美大神を主祭神とする。」とある

ここはなんといっても、那智の滝が有名

クリックすると元のサイズで表示します

落差130メートル、落差では日本一

クリックすると元のサイズで表示します

最近の雨のおかげで水量も多く、迫力満点!
ご神体として崇められるのもわかる
ここの護符は前回手に入れているので、護摩木を奉納する

旅の安全を祈願します

熊野三山のうちの二山に参拝し、秘境の村と言われる「十津川村」へ向かう

その5へ続く
0
投稿者:ridertom
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/128 
 
AutoPage最新お知らせ