晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:牛男
そもそも何故牛の手足が動くのか・殺されると言う恐怖感から逃れたいから・暴れるのでしょう・其れを強制的に止める目的で・ピッシングが行われる訳です・だったら牛が怖がらずに・眠る様に死ねる殺し方を・考えてあげるのが・真の意味での屠殺屋魂ではないですか?
投稿者:早雲
「 牛海綿状脳症(BSE)対策として政府の食品安全委員会が中止を求めていた、と畜方法の一つ「ピッシング」が、今年度から国内すべてのと畜施設で中止されたことが19日、分かった。

 厚生労働省の調査によると、昨年10月末現在では、全国154のと畜施設のうち、と畜頭数の多い東京都や大阪府など全国5自治体6施設がピッシングを中止していなかった。どの施設も代替設備の試運転や施設の改修工事を進め、3月末までに中止の準備を整えた。」
ということで、今年度から全面中止になったようです。
投稿者:K/I
ようやく国内のピッシングが中止されましたね。
ピッシングが何か?がとてもよくわかり、役に立ちました。
ありがとうございます。
投稿者:早雲
かくまきさま、こんばんは。
>米国の変異型ヤコブ病の実態がよくわからないのが不気味ですが、
実はBSE始めこの辺りはあまり解っていないようですね。
ピッシングを行っていないことを売り物にする県も出てきたようです。
本当に、畜産農家のためにもピッシングの中止を徹底して欲しいですね。
投稿者:かくまき
 報道によれば、食品安全委員会は各国産の牛肉のBSEリスクを審査する方向で検討を始めたそうです。国際獣疫事務局がBSEの清浄国と認定しているのはオーストラリアとニュージーランド、アルゼンチンのみ。日本の輸入している国はオーストラリアニュージランドがほとんどだが、メキシコ、牛丼ハンバーグ用に中国からも輸入されているそうです。

 ヨーロッパは自国での肉骨粉を禁止しておきながら他国に輸出していたことがあります。ヨーロッパ以外の多くの国はBSE検査態勢が不備です。そしてアメリカはまだ肉骨粉を製造しています。BSE発生の原因と疑われている代用乳も禁止ではないと聞いています。さらにBSE検査予算を削減するといっている米国です。これ以上汚染を広げるな!といいたいです。
 米国の変異型ヤコブ病の実態がよくわからないのが不気味ですが、血液製剤輸血その他で人間から人間への感染危険性が高まれば、食べる食べないは自由などと小泉さんのようにのんきなことは言ってられない。まったくお手上げですね。
 ピッシングはなんとか改善していただきたいものです。国内の畜産農家を保護するためにも。

http:// http://inakadehoel.cocolog-nifty.com/kenpouomamoru/
投稿者:早雲
りらんさま、
コメントありがとうございます。
放血については承知しています。
手順は次のようです。
と畜の手順は、と畜場に運び込まれてきた牛の眉間のところにスタンガンでボルトを打ち込んで気絶させる。気絶させた後、喉を切開して放血する。スタンガンで気絶させただけであるので、牛刀などで喉を切開すると反射的に四肢の運動を起こす。足で作業員が蹴られると大けがをする危険性がある。そのような反射運動を防止するために眉間に空けた穴からワイヤーを入れて中枢神経を破壊している。
このピッシングは中枢神経組織を破壊することによって血液や枝肉を汚染する可能性があるが、ピッシングをしなければ作業者が牛の動きによりけがをする恐れがある。
投稿者:りらん
「脳と脊髄は血液循環を介して枝肉を汚染する可能性がある」とありますが、ピッシングをする場合、屠殺時に血管をすぐに切って血液をすぐに出して処理しています。ご存知ありませんでしたか? ですから、脳と脊髄が血液循環を介して枝肉を汚染する可能性はまずありません。
投稿者:早雲
>美爾依さま、
>散策さま、
ようこそ、いらっしゃいませ。
国内では今まで28頭のBSE牛が発見されています。
最近発見された中で2000年生まれの牛が5頭含まれていて、その感染源が、どうも肉骨粉では無いようだと言うことです。
この辺りも今後の記事で纏めてみたいと思います。
投稿者:散策
私もたぶん初めてコメントさせていただきます。国産牛肉の危険性を伺うとショック倍増です。別のかたのブログで、別の観点から、国産牛肉にも危険性はあるととれる触れかたをされているのを拝見したことがあります。風説は困りますが、ネット経由でないと入ってこない情報も多いと感じています。自分の注意が足りないのかもしれませんが。

http://sansaku.at.webry.info/
投稿者:美爾依
はじめてコメントさせていただきます。
そうなんですよね。国内ではあまり触れられていませんが、日本の牛肉も狂牛病の危険にさらされているのにそれをほとんど報道しないから、米国産牛肉だけが狂牛病の危険があるみたいな感じで国民に思われているようですね。これからは、あまり牛肉を食べないのが一番いいのかもしれませんね。

http://minnie111.blog40.fc2.com/

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

最近のコメント

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ