晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:スバル
安倍のばらまき50兆超えと 2兆3千億円の債権が放棄

http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-2802.html

投稿者:立ち寄り
私には詳しい数字はわかりません。
ただ、今の先進国でまともな経済を維持しているところなんてどこにもないでしょう。そんな中で日本は、国債はすべて円建てで90%以上が国内消費です。しかもデフレの真っ只中で、金利が1%未満。日銀が国債をすべて買い取っても、ひどいインフレにはなりません。逆に円安になって企業にとっては有難いくらいです。まあ、経済はそう簡単ではないかもしれませんが、少なくとも国債の件は大した問題でないことは確かみたいですね。
西田昌司議員のサイトに、今の日本の経済状況を説明した動画が公開されています。非常にわかりやすいので、皆さん一度ご覧になってはいかがですか。
http://www.shukannishida.jp/nishidavision-aoki.html

投稿者:散歩
はじめまして。
日銀が市中の国債をすべて買い集めて、国からの利払いを停止するといいのではないでしょうか?
投稿者:左近尉
金融危機を煽って、生産と消費を減退させても、官や管理企業の取り分を維持しようとすれば、公債の増発は一つの解決策ではありました。この国際などの利息を、損保や銀行に配することにより、彼らは、二重に国民から富を盗もうとしています。本当の解決策は、一般大衆の消費の拡大にあります。物質的な拡大よりも、次は、娯楽や芸術そして、高度な精神文化を開拓すべきでしょう。無能な官は、廃絶したいものです。社会保険庁の次は
医療管理部門でしょうか。

あまりにも、貪欲な、国際金融屋。その手先の官僚や政治家そして、マスコミ。一部の企業。彼らは、あまりにも多くの量の利益と欲望を抱え込み過ぎたのでしょう。盗んだ金が、小銭なら、その辺で美味しいもの食べて、いっぱいやれば、無くなってしまう。盗んだ金で、大博打なぞ遣るから、目出って仕舞うのでしょう。浜○○だって、そんなことは、学習済みですよね。

長文のコメントで、恐縮致します。日頃から、官の無能と恥知らずに、舌打ちし、大手自動車産業の財務管理の裏に疑問を感じておりましたので、貴ブログに感激のあまり、ついつい、饒舌になりました。核武装に関する検索から、貴ブログに、漂着いたしました。軍事は、微妙な領域ですが、こちらの部門でも、ご健闘をお祈り申し上げます
投稿者:左近尉
生産と消費のバランス消失が、債権や債務を発生させるのでしょう。日本では、余剰生産があり、アメリカには、過剰な消費がある。
日本国内に限って言えば、一般国民は、『過剰に』生産し、官や大企業管理層は、過剰に消費する。
これを、是正するには、『過剰』な生産を減らし、過剰な消費も減らすことです。
或いは、必要な消費も出来ないような、階層は、反逆すべきなのかも知れません。でも、現実はそうなっていません。つまり、反抗するほど、生活には困っていないのかも知れません。

庶民を苦しめ、イラクや中東に混乱を巻き起こす、禍根の流れは絵空事。その実態は詐欺の様な仕掛けなのですネ。米国支配層の欲望を満たすために、日米間の、中間管理者たる、両国政府や、貿易関連企業と金融業者が、様々に、手配をして、あたかも永遠に流れを止めない、エッシャーのだまし絵
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070731/278643/
の様に、無限に流れ続ける絵を描いただけなのです。

その、トリックの偽装に気づいたときに、事態は急変します。サブプライムローンの破綻はその、一つのきっかけです。
次は、ガソリンの暫定税率の廃止が、結節点であろうと思われます。生産する大衆が、壮大な浪費への暗い流れから、自分たちの盗まれたものを汲み上げ、自分たちの、明るい生活への一灯となしたとき、人々の生活は、新たな視界を得るでしょう。
投稿者:ケーキ屋
GDP比の債務残高では、ばら撒き田中角栄政策の日本の方が構造改革の日本より財政は良いのです。官僚がケシカランとか無責任体質が云々というのは、そういう風にマスコミが誘導した世論の受け売りをしているだけです。正確な数字と正確な情報を知って下さい。

http://9107.teacup.com/cakeyachan28/bbs
投稿者:早雲
編隊おやじさま、はじめまして、こんばんは。
官僚の無責任をお怒りの様ですが、私は、それは改善すべきでしょうが、全体からすればそれほど大きくない問題と思っています。
それよりは、「民営化」の危険性はずっと大きいと思いますよ。
「民営化」とは言い換えれば「私物化」ですから、國民のコントロールは利かなくなります。
天皇制も私は、「共同体」のシンボルとして、悪くないと思っています。
投稿者:編隊おやじ
日本がなぜ借金大国化したのか?理由は簡単である。太平洋戦争の戦争責任をたとえば旧内務官僚は取っていない。霞ヶ関の役人は何をしても責任はとらない体制がすでに60年前にできたことこれが大きな理由である。公務員どもは3年ごとに転勤することが多い。これを奇貨としてヤリタイ放題やった後転勤してしまう。彼らはハナカラ責任をとるつもりなどない。郵政の民営化のみならず、自衛隊の分割民営化、霞ヶ関の分割民営化が必要となる。欧米では海外に派兵する場合、民間の警備会社に用兵を依頼している。防衛施設庁の談合を見るまでもなく役人は予算を食い物にしているだけである。すべてを民営化し、天皇制も廃止する。これが日本の生きる道であることは間違いない。

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ