晴耕雨読

淡々と日々の暮らしを立てるために働き続け、木々の緑、雨音、枯れ枝に架かる雪を密かに楽しむ。
老いては老いを楽しみ、若者の成長に目を細め、良い人生だったと感謝しつつ旅立つ。
こんな当たり前の人生が許されない世にはして欲しくありません。

 

おすすめ

それぞれ属するカテゴリーに関連記事が有ります。 ============================== 日本はなぜ負債大国になったか 平和時に政府が借金を増やす理由は、富に対する課税を怠ったことに起因する。 ... .. ============================== 年金問題」の本質:“高齢化社会”が問題なのではなく“供給活動投資額”が問題 “少子高齢化社会”という人口構成の変化は、「年金問題」とはまったく無関係なのである。 ... .. ============================== 寄生性と知的謀略 寄生者は、自分たちが寄生者ではないこと、自分たちが求める取引形態は正当であること、自分たちの価値観はまともなものであることなどを宿主に認めさせよう(錯誤させよう)と努力します。 ... .. ============================== 抜け出す第一歩は「隷属の認識」 国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないよう... .. ============================== 今後の世界と日本 “新世界秩序”は米国の一極支配をめざすものではない  戦後世界こそが米国の一極支配構造であり、“脱戦後世界”は、それとは違った新しい支配構造がプランされているはずです。 ... .. ============================== 米国政府の対外債務返済能力  米国政府が、個々の債務証書に書かれた内容ではなく、グロスの債務について日銀やその他の経済主体に返済することはできないと.. ..

過去ログ

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:加藤 貴史
確かに日本を「殺した(ように見えた)」結果、アメリカに「結果責任をとらない」無責任な中間集団(軍産複合体:株式会社と株式市場、シンクタンク)が以前に増して本格的に跋扈するようになった訳ですね。どうもこれらに「大物」が不在で「小物ばかり」な訳だ。これらの面子を見ると、小田嶋隆氏曰く「何だかいつも群れていて、型に嵌っていて、単純で没個性な連中」であろう。ていうかこれ日本的文脈の「ヤンキー」ではないか。この手のやんちゃな面々がバカやらかして、今日のアメリカの破局的事態を招いてしまった。TPPの進捗次第で、ますますアメリカのこれら1%層の「ニホンジン」化が進むのであろう。私見では日本は御巣鷹山に墜落する日航機に見えるが、アメリカはその乗客に見える。日本離れのタイミングを逸しそうだ。
投稿者:名無し
外国人に適用されない秘密保護法はTPPに悪用されています。秘密保護法廃止で左翼に賛成し自民党を終わらせる。秘密保護法ではなくスパイ防止法が必要です。日本は地政学上中立はありえない。日本は自民党から幸福実現党に政権交代し核武装し完全な独立国となった上でアメリカに台湾を独立させ日米同盟を日米台同盟に改めるべきしょう。
投稿者:鍬鎌
何故野党の小沢が出来るのだ?
あり得ない。
投稿者:もかもか
小沢だけ?(・∀・)ニヤニヤ
投稿者:早雲
>布引洋さま、こんばんは。
ヒトラー第2の書 http://sun.ap.teacup.com/souun/133.html でも取り上げましたが、
「その国々の利益から見れば無意味に思えるかもしれないが、(国際金融家)の利益という視点から見ればまさに意味がある、論理的に必然性のあることだからである。」
ということで、戦争は無くなりません。
# もう先が見えている。
のであれば良いのですが。

>山田陽一さま、こんばんは。
# どのようにして野党の党首になれたのか不思議でなりません。
日本も米国同様、野党は消滅しました。第一与党、第二与党です。
# 小沢の貢献
------------
130億ドルの湾岸戦争資金供与。
小選挙区制度を作り2大政党を目指す、これによって政策は二の次で党の政策が優先されるようになる。
コメの自由化。
公明党を与党に入れた。
  小沢は親米自民党の遊撃隊長なのです。
------------
お説の通りです。

>大室寅之助さま、こんばんは。
# それにしてもいまだに日本が実質的なアメリカの属国であることに気付かない人が多いのはなぜなんでしょうか?
# アメリカをどうやって滅ぼすか」である。アメリカの属国に成り下がる必要などない。
日本が、いかに米国に付け入る口実を与えずに、米国の影響下から抜け出すか、が知恵の出し所でしょう。日米安保は、米国には日本を守る義務を課しておらず、日本に米軍基地を設置する義務だけを課しています。本当に国を守るつもりであれば、安保を解消し現在米軍のためにかけている費用を自国の防衛に直接使うべきでしょう。

>カークさま、こんばんは。
こちらこそよろしくお願いします。

>tatsujinさま、こんばんは。
お久しぶりです、お変わりありませんか。
CIAと岸内閣の関係、ドーマン機関など、一般にあまり知られていないようですね。
今後ぼつぼつ関連情報を記事にしたいと思います。
投稿者:tatsujin
下の投稿者の方へ。いったい何処の誰が日本は米国の属国と言ったんですか。あんたみたいな亡霊がまだこの国にいたとは。情けない。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin
投稿者:大室寅之助
日本人がこれから考えなければならないことは、「アメリカをどうやって滅ぼすか」である。アメリカの属国に成り下がる必要などない。
投稿者:tatsujin
白浜より残暑お見舞い申し上げます。もともとドーマン機関G-2Dの人間。米国の教授は自ら安全地帯にいての発言です。羽田元総理が政府専用機で小沢のスイス銀行の隠し預金を運んだことまでわかっていますが,集団的自衛権をいつまでも躊躇して小沢にはもうとっくに見切りをつけています。

北朝鮮にいつ攻撃をしかけるか?次期大統領選挙前後の可能性大。横田めぐみの遺骨は本物です。帝京大の例のエイズ禍の中心人物安部を免罪するかわりに偽の鑑定書を作らせたとみるのが,正しいでしょうね。一見落着になっては米国にとっては困りますからね。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin
投稿者:カーク
トラックバックありがとうございます。
貴ブログは色々と勉強になります。
これからもよろしくお願いします。

http://blogs.yahoo.co.jp/kark530
投稿者:大室寅之助
敗戦国とはいえ、いつまで日本はGHQ占領政策に篭絡されているのかと疑問に思います。さっさと構造改革。ついで自主憲法制定。そして永世中立国へ・・などとスムースには行かないでしょう。しかし情けない。それにしてもいまだに日本が実質的なアメリカの属国であることに気付かない人が多いのはなぜなんでしょうか?教育に問題ありと考えます。自民党もこのあたり考えてほしいですね。
1|2

ランキング

応援ありがとうございます

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
こちらもよろしく

最近の記事

ページ・ビュー

自由項目8

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ